2018年09月13日 UPDATE

パーマで毛先くるくるがいい?外ハネやワンカールなど髪型をご紹介!

パーマで毛先をくるくるしたい、外ハネやワンカールに興味がある…そんなおしゃれな髪型って憧れますよね♡今回はパーマで毛先をくるくるしたい人必見のカットを紹介!ボブやミディアムに似合うもの、パサパサチリチリに悩む人のために対策についてチェックしていきましょう。

目次

  1. パーマで毛先をくるくるにすると可愛い♡
  2. パーマで毛先をくるくるするのはボブだと可愛くなる
  3. パーマで毛先をくるくるするのをミディアムヘアに合わせると、大人可愛いが出来上がり
  4. パーマで毛先をくるくるする場合、イメージ像を美容師さんにしっかり伝えよう♡
  5. パーマで毛先をくるくるするはずが、チリチリに…原因は?
  6. パーマで毛先をくるくるにしたらパサパサ髪に!原因は?
  7. パーマで毛先をくるくるした時に出来たチリチリパサパサの対処法
  8. 毛先のくるくるをキープするためにも。パーマ専用シャンプー・トリートメントを使おう
  9. パーマは熱にも弱い。ドライヤーの前に一手間加えて毛先のくるくるをキープ!
  10. まとめ

パーマで毛先をくるくるにすると可愛い♡

パーマで毛先をくるくるにするのって、とっても可愛いですよね♡全体的にパーマをかけるのも可愛さが際立ちますが、毛先だけくるくると可愛くするだけで、ちょっとおしゃれで可愛いヘアスタイルの出来上がり♡
特に毛先にパーマをかけるのは、くるくるにするのも可愛いですが、外ハネやワンカールにしてみるのもアクティブな雰囲気が出たり、大人っぽい雰囲気が出たりして、自分の雰囲気を様々なものに変えられます。パーマで毛先をくるくるにしたいなあと思うのであれば、まずどんなくるくるにしたいのか、自分にとってくるくるが良いのか、外ハネやワンカールが良いのか、チェックした上でオーダーをしていきましょう!

パーマで毛先をくるくるするのはボブだと可愛くなる

まずチェックしていくのが、ボブに合わせた毛先くるくるパーマについて。シンプルに毛先をくるくるするパーマだと、可愛らしさが全面的に出されて魅力的ですよね♡
続いて外ハネについても見てみましょう。外ハネの場合、印象が明るく元気でボーイッシュなものになりますよね。外ハネは今年のトレンドにもなっているため、毛先を外ハネパーマにすればおしゃれさんだと思われること間違いなし!また、髪全体にゆるくウェーブをかけて毛先を外ハネにすると、可愛らしさをよりプラス出来るのでおすすめになっています。
ボブにワンカールを合わせるのは王道のパーマ・カットの方法ですよね。ボブにワンカールを加えることによって、ボブの丸みを帯びたシルエットが強調されるのと、スタイリングも楽ちんになるため、ボブの丸みを大切にしたい人はワンカールを取り入れるのがおすすめ。この場合、カットもワンカールを視野にいれたものになるため、美容師さんにしっかりと伝えてくださいね。

パーマで毛先をくるくるするのをミディアムヘアに合わせると、大人可愛いが出来上がり

続いて注目をしていくのがミディアムヘアとの組み合わせについて。ミディアムの毛先をくるくるにすると、大人可愛さがグっと出て、ひと目で可愛い♡思えてしまうほど魅力的なヘアスタイルの出来上がり。全体にかけるよりも上品な感じに仕上がるのもこのヘアスタイルの特徴ですね。
ミディアムに外ハネをプラスすると、大人可愛い中にどこか少女っぽさが漂うものになるため、大人過ぎない可愛らしさを追求したい人にはぴったりです。またミディアムの外ハネの場合、前髪の有無によっても印象が大きく変わるのも醍醐味の1つ。前髪なしだとグっと大人っぽさが際立つクールで可愛い印象に近づけます。
ミディアムにワンカールを加えるのも、ボブ同様に定番のヘアスタイルですよね。ミディアムに毛先にワンカールをプラスすると、大人可愛い清楚な雰囲気の出来上がり。よく女子アナに多く見られるヘアスタイルになりますね。上品で大人可愛い清楚な雰囲気を出したい人は、ミディアムにワンカールがおすすめです♡

パーマで毛先をくるくるする場合、イメージ像を美容師さんにしっかり伝えよう♡

パーマで毛先をくるくる、または外ハネやワンカールをする場合には必ずイメージ像を美容師さんに伝えるようにしましょう!パーマの失敗で怖いところは、「思っていたのと違った」と思うことが多いというもの。パーマはヘアスタイルをガラリと変えるものでもあるため、失敗をするとかけ直すまで恥ずかしい思いをしてしまう場合もあります。
そうならないためにも、Web検索やTwitter、Instagramなどである程度のイメージ像を探しておくのがおすすめ。美容師さんも口頭だけでイメージを伝えられるよりかは、実際の画像や写真を見たほうがわかりやすく、お互いの考えが一致しやすくなるため、失敗をしないためにもイメージ像は画像や写真でしっかりと伝えていきましょう。

パーマで毛先をくるくるするはずが、チリチリに…原因は?

パーマで毛先をくるくるにしたはずが、チリチリになって見栄えが悪くなってしまった…という経験を持っている人もいるでしょう。チリチリになった毛先は悪目立ちをしてしまいますし、思っていたカールにならない原因にもなります。何故毛先がチリチリになってしまうかというと、髪へのダメージが原因に挙げられます。チリチリになってしまう多くの人は、以下のような特徴を持っている人が多くいます。
・日頃からアイロンやコテなどを頻繁に使って、髪に熱を与えている
・頻繁にパーマやカラーなどを行っている
・パーマと同時にヘアカラーもオーダーしている
・毎日使うシャンプーやトリートメント、ヘアケアアイテムが髪質に合っていない
ということがほとんどです。特に上3つに関しては髪へのダメージがかなり大きいため、傷みやすい毛先がパーマによってチリチリになってしまっている可能性が高いと言えるわけですね。毎日可愛いヘアスタイルを作るためにアイロンやコテを使う人はいますが、十分なケアをしていても髪質によってはパーマが決め手でチリチリになってしまうこともあるため、注意が必要です。

パーマで毛先をくるくるにしたらパサパサ髪に!原因は?

パーマで毛先をくるくるにしたら、パサパサした髪質になってしまった…という人もいますよね。パサパサ髪はチリチリと比べると悪目立ちはしないものの、それでもツヤ感が出ない髪になっているため、あまり見栄えはよくありません。
パサパサ髪も先程チリチリ髪のところで紹介した原因が当てはまります。また、冬などの乾燥する季節などは保湿対策をしないとダメージによってパサパサに拍車がかかるということもあるため注意が必要です。洗い流さないトリートメントやヘアマスクなどで、日頃からパサパサにならないように対策をするようにしていきましょう。

パーマで毛先をくるくるした時に出来たチリチリパサパサの対処法

パーマで傷んだチリチリ、パサパサ髪をどのようにすれば対処していけるか気になりますよね。まずシンプルにチリチリ、パサパサの対処法について紹介をしていきましょう。

チリチリ髪はごまかすことは出来ても改善は出来ない

実はチリチリになってしまった髪を元通りにするのはほとんど不可能に近いため、トリートメントなどでごまかすことは出来ても、直すことは出来ません。毛先だけのチリチリならば、早めにカットしてしまったほうが良いでしょう。

パサパサ髪は日々のヘアケアを重点的に

髪がパサパサしてしまった時は、出来るだけ日々のヘアケアを重点的に行うようにしましょう。先程も紹介しましたが、保湿効果やダメージ補正効果のあるヘアケアアイテムを使って、パサついた髪を直していきましょう。
また、チリチリ髪、パサパサ髪にならないためにも日頃から髪質に関しては気を配っておくことが大切です。特にヘアアイロンやコテなどを頻繁に使う人は、頻度について考えてみることや、よりダメージ補正をしてくれるケア用品を使うこと、洗い流さないトリートメントなどでカバーするなどしましょう。
パーマをかける時もカラーなどと同時にしないことは大切ですが、トリートメントメニューを追加するとパーマをかけた時の髪へのダメージをある程度ケアしていけるため、チリチリ髪やパサパサ髪への予防にも繋がります。詳しくは美容師さんに髪質を相談のもと、ケアについて考えてみると良いでしょう。

毛先のくるくるをキープするためにも。パーマ専用シャンプー・トリートメントを使おう

毛先をくるくる、外ハネ、ワンカールにしたのにすぐに落ちてしまった…というのは何としてでも避けたいところ。そこでおすすめしたいのが、パーマ専用のシャンプーやトリートメントです。
一般的なシャンプーやトリートメントを使用する場合、パーマがキープ出来ない、または落ちやすくなる原因になる恐れが出てきてしまいます。少しでもパーマをキープさせたいというのであれば、専用のシャンプーやトリートメントを使って、日頃のヘアケアをしていきましょう。

パーマは熱にも弱い。ドライヤーの前に一手間加えて毛先のくるくるをキープ!

パーマは熱を与えることによって落ちやすくなってしまうこともあります。そうならないためにも、ドライヤーの前には一工夫してあげるようにしましょう。特にドライヤーをかける前には、タオルドライを髪に摩擦を与えすぎないように優しく行い、ドライヤーの前には洗い流さないトリートメントでドライヤーの熱から髪を出来るだけ守るように心がけていきましょう。
ヘアスタイルにもよりますが、カットを頼む際に出来るだけドライヤーを楽ちんに終わらせたいと美容師さんに相談をしてみるのもおすすめです。カットによって毛量の調整をしてくれるようになるため、ドライヤーを終える速度が早くなり、結果的に髪への熱ダメージを減らせるようになるのです。

まとめ

いかがでしたか?パーマで毛先をくるくるにするのは、ミディアムでもボムでも似合うのでおすすめ♡また、パーマで毛先をくるくるするだけでなく、外ハネやワンカールなども魅力的なので、気になるカットとパーマで可愛い自分に変身してみてください♪パーマをする際にチリチリになる髪がパサパサになるという人も、今回紹介した原因や対処法を試せば予防や改善していけるはずなので、カットにも工夫を凝らし、可愛いパーマで毛先をくるくるして、素敵な自分を堪能していきましょう♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BRhsqAuAQF8/?hl=ja&tagged=%E6%AF%9B%E5%85%88%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E