Vmcxtky66wvqw9zxi6s5

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

夏の肌荒れは乾燥にあり!さっぱりタイプでも保湿力の高い化粧品一覧

2020.07.24

夏も肌荒れに悩む季節。そうはいっても年中肌荒れには悩むかもしれません。今回は夏に多い肌荒れの原因について考えていきます。そのうえで予防やアフターケアの方法を紹介します。そしてこれらのことから考えてオススメのアイテムやさっぱりタイプでも保湿力の高い化粧品も紹介!

  1. 夏の肌荒れについて
  2. 夏ならば汗に悩む!
  3. 夏の汗の対策ならばコレだ!
  4. 意外!夏は乾燥で肌が荒れる!
  5. 肌荒れや乾燥対策はコレだ!
  6. 夏ならばやっぱり!紫外線にご注意を!
  7. 紫外線対策はコレだ!
  8. 夏の肌荒れにオススメのアイテム!
  9. 肌のための自己管理!
  10. 自分に合う化粧品を使ってみよう!
Cpw3na8kbwtt7echia70
夏になると肌がかゆくなる、そして肌が荒れるようになります。確かに蚊などの虫の季節でもあるのでお肌がかゆくもなるかもしれませんが、実は蚊に刺されなくても気を付けていないとかゆくなります!夏の肌荒れ原因には「汗」、「肌の乾燥」、「紫外線」の大きく3要素があると言われています。そのためこれらの要素に気を付ければ肌荒れをかなり軽減できるはずなので対策を考えていこうと思います。
Fqjmdmqutlk4dc1dtdmj

汗が肌荒れを起こすしくみ

汗の本来のはたらきは体温調節をすることと、皮脂とともに肌を守る皮脂膜を形成することです。しかし汗は弱アルカリ性であるため、弱酸性の肌を中性に近づけていくため、過度に汗をかくと雑菌が繁殖しやすくなります。そして塩分も含んでいるためそれも雑菌が増える要因となります。

夏に肌荒れを起こす原因として皮脂膜が作れない!

Jzxb6h4jsuhllwexqx0a
また、汗を出す汗腺が詰まると正常に汗や皮脂が分泌されなくなるため、肌のバリアとなっている皮脂膜を形成することができなくなります。皮脂膜の役割はおおまかに菌の繁殖を防ぐ、水分の蒸発を防ぐ、多少の紫外線の防止などが挙げられます。皮脂膜が形成されないと肌荒れやかゆみの原因になります。
Mb8m2blt9xtcbwsabvdn

お気に入りのタオルを持っておこう!

夏場こそこまめにタオルで顔を拭く必要があります。できれば肌に優しい綿のタオルアイテムが良いでしょう!軽く抑える程度にしておきます。

夏に肌荒れする人は洗顔料は弱酸性!

弱アルカリ性に傾いている肌の性質を本来の弱酸性に戻すことが大事でしょう!だからこそ弱酸性の洗顔料を使ってください。石鹸などだと弱アルカリ性であるため、肌の健康にはあまり良くないみたいです。もともと夏場は肌が弱っていることもあるのでくれぐれもゴシゴシ強めにこすることは避けましょう!

代謝を上げよう!

Lgd8v73bl2nphx6i307f
日頃から代謝を上げて肌のターンオーバーを促進させることも大切です。そのためには適度な運動や半身浴などがオススメです。トウガラシなどに含まれているカプサイシンにも代謝を促進させる効果がありますので食べておくと良いでしょう。
Ks0gsw7vcxrypusawshl

発汗が止まったときに乾燥する

暑くて汗をかいた後はエアコンや扇風機で涼みたくなりますよね?実はこのときに肌が乾燥しやすくなります。肌の乾燥と言えば気温が低く、湿気の少ない冬場が多い印象ですが、夏場も気を付けていないと肌が乾燥します。

どうしても洗顔の回数が多くなる!

Kxfkdzubnz2k731bpyuq
乾燥のもう一つの原因は洗顔のし過ぎにあります。過度な洗顔は肌に必要な水分や皮脂なども奪っていくため、バリア機能が低下して乾燥しやすくなります。いずれの場合も夏という気候が肌の乾燥を招くというよりはエアコンや過度な洗顔など人的要因が多いようです。
B84hu17olt6ytrt712p1

肌荒れする人は化粧水を持ち歩こう!

I2qnu1jfbmp4foiswlhj
こまめな保湿が重要になります。100均などにも売っているようなスプレーボトルを持っておきましょう!そこに化粧水を入れて持ち歩き、涼む時間にひと吹きしましょう!ファンデーションの上から吹きかけられるものでさっぱりするものがオススメです!

夜の手入れは丁寧に!

Njc6qnmgibopyzqelcmn
洗顔料は肌を本来の弱酸性に戻すために同じ弱酸性のものを使いましょう。これで抗菌効果が得られます!こまめに洗顔するときには強くこすらないようにしましょう。洗顔料以外にもシャンプーなどで髪を洗うときにシャワーを浴びる際などは顎の下などにシャンプーが残りやすいので最後には洗い流すようにしましょう。そして洗顔後にはしっかり保湿をしましょう!
M6omei4y1ym6k49bairl

しみやそばかすをつくる!

紫外線を浴びると肌を守ろうとしてメラニン色素が活発に作られるようになります。メラニン色素には紫外線を吸収して肌を守る効果があります。日焼けはこのしくみによるものですが、過剰にメラニン色素がつくられるとしみやそばかすを形成してしまいます!

しわやたるみの原因にもなる

紫外線を浴び続けるとコラーゲンが破壊されます。コラーゲンは肌のハリや弾力を保つために必要なものです。それが失われるため、しわやたるみが形成されてしまいます。

肌荒れ・乾燥を招く!

紫外線による乾燥や免疫機能の低下によって肌が荒れてしまいます。通常の肌の老化とは異なり肌が固くごわごわしたものに変化してしまいます。特に現在は環境の変化もあり、一昔前よりも地表に到達する紫外線の量は増加傾向にあるようです。だからそれに合わせて紫外線対策を講じていく必要があるでしょう。
Mvzpc5jlvpaquyymvumw

日焼け止めは必須!

Abnuapicqadrjwaaejkq
なるべく肌にやさしいものを使うほうが良いでしょう。目安としてはSPF指数20ほどと言われています。肌が弱いかたの場合はオーガニック系の日焼け止めもオススメです!夏場は特にUVカットの効果のあるファンデーションを使っていきましょう!

鎮静効果のある化粧品

炎症が酷い場合にはアロマジュエルなど鎮静効果のある化粧品を使いましょう。そしてまずは熱を抜くことが大切です!化粧品を使う前にもタオルや専用のローションで熱抜きを行いましょう。

保湿が大事!

Cccuqrhyrphrt6b3hdry
紫外線で乾燥してしまった肌には刺激の少ないさっぱりした化粧水アイテムやクリームなどのアイテムを使ってしっかり保湿しましょう!もちろんアフターケアだけでは回復しきれなくなっていくと思いますので予防策を講じておいてください!
Iggmtx0zacxex9tllpal

保湿力が高くさっぱりしたタイプ!

Aqtvqtpevaire0cemlk2
定番は「米肌 肌潤シリーズです」!よくコーセーのCMをご覧になっている方もいるのではないでしょうか?保湿効果が高く、化粧品特有のべたつきが無いアイテムのことから好評のようです。特に夏場はべたつきが気になりますよね?だからこそさっぱりしたアイテムの使用感は嬉しいものです!
浸透力が高く角質の奥まで柔らかくすることに定評があるそうです!角質の奥まで柔らかくなるということは埋没毛やニキビなどの対策にもなります!下記リンクを掲載させていただきますので参考までにご覧ください!

しみやくすみなど紫外線ケアの心強い味方!

Drslcbeqqgr1f1og2wq1
しみやそばかす、くすみなどは紫外線によるダメージによるものです。これらに対する心強い味方として呼び声高いのはディセンシアです!独自の研究で敏感肌の原因や対策についても考察されていて、肌が弱りやすい夏にオススメな商品アイテムとなっています!
驚きなのが、妊娠や出産を経験した後でも透明感のある肌を得たという声があることです。通常は妊娠を経験したり、ピルを使用すると肌が黒ずみ透明感が失われていくものです。それを再生できるのは驚愕であり、女性の魅力を取り戻すことにもつながります!
リンクは下記の通りです。よろしければご覧ください!

紫外線カットならばこちら!

W97dfjtt86hvpvp3buqj
紫外線をカットすることでしみやしわ、乾燥を防ぎます。さらには夏に大敵のべたつきも抑えるさらさらなパウダーを使用しているため、使い心地もさっぱりしていることが定評です!
紫外線を浴びた後のアフターケアももちろん大切ですが、一番は紫外線のダメージから肌を守ることです!そして毛穴の開きを抑えてくれるため、さっぱりとした自然な綺麗な肌をキープしてくれ、皮脂の発生も抑制してくれるのでテカリ防止にもなるそうです!
客観的に見て評価の高いものを挙げさせていただきました。リンクはこちらです!

肌の健康に良い食事

Ijvcamtjczgih1mbhs0k
夏の定番であるスイカやトマトなど食べましょう!トマトの場合は完熟トマトのほうが栄養価が高いのでトマトジュースを飲んだ方が確実かもしれません。双方とも共通するところはリコピンが豊富なところです!
リコピンはβカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上も抗酸化作用があり、肌健康に欠かせません!具体的にはメラニンの生成を抑える、肌の潤い・保湿やハリをアップさせる効果などがあります!

しっかり睡眠をとる!

Glb3bdgj6qlmqcvz3wn9
ダメージ回復と新陳代謝を促すためには良い睡眠が不可欠です!ここで特に肌のための睡眠を心掛けるならば寝る前に冷やしトマトを食べてみると良いでしょう!酢のドレッシングを加えるのがオススメです!
実はトマトのGABAと酢の酢酸の相乗効果により成長ホルモンの分泌量が1.8倍にまで上がることがわかっています!このことによりダメージ回復と新陳代謝を促進させます!そして前述の通りトマトにはGABA以外にも肌健康に欠かせないリコピンも豊富であるため、肌健康の効用を更に高めてくれるでしょう!リコピンの吸収力を高めたいのであればオリーブオイルを加えるのもオススメです!

過度な洗顔はしない!

過度な洗顔をすると肌を傷つけることになります。もともと夏場は肌がダメージを負いやすいので普段よりもダメージが進行しやすいでしょう!そして肌を守る皮脂膜の形成を妨害することにもなります。
予防やアフターケアの方法を紹介しました!難敵は汗・乾燥・紫外線の大きく3つです!自分に合う化粧品をこの機会に選んでみませんか?最後までお読みいただきありがとうございました!