Eiu3lkpxywip0jkpoycc

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

日焼け止めの塗り方決定版|効果を高める塗り方のコツもご紹介

2020.07.24

日焼け止めの塗り方で悩んだことはありませんか?もちろん日焼け止めには塗り方のコツがさまざまあります!そして、塗り方によって効果を高めることも可能ですよ。適切な量や日焼け止めの種類、正しい塗り直し方もあるのでこの機会にしっかりと学んでおきましょう。

  1. 日焼け止めの塗り方・コツで効果が違う
  2. 日焼け止めを選ぶ基準
  3. 日焼け止めがお肌に合うのか確認
  4. 塗る順番をご紹介
  5. 日焼け止めを塗る適量
  6. 塗り方
  7. 塗り直す
  8. 効果のある正しい塗り方・塗り直し方法・コツ1
  9. 効果のある正しい塗り方・塗り直し方法・コツ2
  10. 効果のある正しい塗り方・塗り直し方法・コツ3
  11. クリーム・乳液での塗り方の違い
  12. 日焼け止めの塗り方決定版|効果を高める塗り方のコツもご紹介のまとめ
Oi1j8ky2xip3uywqnvdw
テキトーに日焼け止めを塗っていたとしても、あまり効果がありません!高い効果の商品を使っていても、塗り方ひとつで変わっていきます。日焼け止めを使用しても効果があまりない人は、うまく使えていない可能性もあります。美白や美肌を目指している人にとって、日焼けは大敵ですよね。日焼け止めに関する知識を蓄えることにより、女子力がアップするに違いありません。
L2o3nnzzqkintosw6r9w
紫外線をきちんと対策するためには、日焼け止めを選ぶ基準や正しい塗り方を把握しておくべきでしょう。化粧水・乳液・ファンデーションなどのコスメにさまざまな商品・正しい塗り方があるように、日焼け止めについても無視してはいけません。この記事では、効果を高める塗り方のコツなどについても触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。
Kldtsilrobu3ybwipgsl
日焼け止めにはさまざまな種類があります。どの日焼け止めを選べば良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。注目すべきなのはSPFです。この数値を見てください。高いほど効果がありますが、逆に言えば数値が高いほどお肌に影響がありますので、ご注意ください。また、PAも目安になります。+がたくさんつくほど効果を期待できます。
Jzi6p3xv1gshy93knjoj
水などに強いケミカルやお肌に優しいノンケミカルなど、さまざまな商品があります。どの商品を選ぶにせよ、自分に最適な日焼け止めを選択してくださいね!SPFやPAはシチュエーションに合わせて選ぶと良いかもしれません。「ずっと外出している」というのであれば、それぞれ高い効果の日焼け止めを選ぶと良いでしょう。もちろん、自分のお肌にマッチしたものでなければ、かぶれなどの異常があるかもしれませんので、ご注意ください。
Z7cvs9mnocmynmalhf7y
日焼け止めがお肌に合う・合わないを確認するためには、パッチテストが最適です。もしパッチテストをクリアしなければ、日焼け対策以前に、自分のお肌をいためてしまいます。目安としてはお肌に10円玉程度の大きさの日焼け止めを塗っていきます。自分の肌に合わない日焼け止めの場合、たくさんの量を塗ってしまうと危険ですよ!
Hubbzgje3h2kwqo2x9ec
パッチテストは、お肌の目立たない部分でやると良いでしょう。もし湿疹などの異常などが見つかったら、早急に使うことをやめるべきです。日焼け止めに限らず、化粧品・コスメは必ずパッチテスト行ってください。そうでなければ、美しい肌を保つことが難しいかもしれません。
Ntvzcrdnbmzyztj5mzcz
塗る順番にもポイントがありますので、ご紹介します。「日焼け止めだけを塗ればいい」という話ではありませんので、ぜひお役立てください!ポイントは、日焼け止めの前に乳液などを塗っておくことです。化粧水でも問題ありません。そのあと、日焼け止めを塗るのがベターです。あまりUVカットを意識しすぎるとお肌への負担が大きくなってしまいます。日焼け止めに限らず、化粧水・乳液・ファンデーションなどもチェックしてください。
J1i7j8f0rmn0m5fzrbiw
日焼け止めを塗って、すぐに外出しても高い効果を望めません。ある程度時間が立った方が効果があるので、お出かけの前に日焼け止めを塗る時間をしっかりと設けましょう。日焼け止めのあとに、化粧下地やファンデーションも忘れずに対応してください。もしかしたら、ノンケミカルの日焼け止め商品の場合だと乾燥してしまうかもしれません。乾燥はお肌の大敵ですよね。また紫外線からも守れなくなってしまいリスクがありますので、気をつけてください!
Lnjdjhuid9etrcqtpphi
日焼け止めはどれくらいの量を塗った方が良いのか悩んだ経験はありませんか?多くの女性が、日焼け止めを塗る量が少ないと言われています。顔いっぱい塗るためには800mg以上が必要になりますので、塗っている量が少ない人は多めに塗ることを意識してみてください!目安は500円玉ぐらいの大きさです。少なすぎても多すぎてもお肌に良いとは言えませんので、適切な量で塗ることを意識しましょう。
Tlcqwqmqzjfjm06vdvf3
もちろん塗りすぎても効果はあるかもしれませんが、見た目的にあまり良いものではありません。日焼け止めに限らず、適量がありますので、自分にはどれくらいの量が適切なのか調べておきましょう。
Xrgfefxfjwjrfdla91lu
塗り方にもポイントがあります。テキトーに塗ってしまってはムラができてしまい、顔の場所によって効果が半減してしまうかもしれません。まずは手のひらに日焼け止めをのせてください。そして、額やほっぺなどにつけましょう。
Azdxq1uu46iqia7vbd1m
そのあとは、優しく顔全体に日焼け止めを広げていきます。最後になじませる作業は怠らないでください。最初の段階で手になじませすぎると量が減ってしまいますので、十分ご注意ください!白く浮いている日焼け止めを全体的になじませるイメージが良いでしょう。
Jx9lpt2zwwx71idtm8lb
特に夏場などは、日焼け止めが肌から落ちてしまいます。その際、面倒くさがらずに塗り直す方が良いでしょう。紫外線対策のためには、お肌への細かい配慮が必要不可欠です。
Nlciuozp692vfhprcjzx
具体的な塗り直し方法は、後述しますのでぜひ確認してください。いずれにせよ、ハンカチやタオルで顔を拭ってしまえば、日焼け止めは落ちてしまいます。水や汗などによって取れてしまうことも当然あります。こうした状況から回避するために、小まめなケアを忘れないでください!
Tkykd0zgorcnj1tka4qh
汗をかいている時などは、皮脂などもあります。優しく丁寧に皮脂を取り除いてください。あぶらとり紙などがあればバッチリです!もちろん、ティッシュでも構いません。
Feg9qvsviptjwmoicuvb
汗や皮脂を取り除いたら、紫外線対策効果のあるファンデーションを塗りましょう。パウダー系が最適ではないでしょうか。そのあと少しメイク直しをすれば問題ありません。
Itkbemdy2btc3avd9xs0
ファンデーションを落とすように、日焼け止めを塗り直す方法もあります。ファンデーションを拭い、日焼け止めをのせ、さらにファンデーションを塗れば、効果てき面です!
Wvdoco30qcigvbifbttg
Hc3rifpin0f56a9ity18
汗などをスッキリとしてから、ファンデーションを塗ります。そのあと、霧吹きタイプの日焼け止めを顔にかければ、紫外線対策になるでしょう!塗り直しにはさまざまな方法がありますので、ぜひチャレンジしてみてください。
Y0wnylrphsj28zpss4up
日焼け止めにはクリームと乳液のタイプがあり、それぞれ塗り方に違いあります。クリームのタイプであれば、手でなじませる時間が長くても、大きな問題にはなりません。しかし、乳液の場合は、すぐに手に馴染んでしまうので、注意が必要です。乳液の場合は、手になじませる時間をなくして、すぐに顔に塗るようにしましょう。そうすれば、高い効果を期待できます!
Oranq0hb9bv4y33pytkb
薬局やディスカウントショップ・コンビニなどには、さまざまな種類の日焼け止めが販売されています。どの日焼け止めを購入すれば良いのか迷うかもしれませんが、成分などを見て自分にマッチするものを選びましょう。 日焼け対策は、夏だけに対応するものではありません。秋や冬でも紫外線はあり、美肌や美白を維持するためには、日焼け止めはマストアイテムです。 上記でご紹介してきた塗り方の方法やコツを参考にして、美しいお肌をキープしてください。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪