Thi0niix80egtvmypdiv

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | カテゴリー

パーマのかけ直しをするには?かけ方やそんな時の言い方も伝授!

2018.09.13

パーマをかけ直ししたい、そんな時のかけ方や言い方って気になりますよね。パーマのかけ直しは迷惑かも、と思う人もいるでしょう。今回はそんなパーマのかけ方に注目。かけ直しの基準や髪が痛むダメージ、おすすめの期間や頻度など、気になるパーマについて見ていきます。

目次

  1. パーマのかけ直しをしたい…そんな時は施術した美容院でのかけ方がおすすめ
  2. かけ方が原因?パーマのかけ直しについて考えること
  3. パーマのかけ直しは迷惑ではない、電話予約をして掛け直しをしよう
  4. パーマのかけ直しの言い方は?理想のかけ方に近づくためのポイント
  5. パーマのかけ直しやかけ方だけではない、自分のスタイリング技術にも注目しよう
  6. パーマのかけ直しが多い…そんなときはかけ方や髪質を考えてみよう
  7. パーマのかけ直しは髪にダメージは伴うもの。かけ方はトリートメントプラスをするのがおすすめ
  8. パーマのかけ直しをなくすために!かけ方だけでなく、セルフケアにも注目しよう
  9. パーマのかけ直しをなくすためにも、美容師とかけ方の相談をしっかり取ろう
  10. まとめ

パーマをかけたけど、思ったような感じにはならなかった、少し時間が経つと弱くなってしまった…そんな時にはパーマかけ直しを視野に入れるという人もいるでしょう。美容院にはパーマをかけた時に思うような仕上がりにならないと感じた場合、かけ直しが出来るシステムがあります。

もし美容院でパーマをかけたものの、思うような感じにはならなかった…という場合には、施術した美容院でパーマのかけ直しを頼むのがおすすめ。他の美容院で施術をしてもらうよりも比較的安く済む、または追加料金なしで出来る場合がほとんどなので、金銭的にもお得だと言えるわけですね。

ただし美容院によってはかけ直しサービスを行っていない場合があるため注意が必要です。またかけ直しの保証期間はだいたいどの美容院も1週間前後が基準となっているため、パーマをかける際や過去にパーマで失敗した経験があるという人は、事前にかけ直しのシステム・サービスがあるかどうか、追加料金の有無、保証期間などを調べた上で施術してもらうと良いでしょう。

そもそも何故パーマのかけ直しが必要になるのか、その原因が気になりますよね。特に何度もパーマに失敗しているという人は、何故失敗してしまうのか気になるものです。

パーマのかけ直しが必要になってしまうのは、【施術した美容師のスキル】と【髪質やかけ方が合っていない】という2つが主な原因になっています。後者の髪質やかけ方については後ほど記述していきますが、もしいつも同じ美容院、美容師でパーマをかけるとかけ直しを考える仕上がりになる…という場合には、美容院や美容師、パーマのかけ方が合っていない可能性が高いため、別の美容院や美容師に楽しんでみると、改善するかもしれないので試してみると良いでしょう。

1/5

続きを読む