Essxbi3zzuygxrokaurw

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ほうれい線を消すには?マッサージ&スキンケア方法まとめ

2020.07.24

ほうれい線は年齢を重ねるとともにできやすくなっていきます。今回はそんな厄介なほうれい線をマッサージやスキンケアで消す方法をご紹介していきましょう!目立ってきたほうれい線を、マッサージやスキンケアで消すにはどうしたらいいのででしょうか!?

  1. ほうれい線はなぜできてしまうのか?
  2. 加齢以外にも乾燥や紫外線も原因に・・・
  3. エイジングケア ほうれい線を消す!スキンケアで徹底したいのは?
  4. おすすめほうれい線を消すスキンケア(エイジングケア)①紫外線ケアをする
  5. おすすめほうれい線を消すスキンケア②(エイジングケア)スキンケアアイテムの配合成分に注目
  6. マッサージやエクササイズでほうれい線を消すのもおすすめ!
  7. ほうれい線を消すおすすめマッサージ・エクササイズ①
  8. ほうれい線を消すおすすめマッサージ・エクササイズ②
  9. おすすめマッサージ・エクササイズ③
  10. 洗顔のときの注意点
  11. マッサージしながらツボを押そう!
  12. マッサージなど活用してほうれい線を消す!
O0fs0dwop3hxddnebzf9
口の両脇にできるほうれい線、若いときには目立たなかったのに年齢を重ねるとともにどんどん深くなっていきます。どうしてほうれい線は年々深くなってしまうのでしょうか?
Pqumjvtmelt66bfsb1xy
人間の肌にはコラーゲンやエラスチンなど、ハリを保つ成分が存在しています。こういった成分が年齢を重ねることで減ってしまうことで、頬のお肉がたるんでくるのです。また筋肉の衰えもひとつの原因です。こうなるとほうれい線は目だってしまいます。
Jna1mc7apl7hig7ji9jz
年をとることだけがほうれい線の原因になるわけではありません。ほうれい線は乾燥や紫外線の影響も受けてしまいます。肌が過度の乾燥状態に陥ると、頬のたるみが進行してよりほうれい線がくっきり出てしまいます。なのでできるだけ肌が乾燥しないように保湿ケアすることが必要になってきます。
Gxsgpniqmqlnfvrerugo
また紫外線もほうれい線を濃くする要因です。紫外線を浴びると肌の深層にある真皮がダメージを受けて、ハリを保つ成分が劣化していきます。これが何度も繰り返されると、どんどん頬のたるみがひどくなってほうれい線が目だってくる…というメカニズムです。
Entfbvpexmjue21qofsw
ほうれい線を薄くする・できるだけ目立たなくする方法はいくつかあります。まずは日常的なスキンケアを見直して、徹底的にほうれい線改善をしていきましょう!どのようなスキンケアをしていけばいいのでしょうか?
Vvdmicxkuynzms45nasx
春先や夏場はとくに紫外線の量が増えていきます。ちょっとした外出でも、紫外線対策をしていきましょう。スキンケアやメイクアイテムは、必ずUVカット成分が入っているものをチョイスしてください。化粧下地やファンデーションなど、UVカットできるものを使うだけで紫外線の影響を受けにくくなります。
Cftunltwszndex9lumk9
紫外線は目に見えないので意識しづらいかもしれませんが、確実に肌に悪影響を与えています。塵も積もれば山となる…毎日少しずつ紫外線のダメージを受けてほうれい線が形成されていきます。UVカットできるスキンケアアイテムを常用することでほうれい線を解消していきましょう。
Mnis5qv7bbx6tzyqrioa
ほうれい線をできにくくするためには就寝前のじっくりエイジンケアが必要です。一日の終わりにしっかり肌をいたわって、ほうれい線ができないようにしてください。スキンケアアイテムにはコラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドが入っているものを使うようにしましょう。
Mhf9slycjhl9tb4alrrz
これらの成分は肌をしっかり保湿しながら、ハリを持たせてくれます。ほうれい線は保湿して乾燥を解消することも大切ですが、肌をピンと張らせる効果も必要です。コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドは頬のたるみを改善、エイジンケアするのに効果的な成分。スキンケアアイテムを選ぶときには成分に注意して購入するようにしましょう!
U0r0ir6bgf0qu3n4skll
ほうれい線を改善するのにスキンケアを徹底するのはもちろん必要ですが、マッサージやスキンケアで口周りの筋肉を動かしてあげることでさらにほうれい線ケアの質は上がっていきます。ぜひ日常的にマッサージ・エクササイズを取り入れていきましょう!
Wrjubn7rlfdr12tigmqf
顔にも体と同じで筋肉が存在します。表情筋という筋肉ですが、ここを鍛えたり動かしたりすることでほうれい線はじめさまざまな肌の難点を解消することができるといいます。お箸を使った筋肉エクササイズからご紹介しましょう。
Mcs129vb5mkl3aztigv7
まずお箸をくわえて、上下の唇をつけたまま唇を横に引いていきます。そのまま5~10秒ほどキープしてください。そして唇をつけたまま今度は横に「ニッ」と笑ってキープ。最後に口角あげて歯を笑うように見せましょう。
こうすることで普段使っていない口周りの表情筋を鍛えることができます。毎日継続的に行うことで、ほうれい線が薄くなっていくはずです!
Y7kt8bydyfedl2gba94u
ほうれい線を改善するためのマッサージ方法としておすすめなのが、リンパを流して皮下脂肪を解消するというものです。皮下脂肪がたまってしまうと顔を上手に動かせなくなって、結果ほうれい線ができやすい環境が出来上がっていきます。
Lzpnw7a96xrnivj8c9n1
こうならないためにもリンパを流すようなマッサージを定期的に行ってください。マッサージクリームやオイルを手に取って、目の周り・口の脇・頬・おでこなどをさすっていきましょう。左右対称にマッサージするのがポイントです。
顔のマッサージがすんだら、最後は耳の前→首筋→鎖骨という感じで流していきましょう。体の中の老廃物を流して排出するイメージで行うとGOOD!クリームやオイルを使うことで保湿効果がアップして乾燥を防げますし、リンパを流して皮下脂肪を解消することもできます。
Un6l31so424ykqwmec6l
場所を選ばずにできるエクササイズとしては、「ベロ回し運動」も効果的です。ベロ回し運動はほうれい線を解消するだけでなく、顔の歪みを改善する効果もあるといいます。さまざまな美容効果を発揮してくれるので、皆さんぜひ始めてみましょう!
Lgeuq9b4bmfzvw18fdpc
ベロ回し運動は口を閉じたままできるのもメリットです。口を閉じたまま、舌を歯の表面をなぞるように回していきます。右回りに20周・左回りに20周行えばOK!一日3セット以上はやってください。仕事しながら、家事をしながらなどいろんな場面で簡単にできるのがいいですよね♪
Pgupvntucp4rnxv73hjf
エイジンケアのためにも、洗顔時にも気を配りましょう。ほうれい線は乾燥が原因でできてしまうというお話をしましたが、洗顔やメイクオフのときに使うアイテムによっては肌を乾燥に導いてしまうので注意してください。
Yaexjky0bicd2g0hvcgi
クレンジングでオイルを使うとかなり肌が乾燥していきます。オイルは洗浄力の高いアイテムでメイクをしっかり落とすときには便利ですが、その分肌への負担も大きいです。ナチュラルメイクだったりメイクが薄い方は、わざわざオイルクレンジングする必要はありません。クリームタイプなど、保湿しながらメイクオフできるものを選びましょう。
洗顔も、洗顔フォームだと乾燥してしまいがち。固形石鹸の方が洗浄力は控えですが乾燥しすぎないので、ほうれい線を気にしている方にはおすすめです。こうした洗顔アイテムにも気を配っておくといいかもしれませんね。エイジンケアの一環にもなります!
Kawgrte1jw1uhxbt6vgx
ほうれい線解消に効果的なツボが顔にはいくつかあります。マッサージしながらそういったツボを刺激してあげると、より効果的なほうれい線解消マッサージができるはずです!ほうれい線に効くツボは以下の3つです。

こりょう

黒目の真ん中から真っ直ぐ下ろした線と、小鼻の横から地面と並行に伸ばした線のぶるかる場所

げかん

頬の下のくぼみのあたり(目尻と耳の穴を結ぶライン上)

かくそん

耳の上の先端があたる側頭部分
Nurd0lmmvnkok0mrv3f1
どのツボも指をつかってじっくり押していきましょう。強すぎず弱すぎずの刺激を加えるのがポイントです。やや上に押し上げるようにしてみてください。5秒押したら離す~というのを数回繰り返すと、血行がよくなっていくのがわかるでしょう。
Jjw3eah6hz9e2pekgdkf
ほうれい線を消す方法をたくさんご紹介していきました。全て網羅するのは大変ですから、まずはできるものからチャレンジしてみてください♪

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪