O8wrevt074g0yega3pqu

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ボディスクラブの使い方って?正しい効果的方法と注意点まとめ!

2018.07.20

皆さんはボディスクラブを正しい使い方で使っていますか?「使い方なんてあったの?」と思われる方もいるかもしれませんが、使い方を誤ると肌に悪い刺激を与えてしまう恐れもあります。この記事ではボディスクラブの正しい効果的な使い方の方法や注意点をご紹介します。

  1. ボディスクラブの効果的な使い方の方法とは
  2. ボディスクラブの使い方①自分の肌に合ったものを使う
  3. ボディスクラブの使い方②肌を清潔にしてから使う
  4. ボディスクラブの使い方③肌を濡らしてから使う
  5. ボディスクラブの使い方④泡立てて使う
  6. ボディスクラブの使い方⑤優しく馴染ませる
  7. ボディスクラブの使い方⑥使用頻度を守る
  8. ボディスクラブの使い方⑦保湿を行う
  9. ボディスクラブを使用できる場所
  10. まとめ
Frwbvoajk0xsvzbdso5m
ボディスクラブには正しい効果的な使い方や選び方の方法がある、と言われてもぴんと来ない方もいるかもしれません。実はボディスクラブを「好きな頻度で好きなように塗る」のは誤った使い方の方法です。誤った使い方では肌に悪い刺激を与える恐れがあります。この記事では正しいボディスクラブの効果的な使い方と注意点を項目ごとに細かくご紹介します。自分の正しい効果的な使い方や選び方の方法と比較しながら、参考にしてみてください。
C0mpzspkzdxs2gkopmus
ボディスクラブの選び方として、使用した後に肌がヒリヒリしたり赤くなったりした経験はありませんか?それは使っているスクラブが自分の肌質に合っていないのかもしれません。ボディスクラブと一口に言ってもテクスチャは商品によって異なります。ソルトスクラブのようなざらざらした固いものや、シュガースクラブのような柔らかいもの、中間ぐらいのテクスチャのものまで種類は様々です。なので選び方も様々です。
Vpfqeohy7lvg2xi6yta3
大きい粒子が含まれているボディスクラブはざらざらしており、この大きな粒子が角質や汚れを取り除いてくれます。つるつるの肌になる反面、肌への負担も大きいのが特徴です。ボディスクラブは肌の表面にあった角質を取り除き、新しくきれいな肌を露出させるので、皮ふがとても敏感になってしまいます。粒子が大きいボディスクラブの選び方として、扱いが難しいですが効果は大きいので、比較的肌が荒れにくい・強い方に効果的でおすすめです。使用した後にヒリヒリしたり赤くなったりしてしまう方はもっと柔らかいテクスチャのボディスクラブの選び方をすることをおすすめします。
Cd7gvagsefzqbny4zlml
柔らかいテクスチャのボディスクラブは粒子が小さいためあまりざらざらしておらず、肌への負担が少ないのが特徴です。保湿効果を備えているものも多くマッサージしながらしっとりと潤いのある肌に仕上げてくれます。粒子が小さいためヒリヒリしたり赤くなったりすることも比較的少ないようです。しかし、角質や汚れを取る力は粒子が大きいざらざらのものに比べると少し劣ってしまいます。
Jncxmrzzerzvpt4uyzcf
ボディスクラブを使用方法の注意点として、その日の肌の調子や自分の肌質に合わせて正しい最適なものを選ぶようにしましょう。無理して角質や汚れを取っても肌が荒れてしまうときれいな肌とは言えません。肌の調子が悪いときはボディスクラブを使用しないか、普段使っているものよりテクスチャが柔らかい正しい効果的なものを使用しましょう。
O8ic5jd6r9r4efznkmxt
清潔にしてからボディスクラブを使うのは、スクラブの効果を高めるためです。粒子は角質だけでなく一緒に汚れも取り除きます。このとき汚れが多いとスクラブは表面の汚れを取ってから角質を取ることになるのであまり効果を発揮することができません。
Lunkyh5ti3pvao2rgneu
先にお風呂を済ませてから、そのまま浴室でボディスクラブを使うと部屋も汚れず自分自身もきれいにすることができます。この習慣を身に着けるように心がけましょう。また注意点として、ニキビや肌荒れを起こしている部分は避けて使用することをおすすめします。ボディスクラブは肌への刺激が強いため悪化してしまう恐れがあります。
Rm8xzci3zxamw6wqksxm
顔に使うとき、身体に使うとき、どちらも肌を濡らしてからボディスクラブを使用します。乾いた肌にざらざらの粒子を使うと摩擦で肌を痛めてしまう恐れがあるからです。浴室で身体を洗い終わった後にそのまま濡れた状態でお手入れをすると、無駄な時間もなくスピーディーにボディスクラブを使用することができます。
Bwbtlzzpkkogdhv3dohy
肌が濡れている方が摩擦で痛みを感じることもなく、伸びや触り心地が良いのでお手入れもしやすいです。バスタイムの仕上げにボディスクラブの香りで癒されながらお肌のケアに取り組みましょう。ただし、中には肌が乾いた状態で使うボディスクラブもあるので使用する商品の説明をよく読み、指示に従うようにしてください。
Qg7bigxwbbizknwo9xjv
顔にボディスクラブを使用する際には特に、ボディスクラブを泡立てる方法をおすすめします。顔の皮ふは繊細です。泡立てて使用できるボディスクラブの場合は洗顔用ネットなどでしっかりと泡立て、粒子で肌を傷つけないように注意しましょう。効果的な正しい方法で使用しましょう。
Rrr8r706jyxguddgsiy5
チューブ型のボディスクラブの中には泡立てることが可能なものもあります。敏感肌の方や顔にボディスクラブを使用したい方は泡立て可能なボディスクラブを探してみるのもいいかもしれません。ボディスクラブを使用した後は、毛穴に粒子が残らないようにしっかりとぬるま湯で洗い流してください。
Ystf1lfftrbmc2kcf1gt
ボディスクラブを使う際はゴシゴシと擦らず、円を描くようにくるくると馴染ませます。強く擦らなくても十分効果は出るので肌を傷つけないように意識しながら優しく洗いましょう。
Pjd6zro6irmrsmbud9iq
特にソルトスクラブなど粒子が大きいものはその分肌への負担も大きくなります。肌に擦り込ませるのではなく、肌の上を滑らせるように優しく使ってきれいな肌を手に入れましょう。
Romtdlt1fzfmbqjji4gh
意外と見落としがちなのが使用頻度です。商品によって異なりますが一般的には週に1~2回の使用が目安となっています。使用頻度を守らず自分の好きなタイミングで使用すると、かえって肌にダメージを与えることになるかもしれません。
Zjbvzsncsybzgstwqfp7
週末のスペシャルケア程度に使用するのが正しい使用頻度です。ボディスクラブにはピーリングの役割もあるため、ターンオーバーが乱れ肌がボロボロになる危険性もあります。ボディスクラブは使用すればするほど肌がきれいになるというわけではありません。決められた頻度を守って肌に負担をかけないように注意しましょう。
Lcwubhtnijs3wt3igbfq
ボディスクラブで角質ケアを行った後の肌はいつもより敏感になろのが注意点です。少しの刺激で反応してしまうので、ボディスクラブ後はすぐに保湿をするように心がけましょう。化粧水等で肌を保護してあげることで肌の上にバリアを作ることができます。いつもの保湿より少し念入りに保湿をすることが注意点であり、ポイントです。
H7xdyjblkcchbwud28ml
また、紫外線もボディスクラブ後の敏感な肌には大敵です。できれば紫外線の少ない夜にボディスクラブを使用することをおすすめします。どうしても日中に使用したい場合は紫外線対策をいつも以上に行いましょう。日焼け止めはもちろん、日傘や長袖の服を着用するなどして肌が紫外線のダメージを受けないように注意しましょう。
Iqxtjzzgtbxnaoptv59a
ボディスクラブはかかとやひじなど皮ふが厚い場所に使うことを想定に作られています。皮ふの薄い場所やデリケートな部分に使うことはおすすめしません。全身使えると表記されていても、ボディスクラブは自分が思っている以上に肌に強い刺激を与えます。
顔に使えるボディスクラブもありますがそのまま使うのではなく泡立てて使うなど肌に強い刺激を与えないように注意しましょう。逆に、顔に使えるような優しいテクスチャのものは、顔だけでなく身体に使用しても問題ありません。敏感肌の方や初めてボディスクラブを使用する方は顔にも使用できる柔らかいテクスチャのものを使用してみるのもいいかもしれません。
Mhxrybkud4zutkc3vvnu
ボディスクラブは正しい選び方で使用すれば「角質ケア」や「保湿」と肌をきれいにする手助けをしてくれます。しかし、誤った使い方をするとかえって肌にダメージを与えてしまいます。これが注意点です。使用頻度を守って正しくボディスクラブの選び方をして、使用しましょう。