Vdczhzkcvtlbbmjea5ds

ハンドケア

CATEGORY | ハンドケア

ロクシタンのシアハンドクリーム!人気の香りや成分などを解説

2018.09.21

ロクシタンで特に人気なのがシアハンドクリームです。おすすめされるほどの効果や香り、成分などはもちろんですが30mlという丁度良い量などもあって人気があります。今回は、ロクシタンのシアハンドクリームの匂いやその成分についてを詳しく解説していこうと思います。

目次

  1. 人気のロクシタンのシアハンドクリームはなぜ人気?
  2. ロクシタンのシアハンドクリームの配合成分
  3. ロクシタンのシアハンドクリームの香りについて
  4. ロクシタンのシアハンドクリームの量について
  5. ロクシタンのシアハンドクリームの使い心地について
  6. ロクシタンのシアハンドクリームは30ml以外にないの?
  7. ロクシタンのシアハンドクリームは他の部分に使っても良い?
  8. ロクシタンのシアハンドクリームはプレゼントにもおすすめ
  9. 高い保湿力で手を守りたい人や使いやすさは抜群!
  10. 最後に
Cr9pwfrkldycergd4gzk

植物性の成分でほぼ作られており、香り高く使うと良い匂いがするということで人気のロクシタンの製品は、その中でもシアバターを使っているシアハンドクリームが非常に高い人気を誇っています。公式サイトなどでは1秒に3本売れているという、まさに世界中でリピーターや購入者が続出している製品でもあります。

Suezq6wymatpbk2fdrqp

そんなシアハンドクリームではありますが、おすすめされる、高い人気を誇る理由というのは一体どういったものなのでしょうか?多くの口コミはもちろん、配合されている成分などを解説しつつ、人気の秘訣についてを今回は詳しく紹介していきます。

300x300?spatialtags=0.278912:0.705989,0.485261:0
引用: https://d28m5bx785ox17.cloudfront.net/v1/img/QH3bMKU2JcJaI3ZdKLMmmyIA1cPxBV1Gq4Zgatl2dGU=/sc/300x300?spatialTags=0.278912:0.705989,0.485261:0.640653

ロクシタンのシアハンドクリームというのは、名前の通りシアバターが配合されています。シアバターは貴重な成分であるというのもありますので、20%程度の配合になりますが、それ以外にもアマ種子エキスやヒマワリ種子油などの保湿成分や抗酸化作用の期待できる成分なども配合されています。

300x300?spatialtags=0.693780:0.357257,0.518341:0
引用: https://d28m5bx785ox17.cloudfront.net/v1/img/dE01czEWH9mpKrhlPzlGzi51z6U-FcvF0CJjX3FZOBg=/sc/300x300?spatialTags=0.693780:0.357257,0.518341:0.770335

高い保湿効果を期待できるハンドクリームということで、水仕事が多い女性や乾燥肌で悩んでいる女性たちからは非常に高い評価を得ています。プレゼントとして贈ったら喜ばれた、という口コミなども見かけます。抗酸化作用だけでなく、肌に対しての栄養を与える効果も期待できますので手を若々しく保つためにもおすすめされています。

300x300?spatialtags=0.618750:0
引用: https://d28m5bx785ox17.cloudfront.net/v1/img/Mgc6K8eGhLBjM8-eD22v0QTrF2wWfrkIeNuRuFR81tQ=/sc/300x300?spatialTags=0.618750:0.278750

ロクシタンの製品はそのもの自体の香りはもちろん、使ってみたことでの匂いが良いというのが特徴的でもあります。シアハンドクリームの場合は優しい甘めの香りがする製品で、使うことでくどすぎない少し甘い優しい匂いがすることでも人気の製品でもあります。あまり花や植物などの香りが好みではない、と言う人にはおすすめかもしれません。

L4wcp6t4lskxvhpix0ff

ただ、人によっては逆に匂いが強いと感じてしまうこともあるようです。高い保湿効果が欲しいから、ということで試してみて、実際には匂いがそれほど良くなかったという人も少なからずあります。この辺りは個人の好みになりますから好き嫌いが分かれるかもしれませんが、他の香りよりも多少使った時の匂いは控えめの製品になります。

Hklv7qyznfcwqi9u5bdz

ハンドクリームを購入する時、効果や匂いなどはもちろん気にするところではありますがそれ以上に自分にとって使いやすい量というものを気にする人も多いです。多すぎると使い切ることができず、少なすぎるとすぐに使い切ってしまうため、購入時に自分が大体使いきれる量を考えて購入することもあるでしょう。

1 / 3