2018年09月26日 UPDATE

まつげダニのせいで目がかゆい!正しい治療・対処方法を紹介!

まつげダニって聞いた事はありますか?充血やかゆいなど様々な症状を起こしてしまうと言うニキビダニの一種だそう。そんなまつげダニの退治の方法や正しい対処の方法、治療や症状についてやアイボンが良いのかどうかなどをご紹介して行きます!もしいたら早めに退治したいですね!

目次

  1. まつげダニの症状とは?正しい対処や治療
  2. そもそもまつげダニってどんなもの?
  3. まつげダニがいる場合の症状とは?
  4. まつげダニがいる場合の症状とは?「個人差がある」
  5. まつげダニがいる場合の症状とは?「かゆい、充血する」
  6. ままつげダニがいる場合の症状とは?「まつげの周りにフケのようなものが出やすい」
  7. まつげダニがいる場合の症状とは?「目の周りがベタベタする」
  8. まつげダニがいる場合の症状とは?「急にドライアイになった」
  9. まつげダニはアイボンで退治できる!?
  10. まつげダニの症状がある!?治療をしてもらうにはまず検査から!
  11. 自分でできる!まつげダニの正しい対処の方法とは?
  12. 自分でできる!まつげダニの正しい対処の方法「目元のメイクを減らす・クレンジングをしっかり行う」
  13. 自分でできる!まつげダニの正しい対処の方法「アイシャンプーを使う」
  14. まとめ

まつげダニの症状とは?正しい対処や治療

X4sae8hlobkynpblorcu
まつげダニってご存知ですか?虫嫌いの方にとってはかなり気持ちの悪い名前かもしれませんが、実は最近増えているそうです。顔ダニと言うのは、だれでも顔にいるとも言われていますが、まつげダニはどんなものなのでしょうか?このページでは、そんなまつげダニに関するかゆいなどの症状や正しい対処の方法、治療について、アイボンは有効なのか?などをご紹介して行きたいと思います!気になるまつげダニについて知っておきましょう!
Pk2xrciniwupkobu6jwj

そもそもまつげダニってどんなもの?

Shj53poyr9incpqfhbcb
そもそもですが、まつげダニと言うのはどんなものなのでしょうか?学名をDemodex(デモデックス)と言われていて、文字通りまつげにいるダニです。なんと5人に1人はまつげダニがいるとも言われているほど多いのだそう。基本的には毛根の中に住み着くそうです。このまつげダニはアレルギー反応を起こすこともあるそうで、生命力もかなり強いのだそう。そんななかなか曲者でもあります。では、そんなまつげダニの症状について見て行きたいと思います!

まつげダニがいる場合の症状とは?

Ijtpeyweceowcdmh6xrs
ではここからは、まつげダニがいる場合の症状について見て行きたいと思います!ですが、ここの症状が当てはまるからと言っても、必ずしもまつげダニがいるとも限りません。ですので、ひとつの目安として見てみてくださいね!ではチェックしてみましょう!

まつげダニがいる場合の症状とは?「個人差がある」

Paswc3au2biwydikguvd
まず、まつげダニの症状の特徴として症状が出る方と、出ない方がいると言うのがあります。出ていればまだ発見したりなどの対処がしやすくなりますが、全く無症状な状態だと気づく方法が難しくなってしまいます。無症状というのはかなり厄介ですね。無症状とは言っても、やっぱりまつげにダニがいると言うのはできれば避けたい部分でもあります。ぜひこの後の退治する方法や治療についても見てみてくださいね!

まつげダニがいる場合の症状とは?「かゆい、充血する」

L0x5de86pqbkjvij0bgs
目がかゆいのが続いたり、目を酷使していると言うほどでもないのに充血していると言う場合には、もしかしたらまつげダニが影響している可能性があります。目がかゆいと言うのは、なかなか辛いものがありますし、女性の場合はかゆいと思ってもメイクしていたらかけずに気になると言う事もあるかもしれません。もし目がかゆい、充血すると言うのが続く場合には気に留めてみてください。

ままつげダニがいる場合の症状とは?「まつげの周りにフケのようなものが出やすい」

Harzb0afpbvk5byazi1s
まつげの周りに、カサカサとしたフケのような目やにのようなものが出てくると言う症状もあるようです。この場合には、化粧品などが合わなくてカサカサしているのか、乾燥してしまってカサカサしているのか判断がつきづらいものでもありますね。こちらも続く場合であれば、気に留めておいた方が良いでしょう。

まつげダニがいる場合の症状とは?「目の周りがベタベタする」

Pptnlcgvlzowpvbd8czo
目の周りがベタベタするようになったと言うこともあるようです。これもなかなか症状とまつげダニが結びつきにくいものでもありますが、ベタベタするようになるとメイクが崩れやすくなるかもしれませんね。季節的なものや、アイメイクを変えたなどの重当たる節がないのにベタベタし始めたら、まつげダニの可能性を考えても良いかもしれません。

まつげダニがいる場合の症状とは?「急にドライアイになった」

Cppiqmybwjlb4uxtnlod
ドライアイの原因がまつげダニでは無いようですが、相関があると考えられているそうです。急にドライアイになってしまったりした場合には、もしかしたらまつげダニが関係しているかもしれません。目の酷使をしていないのに、ドライアイになった場合にも、まつげダニの可能性を視野に入れておきましょう!
Pewzfudculhrnfyephv2

まつげダニはアイボンで退治できる!?

Edbyqidru3iug8jjclcn
目を洗うと以前から人気のアイボンですが、アイボンでまつげダニは退治できるのかについても見て行きましょう。どうやら、アイボンだけではまつげダニ自体を退治することは難しいようです。しっかり治療するためには、やはり病院へ行くことが先決のようです。かなり生命力が強いと言うのも関係しているかもしれませんね。ですので、アイボンをしているから大丈夫と思ったり、アイボンで退治しようと言うのはやめておきましょう。

まつげダニの症状がある!?治療をしてもらうにはまず検査から!

Nz0qmj0fwcy3uvivovso
まつげダニの正しい対処の方法としては、やはり病院に行くと言う事のようです。ですが、どの病院でも良いと言う事では無いようです。ですので、予めまつげダニの治療や検査をしてくれる病院なのかと言うのをチェックしておいた方が良いでしょう。まつげダニがいるのかどうかの検査をする必要があります。かなりまつげダニが増殖してしまっている場合には、手術をする事もあるそうです。もし思い当たる節がある場合には、早めに受診しておくと良いですね。

まつげダニの治療は長期に渡ることも

Tyoifkktymvwh5krr7ku
病院で治療を始めても、まつげダニを退治するにはかなり長期戦になる事もあるようです。生命力も強いですし、なかなかすぐにとは行かないようです。治療を開始する時には、そう思っておきましょう。

自分でできる!まつげダニの正しい対処の方法とは?

Bvx01p17ubm35lskdehr
では自分でできる正しい対処の方法とはどんなものがあるのでしょうか?もちろん、病院に行くと言うのは平行して行いつつ、自分でできる対処法についても見て行きたいと思います!状態を見てもらいつつ、対処法は医師にも相談してくださいね!では見て行きましょう!
Sou3f9rcxcl1bvhndb2y

自分でできる!まつげダニの正しい対処の方法「目元のメイクを減らす・クレンジングをしっかり行う」

T9qn9fsxh1xdqrc6hfue
まつげダニの好物は酸化した油分だそうです。ですので、アイメイクなどが残っているとまつげダニは喜んでしまいますね。バッチリ濃いメイクをしていると残りやすいですので、少し薄めにするのを心がけても良いでしょう。また、クレンジングがしっかりできていなかったり、汚れが残ってしまう不衛生な状態もよくありません。気をつけてしっかりおこないましょう!
A47vwabim19jfg9ffk92
また、マツエクなどをしているとよりしっかり洗うのを躊躇してしまったりしやすく、汚れが溜まってしまう可能性もあります。できればまつげダニの対処としては、マツエクをしていない方が良いです。また、メイクを落とさずに眠ってしまうと言うのも良くありませんね!クレンジングはしっかり行いましょう!

自分でできる!まつげダニの正しい対処の方法「アイシャンプーを使う」

Cgcwampxpyobe9hi2bcm
まつげダニや目元の清潔を考えて作られた、目元専用のアイシャンプーを使うと言うのも良いでしょう。涙に近い弱アルカリ性になっているので、目に滲みにくいと言うのも良いですね。ぜひこちらでしっかり洗浄しておくと言うのも良い点になりますね。
アイシャンプー 60ml
価格 ¥ 1,296

まとめ

Edcaaufp24f4kb6bsdzr
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでまつげダニの症状や正しい対処方法、治療などについてご紹介させて頂きました!顔にはダニがいると言われていますが、まつげにいるダニもいると言うのは目に近いですし少々怖いですね。もし思い当たる症状などがある場合には、いるのかどうかが気になってしまいますし、早く退治したくなってしまいますね。ぜひ、気になった場合には病院へ行ってみましょう。
※本ページは医療の専門家が書いている記事ではありませんし、医療従事者の監修ではありません。