2018年09月13日 UPDATE

パーマのかけ直しをするには?かけ方やそんな時の言い方も伝授!

パーマをかけ直ししたい、そんな時のかけ方や言い方って気になりますよね。パーマのかけ直しは迷惑かも、と思う人もいるでしょう。今回はそんなパーマのかけ方に注目。かけ直しの基準や髪が痛むダメージ、おすすめの期間や頻度など、気になるパーマについて見ていきます。

目次

  1. パーマのかけ直しをしたい…そんな時は施術した美容院でのかけ方がおすすめ
  2. かけ方が原因?パーマのかけ直しについて考えること
  3. パーマのかけ直しは迷惑ではない、電話予約をして掛け直しをしよう
  4. パーマのかけ直しの言い方は?理想のかけ方に近づくためのポイント
  5. パーマのかけ直しやかけ方だけではない、自分のスタイリング技術にも注目しよう
  6. パーマのかけ直しが多い…そんなときはかけ方や髪質を考えてみよう
  7. パーマのかけ直しは髪にダメージは伴うもの。かけ方はトリートメントプラスをするのがおすすめ
  8. パーマのかけ直しをなくすために!かけ方だけでなく、セルフケアにも注目しよう
  9. パーマのかけ直しをなくすためにも、美容師とかけ方の相談をしっかり取ろう
  10. まとめ

パーマのかけ直しをしたい…そんな時は施術した美容院でのかけ方がおすすめ

パーマをかけたけど、思ったような感じにはならなかった、少し時間が経つと弱くなってしまった…そんな時にはパーマかけ直しを視野に入れるという人もいるでしょう。美容院にはパーマをかけた時に思うような仕上がりにならないと感じた場合、かけ直しが出来るシステムがあります。
もし美容院でパーマをかけたものの、思うような感じにはならなかった…という場合には、施術した美容院でパーマのかけ直しを頼むのがおすすめ。他の美容院で施術をしてもらうよりも比較的安く済む、または追加料金なしで出来る場合がほとんどなので、金銭的にもお得だと言えるわけですね。
ただし美容院によってはかけ直しサービスを行っていない場合があるため注意が必要です。またかけ直しの保証期間はだいたいどの美容院も1週間前後が基準となっているため、パーマをかける際や過去にパーマで失敗した経験があるという人は、事前にかけ直しのシステム・サービスがあるかどうか、追加料金の有無、保証期間などを調べた上で施術してもらうと良いでしょう。

かけ方が原因?パーマのかけ直しについて考えること

そもそも何故パーマのかけ直しが必要になるのか、その原因が気になりますよね。特に何度もパーマに失敗しているという人は、何故失敗してしまうのか気になるものです。
パーマのかけ直しが必要になってしまうのは、【施術した美容師のスキル】と【髪質やかけ方が合っていない】という2つが主な原因になっています。後者の髪質やかけ方については後ほど記述していきますが、もしいつも同じ美容院、美容師でパーマをかけるとかけ直しを考える仕上がりになる…という場合には、美容院や美容師、パーマのかけ方が合っていない可能性が高いため、別の美容院や美容師に楽しんでみると、改善するかもしれないので試してみると良いでしょう。

パーマのかけ直しは迷惑ではない、電話予約をして掛け直しをしよう

Erocj2qeo8wea9xmexjp
パーマのかけ直しをお願いする…というのは、もしかしたらお店からすると迷惑なのかもしれないと思えてしまう人もいますよね。確かにかけ直しは手間になりますし、美容院によっては無料、またはちょっとした追加料金で再度パーマをかけることになるので、迷惑かもと思えてしまうのは当然です。言い方にも悩んでしまいますよね。
しかし基本的にかけ直しのサービスを行っている美容院ならば、迷惑だと考えずにかけ直しを頼むと良いでしょう。この時出来ればお店に電話予約をするのがおすすめ。美容院に直接行ったとしても、予約制の場合や混雑している場合には無駄足になり、美容院側からしても迷惑だと思われてしまう可能性があるため注意をしましょう。

パーマのかけ直しの言い方は?理想のかけ方に近づくためのポイント

続いて注目をしていくのが、かけ直しをする際に最も悩むポイントである言い方について。迷惑とそうじゃない基準がわからないと、なかなかオーダーしづらいのも事実ですよね。言い方としてはもちろんクレームと感じさせるような言い方をしてしまえば迷惑ではないものも迷惑だと感じてしまうことになるため、言い方は的確に、シンプルに伝えるのがポイント。
「○○日にパーマをかけたのですが、かけ方が弱かったのでかけ直しをお願いしたいです」
「○日前にパーマをかけたのですが、パーマが強すぎてスタイリングが難しく…かけ直しをお願いしたいのですが」
というような感じで【かけた日にち】、【シンプルにかけ直したい理由】を伝えれば、美容院側もかけ直し希望だとすぐに判断出来るため対応してくれます。あまり長々とした言い方は何を伝えたいのかわからず、単なるクレームだと思われてしまう可能性があるため注意をしましょう。言い方はシンプルにわかりやすく、そして無駄なことを言わない、ということを気をつけていきましょう。
また、かけ直しの基準がわからない…という人もいますよね。基準については「思っていたのと違った」という場合ならば、基本的に相談をしてみるようにしましょう。特に施術前にこうしてほしいという理想を伝えた、または写真や画像などを見せたにも関わらずそうならなかった場合には、かけ直しの基準としては十分なので、美容院にかけ直しのオーダーをしていきましょう。

パーマのかけ直しやかけ方だけではない、自分のスタイリング技術にも注目しよう

パーマのかけ直しが多い…その原因には先程少しだけ触れた原因の1つである【髪質やかけ方が合っていない】というものもあります。いくら美容師の腕が良かったとしても、そもそもかけ方との相性が悪い、自分のスタイリング技術が悪い場合には、思ったのと違う…という感想を抱いてしまうことがあるのです。
パーマのかけ方として、基本的に初めて施術するお客さんの場合、美容師はオーソドックスなかけ方をするのがほとんどです。そのお客さんの髪質やスタイリング技術などがわからない状態なので、プロでも手探りだというわけですね。そのため、スタイリング技術について触れておくのがおすすめ。不器用でスタイリングをあまりしたことがない…という場合には、「不器用でもスタイリングしやすいようにお願いします」と伝えてあげれば、スタイリングしやすいような髪型やコツについても教えてくれて、パーマの良さを活かしやすくなります。

パーマのかけ直しが多い…そんなときはかけ方や髪質を考えてみよう

かけ直しをしないためにも、パーマの種類に注目をするのも大切です。一般的なパーマはコールドパーマと言われる【髪が塗れているとカールが強くなる】という特徴のものと、デジタルパーマと言われる【髪が乾燥しているとカールが強くなる】という特徴のものがあります。これらの特徴を踏まえた上でかけ方の注文をすれば、スタイリングが楽になること、理想のパーマに近づきやすくなることが多いため、かけ方、そして自分のスタイリング技術を相談の上、オーダーをしてみることも大切です。
たとえば春~夏など湿気が多い時期には【コールドパーマ】をしたほうが、自然にカールも際立つようになりますし、スタイリングも楽になります。秋~冬など乾燥が多い時期には、特徴を活かしていける【デジタルパーマ】をするとパーマの良さを活かせるようになります。季節に応じてかけ方に注目するのも、パーマを楽しむコツになるので参考にしていきましょう。

パーマのかけ直しは髪にダメージは伴うもの。かけ方はトリートメントプラスをするのがおすすめ

パーマのかけ直しは必要であっても髪にはダメージが伴うものです。パーマを一度かけるにしても髪が痛むのは必然なので、かけ直しともなれば当然髪はさらに痛むものです。そのためパーマをかける場合には、カラーやパーマの頻度問わずトリートメントプラスして、髪が痛むのを少しでも防ぐことが大切です。
美容院でのトリートメントは、髪が痛む大きなダメージをケアしてくれる高い効果のものになっているため、同時に施術をしてもらうのがおすすめ。セルフケアだけでは髪が痛むのを十分に防げなかったり、ダメージをケアするのが難しかったりするため、同時にケアをしてもらうのが髪にとっても嬉しいことに繋がるのです。得にパーマやカラーの頻度が多いという人は、確実にトリートメントをしたほうが効果の持続や髪にとっても嬉しいことばかりなので、ケアをしてもらうのがおすすめです。

パーマのかけ直しをなくすために!かけ方だけでなく、セルフケアにも注目しよう

パーマのかけ直しが必要かも…と思える原因には、実はセルフケアの怠りも挙げられます。たとえばパーマをかけた当日にシャンプーをしてしまった、ドライヤーの熱でさらにダメージを与えて髪が痛む原因を作ってしまった…そうなると、パーマは早い段階で落ちやすくなります。
日頃から髪のケアをしておくことがパーマの良さを活かし続けるポイントになるため、効果が落ちやすい初日のシャンプーは避けるということや、洗い流さないトリートメントなどで髪をケアしておくことが大切です。
また、頻繁にパーマやカラーをする人は期間や頻度を改めてみるのも大切です。かけ直しではない場合、だいたい2ヶ月くらいの期間や頻度でパーマをかけないと、髪へのダメージや蓄積され、よりパーマやカラーが落ちやすくなってしまいます。出来るだけ日頃からセルフケアをして、髪が負担を感じない頻度や期間になるように調節していくようにしましょう。

パーマのかけ直しをなくすためにも、美容師とかけ方の相談をしっかり取ろう

最後に、パーマのかけ直しをなくすためにも美容師とコミュニケーションを取っていくことが大切です。苦手だという人もいるかもしれませんが、髪質やスタイリング技術、理想のヘアスタイルなどを細かく伝えたほうが、美容師も施術しやすくなるのが事実です。
また、プロということもあり髪質についての相談をしておけば、その人に合ったパーマやカラーのかけ直しの期間や頻度を教えてくれることもあります。かけ直しが必要な時期についてもアドバイスしてくれることも多いため、理想の髪型になるためにも美容師とのコミュニケーションを大切にして、美容師に自分の髪質・スタイリング技術の基準から、適切なかけ方やアド橋うをしてもらうようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?パーマをかけ直ししたい時のおすすめのかけ方、そして美容院からすると迷惑なのかどうか、言い方についてなど、気になることを紹介してきました。また、パーマのかけ直しやかどんなかけ方をしたとしても、髪は痛むものでダメージもあります。頻度や期間を考えることはもちろんですが、髪へのケアを忘れずに行うことが大切なので、今回紹介したかけ直しの基準なども参考にしてお気に入りのヘアスタイルを楽しんでいきましょう♡
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnpIIFFgSst/?hl=ja&tagged=%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB