T6wvowrc1oh2j0sgpxom

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ヒアルロン酸サプリの美肌効果って?飲む前に知っておきたいこと

2018.08.02

ヒアルロン酸は潤いとつやのある美肌には欠かせない要素といわれています。体内のヒアルロン酸を増やすために、ヒアルロン酸注射や、サプリメントなどアンチエイジングの分野でも注目されていておすすめです。そんなヒアルロン酸サプリの美肌効果やおすすめの摂取方法を紹介!

  1. ヒアルロン酸とは?サプリメントは何がある?
  2. サプリや食べ物に含まれるヒアルロン酸にはどんな役割があるの?
  3. 加齢によって失われていくヒアルロン酸
  4. ヒアルロン酸はどんなことに効果があるといわれているの?
  5. ヒアルロン酸はサプリだけでなく食べ物からも摂取できる?
  6. ヒアルロン酸のサプリメントは効果がない?
  7. サプリメントが直接お肌に届くわけではないけれど・・・。
  8. ヒアルロン酸サプリメントの効果的な摂取方法は?
  9. ヒアルロン酸サプリメントの選び方の方法
  10. ヒアルロン酸のサプリメントを飲む前に。
Duz6dkliax091t5vxr81
ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、目・皮膚・関節などに存在しています。ヒアルロン酸は1gで2Lから6Lの水分を蓄え、お肌のみずみずしさや、つやを保つ働きを担っています。そのため、化粧品やクリーム、サプリメント、ドリンク、栄養補助食品など様々な物に活用されています。プチ整形にも利用されヒアルロン酸注射など直接の皮下注射でアンチエイジングや美容クリニックの分野でも活用されており、美肌を目指すにはおすすめの方法です。
Mhp7ru37kdhxlfukkdsb
N91jr3qijp7vfgpu0kyx
人間の体の中でお肌、関節、目などに多く含まれているヒアルロン酸。お肌では1gで2~6リットルもの水分を含む保水力で、肌の乾燥を防ぎ、つややはりを保つおすすめの美肌効果があります。目においても乾燥を防ぐ大切な役割や方法を果たしています。水に溶けると粘性が高くなるので、膝などの関節ではスムーズな動きをサポートするクッションや潤滑剤のような効果があります。ヒアルロン酸自体が水溶性(水に溶ける性質)を持つので、化粧水やクリームなどでも「ヒアルロン酸配合」という表示を化粧品店やドラッグストアで見かけることも多いのではないでしょうか?
Ngyjogayxbzrvy5ho7dr
Durf4fjigep3faca1nz9
ヒアルロン酸は20代をピークに体内からどんどん減少していきます。特に40代を過ぎると急激な減少していくといわれています。なので美肌が失われる原因と言われています。 加齢により肌が乾燥しやすくなる、しわが増える、張りが失われる、関節の痛みが出てくる、目が乾くなどの症状の一因も、このヒアルロン酸の減少によって、引き起こされている症状です。40歳を過ぎたらお膚の乾きが気になる。急にしわが増えた。ほうれいせんが目立つようになってきた。顔のたるみが気になりだした、というのも加齢によるヒアルロン酸の減少が影響しています。
U7el05pugsrk7yopadpn
Z5bgljney9pjhmtvuvw8
ヒアルロン酸の持つ高い保水力は、お肌の水分を保ち、ハリとみずみずしさを保ち美肌のキープに効果があります。 しわやたるみの予防にも効果が高く、アンチエイジング分野においても注目のアイテムとなっています。 また、関節炎の予防や老眼の改善、更年期障害の緩和にも期待がされています。 ヒアルロン酸は目薬ではドライアイを防ぐ、加齢による目の渇きなどに効果が期待されています。化粧水にも配合され乾燥肌の改善によるくすみ、小じわ、たるみを目立たなくするような効果もあります。また、ヒアルロン酸を直接お肌に注入するヒアルロン酸注射もあります。注射はすぐに見た目に効果が表れる一方で、3か月程度で効果が薄れる、お肌自体を活性化する効果は少ないとされています。 関節炎などの治療の際は、直接ヒアルロン酸を注入することで、関節の潤滑油となり、痛みの軽減に効果があるとされています。
J98rhirhr5jspg9byx9u
Stm4qwy2dazgzwxaunaz
ヒアルロン酸は人間の体内と同じように、動物の体にも含まれています。 豚足や鳥のトサカ、手羽、軟骨、ふかひれ、鮭、ウナギなどに多く含まれています。 野菜でもヒアルロン酸を含んでいるものはあります。納豆や山芋、モズク、おくらといったねばねば系の食品に多く含まれています。 しかし、ヒアルロン酸を含んだ食品を食べたからといって、肌に直接届くわけではありません。 特に食品の中に含まれているヒアルロン酸は、分子が大きいのでそのまま体内に吸収されるということは少ないようです。 熱にも弱いため、加熱調理などでヒアルロン酸の効果が失われてしまう可能性があります。 また体内に入るとアミノ酸へと分解されてしまうので、体内での吸収率がそれほど高いわけではないようです。 もともとヒアルロン酸は体内で合成されるもの。ヒアルロン酸を含んだ食品も織り交ぜながらバランスの良い食事をすることが大切です。食事制限などによって、体内でのヒアルロン酸の合成量が少なくなってくると、お肌の乾燥やたるみが出てくるので、良質な食事も一緒に心がけていけるといいですね。
A1ocejvuohbsxadqpyhi
L7ogmy1efb9lgvz9o7pw
ではヒアルロン酸のサプリメントは効果があるのでしょうか? 食品と一緒で、分子が大きいものは体内に入るとアミノ酸に分解され、再合成されてお肌や間接など体内に届くことになります。吸収率を高めるために、サプリメントなどには低分子のヒアルロン酸が使用されいて効果が高くなるように改善されています。とはいえ、医学的にはヒアルロン酸の効果が実証されているわけではないようです。
サプリメントによる経口摂取でヒアルロン酸がそのまま肌に届くわけではないことに加えて、分子の大きさによってはあまり体内に吸収されない場合もあります。サプリを飲むことで肌のたるみや関節痛などが良くなったという報告も実際にはありますが、それがどなたにでも当てはまる効果とは言い切れない点は、あらかじめ念頭に置いたほうがよいでしょう。

専門医の方からも上記なようなコメントが出ていますので、この部分は頭に置いての利用をしていきましょう。
Tuzxrkbpk3zgyguzzx7k
U6ki9ijs6upiprlcxywo
ヒアルロン酸のサプリメントの100%がお肌に直接届くわけではありませんが、含有量や分子の大きさなどで吸収率が変わってきますので、選ぶときのポイントにしてみてください。 また、ヒアルロン酸のサプリメントを摂取するのと同時に、バランスの良い食事、乾燥を防ぐケアなども心がけていくのもおすすめです。 ヒアルロン酸自体も、お肌のみでなく、軟骨や目にも含まれているため、お肌への効果を実感するのにはそれなりの時間が必要です。特にヒアルロン酸の減少がみられる40代以降には、継続摂取方法がおすすめとなります。
Hn5clfkfeuut8hj84ahj
Aekb209xby3sqhr6m33l
ヒアルロン酸のサプリメントは、寝る前に取ることがおすすめです。食べ物を夜寝る前に食べると、体に吸収される・・・とダイエット時には睡眠前の食事を制限することもありますよね。睡眠時は日中と違って代謝がされないため、摂取された栄養分が吸収されやすくなっています。
V1roeprdpcqmee16vs7s
Xbfadxp5e3adjc2aojoc
ヒアルロン酸は、分子量が大きいと体内でアミノ酸に分解されることをお伝えしました。サプリメントを選ぶ際は、ヒアルロン酸の分子量が小さいものを選ぶのがおすすめです。すこし効果にはなりますが、吸収率が高い低分子のヒアルロン酸サプリメントを選ぶようにしましょう。ヒアルロン酸が確かな効果があるということは実証されていませんので、その部分も理解したうえでの摂取がひつようです。ヒアルロン酸に代わる美容サプリとして注目されている成分として、「プラセンエキス」もありますが、こちらは豚や馬などの動物の胎盤から抽出されているエキスのため、安全性を十分に確認したうえ、ヒアルロン酸と同様に低分子のものを選ぶことをお勧めします。
Nq48zrvu1mgiawhamfsw
Hixovcomcxwzbqdjjtg3
ヒアルロン酸のサプリメントの効果についてお伝えしてきましたが、サプリメントはあくまでも補助食品の一つ。日頃のお手入れや食生活の方法が大切なこともわかってきましたね。お肌の乾燥を防いで、水分が蒸発しないようにクリームをつけたり、たんぱく質が豊富に含まれている食品をバランスよく摂取すること、ストレスをためない、睡眠をしっかりとるなど、日常生活で心がけられる方法もプラスして行っていきましょう。 ヒアルロン酸も上手に活用して、いつまでもハリのある、つややかな美肌で過ごしたいですね。
Y4sleuhzutyrnnrcadle