2018年09月24日 UPDATE

まつげメイクの正しいやり方とは?初心者におすすめの流行りの方法!

まつげメイクは順番や、ビューラーなどの使い方にもよって、仕上がりが変わってくることもあります。ですので、正しいやり方で行った方がより良いですね。そんなまつげメイク初心者の方向けのマスカラや流行りのメイク方法をご紹介します!ぜひチェックしておきましょう!

目次

  1. まつげメイクの正しいやり方が知りたい!流行りの方法とは?
  2. 初心者の方向け!まつげメイクの基本的な順番&やり方
  3. メイクの基本的な順番
  4. まつげメイクの基本的な順番&やり方「アイシャドウベース」
  5. まつげメイクの基本的な順番&やり方「ビューラー」
  6. まつげメイクの基本的な順番&やり方「アイライン」
  7. まつげメイクの基本的な順番&やり方「アイシャドウ」
  8. まつげメイクの基本的な順番&やり方「マスカラ」
  9. 流行りのまつげメイクにするためのポイントとは?
  10. 流行りのまつげメイクにするためのポイント「マットな質感」
  11. 流行りのまつげメイクにするためのポイント「アイラインは太めに」
  12. 流行りのまつげメイクにするためのポイント「落ち着いた色味」
  13. まとめ

まつげメイクの正しいやり方が知りたい!流行りの方法とは?

Cyrwsx7c5zo1ahgnrnw5
まつげのメイクって、初心者の方の場合だとどのような順番でメイクをして行ったら良いのか、いまいち分かりにくい部分だったりもします。個々のメイク方法が紹介されていることはあっても、全体の流れが書かれていない事もしばしば。このページでは、そんな初心者の方向けにまつげメイクの順番や、やり方、ビューラー・マスカラの使い方の基本、流行りのメイク方法などについてご紹介して行きたいと思います!ぜひ、チェックしてみましょう!
U0jwrdsfjdy54xlwe9rl

初心者の方向け!まつげメイクの基本的な順番&やり方

X78xsu0nxyzqfqqojqzq
ではさっそくまつげメイクの基本的な順番&やり方についてご紹介して行きたいと思います!アイテムにもよってまた使い方が違ったりもしますが、ここでは初心者の方に使いやすいオーソドックスなアイテムを使ったメイク方法についてご紹介して行きたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!では見て行きましょう!
Nokh9jnrn3mxpdplifke

メイクの基本的な順番

Bdeqng3av96ffufsjrnx
では、ざっくりとメイクの基本的な順番から見て行きましょう!洗顔→スキンケア→ベースメイク→眉メイク→アイメイク→チーク→リップ。このような順番でメイクを進めるのがスムーズに行きます。もちろん、好みなどで変えても良いですし、アイテムによってはこの順番で行わない方が良い場合もあります。あくまで参考としてみてくださいね!ではまつげメイクに関わる部分を見て行きましょう!
Phzdamxzedlhoqxanmep

まつげメイクの基本的な順番&やり方「アイシャドウベース」

Xsah0wsul63tlujig7sz
ではまず、アイメイクを行う前にアイシャドウベースをつけておきましょう。必要ないと言う場合には省くこともできます。アイシャドウベースを使っておくと、アイシャドウの崩れを防ぎやすく、発色を良くしてくれます。アイシャドウベースを適量手に取り出し、アイホール全体にムラにならないように塗り広げていきます。

まつげメイクの基本的な順番&やり方「ビューラー」

Idndjrai4rrvmzzifhqt
ビューラーは、使い方をうっかりするとまつげを挟んでしまったりしやすいですので、取り扱いには注意しましょう。また、思ったよりも力を込めて使わずに良いですので、ぎゅっとつかんでしまわないように気をつけましょう。ビューラーをぎゅっとやりすぎてしまうと、まつげが折れてしまう原因にもなってしまいます。
Qaoq1yo4lmaqaw21wxm8
ではビューラーの使い方を見て行きましょう!ビューラーのヘラ部分をしっかりと上まぶたのラインに合わせて添え、まつげの根元部分から挟んで行きます。同じ部分は1回だけ挟むようにして、だんだんと先端に向かって3~4回ほどはさみます。先端に向かうほど、傾斜をかけてカール感が出やすいようにしましょう。挟んだままスライドさせるのではなく、1回ずつ離して次に行くようにしましょう!

まつげメイクの基本的な順番&やり方「アイライン」

Buxgvz3tuneioaxzwnjg
アイラインは目のキワの部分から、目の輪郭を強調させていきます。初心者の方は、特にケバい印象を持ちやすくアイラインをひきにくいと感じやすい部分でもありますが、ぜひぐっとひいてみましょう!最初は一気に色がはっきりと出にくい、ペンシルタイプなどが使い方も簡単でおすすめです。鉛筆タイプだと削らなくてはならないので、繰り出しタイプのものが楽チンです。
J9t4wgadbhel3nuumstd
最初は目頭部分の方から、まつげの間を埋めるようなイメージで少しずつひいていきます。1本の線をひこうとするのではなく、少しずつ目尻に向かって進んで行くイメージです。ペンシルの場合は、間違ってしまっても綿棒などでぼかして修正ができるので落ち着いて行いましょう!

まつげメイクの基本的な順番&やり方「アイシャドウ」

Jycxwqq8sszvyyzbluvg
では次にアイシャドウのやり方に進んで行きましょう。もしもリキッドタイプのアイラインを使う場合には、アイシャドウから始めた方が良い場合もあります。その方がくっきりとアイライン感を出すことができますので、メイクの仕上がりによって変えておくと良いですね。アイシャドウは、初心者の方の場合はハイライトが入っている3色ほどのパウダーがあると便利です。
Tmcurzzgklb9cpekj9p0
まずは、ハイライトと呼ばれる一番明るいカラーをアイホール全体に広げていきます。そして、次に明るいカラーを上瞼の目の周り部分にのみ広げて行きます。この時に、ハイライトとの境目をぼかしておくと自然なグラデーションになります。そして一番濃い色味を、目のキワから少し上の二重幅のラインくらいに締め色として使います。下瞼には、涙袋中央にのみハイライトを入れると立体感が出せて流行り感も出せます。

まつげメイクの基本的な順番&やり方「マスカラ」

Ul9rxpkogij6a6zcuoip
では次にマスカラの使い方に進みましょう!マスカラはあまりボリュームが出るタイプはコツが必要だったり、ダマになりやすかったりするので、ブラシ自体が小ぶりなもので、お湯で落とせるフィルムタイプにしておくとクレンジングの時にも楽ですし使いやすいです。ぜひ良いものを見つけておきましょう!また、余裕があれば下地も準備しておくとオススメです。下地も塗り方は同じです。
Puyt37k2gfmxrns4ed7d
そして、使う時にはマスカラのブラシを取り出して、一度軽くティッシュで余分なマスカラ液をオフしておきます。そうして、上瞼の中央部分の根元から、少しだけ左右に揺らしながら毛先に向かって塗っていきます。次に目頭、目尻部分とを同じように繰り返します。そして、マスカラコームを使って余分な束感やダマを無くしていきましょう。そして下瞼は、マスカラを縦にして使い、2~3本ずつ塗るイメージで塗ります。

流行りのまつげメイクにするためのポイントとは?

Fkfmlunv8bzjx4eyd4u6
では基本的なまつげメイクや使い方については分かりましたね!ここからは、流行りのまつげメイクにするためのポイントについてご紹介して行きたいと思います!せっかくメイクしたけど、流行り感がないとなってしまってはもったいないです。この秋冬の流行り感をチェックしておきましょう!

流行りのまつげメイクにするためのポイント「マットな質感」

Lc7oegqmhwvjfl7lksxc
この流行りのポイントとしては、全体的にマットな質感のものが人気となります。ですので、アイシャドウやリップは、ラメがたくさん入っているものよりも、マットな質感のものがオススメです。また、ラメ自体が良くないと言う事はありませんが、上品なきらめき感がある細かい粒子のものが良いでしょう。ベースメイクはツヤ肌感があると良いですね。

流行りのまつげメイクにするためのポイント「アイラインは太めに」

Jnaj37zcrfoifkg4khml
アイラインは少し太めに、しっかりと出すのが注目となります。ですので、より強調したアイラインにするためにアイシャドウの後にアイラインを引くのも良いですね。もしくは、リキッドと併用するのも良いかもしれません。少し太めに引くと言うのを心がけるだけでも印象が変わります。

流行りのまつげメイクにするためのポイント「落ち着いた色味」

Hume8cmvbsephd3xeux3
全体的に落ち着いた色味のメイクが流行りとなります。バーガンディやブラウンなどの色味をプラスするのも良いですね。少し大人っぽい雰囲気の落ち着いた色味があると良いでしょう。リップや、アイシャドウで濃い色味があると一気に流行りのメイクにしやすくなります。

まとめ

Lfgq8giuxx8y8nnbuqld
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでまつげメイクの正しいやり方や、ビューラー・マスカラなどの基本的な使い方などについてご紹介させて頂きました!メイクのやり方って、一度難しいと思ってしまうととっつきにくく思ってしまいがちですが、基本的な部分がわかっていれば、自分なりのアレンジもしやすくなりますね。ぜひ取り入れてみてください!メイクとほうれい線に関する記事も発見しましたので、併せて読んでみて下さいね↓