2018年09月19日 UPDATE

パーマに失敗したら?アレンジや対処法、直す方法を徹底解説します!

パーマに失敗したらどんな対処法があるのか知っておいて損はありません。そこで今回はパーマに失敗したらどうすればいいのかの対処法を紹介!戻すのが直すのか、それともカットをすればいいのか、ショートの場合やアレンジ方法など、気になる対処法を見ていきましょう。

目次

  1. パーマに失敗したら困ることは多い
  2. パーマに失敗したら戻すべきか、直すべきか
  3. パーマに失敗して直す場合、美容院で直すようにしよう
  4. パーマに失敗した原因がチリチリ毛になった場合
  5. パーマに失敗した…?パーマがゆるくなってきた場合のアレンジ方法
  6. パーマに失敗した時、アレンジとしては髪をまとめてしまうのがおすすめ
  7. ショートヘアのパーマに失敗したら、戻すのがおすすめ
  8. パーマに失敗したと思っても市販のパーマ剤では絶対に戻さない
  9. パーマに失敗しないために、美容師とのコミュニケーションを大切にしよう
  10. まとめ

パーマに失敗したら困ることは多い

パーマに失敗したら困ることって多いですよね。実際パーマに失敗してしまうと、パーマは様々なヘアスタイルの中でも目立つものになるため、悪目立ちをして恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。そうならないためにも、パーマに失敗した時のための対処法をいくつか知っておくのが大切です。
今回はそんなパーマに失敗した時の対処法をいくつか紹介していくのと、そもそもパーマに失敗しないためのちょっとしたポイントについても見ていくので、現在パーマに失敗して悩んでいるという人や、パーマの予定があるけれど失敗が怖いと思っている人はチェックしてみてくださいね。

パーマに失敗したら戻すべきか、直すべきか

まず、パーマに失敗したら髪型を戻すべきか、それともパーマをかけ直して直すべきか悩むことでしょう。これは完全に自分の好みによるものなので、もうパーマには懲り懲りかもしれない、自分には似合わない気がするというのであれば、パーマを戻すのがおすすめです。
しかし、明らかにオーダーとは違うパーマにさせられてしまった場合や、パーマのかかり加減が強い、または弱い場合などは、直すべきだと言えます。だいたい直すにしても戻すにしても、パーマをかけてから一週間時間を置いてからのほうが髪へのダメージも少ないため、恥ずかしいかもしれませんが、髪や頭皮への負担を考え、一週間は置くようにしましょう。

パーマに失敗して直す場合、美容院で直すようにしよう

パーマに失敗して直す場合、美容院で直してもらうようにしましょう。基本的に多くの美容院では、パーマのお直しサービスというものを設けています。美容院によりますが、だいたいパーマの施術をしてから1週間~10日以内で承っていることが多く、無料、または追加料金を支払うことによってパーマを直してくれます。
また、パーマを戻す場合も美容院で施術をしてもらったほうが良いでしょう。思うようにいかなかったという場合で戻す場合だと、サービスの範囲内かどうかは美容院によるので確認が必要ですが、こちらも施術から1週間は時間を置いてから直すようにしていきましょう。

パーマに失敗した原因がチリチリ毛になった場合

パーマに失敗したと思う経験談の1つには、パーマによって髪がチリチリに傷んでしまったというものもありますよね。パーマによるダメージが強い、もともと髪が傷んでいる、美容師によるパーマ剤の選び方が悪かった…など理由は様々です。だいたいの場合は髪がもともと傷んでいる上からパーマをするとチリチリになるというものになっています。
この場合、手っ取り早い対処法としてはカットをしてしまうというものです。傷んだ髪を直すのは難しく、チリチリとした髪は悪目立ちをしてしまいますし、切れ毛や枝毛となって残ってしまいます。どの程度チリチリになっているかによりますが、可能であればカットをして対処をしたほうが良いでしょう。
また、チリチリにならないためにも、パーマの際にはトリートメントメニューも一緒に施術を受けるのがおすすめ。どんなに優しい成分を使っていたとしても、髪や頭皮へのダメージはゼロにはなりません。少しでもケアをしたほうがパーマを美しく保つことにも繋がるため、トリートメントメニューで、髪をカットする手間を作らないというのも失敗しないコツになります。

パーマに失敗した…?パーマがゆるくなってきた場合のアレンジ方法

パーマに失敗したかもと思う瞬間というのは、だいたい自分で髪を洗って乾かした後のことでしょう。あれだけくるくるとカーブをしていたにも関わらず、乾かすとパーマが緩くなって一瞬で取れてしまったような、そんな気持ちになりますよね。
しかしこれは厳密に言えば失敗ではありません。もし施術したパーマが【コールドパーマ】と呼ばれるものだった場合、髪が濡れることによってパーマが強調されるという特徴があります。一般的にパーマのメニューはコールドパーマによる施術になるため、もし髪が完全に乾いた状態でパーマのゆるさが目立つのであれば、失敗ではなくパーマの特徴だと思うようにしましょう。
基本的にパーマはスタイリングが必要な髪型でもあります。コールドパーマの場合はワックスなどで髪を湿らせることによってパーマのカーブが強調されていくので、軽くつけて様子を見てみるようにしましょう。明らかにパーマ自体がしっかりとかかっていないという場合には、美容院に連絡のもと、可能であればかけ直してもらうと良いでしょう。

パーマに失敗した時、アレンジとしては髪をまとめてしまうのがおすすめ

パーマに失敗をした時、アレンジとして髪をまとめてしまうのもおすすめです。パーマをどのようにかけたかにもよりますが、もし髪を結べる長さなのであれば、髪をまとめてしまえば失敗が目立たず、むしろヘアスタイルとしては可愛くおしゃれなものになるケースも多々あります。
特に強めのパーマになってしまった場合、下ろした状態だとかなり派手な髪型に見えやすくなってしまいますが、髪をまとめてしまうことによっておしゃれな髪型に早変わり。もし、パーマに失敗したかもと感じたら、まずは髪をまとめてみて、様子を伺ってみるのもおすすめです。

ショートヘアのパーマに失敗したら、戻すのがおすすめ

パーマに失敗をした、しかも自分は今ショートヘアでアレンジもきかなければ、カットをするのも難しい…そんな場合には、パーマを戻すのがおすすめです。ショートの場合髪が短いということもあるため、カットは難しいですし、かけ直すことによってさらに状態が悪化をしたら…と思うと得策ではありません。
そのため、ショートヘアでパーマに失敗したと思ったら、かけ直すよりも戻すのがおすすめです。髪へのダメージが大きいため、必ず1週間は空けることと、美容院に戻すことが出来るかどうか確かめておくようにしましょう。明らかにオーダーと違うパーマにされたのであれば、戻してくれる可能性が高いと言えます。

パーマに失敗したと思っても市販のパーマ剤では絶対に戻さない

パーマに失敗をしたけれど、美容院に相談をするのは恥ずかしい、迷惑かもしれない…そう思うと市販のパーマ剤や戻し剤でなんとかしようと考える人もいるでしょう。しかしこの方法はかなりおすすめ出来ません。
基本的に市販のものは髪や頭皮へのダメージが強いというのもありますし、思うようにならないという恐ろしさもあります。失敗をした結果、さらに失敗を重ねて、より酷い状態になってしまうリスクのほうが高いため、パーマに失敗したと思っても市販のパーマ剤では絶対に戻さず、美容院で施術をしてもらうようにしましょう。

パーマに失敗しないために、美容師とのコミュニケーションを大切にしよう

最後に、パーマに失敗しないためにも、予め美容師とのコミュニケーションを大切にしておくようにしましょう。パーマを受ける際は、出来るだけイメージ像をわかりやすく伝えるのがおすすめ。理想としては写真や画像、または雑誌などを美容師に直接見せて、こんな感じにしたたいという理想やイメージ像を伝えてあげることで、美容師も施術しやすくなります。
特にショートヘアの人やカット込みでパーマをする人の場合、失敗をした時のリスクは意外に大きなものになるため、美容師との打ち合わせは念入りにしたほうが良いでしょう。中には恥ずかしいと思えてしまうかもしれませんが、失敗をして恥ずかしい状態になるよりかはましですし、美容師としても直す手間を受けない分、一度で終わらせたほうが断然良いと言えます。
また、パーマの施術の際、アレンジ方法についても聞いてみるのがおすすめ。ショート、ロングに限らず、パーマの特徴によってはそれを活かしたスタイリング剤やアレンジ方法などがあるので、単なる勘違いで失敗を疑わないためにも、アレンジやパーマの特徴についてはしっかりと尋ねておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?パーマに失敗したらどうすればいいのか、対処法を知っていれば、戻すべきか直すべきか、それともアレンジやカットにして誤魔化せばいいのか判断が出来るようになっていきます。パーマに失敗したらショートの人の場合は対処法も限られてくるので、是非今回紹介したことを参考にしてパーマの失敗を誤魔化していきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BndR-SxAShx/?hl=ja&tagged=%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%A4%B1%E6%95%97