Gasna65wqjpjhcgrddvi

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

日焼け止めは化粧のどのタイミングで塗る?順番や正しいメイクのコツ

2020.07.24

化粧をする時の日焼け止めっていったいどのタイミングでつければいいの?そんな疑問を感じたことはありませんか?今回は、化粧をする際の正しい日焼け止めのタイミング、順番、化粧をしているときの日焼け止めの塗り直しのコツについて紹介していきます!

  1. 日焼け止めと化粧下地について
  2. 日焼け止めの役割
  3. 化粧下地の役割
  4. 化粧をする際の日焼け止めの順番/タイミング
  5. 化粧でヨレないメイクをするコツ!
  6. W機能の日焼け止めもOK?
  7. 化粧をしている時ってどうやって日焼け止めを塗り直す?
  8. 化粧中の日焼け止めの塗り直し方
  9. 日焼け止めで肌を乾燥させないコツ!
  10. 日焼け止めのタイミング・まとめ
Nnrsdzjsall1taijy4vr
化粧を行う際、日焼け止めと化粧下地を両方使うタイミングの人も多いと思いますが、どっちを先に塗るのが正しいの?と疑問に思ったことはありませんか?間違った順番で重ねていくと、それぞれの正しいコスメ機能が得られない場合もあります。そこで、日焼け止めと化粧下地についてそれぞれどのような機能、役割、目的で使うのかを確認し、正しい化粧の順番やコツを確認していきましょう。
Sjad4yd9fkjliu8dncks
日焼け止めを使用する際は、肌を紫外線から守るという目的があります。メインは肌の健康面を考慮したアイテムなので、肌を綺麗に見せたり、色をつけたりというのはあまりありません。日焼け止めは塗らずに化粧を行うという人もいますが、日焼け止めのUV効果は非常に大切です。肌に紫外線を吸収することによってすぐには変化が見えなくとも、長期的にメラニンなどを産生し、シミやソバカス、さらにくすみの原因になるのです。
Xulfrnm0rlh2pnpgkfip
さらに、紫外線の肌へのダメージは色素変化だけではなく、肌の乾燥などを引き起こしやすい環境を作ってしまうので、シワの形成を促進してしまうこともあるのです。また、肌の表面を乾燥させることにより、スキンケア成分を浸透させにくくし、どんどんと肌トラブルを引き起こし悪循環を招いてしまいます。
Aq2dzzxq2omukeyxginu
一方、化粧下地には、肌の色ムラを補正して滑らかな肌色に変えたり、肌とファンデーションの隙間を埋めることでファンデーションを浮きにくく、化粧崩れを防いでくれる役割もあります。また、下地の色によっては、肌に透明感を追加することで、透き通ったシルクのような肌を演出することもできます。
Ukpvbcgpwwpl5kqznoyl
皮脂や汗などを吸収してくれるものや、美容成分を含んだものも多くあるため、ファンデーションによる肌への負担を減らす役割を持つ化粧下地のアイテムもあるのです。
Ke8w7i56hwa9kfdoveev
さて、日焼け止めと化粧下地の役割が分かりましたが、ではこれらを肌に乗せる時の正しい順番のコツはどうなのでしょう?それぞれの目的を考慮すると、日焼け止めは肌に到達する前に紫外線のダメージをカットする必要があり、化粧下地は肌色補正などの他に、ファンデーションとの密着度を高めなくてはなりません。そのため、順番としては、日焼け止めを塗ったあとに化粧下地を重ねるのが正しい順番なのです。

化粧時のスキンケアからのメイクの順番

Zl40iqzyn1n7jbwewglt
つまり、洗顔が終わった後にはスキンケアを済ませ、しっかりと保湿を与えた肌に、日焼け止めを塗ります。そのあと、化粧下地を上から重ね、さらにファンデーションや粉を重ねるという順番となります。しかし、これだけ色々と肌に重ねてしまうと、厚塗り感や化粧のヨレなどが心配になりますね。そこで、日焼け止めも化粧下地もしっかり使いながらもヨレないメイクを行うコツをチェックしましょう。

とにかく保湿は大事にする

Ulartcz4hbvf2nfonpz3
化粧のヨレや化粧崩れなどは、肌の乾燥によって引き起こされる場合も多いです。これは、肌の表面にある角質細胞が水分を失うと、通常は滑らかな肌表面なのに逆立ったように凹凸を作ってしまいます。そのため、ファンデーションなどが綺麗に肌に馴染みにくく、短時間で化粧が崩れてしまうということが起きるのです。
C9dj0d940agjjknwdpqd
さらに、日焼け止めを使用する際は、中に含まれている「紫外線吸収剤」という成分が肌に負担を与えやすく、より乾燥を引き起こしてしまいます。そのため、毎日のスキンケアに加えて日焼け止めの前に行うスキンケアでは、より保湿を重視したケアを心がけましょう。

日焼け止めと化粧下地のそれぞれのアイテムを混ぜない

Tqffscfgesronlnaw6rm
スキンケアの後、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションという順番で重ねますが、化粧のヨレを抑えるために、それぞれのプロセスの間に5分程度余裕を持つことがおすすめです。例えば、日焼け止めを塗ったあとにすぐ化粧下地を塗ったり、化粧下地の後乾かないうちにファンデーションを重ねてしまうと、それぞれの成分が混ざり合ってしまいます。
Ksqma76mevmlgbk1hwhm
その結果、オイリーな肌に仕上がったり、上手く肌に馴染まないということが起こります。肌にそれぞれのアイテムがしっかり馴染まないと、上に何を重ねても肌から浮き上がってしまい、結果的に化粧が崩れる、メイクが落ちる、ヨレてしまうことに繋がるのです。そのため日焼け止め/5分置く/化粧下地/5分置く/ファンデーションといった順番で行うのがおすすめなのです。
Aosrnobegezeyfxdp7xo
化粧に慣れた女性でも、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションというプロセスが面倒くさいと感じることは多いと思います。そこで、最近では日焼け止めと化粧下地の効果を1回で実感できる、W機能のあるアイテムもたくさん販売されています。しかし、これって本当に両方の効果が得られているのが疑問に思ったことはありませんか?
Mr0nvw49axpzolx9nrbz
まず、顔に塗る日焼け止めですが、通常500円玉大の大きさが1回の目安量と考えられており、この量をしっかり肌に塗らないと表示されているUVカット機能は期待ができないと言われています。一方の化粧下地では、薄く伸ばして使用するため、1回の目安量はパール1粒分ほどの大きさで良いのです。
Gr2iblhxshcymdjdwao9
つまり、日焼け止めの機能が含まれている化粧下地については、通常の下地と同じように使っていてはUV効果は得られないということなのです。そのため、時短メイクなどで日焼け止めと化粧下地を一気に重ねたいという人には、化粧下地効果の含まれた「日焼け止め」を使用することがおすすめです。
Kkkwuw6zdtrwqrjcoshw
化粧において日焼け止めや化粧下地の塗り方が分かりましたが、日焼け止めって数時間置きに塗り直さなければ効果がない、と聞いたことはありませんか?しかし、日焼け止めの上から化粧下地、ファンデーション、さらにポイントメイクまで重ねている場合、どのように塗り直しをしたらいいのでしょうか?
Wnuw1yunzkukbi3aw1cd
日中の顔の日焼け止めを塗り直すおすすめの方法は、乳液とコットンを用意します。特にパウダータイプのファンデーションなどを付けている場合は、上から日焼け止めを塗り直すのは非常に困難ですので、乳液を含んだコットンでファンデーションを落とします。この際、アイメイクなどの部分は落とさずに、頬、額、口元などのベースメイクを中心に落とすようにします。
乳液にはオイル成分が含まれているのでファンデーション程度であれば落とすことができますし、保湿効果も高いので、日焼け止めを塗り直すにあたって、再度肌に保湿を与えることもできます。ファンデーションを落とし終わったら、日焼け止め、下地、ファンデーションと再度重ねていきましょう。特に朝の10時から午後3時の間に紫外線にあたることの多い女性は、日焼け止めの塗り直しをおすすめします。
Hqolw2962etacxagrwxb
日焼け止めを使うと肌が乾燥するという人も多いと思いますが、そんな悩みを少しでも解消するために、まずはベースのスキンケアでしっかり保湿にこだわったケアを行いましょう。肌自体に潤いが足りていない場合は、いくら保湿成分を含んだ日焼け止めを使用しても乾燥してしまいます。また、肌に特にダメージを与えやすい「紫外線吸収剤」不使用の日焼け止めを使用することもおすすめです。
G6feaivgb9bokxz7h21z
化粧の際に迷ってしまう日焼け止めのタイミング、今回は日焼け止めを正しいタイミングで塗り、さらに化粧をヨレにくくするコツや、日焼け止めの塗り直しの方法についても紹介しました。塗り直しは面倒そうに思いがちですが、慣れることで10分程度でできるようになるので、肌の健康をしっかり維持するためにも意識的に行うようにしましょう。