Qvwtld499gs4lziy1doz

暮らし

CATEGORY | 暮らし

歯の着色汚れは改善できる!【原因別 】対処法&予防法まとめ

2020.07.24

有名人のような白くて美しいな歯は憧れですよね。私たちの歯は何故知らず知らずのうちに着色してしまうのでしょう。原因とはいったい何なのでしょうか?そして、改善するにはどうしたらいいのでしょうか?出来てしまった歯の着色汚れの対処法や予防法について調べてみました。

  1. 白く美しい歯
  2. 歯の着色汚れの原因
  3. ①食べ物や飲料に含まれる着色料
  4. ②お茶等に含まれるタンニン
  5. ③赤ワイン等に含まれるポリフェノール
  6. ④タバコに含まれるタール
  7. 着色しやすい歯を作る原因
  8. 良く聞く「ポリフェノール」って?
  9. 【原因別 】対処法&予防法
  10. ♦着色料
  11. ♦タンニン等のポリフェノール
  12. ♦タール
  13. セルフホワイトニングをする
  14. まとめ
人と話す時や写真に写った時など、自分の歯の着色汚れが気になる事はありませんか?昨今、白い歯は有名人だけの常識ではなくなり、一般の方にも「歯のホワイトニング」という言葉が広く普及してきました。
Qqexev3ug8s5pj02j57z
汚れのない白くて美しい歯は、それだけで相手に与える印象はとても良くなります。 汚れてると「汚い」「だらしない」「不潔」という印象を与えるとのデータもあるくらいです。 少しでも相手に不快に思われないよう、日頃からご自身の歯もぜひチェックしてみて下さいね。
歯の着色汚れは誰にでも起こることです。 気が付かない間に、歯は自然と着色していきます。 では、どのような事が原因で着色はおこるのでしょうか。
S4odn5zdzgjezv6f1iqh
歯の着色汚れにも様々な原因があるようです。どのような原因で歯の着色が起こってしまうのかを原因別にご説明致します。
カレー粉やケチャップや醤油等の色の濃い調味料、または着色されたお菓子やジュース等は、衣服に付いたときにもシミになりなかなか取れにくかったりしますよね? 歯に付着した時も同じように着色汚れにつながる恐れがあります。
Fju9r8kvmxm9t6opmwcs
Drb6ixxev5emq2riap8p
タンニンとはお茶に含まれるポリフェノールやカテキンが酸化したものになります。抗菌作用や抗酸化作用があり、身体に良いことで知られていますね。ですが、口の中で唾液中の金属イオンと結合すると、歯面を覆うペリクル層に付着し残留することで黄ばみやステインの要因になります。
Easca8hpd9l4eyrodntt
コーヒー、ジャスミン茶、紅茶、煎茶、ウーロン茶、番茶、抹茶、ほうじ茶の順にタンニンの含有量が多く含まれています。
お茶に部類されるものには、ほぼ全てに含まれる成分です。なので、日常的に摂取している方がほとんどです。
Wvwavw28xuwifj7bppqn
コーヒーやお茶などの飲料は、ペットボトル等の場合タンニンの含有量は減るようですが、少量でも着色汚れの原因になる事に変わりは無いようです。
Gaxkmywzs8rs8ok8xy6f
ポリフェノールが多く含まれる赤ワインやチョコレート、ココア、ブルーベリーなども歯の着色汚れの原因になります。ポリフェノールそのものは非常に強い抗酸化作用があり、活性酸素除去することでも知られている、身体に良い成分です。
ですが、着色力が高い為、摂取してすぐに着色してしまう成分でもあります。
白ワインは直接的には着色汚れの原因にはなりませんが、ph値が低く酸が強いため、歯の表面を溶かし傷をつけてしまいます。白ワインを飲んでから赤ワインを飲むと、余計に着色しやすくなるので注意が必要です。
Y7ukzbmeev6sdastxtpe
食べ物や飲み物以外ではタバコのヤニも着色汚れの原因になります。タバコを1日何箱も吸うヘビースモーカーの方の歯は、ヤニで茶色汚れてしまっていることも。 ヤニはタールと呼ばれる黒褐色の粘質性のある非常に着色しやすい物質で、付着してしまうと普通の歯磨きではなかなか落としきる事はできません。
H22x08dc1gaenbozouho
糖分や炭酸飲料などは、歯のエナメル質を溶かして傷付けてしまうため、着色しやすい状態を作り出してしまいます。 口に入れてわずか2秒で溶け始めるそうなので、甘い物や炭酸飲料を好む方は着色しやすい歯を自らで作り出してしまっていますので、注意が必要です。
Jdwqhlbrwbizrllfubui
一番身近な歯の着色汚れに関係している「ポリフェノール」。 実は、ポリフェノールとは、カテキンやタンニンの事も意味する言葉の総称です。
例えば、赤ワインにはポリフェノールが数多く含まれており「カテキン」「タンニン」「アントシアニン」「レスベラトロール」など数種類のポリフェノールを含み、これらが渋みや苦味を感じさせます。
Trcrztdz0lnhg719k4xc
ポリフェノールは「ポリ」=たくさんの「フェノール」=フェノール性ヒドロキシ基を含んでるという意味です。
歯の着色の原因によって、対処法や予防法が違ってきます。ここでは、原因別に対処法や予防法についてご説明致します。
Xs9pwimgu9gua9vcz7k1

飲食を控える

着色料での歯の着色を防ぐためには、まずは着色料をなるべく避けることです。 普段の飲食物の中になるべく色の濃いものを控えるだけで、着色を防ぐことができます。

水で洗い流す

例えばカレーを食べる時、こまめに水を飲み、歯の表面を洗いながら食べれば、汚れは付きにくくなります。

すぐに歯磨き

すぐと言っても唾液が出ている間はエナメル質をブラシで傷付けてしまいやすいので、30分以上はあけてから歯磨きをしてください。なるべく早く表面を綺麗にする事で歯の着色を予防できます。
Idkyzsku7rcswyrpatze
Wvvderovthrfidxenkzu

回数を減らす

歯の着色汚れの最も身近な原因であるタンニンやポリフェノールを多く含む食材。コーヒーやハーブティーも含むお茶類には、ほぼ全てといっていいくらいタンニンは含まれていますので、避けることは非常に難しいです。なので、1日に飲む回数を減らす事が大切です。
ハーブティーを除くお茶類にはカフェインが含まれる為、食事中や食事の前後は鉄分の吸収を妨げます。鉄分不足になりがちな女性の方は特に、避ける方が無難です。 食事中または前後は、お水やハーブティーをオススメします。
Bhxqdoye4pvpo08dx0cl

甘い物との摂取を控える

砂糖がエナメル質を溶かして傷付けてしまい、より着色しやすくなります。 砂糖の入れすぎ、または甘いお菓子やケーキと一緒に摂取すると、より着色しやすくなるので気をつけましょう。
Vcei4juziotmlbpa6jdk

ワインにはチーズ

ワインを飲む際にチーズを食べる事で、チーズの油分が歯をコーティングして着色を防いでくれます。ワインとチーズは相性の良いことで知られていますが、実は理にかなった組み合わせなんですね。
Hmgxrsd8flgdswfzd6tf

禁煙する

そもそもタバコには百害あって一利なしと言われるくらい、身体に害しか与えません。しかも吸ってる本人より周りに与える被害のほうが大きいという、非喫煙者からしたら非常に迷惑なものです。

電子タバコに変える

タールを大幅にカットした電子タバコは、周りへの害も無いので、どうしても禁煙出来ない方にはオススメです。
P6v2rniqaivjt4rmffqx

歯のホワイトニングをする

こびりついてしまったタールは通常の歯磨きではなかなか落としきれません。歯医者などの専門機関で相談し、機器を使ってのホワイトニングが最も有効だと言えるでしょう。 タバコのヤニ汚れを取るホワイトニング歯磨きもオススメです。
Idhayodaauatvxowmypf
歯の着色汚れを改善、防止する為に「セルフホワイトニング」という方法があります。 ホワイトニング歯磨きを使ったり、専門機関でホームホワイトニング用のマウスピースを作って購入し、自宅で専用の薬剤ジェルを使って行う方法もあります。 自宅で気軽に出来るホワイトニングは人気です。手軽なので忙しくて専門機関へ通えない方にオススメです。
Fjquxxs3e5ukdiewhecg
歯の着色汚れの原因別に分けて説明させて頂きましたが、いかがでしたか?歯の着色汚れの原因は、着色料、タンニン、ポリフェノール、タールなどが主な原因です。なるべく摂取を控えたり、お水で口を洗い流したり、すぐに歯磨きをしたりと、少し気をつけるだけでも着色を少し軽減させることが可能です。 どうしてもなかなか改善されない時は、まずは歯医者などの専門家へ相談してみる事をオススメします。 今は自宅で出来るホワイトニング方法も色々ありますが、間違った方法で歯を傷つけたりしないよう気をつけて行うようにしてくださいね。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪