Dfqgrylv2lzfbfp4orhp

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | カテゴリー

パーマに失敗したら?アレンジや対処法、直す方法を徹底解説します!

2018.09.19

パーマに失敗したらどんな対処法があるのか知っておいて損はありません。そこで今回はパーマに失敗したらどうすればいいのかの対処法を紹介!戻すのが直すのか、それともカットをすればいいのか、ショートの場合やアレンジ方法など、気になる対処法を見ていきましょう。

目次

  1. パーマに失敗したら困ることは多い
  2. パーマに失敗したら戻すべきか、直すべきか
  3. パーマに失敗して直す場合、美容院で直すようにしよう
  4. パーマに失敗した原因がチリチリ毛になった場合
  5. パーマに失敗した…?パーマがゆるくなってきた場合のアレンジ方法
  6. パーマに失敗した時、アレンジとしては髪をまとめてしまうのがおすすめ
  7. ショートヘアのパーマに失敗したら、戻すのがおすすめ
  8. パーマに失敗したと思っても市販のパーマ剤では絶対に戻さない
  9. パーマに失敗しないために、美容師とのコミュニケーションを大切にしよう
  10. まとめ

パーマに失敗したら困ることって多いですよね。実際パーマに失敗してしまうと、パーマは様々なヘアスタイルの中でも目立つものになるため、悪目立ちをして恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。そうならないためにも、パーマに失敗した時のための対処法をいくつか知っておくのが大切です。

今回はそんなパーマに失敗した時の対処法をいくつか紹介していくのと、そもそもパーマに失敗しないためのちょっとしたポイントについても見ていくので、現在パーマに失敗して悩んでいるという人や、パーマの予定があるけれど失敗が怖いと思っている人はチェックしてみてくださいね。

まず、パーマに失敗したら髪型を戻すべきか、それともパーマをかけ直して直すべきか悩むことでしょう。これは完全に自分の好みによるものなので、もうパーマには懲り懲りかもしれない、自分には似合わない気がするというのであれば、パーマを戻すのがおすすめです。

しかし、明らかにオーダーとは違うパーマにさせられてしまった場合や、パーマのかかり加減が強い、または弱い場合などは、直すべきだと言えます。だいたい直すにしても戻すにしても、パーマをかけてから一週間時間を置いてからのほうが髪へのダメージも少ないため、恥ずかしいかもしれませんが、髪や頭皮への負担を考え、一週間は置くようにしましょう。

1/5