D4t5flycc82x84homexm

ライフ

CATEGORY | ライフ

腰痛改善グッズのおすすめは?デスクワーカー必須の人気アイテム

2020.07.24

デスクワーカーにとって腰痛改善グッズは神的存在です。自分で行うストレッチも大切ですが、理想的には常に腰痛を改善できるグッズを傍に置いて仕事をしたいものです。腰痛対策のストレッチもこの機会にきちんと覚えて、不快な症状を鶏のどけるように頑張ってみましょう。

  1. デスクワークは腰痛の発生地帯
  2. 腰痛を改善するためにできることは?グッズも使おう!
  3. 合間にできる腰痛改善ストレッチ
  4. 腰痛の原因になる座り方があるってほんと?
  5. 腰に一番悪いこと!グッズを使って改善を
  6. 腰痛対策の本格的なストレッチを動画で学ぶ
  7. デスクワークをしながら腰痛改善グッズ
  8. おすすめの腰痛改善グッズ
  9. 腰痛改善クッションとは?
  10. まとめ
仕事柄腰痛を患っている人の中にはデスクワークをしている人がほとんどです。つまりデスクワークは腰痛を引き起こす一番の理由になるのです。どうしても何時間単位というところで、座りっぱなしになるのは仕事上避けられない状況です。だからこそ、腰にかかる負担は増える一方なのです。ここで必要なのは、デスクワークだからこそ、腰痛は仕方がない、という考えを変えることです。 自分で腰痛を防ぐためにできることを取り入れてみましょう。つまりセルフケアが腰痛予防には欠かせないということです。もしかしたら腰痛にならずに済むところ、腰痛を招く座り方をしているのではないか?と一度自分の座り姿を見直すことも必要なのです。
痛みがひどくなると、集中力にも欠け、仕事ができなくなることもあります。 毎日腰のストレッチをしているのに…という人も、腰痛が慢性化していると、なかなか改善されないもの。

このような状況にならないためにも、腰痛改善グッズやストレッチを早い段階で取り入れるべきです。常に腰に対しては意識を向けておくことをおすすめします。

デスクワークの人にとって、トイレに立つ以外はほとんど座りっぱなしというのは日常的なことです。これでは腰痛予防にはならないと思いつつ、仕事を優先するとなかなか、合間に腰痛対策をすることは難しいのが現状です。これでは運動不足が著しく、腰痛を通り越して、エコノミー症候群にもなりかねません。そこで大切なのは意識の変換です。
1時間座り続けるだけで、血液の循環に関わる血管の機能が半分にまで低下するのだとか。座っている時間が長くなるほど、死亡リスクが上昇するという研究結果もあります。

腰部に負担がかかるだけではなく、全身状態を悪くする可能性も高いことを認識しておきたいものです。腰痛になったことがある人はわかるのですが、本当に腰痛を患うと仕事や勉強どころではなくなります。それほどに辛く、治りづらい特徴があるのです。そのためにも十分な予防策や解消策をとる必要があるわけです。

座りっぱなしでいても、良いことはない!ときちんと認識しておくことが需要です。もしかすると、仕事の効率を下げている可能性があります。頑張って座り続ける意味はあまりないかも?と考えてみてください。
脳卒中の一種です。脳の血管が詰まり、血流が滞ることで一部の細胞が死んでしまいます。麻痺などの後遺症が残ることも多いため、手足のしびれやろれつが回らない、といった症状が現れたら、一刻も早く救急車を呼びましょう。

エコノミー症候群という言葉を知ってはいても、実際にどのようなことが起きているのかを知らない人が多すぎます。実際に恐ろしい状況に陥る可能性があることを示唆しているわけです。毎日、普通に座り続けるデスクワークに潜む、エコノミー症候群の存在をしっておきましょう。そうすることで、回避できる重篤な症状も多々あるわけです。

どれだけ時間が迫っていても仕事や勉強の合間にできる腰痛ストレッチがあります。仕事中に腰に違和感を感じた場合には一度今の姿勢から腰を開放してあげることが必要です。同じ姿勢を長時間取り続けることで、腰の椎間板にかなりの負担がかかっているのです。その上、仕事柄筋肉を動かすこともしないので、どんどん筋力低下を招きます。これでは腰痛が酷くなるのを待つようなものです。
休憩時間や、自宅にいる時間帯に毎日、腰痛解消のストレッチを行うことが賢明です。これは三度の食事と同じ九合に大切なことです。凝り固まった腰部をほぐすのは大変なことです。だからこそ、毎日少しずつストレッチをすることに意味があるのです。
腰は体の他の部位と比べ、完全に休ませること自体が難しいため、腰痛は悪化すればするほど治りにくくなります。

だからこそ、座りながらでもストレッチができる方法を覚えておくと便利なのです。腰痛解消にもつながります。自分の身体のサインとしては腰がだるい、疲れたと感じた瞬間に行うべきなのです。

肘を開いて頭の上で広げて上下に伸ばすだけでも気持ちよく背中や腰が伸びます。これだけでも頭がすっきりすること間違いなしです。次に左右に動かして腰のサイドを伸ばしていきます。ゆっくりと行っても5分程度で終わるものです。
同じ椅子に長時間座っていても快適に仕事や勉強が捗る人と、すぐに腰痛を訴えて仕事が停滞する人がいます。この違いは何でしょうか?それは椅子の座り方の違いです。背もたれを深く使いながら座っている人が多いはずです。この方が楽に座れるからです。ただこのときに、背もた部分に深く寄りかかることで、骨盤が倒れていますので、要注意なのです。常に考えたいのは骨盤を立てた座り方というイメージです。なかなか難しそうですが、一度覚えると簡単です。この機会に悪い座り方をやめて、正しく座ることを覚えてください。
仕事中の人に多い座り方に「骨盤後傾・背中丸め」「脚組み・前かがみ」「もぐりこみ」がある。共通するのは、骨盤が後ろに傾いている点だ。

確かに、このどれかの姿勢を常に取っている人が多いと思います。その座り方も、腰に負担を与える座り方なのです。楽な姿勢を取り続けることは確かに簡単ですが、一番怖いのは、その先に来る腰痛で感じる負担です。

骨盤が後ろ側に倒れている座り方が一番腰に悪い状態です。一瞬、リラックスして座っているように思うのですが、実は脊柱が後ろ側に倒れる形になるので腰椎を圧迫してしまうわけです。これが肩こりを招き、腰痛を酷くするのです。そんなときには腰痛解消クッションなどを多用して、少しでも自分の身体を労わることを実践してください。
座り姿勢は直立姿勢と比べ40%近く負荷が増加し、座ること自体が体のストレスになっているんです」

そんなことを知ってしまうと、改めて座り続けることが腰に負担をかけていることを思い知ります。腰痛予防は自分で行うべきことだということも自覚してください。

動画で紹介しているストレットの方法は誰にでもできる方法です。だからこそ、覚えて自分でひそかに実践できることが理想的です。是非ともがんばって続けてください。
腰クッション ランバーサポートBS-2 背あて 腰あて 背もたれ低反発クッション 腰痛対策 猫背予防 オフィス 車用クッション ブラック
価格 ¥ 3,950
Orienex 座布団 クッション 低反発 通気性 車椅子 可愛い デスクチェア用 改良版(ブラック)
価格 ¥ 1,980
仕事中にツボを押すなどは不可能なので、あらかじめ座布団の代わりにクッションを置いてみるなど、自分の椅子に工夫をすることが良いのではないでしょうか?背もたれ部分に腰痛解消グッズを設置することも、かなり良い方法です。
マッサージピロー REAK 首マッサージャー マッサージ枕 肩マッサージ枕ピロー マッサージ機 3Dマッサージピロー 車載マッサージャー 背中・腰・首・肩に最適 赤外線療法 もみ玉ヒーター搭載プレゼント 指圧風もみ玉 肩こり 解消グッズ 車載 家庭両用 血液循環加速 ストレス解消 
価格 ¥ 4,099
パナソニック 高周波治療器 コリコラン 本体1個 EW-9R50R
価格 ¥ 4,408
もともと姿勢が悪く、長く座り続ける間に悪い姿勢をキープしてしまう場合には、腰痛も酷くなる一方です。だからこそ自分の姿勢を正して良くしてくれるタイプのクッションを使うのも一つの方法です。そして腰や背中の筋肉の働きをぐっと抑え込むので長く楽に椅子に座れるという利点があります。お尻の下に敷くタイプものが一番使い勝手はよさそうです。女性の場合には、骨盤を包み込むようなサポートタイプのクッションはオフィスシーンでもかなり重宝します。
SUPTEMPO ヘルスケア座布団 低反発クッション 姿勢矯正 腰痛 猫背 改善 坐骨神経痛 体に優しい 運転用 オフィス勤務用
価格 ¥ 3,500
腰痛予防はとにかく、座り方とストレッチそして腰痛解消グッズの三本立てて考えていく必要があります。自分に一番合うものを選んで、使っていくうちに、酷い腰痛からが解放されるようになります。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪