Bsowche5cwqmrpnudy7u

ハンドケア

CATEGORY | ハンドケア

手のマッサージ習慣で健康に!疲労を解消するツボ&マッサージ

2019.02.17

疲労回復のためには手のマッサージが有効です。ハンドマッサージは日々の習慣にすると健康効果も高まります。ハンドマッサージは毎日丁寧に行うことで、効果が必ず出るものです。手のマッサージは、きちんと行うことで、浮腫みの解消にもなり、きれいな手になれるのです。

  1. 手のマッサージの重要性
  2. ハンドマッサージで健康維持
  3. ハンドマッサージにプラスα・手をもみほぐす
  4. ハンドマッサージの効果
  5. 手のマッサージで頭痛と肩こりを改善
  6. ハンドマッサージで手の老廃物を排出する
  7. ハンドマッサージの動画に学ぶ
  8. ハンドマッサージに必要なクリーム
  9. ハンドマッサージを行うときの注意点
  10. 手のマッサージをする効果は?
  11. まとめ
手指にマッサージをすることで、代謝が全体的に上がります。手が浮腫んでる人は体全体にも浮腫みがあるのです。ただ、指を細くするという目的に限らずに、ハンドマッサージを行うことで、様々な効果が実感できるのです。癒し効果と健康効果の両方を感じられますので、ハンドマッサージを日常のケアに加えることをおすすめします。この機会に、セルフケアの方法も覚えておきましょう。

肌が触れ合う利点もある

セルフマッサージ以外に家族やパートナーそしてプロの人にハンドマッサージをしてもらうと、肌と肌の触れ合いを感じられます。このときに「オキシトシン」という、幸せホルモンが分泌されることで、心身ともに癒されていくのです。いずれにしてもゆっくりと時間をかけて行うことが重要です。
手のマッサージは手指の浮腫みを取るということだけではありません。毎日のパソコン作業や眼精疲労から来る肩こりや頭痛にも、ハンドマッサージはとても良い効果を与えることをご存知でしょうか?自分の手をマッサージするという気軽なことで、気分もかなりリフレッシュするものなのです。特に冷え性などの場合には、毎日努めてハンドマッサージを行うことは大切なことなのです。

ほんの数分のリラクゼーション

ハンドマッサージを行うことで、心地よくなるだけではなく実は健康にも良いのです。ハンドマッサージが健康に繋がるということをご存知ない人も多いようですが、実は確かなことなのです。セルフマッサージの方法を知っておくと、仕事の合間などにハンドマッサージを行うことが効果的です。忙しい人の場合には、「ながら手もみ」でも良いのです。それでも、血行がよくなるなど、効果は絶大でしょう。
ハンドマッサージをすると、健康に近づけるのです。様々な効果があるので、毎日少しずつ手をマッサージするだけで、身体の不調にも対応できるようになるのです。例えば冷え性の人がハンドマッサージを行うとぽかぽかと体が温まることを感じられるのです。
体内循環が低下している身体には老廃物や余分な水分が蓄積してしまい、身体に溜め込まれてしまいます。

なんとなく滞っているものが、手を揉むことですっきりと解消されるおんです。ハンドマッサージを行い、内臓の機能を改善します。浮腫みがちな体をすっきりと改善するのです。東洋医学の考え方では、手のひらには様々なツボが存在しているので、手を揉むことは脳や体に刺激を与える良い機会ととらえています。指先の末端を刺激すると、それだけで全身を温める効果が実感できるのです。内臓も温まるので、健康効果は絶大とされるわけです。

ハンドマッサージを行うことは、血行を促進することに繋がります。つまり、指先や腕を温めることで、全身血の巡りが良くなるのです。そのために、日々、自分の手を揉むことは、大切なことなのです。
手で受けた刺激は脳に伝わりやすいので、手のケアをする事で、脳も活性化するのです。

脳と手というのは密接に連動しているのです。手指を刺激することは脳の活性化にもつながるポイントですので、ハンドマッサージは有意義だと言えるのです。手先の感覚を常に敏感にしておくことで、脳が活性化します。そうすることで美容果と健康効果の両方を得られるなんて、素敵ですよね。

冷え性対策としてビタミン系のクリームを準備します。そして、ハンドマッサージを自分がリラックスする時間帯に1日2回、続けてみます。そうすることで皮膚の表面の温度が5度から10度、上昇することがわかりました。これってすごいことなのです。こうして、冷え性がどんどん改善されるのです。
〇ホホバオイル・・ハンドマッサージを行う際に、ホホバオイルを使うことをおすすめします。ホホバオイルのばあには脂性の人から乾燥肌の人まで、幅広い肌質の人のマッサージオイルとして、使えるのです。
〇グレープシードルオイル・・ブドウの種から抽出されるオイルのことを指し明日。このグレープシードルオイルの場合には、、ハンドマッサージに有効なビタミンEやリノール酸を豊富に含んでいるので、とても使いやすいと言われているのです。もちろん、トラブル肌の日tおや乾燥、オイリー肌など、肌質はそれほど問いません。
手には数多くのツボがあります。一つずつマッサージを行うわけにはいかないので、手をマッサージをしている中で、血行が良くなることがよくわかります。そして、冬場などは筋肉も固くなりがちです。そこで、ハンドマッサージをすることで、身体の血液循環がよくなって血流が促進されます。マッサージを行うことで、
「手は外部の脳である」と言われます。東洋医学では手と脳や身体には密接な関係があり、手には全身が投影されていると考えられているそうです。

全身疲労をしているときや、自分の考えがうまくまとまらないときなどに、ハンドマッサージをすると、身体がふっと軽くなることがあります。これは手を揉むだけで脳が活性化されるということに繋がるのです。一つ一つのツボを意識して揉むことは難しい場合もあるので、最初は動画などを見て簡単なハンドマッサージを覚えると良いでしょう。それだけでも少しずつ脳を活性化することに繋がっていくのです。

「手を揉む」ということをハンドマッサージと全般的に呼びますが、第三者に行ってもらう場合には、例えば15分程度の短い時間の中で、集中的にコリをほぐしてもらうという方法です。オイルを使って第三者にマッサージを行ってもらえるのは、心地よいものです。
第三者にハンドマッサージをしてもらうと、本当に気持ちの良いものです。不思議な感覚でうsが、頭痛や肩こりを改善することもできるのです。手のマッサージをするだけで、まずは血行がよくなります。同じ姿勢を取り続けている場合には、本当にコリがひどくなる一方なのです。そうすると末梢神経にまで血流がいかなくなるので冷え性が進んでしまうわけです。 だからこそ、手のマッサージには重要なポイントがあるのです。自分でも疲労や肩こりのツボをしっておくだけで、
手がなんとなく浮腫んでいるときには、まず手のマッサージをしてみてください。自分が気が付かないくらいに実は深刻な浮腫みを生じている場合も多いのです。一番わかりやすいのは、長くはめたままの指輪がなんとなく、指に食い込んでいるようなときです。これは指に老廃物が溜まっている証拠なのです。
最初にハンドクリームやオイルを塗るのですが、このときにお好みの香りのものを準備しておくとその段階で、リラックスモードに入れます。同時に指の滑りもよくなるので、ハンドマッサージをしやすくなる効果もあるのです。マッサージの基本は常に指の付け根であることを忘れずに、セルフエアに努めてください。マッサージの仕上げには、手首をほぐすことをお忘れなく!
ハンドマッサージをするときには、一番自分が落ち着く香りの保湿クリームを使うことをおすすめします。例えばゆずの香りが良いハンドクリームや、ラベンダーの香りのものなどが、おすすめです。最初にマッサージ用のハンドクリームを見つけておくと、良いのです。
体調が万全でないときや、持病が悪化しているときには、ハンドマッサージを行うことは控えてください。あくまでもハンドマッサージや手を揉むことで病気を根絶することは困難です。だからこそ、ハンドマッサージには、タイミングが必要なのです。
美容的な効果と健康的な効果の両方を高めるために、リラックスしたときに行うべきなのが、ハンドマッサージなのです。ここはきちんと押さえておきましょう。
手を揉むという簡単なことから、本格的なハンドマッサージまでご紹介しました。自分に合う方法を探して、健康維持や美容効果のために、役立ててみてください。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪