2018年09月24日 UPDATE

まつ毛が生える場所や時間は?効果的に生長させる方法を徹底解説!

まつげが生える・生長させるためにはどんな方法が良いのでしょうか?また、まつげが抜けてしまう原因とはどんなものがるのでしょう?そんなまつげの生長に関連する場所や時間、対策や対処についてご紹介して行きたいと思います!まつげが生える・生長のポイントをチェックです!

目次

  1. まつげが生えるのに場所や時間は関係している?効果的に生長させる方法とは
  2. まつげが生える・生長するための周期とは?
  3. まつげが生えるのに妨げとなる!?抜けてしまう原因とは?
  4. まつげが生えるのに妨げとなる!?抜けてしまう原因「メイクの時」
  5. まつげが生えるのに妨げとなる!?抜けてしまう原因「血行不良」
  6. まつげが生えるのに妨げとなる!?抜けてしまう原因「まつげを触る・抜くなどの癖」
  7. まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処ご紹介♪
  8. まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処「時間と密接に関係している」
  9. まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処「生活習慣に注意する」
  10. まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処「ゴシゴシしない」
  11. まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処「まつげの美容液を使う」
  12. まつげが変な向きや場所で生えるのには原因が!?
  13. まとめ

まつげが生えるのに場所や時間は関係している?効果的に生長させる方法とは

Cuailwlygtebd3yh5yrw
まつげの長さが理想の長さではないと言うことはよくあるかと思います。特に日本人の場合には、平均のまつげの長さが欧米人と比べた時に、短いと言うのもあるかもしれません。ですが、もしかしたら他の原因によってまつげの生長を妨げてしまっている可能性もあるかもしれません。そんな、まつげの生長の妨げとなってしまう原因や、まつげが生える・生長しやすい方法などについてご紹介して行きたいと思います!また時間や場所は関係しているのでしょうか?見て行きましょう!
I349vxzw3hukwgfupupi

まつげが生える・生長するための周期とは?

An68nhl7rreoebl3vblx
そもそもですが、まつげも通常の毛と同じように周期を持って生えています。通常であれば、発生→成長→退行→休止とこれらの周期を3〜5ヶ月ほどかけて繰り返しています。この周期によって抜けた場合には、また時期がくれば発生となりますが、無理矢理に抜けてしまった場合などは、抜けてしまっている期間が長くなってしまいます。そのようなまつげが増えてしまったら、長さも短くなってしまいますし、ボリュームも減ってしまいます。そのような周期意外の理由で抜けてしまうのには、どんな原因があるのでしょうか?
Bvh7haqwh5we1da9qkt4

まつげが生えるのに妨げとなる!?抜けてしまう原因とは?

Rrnbuyffc24gxmg4nss6
ではここからは、まつげの周期とは違う時にまつげが抜けてしまう原因について見て行きたいと思います!まつげは他の毛よりも抜けやすいとも言われていますので、より丁寧に扱わなくてはなりません。ですが、日常で起こりやすい抜けてしまいやすい原因についてご紹介して行きたいと思います!対策・対処のためにもぜひチェックしておきましょう!
Azbyxp7ogtcioj65icnb

まつげが生えるのに妨げとなる!?抜けてしまう原因「メイクの時」

Ccamddnewuxprqruj1ed
女性の場合に多いのが、このメイクをする時です。メイクをする時には、どうしてもまつげ自体に色々と施すものがあります。ビューラーだったり、マスカラ、アイラインなどがあります。これらを行う時にそれぞれが少しずつだったとしても、毎日のように刺激が加わってしまうことがあります。まつげのメイクをする時には、引っ張らないように注意して、アイラインなどをひく時にもグリグリ書いたりしないようにすることが大切です。
Ekcvahacsokmlcwyzzpd
また、メイクを落とす時にも注意が必要です。この時にも、アイメイクを落とす時には専用のリムーバーを使うようにして、他のベースメイクと一緒に1本で落とさないようにするのもポイントです。マスカラのダマが少しだけ残ってしまった時などに、手で引っ張って取ろうとするのもよくありません。優しく流すようにしましょう。少し手間になってしまいますが、注意が必要です。

まつげが生えるのに妨げとなる!?抜けてしまう原因「血行不良」

Jrra3pmxtvpfb05dzzkf
血行不良になってしまうのもよくありません。最近は特にスマホをずっと見続けてしまったり、仕事で使用するパソコンを長時間見続けてしまうと言うのも血行不良の原因になってしまう可能性があります。少しでも、休憩をとるようにして長時間目に負担をかけるのを避けると言うのもポイントです。また、室内の明るさに合わせて画面の照度を調節すると言う方法も良いですね。
O4dtshudwfzf9mgwp9qa
お風呂に入りながら、目元のマッサージをするのもとっても気持ちが良いですし、目元を温める専用のものもあります。目元のマッサージ機なども良いですね。方法はたくさんありますが、自分の気持ちが良いと思える方法を見つけるのが良いですね!

まつげが生えるのに妨げとなる!?抜けてしまう原因「まつげを触る・抜くなどの癖」

Fbvsmrzdy3yqlyrslawk
こちらは直接的な原因となりやすいものですが、まつげを触ってしまう癖があったり、または抜いてしまうような癖がある場合はなるべく触らないように意識しましょう。もし触るだけではなく、抜くことがやめられないと言うような場合には抜毛症の可能性もありますので、そちらも視野に入れておくのが良いかと思います。癖の場合には、1日に何度も行ってしまっている可能性もありますので、気をつけましょう。

まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処ご紹介♪

Pi7hnvkx5k9xpddbwxy8
ではここまでで、まつげが抜けてしまいやすい原因については分かりましたね!ここからは、まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処について見て行きたいと思います!もちろん、まつげ自体に個人差はありますし、紹介する対策や対処を行って入れば必ず生える・生長しやすいと言うのは難しいですが、ぜひ参考にしてみてくださいね!では見て行きましょう!
Ch1fcvg1hluxewnbo8b9

まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処「時間と密接に関係している」

Xxvonqs840mqqjzpxe6u
お肌にもよく言われているお肌のゴールデンタイムですが、眠っている間に体は修復をしたりしていますので、時間も関係してくるようです。夜はしっかり眠ると言うのが基本ではありますが、22〜深夜2時までの間が特に良い時間とされています。ぜひこの時間の間はしっかり眠っておくのがおすすめです。早めに眠ると、余裕もありますしぐっすりねむれますね。

まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処「生活習慣に注意する」

Beixnukr66mkgor8ni15
睡眠と少し関係しているものでもありますが、生活習慣を整えておく方がより良いと言われています。起きる時間や寝る時間をなるべく揃えるようにして、食事の時間も急に食べなかったり、たくさん食べたりと言うことのないようにこちらも揃えるようにしましょう。また、適度な運動も必要ですね。食事も満遍なくたくさんの食材を食べるようにしましょう。

まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処「ゴシゴシしない」

Aqnezqvjpuqzd7qhkivx
刺激に関する項目でもご紹介しましたが、眠い時などにゴシゴシ目をこすってしまうのは、抜けてしまう原因にも繋がりやすいです。目をゴシゴシすると、確かに気分が良いかもしれませんが目元のシワを深くしてしまう可能性もありますので、ぐっとこらえておきましょう。

まつげが生える・生長しやすい方法とは?対策・対処「まつげの美容液を使う」

Q5zerlaqte6v74lqkeq4
まつげ専用の美容液を使うと言うのも良い方法です。たくさんのまつげ専用の美容液がありますし、プチプラのタイプもあります。ですが、この時ぜひ刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。目元の皮膚はとっても薄いですので、他よりも刺激を受けやすくもあります。フリーが多いものや口コミなどをチェックして選ぶようにしましょう。

まつげが変な向きや場所で生えるのには原因が!?

Sqm5vurinst2m5rsqhe6
たまに変な場所からまつげが生えてしまって逆さまつげになってしまったりすることは、どんな方でも1度や2度あるかもしれません。ですが、この逆さまつげには原因があるかもしれません。この変な向きや場所で生えてしまうのは 、まぶたのたるみなどが関係している場合もありますが、病気の可能性もあります。ひどい場合には常に目が痛く、角膜を損傷してしまう場合もあります。早めに病院に行くようにしましょう。
Zblslfvwdc9svhqnbjrf

まとめ

Alfo6vqadzdchd7chbse
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでまつげの生長と時間や場所が関係しているのかや、妨げになってしまう原因、生長しやすい方法や対策・対処などについてご紹介させて頂きました!まつげの長さは個人差がありますし、そうそう簡単に長さを変えられると言うものでもありませんが、少しでも時のまつげを伸ばしたいと言う方は多いです。合う合わないなどももちろんありますが、ぜひ参考にしてみてくださいね!目元のケアに関する記事も発見しましたので、併せて読んでみて下さいね↓