Eosezpy0gwfwptm33ocp

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

日焼け止めはクレンジングでも落ちにくい!正しい落とし方再確認

2020.07.24

毎日使うことの多い日焼け止め。実はクレンジングでも落ちにくいって知っていましたか?今回は、日焼け止めを毎日使っていてもしっかりオフできる正しいクレンジングの仕方などを詳しく紹介。日焼け止めによって肌の荒れやすい人は再度確認しておきましょう。

  1. 日焼け止めはクレンジングでも落ちにくい?落とし方は?
  2. 日焼け止めがオフできていないとどうなるの?
  3. 正しい日焼け止めの落とし方
  4. 基本の落とし方
  5. 日焼け止めの落とし方 ①毛穴を開く
  6. 日焼け止めの落とし方 ②クレンジング
  7. 日焼け止めの落とし方 ③洗顔
  8. 日焼け止めの落とし方 ④保湿を大事にしたスキンケア
  9. 日焼け止めをしっかりオフするおすすめクレンジング剤
  10. 1.アテニア スキンクリア クレンズオイル
  11. 2.DUO ザクレンジングバーム
  12. 3.キュレル ジェルメイク落とし 
  13. 日焼け止めの正しい落とし方
Y5q0vbq8jsjsfdusiasj
日焼け止めをメイクの前に塗る人も多いと思いますが、特に強力な日焼け止めを使用している場合はメイクオフのクレンジングでも綺麗に落ちていないことがあるって知っていましたか?日焼け止めは日中の紫外線から肌を守ってくれる女性の味方ですが、正しく落とさないと逆に肌への負担になり肌のトラブルを引き起こす原因になることもあります。そのため、普段から日焼け止めを上手に使っていくことが大事です。
Pen2wnlmxmtltyscbrnk
日焼け止めが綺麗に落とせず肌に残ってしまう、またこの状態が長期的に続いてしまうと肌には様々なトラブルが引き起こされます。よく起こるのは、毛穴の詰まりやいちご鼻になりやすくなる、ニキビができやすくなるなどのトラブルです。また、しっかりと日焼け止めをオフしていないことで、化粧水などのスキンケアにおいて有効成分が肌に浸透しにくく、期待した効果を実感できない場合も多いです。
Formn3aggvkkpnfl34oy
さらに、肌の乾燥などが酷くカサカサ肌になってしまい、シミや小ジワが目立つようになることもあるようです。せっかく紫外線から肌を守っているのに、オフできていないことで肌トラブルを引き起こすのは避けたいですよね。そこで、日焼け止めをしっかり綺麗にオフできる正しい方法を確認していきましょう。
日焼け止めは、お湯で落とせるタイプ、クレンジングでオフするタイプなど、商品によって落とし方に違いがあります。しかし、特に顔では多くの人が日焼け止めに加えてメイクを重ねていると思うので、基本的にクレンジング剤などを用いて日焼け止めをオフするのがおすすめです。
Dchvhh0ceurgquaf4qk3
それでは、日焼け止めをしっかり落とすために基本的なクレンジングの方法を確認してみましょう。今まで上手に日焼け止めを落とせていたか不安な人は必見です。正しいクレンジングで、早速今日から、肌へのストレスフリーな日焼け止め習慣を取り入れましょう。
日焼け止めはスキンケアを行った後の肌に一番始めに乗せるものです。そのため毛穴や小ジワなどに入りやすく、オフする時は洗い残しが起こりやすくなります。そのためクレンジングの際は、まず毛穴を開いてあげることがおすすめです。毛穴を開くときは簡単に行える蒸しタオルを使うと良いでしょう。
Gntjhmrosp54wosd0dqf
水で濡らしたタオルをレンジに入れ30秒ほど温めます。火傷をしないように気をつけながら顔に乗せます。そのまま30秒程放置したら、小鼻周りの毛穴をしっかり開くことができますよ。また、お風呂のタイミングでメイクをオフする人などは、湯船に使っている間に湯船からの蒸気で毛穴を開くのもおすすめです。蒸しタオルを作る手間も省けるので、面倒くさいと感じる人はこちらの方法でも良いでしょう。
毛穴が開いたらクレンジングを行います。クレンジングには、オイルタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプなど様々なものがありますが、これは自分に合ったものを使いましょう。どのタイプのクレンジング剤を使うとしても、気をつけることは肌を擦りすぎないことです。
Titeyklfsonxffe7meux
綺麗にメイクや日焼け止めを落とそうと、ついついゴシゴシしてしまいがちですが、肌は摩擦などに非常に弱く容易にダメージを受けてしまいます。そのため、クレンジングを行う際は、手のひらや指の腹で優しく、クレンジング剤をクッションにするように撫でましょう。すすぎは熱すぎないぬるま湯でしっかりクレンジング剤をオフします。
Iuqvag2bhoee7ril0oam
引用: https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1519093445/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9kMWY1aHN5NGQ0N3VwZS5jbG91ZGZyb250Lm5ldC8yNy8yN2Q3NDk1NGYwMDI3NmY0ZWI2MDMyZGM2ZjY4YWMzN190LmpwZWc-/RS=%5EADB_vSgrhzoFvGH2pUUM5qHsDDAbRs-;_ylt=A2RimVFENYpaTEEAWQuU3uV7;_ylu=X3oDMTBrZ25oc2dhBHZ0aWQDanBjMDAzBDADanBjMDAz;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVFhySXFsSU5SMTd0NEVRdVdUQjNQclpWN3BWRkNycE9xdjJCNGRhbmlwOTZHOTktVlNROXU2dFJnBHADNTRTaDVwYVo1N1NnNXAyUUlPYTBsLm1obEEtLQRwb3MDMgRzZWMDc2h3BHNsawNzZnN0BHR1cmwDaHR0cHM6Ly9tc3AuYy55aW1nLmpwL3lqaW1hZ2U_cT1NZVg4QjNVWHlMRUppVkV4dF8yOWZUS3pFNk84YVcwOUppUFN1VjRRakwwVGJVWDQya01NVjg4aE1HcDdybm91cU5rVVN4U2p1Rk1IdVhzMUtpd1duMWsuMnQ4U2RzejN0Z1ZnSERwNWpmOFRWOEgyX2tGYUNKbTdWRFZTVjFzUG1ObEdKdDdGeGxsT185eHl6dy0tJnNpZz0xMzgzcmdyYWo-
クレンジングが完了したら、顔に残っているホコリや汚れをオフするために洗顔も忘れずに行いましょう。洗顔にも色々なタイプがありますが、クレンジングの際と同じく肌を直接擦りすぎないことが上手な洗顔のポイントです。泡タイプであれば、しっかり細かい泡を作り、肌と手の間にクッションのように置いて洗顔を行います。
この際、特に髪の生え際や顎の下などに日焼け止めやメイクを洗い残すことが多いので、それらの部分もしっかり意識しながら洗顔するようにしましょう。洗顔が終わった後のすすぎも、34度前後のぬるま湯を使うことがおすすめです。お湯が熱すぎたりすると肌の表面の細胞や、皮脂線にダメージを与えやすいためです。
Obibd8ndgmv7jhmjtdrk
最後は、入念なスキンケアを行います。特に日焼け止めなどで肌の乾燥が気になる人は、高保湿効果のあるスキンケアグッズなどを用いいつでも肌に潤いを持続させることが大事です。日中、日焼け止めやメイクを行っている人は、肌が休息する時間は寝ている間の夜間だけとなります。そのため、この時間に肌に十分な水分を与え、しっかり休ませてあげましょう。
Ysdtvrlbznuftsjgcwi9
基本的な日焼け止めの落とし方を紹介しましたが、日焼け止めの中には、どうしても通常のクレンジングや洗顔では日焼け止めがオフしにくいものもあります。また、通常の日焼け止めのクレンジングでも洗い残しが出てしまう、気になるという人は、これから紹介する日焼け止めもしっかりオフしてくれる、おすすめのクレンジング剤を参考にしてみましょう。
アテニアのスキンケアクリアクレンジングは、メイクだけではなく、日中重ね塗りを繰り返した日焼け止めもしっかり落とすことができる非常に人気の高いクレンジングアイテムです。また、その日のメイクや日焼け止めを落とすだけでなく、長年紫外線を吸収して出来てしまった肌のくすみなども、クレンジングするたびに綺麗に洗い流すことができます。
そのため、日焼け止めによる美白ケアだけではなく、クレンジングによる美白ケアも行うことができ、肌をいつまでも健康に保ちたい女性の大きな見方になってくれます。
日焼け止めやメイクで与える肌の負担が気になる人は、DUOのザクレンジングバームがおすすめです。これは、クレンジングを行うだけでなく、なんと洗顔、トリートメント、さらに角質ケアまで1回でできてしまいます。そのため、ダブル洗顔の必要がなく、肌の負担を減らすことができます。
さらに、肌表面の角質細胞も綺麗に取り除いてくれるので、毎日つるつるのたまご肌を維持することができます。成分の中には、美容成分もしっかり配合されているので、スキンケアを行いながら使うたびにどんどん自身の持てる肌になりますよ。
日焼け止め、メイクはしっかりオフしたいけれど、敏感肌で肌に負担をかけたくない、優しく綺麗にオフしたい。そんな人には、敏感肌でも安心して使用できるキュレルのジェルメイク落としがおすすめです。
ジェルタイプで肌への負担も少なく、ヌルつきを残さないのでさっぱりした洗い上がりが好きな人にも使いやすいアイテムです。また、洗い上がりはスッキリなのに、ツッパリ感を感じさせず、しっかり保湿も行えるので、乾燥肌の気になる人にもおすすめですよ。
Og6505qtwuf6ehiojhip
今回は、意外と洗い残しをしてしまう日焼け止めについて、正しい洗い方を紹介しました。日焼け止めを使うと洗い残しが気になる、肌が荒れやすくなってしまうという人は、基本のクレンジングの方法を再確認し、毎日しっかり日焼け止めをオフするように心がけましょう!初心者の方などはおすすめのクレンジング剤も参考にしましょうね。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪