Cf5ngmljfdkxblan99qs

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | カテゴリー

パーマの期間は?すぐとれる時の次までの時間や平均持ち時間も紹介!

2018.09.13

パーマの期間を知っておかないと、すぐとれる原因になることもあります。そこで今回は次のパーマにはどのくらいの期間をあけるとすぐとれるのを防げるのかに注目。持ち時間の平均やツイスト、デジタルパーマ、そして前髪との相性など、気になることを見ていきます。

目次

  1. パーマは期間を知っておくことがすぐとれるのを防ぐためになる
  2. すぐとれるのは次のパーマをかける期間が短いから?
  3. すぐとれるのを防ぐために、次のパーマにあけると良い期間
  4. ツイストパーマが短期間ですぐとれる原因は?
  5. すぐとれるパーマはデジタルパーマに変えてみるのもおすすめ
  6. 前髪のパーマが短期間ですぐとれる原因は?
  7. 前髪パーマはすぐとれるもの、平均期間よりも短めにかけてみよう
  8. パーマがすぐとれる・期間の悩みは美容師に相談しよう
  9. 自分に合った期間を見定めて、パーマを楽しんでいこう
  10. まとめ

パーマがすぐとれる…その場合、期間に注目をしてみるのがおすすめです。特に何度もパーマをかけている場合、次かけるまでの期間どのくらいあけるのか、というのがポイントになっていて、それによってパーマの持ち時間は変わっていくのです。

今回はそんなパーマの適切な期間に注目をしていくので、パーマがすぐとれると悩んでいる人や、次までどのくらいの期間あけるのが良いのかわからない、という人は参考にしてきましょう。パーマの持ち時間に関しては、個人差があります。その人の髪質や状態、パーマをかける頻度などによって変わるため、自分のケースと照らし合わせながらチェックしていきましょう。

パーマがすぐとれるのは、次のパーマをかけるまでの期間が短いというケースがあります。これは何度もパーマをかけている人に限ってのことですが、頻繁にパーマをかけていれば、それだけ髪に対してダメージが与えられ、傷んでしまいます。

パーマに限らず、髪が傷んでしまえば、ヘアアレンジは落ちやすくなり、すぐ取れる原因へと繋がります。もしパーマが前に比べてすぐとれるようになったというのであれば、パーマのかけすぎや、次の期間までのあける時間が短いため、髪のダメージ修復が間に合っていない可能性が高いのです。この場合、パーマだけでなくヘアカラーも落ちやすくなっている、目に見えて髪質が悪くなっているのがわかるため、自分の髪の状態をチェックしてみましょう。

1/5

続きを読む