2018年09月24日 UPDATE

まつげを抜く癖がある!デメリットや改善方法を徹底解説します!

まつげを抜く時の痛い感覚がすっきり感じられて癖になっている方、またはまつげを抜くと濃くなると信じて抜いていると言う方もいます。どの場合であってもまつげを抜くことにはデメリットがあります。生える事が難しくなる可能性も。改善するまでの対処方法をご紹介して行きます。

目次

  1. まつげを抜く癖はデメリットがある?改善するためには
  2. まつげを抜く癖とは?
  3. まつげを抜く時の痛い感じが癖になる?
  4. まつげを抜くとより生える・濃くなるのは迷信?
  5. まつげを抜く癖がやめられない場合は抜毛症の可能性も
  6. 症状が確認された場合には病院へ
  7. まつげを抜く事のデメリット
  8. まつげを抜く事のデメリット「まつげが役目を果たせなくなる」
  9. まつげを抜く事のデメリット「見た感じの印象」
  10. まつげを抜く事のデメリット「抜けるのと抜くのは違う」
  11. まつげを抜く癖を改善するまでの対処方法
  12. まつげを抜く癖を改善するまでの対処方法「つけまつげをする」
  13. まつげを抜く癖を改善するまでの対処方法「まつげ美容液を使う」
  14. まつげ

まつげを抜く癖はデメリットがある?改善するためには

D3g0xppj1rxxmrmdgvxc
まつげをビューラーなどを使う時に、うっかり抜いてしまったと言う経験は、女性であれば一度はあるかもしれません。その時の痛い感覚がすっきりしたようにも感じられてしまうことがあります。そうすると、ついついまつげを抜くのが癖のようになってしまうことがあるそうです。そんなまつげを抜く時の痛い感覚がすっきりに感じられて、癖になってしまった時のデメリットや、改善するまでの対処方法などについてご紹介して行きたいと思います!ぜひチェックして行きましょう!
Haqgskuygzubcfo44dch

まつげを抜く癖とは?

Mvx0zf1w3h4svjnk4vam
まつげを抜く癖と言うのは、誰でも一度はまつげをうっかり抜いてしまうような経験があるかと思います。その痛い感覚をすっきりしたと思ってしまったりして、なんども抜くことがやめられなくなってしまったりすることがあります。あくまで癖程度のもので、やめようと思えばやめられる範疇のものです。もしやめられない状態になっている場合には、後ほど少し詳しくご紹介しますが、病院で適切な治療を受けた方が良い可能性もあります。
Ccai16rptnr6djqviz5n

まつげを抜く時の痛い感じが癖になる?

Z7uq2ph3gvoqwfh2h3wy
何かしら人にはちょっとした手癖だったりはあるものです。それが少し痛いものであっても、ついすっきりするような感じがしてしまってやってしまうと言うものです。関節を鳴らしたりすると言うのも、似ているかもしれません。関節は鳴らさない方が良いと言われていますが、微妙なすっきり感で続けてしまうと言う方も多いです。関節もそうですが、まつげを抜いてしまうと言うのにもデメリットがあるんです。後ほどご紹介して行きたいと思います。
Sfl7vvwmcmx4ag5xzuh3

まつげを抜くとより生える・濃くなるのは迷信?

Qkhty16aeqpqaqm6b1h2
先ほどのように、痛いとすっきり感が感じられるのとは全く違う考え方で、まつげを抜くとより生える・濃くなると言う事を信じて抜いていると言う方もいます。まつげを抜くとより生える・濃くなると言うのは、おそらくですがムダ毛に対しても言われているものと同じようなことでもありますね。ムダ毛を剃ると余計に生える・濃くなると言われています。ムダ毛の場合には、毛の断面がななめになるから濃くなるように見えるとされていますが、確実な情報は難しいようです。
Svlbmj5abpxjuz0aakni
もともと、まつげはムダ毛とされていませんし、剃ると言う事は部位的にも無いかと思います。抜くとは違いますが、まつげの先端部分をカットすると生える・濃くなると言う話もありました。こちらも、一度カットした長さに目が慣れると、伸びた時にすごく増えたような感じがすると言うものです。無理やりに抜くことがどのように関係しているのかの根拠がよくわからないので、ムダ毛の話とごちゃごちゃになってしまったと言うだけのような感じがしますね。もしこの生える・濃くなると言う理由でまつげを抜いている場合には、早めにやめておきましょう。

まつげを抜く癖がやめられない場合は抜毛症の可能性も

Ez8ofqoneg9a7lsfrlt3
もしすでにまつげを抜く痛い感覚がすっきりする感じがしていて、まつげを抜くのがやめられないと感じている場合には、抜毛症の可能性もあります。抜毛症の場合には皮膚や髪自体がかゆかったり、何かしらの症状があると言うようなものではなく、単に抜くことがやめられないと言う点があります。自分で意識せずに抜いてしまっていることもありますので、思い当たる節がある場合には身近な人に相談して、抜いたりしていないかを見てもらうのも良いでしょう。
Ff38skgfromu7xqatj00

症状が確認された場合には病院へ

Nemmrmxbtei2kgnjnhzt
自分で抜毛症かもしれないと思ったり、自分では無意識であっても周りから毛を抜いているよと言われた場合には、抜毛症を疑うようにしましょう。早めに病院へ行って状態を相談してみましょう。もし病院にすぐに行くのが難しい場合には、まずは厚生労働省の抜毛に関するページを参考にしてみるのも良いかもしれません。こちらもチェックしてみてください。
Dm6voqm4sb6gw0k0g5ra

まつげを抜く事のデメリット

Okdkxwbjasrz4dccrpab
では、ここからはまつげを抜く事のデメリットについて見て行きたいと思います。まつげを抜いて無い状態にしてしまう事のデメリットとはどんなものがあるのでしょうか?こちらも見て行きましょう!

まつげを抜く事のデメリット「まつげが役目を果たせなくなる」

Qqct081efylfp03zlgu7
そもそも、まつげには役目があり生えています。その役割と言うのは汗やホコリなどが目に入るのを防いでくれたり、目に入る異物がまつげに触れる事で察知し、ぶつかるよりも早く目を閉じることができたりします。また、まつげがある事で目の感想を防ぐことができたりもします。これらの役目は、まつげが無い事で果たすことができなくなってしまうのです。

まつげを抜く事のデメリット「見た感じの印象」

L169q8khahzi4oxykdob
また、見た感じの印象も違ってしまいます。目は口ほどにものを言うと言いますが、やはりまつげが無い状態だと目元に違和感があります。目元は話をする時にもよく見る部分でもありますので、まつげを抜いてしまって無い状態が相手に伝わりやすくなります。まつげがもともと短いと言う状態とは、また少し違うと言う感じも見た感じで感じられやすいです。見た感じの印象があまり良いとは言えなくなってしまうことがあります。

まつげを抜く事のデメリット「抜けるのと抜くのは違う」

Oiughmbxgxxewnnwzz6i
まつげも他の毛と同様に、サイクルを持っていて発生→生長→退行→休止と繰り返していますが、このサイクルによって抜けたと言う状態と、無理やりに抜いてしまったと言うのとでは違ってきます。抜いてしまった場合には次の発生のサイクルが来るまで生えて来ることが難しいですし、抜いた時に毛根が痛んでしまったりすると生えにくくなってしまう可能性もあります。抜いてしまうと言うのは抜けるのとは違います。

まつげを抜く癖を改善するまでの対処方法

Wa5izyomujr9qnehti3h
ではここからは、すでに抜いてしまって次の生える時期まで待つ間、抜く癖を改善するまでの対処方法についてご紹介して行きたいと思います。気づいたからすぐに改善と言うのは難しいかもしれませんが、ぜひ取り組んでみてください。※すでに通院している場合には医師に相談しつつ対処方法を決めてください。

まつげを抜く癖を改善するまでの対処方法「つけまつげをする」

Zxafj4vbkinyquft50yo
つけまつげはパッと見た感じも変えることができますし、まつげがまばらな状態でも使いやすい方法です。ですが、接着剤を剥がす時などには、注意が必要です。しっかり専用のリムーバーを使用したり、お湯などを使ったり接着剤の説明にある通りの落とし方をしましょう。また接着剤の落とし忘れ、落とし残りには気をつけましょう。

まつげを抜く癖を改善するまでの対処方法「まつげ美容液を使う」

U72f9q4jtceqlq6gjwsr
まつげ美容液も最近は数が増えて来ていますので、手軽にケアしたい場合にはおすすめです。様々なタイプがありますので、自分に合うものを見つけてみてください。また目の周りは皮膚が薄いですので、刺激になりにくいものを選ぶのもポイントです。

まつげ

Hkzt8iodshlv37zqheec
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでまつげを抜く癖のデメリット、抜くことによって濃くなるのかなどについてご紹介させて頂きました!まつげを抜く時の痛い感覚をすっきりしていると思ってしまったり、無意識に抜いてしまうような事が日常化してしまっている場合には、早めに病院を受診するようにしてください。早めに対処しましょう。ストレス解消に関する記事も発見しましたので、併せて読んでみて下さいね↓
※この記事は医療従事者が執筆しているものではありません。医師の監修があるものではありませんので、辛い症状がある場合には早めに病院を受診してください。