Xs1bgbd3kcr8hhlgvelk

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

パーマとコテはどっちが痛む?おすすめのスタイリング剤や違いを解説

2018.09.13

パーマとコテはどっちがいいのか、どっちが痛むのか、気になる人もいますよね。二つのダメージの違いについても気になりますし、おすすめはパーマかコテなのか疑問に思うところ。そこで今回はパーマとコテの違いに注目!巻き方やスタイリング剤の違いも見ていきます。

目次

  1. パーマとコテ、どっちがいい?
  2. パーマとコテ、どっちが痛む?
  3. パーマとコテのそれぞれの特徴【パーマ編】
  4. パーマとコテのそれぞれの特徴【コテ編】
  5. 日々のスタイリングを楽にしたいなら、コテよりパーマがおすすめ
  6. ヘアスタイルをよく変える人はパーマよりもコテのほうがおすすめ
  7. パーマやコテに使うスタイリング剤の違いは?
  8. パーマよりコテ派必見!基本的な巻き方やスタイリング剤の使い方
  9. パーマとコテはどちらも髪は痛むもの。日頃からヘアケアをしておこう
  10. まとめ

パーマとコテ、どっちがいいのか気になりますよね。特に日頃から髪を巻いている人やアレンジをしている人は、どっちが痛むのか、どっちが髪にとっては良いのか、おすすめはどちらなのか、とても気になるところでしょう。

結論から言うと、どっちがいいかに関しては、パーマもコテもどちらも魅力があるため、人によってどっちがいいかは異なります。そのため、これから紹介していくパーマとコテのそれぞれの特徴やメリット・デメリット、人によって合う合わないの相性についてを見ていけば、自分にとってどっちがいいのか見えてくるはずです。どちらが自分にとっていいのか、早速チェックしていきましょう。

まず注目をしていくポイントになるのが、パーマとコテ、どっちが痛むのかということについて。髪へのダメージや負担を考える人にとっては、どっちが痛むのかというのはかなり気になる問題ですよね。一度のダメージが大きそうなパーマ、日々の熱ダメージによる負担が大きそうなコテ…想像がつかないものです。

どっちが痛むかということについては、【パーマの種類】や【コテを使う頻度】によって異なっていきます。パーマの種類やかけ方も、最近では髪への負担を少なくしたものもあるため、たとえば毎日しっかりとコテで髪を巻いている場合には、パーマのほうが格段にダメージは少なくなるでしょう。

しかし、あまりコテを使って髪を巻かない、巻き髪をしないという場合にはどんなパーマの種類やかけ方をしたとしても、パーマのほうが髪へのダメージは大きくなります。日々の自分のヘアスタイルやコテを使う頻度によって、【どっちが痛むかは変わる】と言えるのです。

パーマとコテどっちがいいのか、それを見極めていくためにもそれぞれの特徴を知っておくことも重要です。まず見ていくのがパーマの特徴について。パーマは美容院でかけることを前提にして、特徴を紹介していきます。また市販の薬剤でパーマをかけるのは髪がかなり痛むのでおすすめ出来ません。

☆コテと比べて持ちが良いカーブを手に入れられる

☆コテの頻度やパーマの種類によっては髪への負担が少ない

☆プロの手で施術されるので、綺麗なカーブが手に入れられる

というのが、パーマの基本的な特徴、そしてメリットですね。また美容院のメニューによってはトリートメントもあるので、そちらをプラスすると髪へのダメージをより軽減、ケアが出来るのでおすすめ。毎日コテを使う人や綺麗なパーマヘアを手に入れたい人は、確実にパーマのほうがおすすめだと言えます。

1 / 3