Zakzkiijo1rksmeg1xyx

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【カサカサ肌対策10選】乾燥がつらい季節をのりきるためのコツ

2019.03.10

空気が乾燥しやすい冬の季節、私たちの肌も乾燥しやすくなっています。肌がカサカサで乾燥がつらいという方も多いでしょう。そこで今回はそんな方のために、カサカサ肌に有効な対策を10個まとめてみました。以下の対策を有効活用して、このつらい季節を乗り越えましょう。

  1. カサカサ肌になる原因は
  2. カサカサ肌の対策1肌に優しい入浴をする
  3. カサカサ肌の対策2水仕事で工夫する
  4. カサカサ肌の対策3バランスのいい食事を心がける
  5. カサカサ肌の対策4サプリメントを使う
  6. カサカサ肌の対策5ストレス不眠ケアをする
  7. カサカサ肌の対策6衣類を肌に優しいものに
  8. カサカサ肌の対策7紫外線対策をする
  9. カサカサ肌の対策8保湿クリームや化粧水を使う
  10. カサカサ肌の対策9クリームパック
  11. カサカサ肌の対策10保湿成分を含むファンデーションを使う
  12. 自分にできる対策でカサカサ肌のケアを
Ed01ucbww6ucbzj20wuc
カサカサ肌は肌の表面にある水分や脂質の量が減少し、うまく保湿できず肌の潤いが保てなくなった状態のことです。その名の通り、肌が乾燥してカサカサした状態になります。カサカサ肌になる原因はいくつかあり、何かしらの理由で外部から強い刺激を受ける、偏った食生活、ストレス、加齢などが考えられます。カサカサ肌の対策方法もいくつかあり、簡単にできるものが多いです。次の項目から書いてあるカサカサ肌の対策法を読んで、カサカサ肌の原因を取り除きましょう。
Jnuvsndx9olij5mec71o
ほぼ毎日行う入浴は、肌への影響力も大きいです。肌に優しい入浴方法をとらないと、肌へのダメージが毎日のように蓄積されていくことになり、カサカサ肌へとつながってしまいます。では肌に優しい入浴の仕方とはどのようなものなのか、見ていくことにしましょう。

肌に優しい入浴1お湯はぬるま湯で

Spuowgq2cpx6tjthjh5b
お風呂と言えば熱いお湯を想像する方もいるかもしれませんが、熱いお湯は肌の表面にあるバリアを傷つけてしまい、結果、カサカサ肌になってしまいます。強い刺激はお肌の天敵なのです。そこで、お湯は刺激が比較的少ないぬるま湯にして入浴することをおすすめします。

肌に優しい入浴2湯船に浸かるのは数分程度

Z6dicfldndxyfm2khfdx
疲れている時は特に、お風呂で1時間以上のんびり過ごしてリラックス、といきたいところですが、実は長風呂はカサカサ肌の原因なのです。長くお風呂に入っていると、肌を保湿してくれる成分が流れてしまい、肌の潤いがなくなってしまいます。お風呂でダラダラしたい気持ちをぐっとこらえて、湯船に浸かるのを数分から15分以内くらいに抑えるといいでしょう。

肌に優しい入浴3体や顔は力を入れて洗わない

O3bb1nbgrfxnlhfehri8
肌に洗顔料や石鹸などの成分をすりこませようとして、体や顔をゴシゴシと洗うことは避けなければなりません。汚れをとりたい、肌を清潔に保ちたいという気持ちから力を入れて洗いたくなる気持ちはわかりますが、それは肌にとっては逆効果です。力を入れて洗う行為は、肌を傷つけ続けているようなものです。肌の表面にあるバリアがその刺激によって弱まり、カサカサ肌につながってしまうわけです。顔や体は力を入れて洗う必要はありません。優しく洗うだけで十分なのです。

肌に優しい入浴4使う石鹸などは刺激の弱いものにする

Bweqzrqymlyhu1ukjkcp
入浴で使用する石鹸、シャンプー、洗顔料などは、刺激が弱いものにしましょう。刺激が強いものは、肌を傷つけてしまい、カサカサ肌になってしまう恐れがあります。肌に優しいことを売りにしている商品を使用することをおすすめします。

肌に優しい入浴5保湿力の高い入浴剤を使う

Bflxaxhr672goyduwwaj
入浴剤の中には、カサカサ肌対策のために、保湿力が高いことを売りにしているものがいくつかあります。保湿成分が含まれている入浴剤を使用するのもカサカサ肌対策ではおすすめです。使用後は肌がしっとりしたように感じられるでしょう。
Qfub0qlbvawv2fklv2ku
冬の水仕事は、手荒れの原因になりやすいです。手は外気に触れやすく、どうしてもカサカサ肌になりやすい箇所です。そして、水仕事をよくやる方は、手がカサカサ肌になりやすいです。そこで水仕事の際に一工夫をすることが大事になってきます。

水仕事の工夫1お湯は避ける

Wkhneh4ejiivc6hegdah
寒い冬ではついお湯で作業したくなりますが、お湯は入浴と同じく、カサカサ肌の原因となるため、使用は避けるべきです。水だとつらい場合は、ぬるま湯くらいの、冷たくないくらいの温度に調整してから水仕事をやるといいでしょう。

水仕事の工夫2手袋を使う

Coewhntoqljicvrt7aiu
素手のままだと水やその他刺激にあてられて、肌がカサカサになりやすいです。そこで、手袋を用いて、少しでも肌へのダメージを軽減しましょう。シルクや綿の手袋は肌に優しくておすすめです。それらが手元にない場合は、かゆみに注意する必要がありますが、ゴム手袋などでもいいでしょう。

水仕事の工夫3刺激の少ない洗剤を使う

Saqv5jf8qhsxcsxntscf
入浴と同じく、刺激の少ない洗剤を使用して、肌へのダメージを軽くしましょう。できるだけ洗剤そのものを使わないことが理想的です。洗剤が必要なさそうな時は極力使用せず、洗剤が必要な時は肌に優しい洗剤を使用するようにしましょう。
Lxbbjjmp7t9itc4rwe8s
健康になるにはバランスのいい食事をするようにとよく言われますが、肌に関しても同じです。偏った栄養バランスの食事、ファーストフードやインスタント食品、お酒ばかりの食生活、甘いデザートの過剰摂取などの行為は肌に深刻なダメージを与え、カサカサ肌になってしまいます。カサカサ肌を避けるには、栄養バランスがとれた食事をとる必要があります。ビタミンやセラミドなどが多く含まれている、大豆、たまご、野菜、ひじき、こんにゃく、果物といったものを中心に、バランスよく食べましょう。
Moymt0qlqrmlctcvobhj
Tfgimhm4txo98lz0ewck
現在は、カサカサ肌の対策のために、肌の水分が失われにくくなるような、保湿成分のあるサプリメントが販売されています。サプリメントばかりに頼ってもいけませんが、食事の補助として、保湿成分が含まれているサプリメントを摂取することもおすすめです。
Mq8nnjg9dbyde3nzsocy
カサカサ肌の対策なのに、どうしてストレスや不眠のケアをするのかと思った方もいるでしょう。ストレスや不眠といったものは、気づかず肌にダメージを与えるものなのです。これらは自分ではわからないうちに毎日肌にダメージを蓄積していきます。よって、ストレスや不眠の対策をすることが肌へのダメージを減らすことへとつながり、結果、カサカサ肌の対策になるのです。
Gfeku7tjthjscf70jhen
ストレスや不眠の対策としては、アロマの香りなどでリラックスするようにするのがおすすめです。また、寝る直前の入浴やスマホの使用は睡眠を妨げる恐れがあるため、できるだけ避けるようにしましょう。あまりにもストレスがひどい場合は医師に相談して対策するといいでしょう。
Zyif7zfsrietdsqg1qnz
カサカサ肌になると、肌が敏感になっているため、衣類によってはかゆみが生じて症状が悪化する恐れがあります。下着はシルクや綿のものにするなど、肌に優しいものを意識的に着るようにしましょう。
Yo7efagw0yup2jeyjgf3
紫外線は肌にダメージを与え、肌をカサカサ肌にしてしまう恐れがあります。紫外線が強い季節は特に、紫外線対策が重要になってきます。防止や日焼け止めを使用して紫外線対策をしましょう。日焼け止めは刺激が強いものもあるため注意が必要です。保湿成分が含まれているものなど、肌の乾燥が気になる人向けのものを購入して使用するといいでしょう。
Yifmolin8ndaso2lg52t
セラミドなどといった高い保湿力を持つ成分を持つ保湿クリームや化粧水を使いましょう。化粧水はクリームを使う前に使用するのがポイントです。肌になじんだのを見てからクリームを使用するようにしましょう。手にとったらまず手のひらで温めてからクリームを使うのがコツです。
Ib0h1mgizu9fw5fklscr
ただクリームを使用するだけでも効果的ですが、クリームをパックのように使うというカサカサ肌の対策方法もあります。やりすぎに注意しつつすることがポイントです。
Pj6zwsj1mdqpxsej030k
カサカサ肌の人にとっては、ファンデーション選びも大切です。保湿力の高さを売りにしているものや、水分をよく保ってくれる油性のファンデーションを使うことをおすすめします。
T2bjifil07rqlxagqndx
カサカサ肌の原因は数多くあります。その分、その原因への対策もたくさんあります。自分にできることを考えて、簡単にできそうなことから、一つ一つ対策していきましょう。対策のことを考えすぎてストレスになってしまっては本末転倒ですので、無理のないケアを目指しましょうね。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪