Ebmgdwepvw56bxpf1pr8

ハンドケア

CATEGORY | ハンドケア

手の浮腫みを解消してほっそりした指先に!原因と解消法まとめ

2019.02.17

知らない間に手のむくみを起こしていることがあります。手のむくみの原因はいったい何でしょうか?手のむくみに悩んでいる人のために、ほっそりとした指先になれるように、原因と対策を考えみました。てのむくみの原因を追求して、美しい指先のためにできることは何でしょうか?

  1. あれ?指輪が抜けない!これは手のむくみ?
  2. 手のむくみの原因は?
  3. 手のむくみの解消方法
  4. ほっそりとした指先を手に入れるために
  5. 指先のマッサージでむくみ解消
  6. 指の浮腫みを解消する簡単な体操は?
  7. 手指の浮腫み?病気との関係性は?
  8. 指先の浮腫み・すぐにできる対策とは?
  9. 手の浮腫みを取ってすっきりとする!
  10. おすすめは寝る前のハンドマッサージ
  11. まとめ
一番身近に、手指の浮腫みを感じる瞬間は、普段からつけている指輪が、少しも動かなくなったときです。なんだか指にめり込んでいるようにも見えるときには、かなり手指は浮腫んでいるのです。これは結構深刻なことですので、早めに対策を行うことを考えておきましょう。基本的に指の浮腫みは解消できるものなのです。決して無理に引き抜こうとせずに、きちんと段階を踏んで指輪が楽に抜けるように努力をしてみてください。
指のむくみの原因は肩や首、腕の凝りが原因でも起こります。指先の血流をよくするだけでなく、肩や腕の血流の流れをよくしてあげることがむくみ解消の大きなポイントになります

ついつい、指先部分にだけ問題があるのかと思われがちですが、実際には、上半身全体、腕や肩・首のストレッチが役立つ場合がほとんどなのです。指輪がキツイという状態になっているときには、二の腕や肩のストレットから始めるべきでしょう。それからハンドマッサージを重ねることで、手指の浮腫みは少しずつ解消されていくものです。お試しください。

心臓から遠い方面から心臓のほうへ流していくことがポイントです。 時間に余裕があれば、手だけではなく手首、腕、二の腕まで流してあげるとさらに効果的です

ここで、自分の好きなアロマオイルを使うことで、心身ともにリラックスできるようになります。ちょっとした工夫が大切なのです。

まず圧倒的に多いのは冷えからくる結構不良です。このためにリンパが滞って指が浮腫むという考え方です。誰にでも当てはまることです。実際には放置している場合が多い症状でもあるのです。なによりも、血流を解決するほかありません。
指輪の状態を見て、よほどの力がないと抜けそうにないという場合、まずは指の血流回復に努めます。手首まで入る洗面器の中に40度程度のお湯を入れてそこでしっかりと温めることから始めてください。しばらく温めていると、力が抜けていくのがわかります。ここからが肝心です。
ちょっとした方法を知っておくことで、「ながらマッサージ」「ながらエクササイズ」ができるものです。寒い時期には特に、こまめなケアが必要になることを覚えておきましょう。
ロクシタン(L'OCCITANE) フラワーミニハンドクリーム トリオ
価格 ¥ 1,728
ユースキンA 120g 【指定医薬部外品】
価格 ¥ 702
指先をお湯などで温めてから指の付け根→指の先端に向けて指をマッサージしていきます。このときに、お気に入りのハンドクリームを付けて行うと、心もリラックスしますので、効果も絶大です。普段からできるマッサージ以外の方法としては、心臓より高い位置に腕を上げてグーパーと手を閉じたり開いたりを繰り返します。
指輪が入らなかったり、抜けなかったりすると、焦って無理な力をかけてしまいがち。 しかし、無理をすると怪我の恐れもあります。 なにより、むくみは体の出すサインでもあるので、 まずは血流を改善するなど根本的な改善法を試してみましょう!

十分な準備をせずに、ただ指輪を引き抜こうとしてしまうと、指にダメージを与えることになりますので要注意です。急場をしのぐだけではなく根本的な改善法を試す必要があるのです。

ある程度、指の太さや形いは遺伝的なものが作用しているので、劇的に変化をさせること自体が難しい場合がほとんどです。そこで、指を太くさせるようなことを避けることが得策です。サイズの合わない指輪を長くはめていることで、血行不良を起こしている場合があります。返って指が太くなる原因なので、まずは外すなど、考えてください。
必ずマッサージをする方向は指の根本から心臓の方向へということは徹底しておきましょう。日々続けることで必ず効果が出るものです。
指が浮腫んだときには、指をマッサージするだけではなくて、腕全体をマッサージすることが必要なのです。筋肉を動かすことで指先の浮腫みを解消できる場合もあるのです。その体操はとても簡単です。最初に、両手を万歳します。そして頭上より高い場所に挙げた手首を回します。そしてグーパーを繰り返してみます。これだけで随分と、指の浮腫みは取れるものです。
マッサージグッズも最近は100円ショップなどで気軽に購入できるようになりました。自分の手のひらサイズに合うもので、心地の良いものを使ってマッサージやエクササイズをすることで、リフレッシュすることが可能です。是非とも試してみてください。
単に体重増加やリンパの滞りが起こっていることで、手指が浮腫んでいる場合を除いて、手が動かしづらい、痛い、などの症状が伴う場合には、病的な原因を探る必要性が高いことを知っておきましょう。基本的に高血圧の人は、指が浮腫みやすい傾向があります。自分の血圧をきちんと把握して、その状況と手指の状態を照らし合わせてみてください。また腎機能がお知恵来ると血液をろ過して老廃物を排出する機能が弱まります。それによって浮腫みが出ている場合もあるのです。いずれにしても、体調不良を伴う場合には、医師の診断を仰いでください。
誰もが夕方になると靴がキツイ、指先が浮腫んでいるという状態に陥ることがあります。これは、体内の余分な水分が滞っている状態なのです。身体の水分というものは、重力に逆らわないものです。立ち仕事をしている人の場合には、当然のことながら下肢に浮腫みは集中してしまうのです。同じ姿勢を取り続けて単調な仕事をしている人にも、手指の浮腫みという形で症状が出る場合も多々あります
そんな場合には、足首を回すことや手指に関しては指の付け根に向かって優しく血流改善のマッサージを行うことをおすすめします。特に大きく姿勢を変えなくても手軽にできるハンドマッサージならば、目立たずにこっそりと手指の浮腫み対策ができるものです。

場所があればプチエクササイズ

まずは体の伸びをするように手を心臓よりも高い位置に上げます。そこで手首を回す、振るなどの動きを繰り返すことで、指先にたまった水分を心臓の方に戻すことに役立つのです。
お風呂のリラックスタイムを利用して手指のマッサージを行いましょう。お風呂に入っている時間帯というのは、温熱作用が働い血液循環が良くなっているのです。ここ利用してハンドマッサージを行えば、手の浮腫みにはよく効きます。
基本的には自分でできるセルフマッサージを日々習慣にすることをおすすめいたします。結果的に、それが良い結果に繋がるからです。コリが溜まるのは首や肩だけではなく、原因は指先にも老廃物が溜まりやすくなることを常にイメージしながら、手指のマッサージを積極的に行いましょう。
手の甲にたっぷりとクリームを乗せて両手の甲を重ね合わせるようにクリームを広げていきます。こうして指にもクリームを行き渡らせて爪の周りから指の間に向かってマッサージをしていきます。このときに、保湿力が高めのクリームを使うとマッサージ自体もとてもスムーズに行えます。
手の浮腫みが出ている人には、腕のだるさや二の腕がなんとなく太いという悩みがつきものです。手指だけの問題ではなく、原因は上半身全体に浮腫みがあると考えて、エクササイズやハンドマッサージを進めることで、随分と症状は緩和されるものです。一度試してみてください。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪