Zmxk1nfkso2nt6f2jc1q

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

いちご鼻が治らない原因とは?正しい洗顔と保湿で小鼻の毛穴を引き締める

2018.01.15

皆さんいちご鼻って治らないものって思っていませんか?実は日頃の正しいスキンケアでいちご鼻は治るんです!そこで今回はいちご鼻が治らない原因と、正しい洗顔と保湿ケアで小鼻の毛穴を引き締める方法をご紹介していきたいと思います!

  1. いちご鼻は治らないの?
  2. 時間がたったいちご鼻は治らないの?
  3. インナードライ肌
  4. ターンオーバーを改善するには
  5. いちご鼻が治らないと思う方必見!正しい洗顔方法
  6. いちご鼻が治らないと思う方必見!正しい保湿ケア方法
  7. 正しい洗顔と保湿ケアで黒ずみ解消
Yswiridnht8olsehebzm
いちご鼻が「毎日ケアしているのに治らない」と思った方もいることと思います。なぜいちご鼻が治らないのでしょうか。毎日ケアをしていても、まずいちご鼻の原因を知って理解していないと、治すことはできません。また正しい洗顔や正しい保湿の仕方をしているでしょうか。いちご鼻を改善していくにあたって、この2つは欠かせないこととなっています。そこでまずは、いちご鼻の原因から知って、理解していただきたいと思います。

いちご鼻の原因

Ejdomkzigphthyyv6aoh
いちご鼻とは、鼻の頭や小鼻に黒いブツブツしたでこぼこができてしまう状態の黒ずみのことををいちご鼻と呼びます。いちご鼻の原因は、角栓が酸化して黒く変色することで、黒くブツブツして見えるのです。角栓とは、皮脂や肌の汚れ、古い角質がたまって毛穴に詰まったものになります。この角栓ができる理由として、大きく3つに分けられます。
まず1つ目は過剰な皮脂が分泌されることでできるとされています。毛穴は皮脂を分泌することで乾燥から守ったり、ホコリなどから肌を守ったりする働きがあるといわれています。しかし、肌のターンオーバーの乱れや過剰なスキンケアなどで皮脂が過剰に分泌されてしまうと、毛穴に脂が詰まってしまいます。この過剰な皮脂の分泌量がいちご鼻になる原因のひとつともされています。
2つ目は肌のターンオーバーが乱れることによってできるともいわれています。通常、肌のターンオーバーは、古い角質が剥がれ落ち新しい角質が押し出されて、肌の表面の状態を整える働きがあります。しかし、そのターンオーバーが乱れてしまうと、古くなった角質が剥がれ落ち無くなってしまうのです。古い角質が剥がれ落ちることがなくなってしまうと、皮脂と混ざってしまい毛穴の詰まりの原因となってしまうのです。
3つ目は毛穴の広がりによるものだと言われています。乾燥肌や肌の保湿が十分にできていないと、肌が潤いが足りていないと感じ、皮脂を分泌しようとしてしまいます。このことで乾燥を和らげるために、皮脂が分泌され、この繰り返しが続くと毛穴が広がってしまうのです。毛穴が広がると、皮脂や汚れが詰まりやすくなり、いちご鼻になる原因となってしまうのです。また年をとるにつれて、肌の弾力が低下してしまいます。弾力が低下してしまうと、毛穴の形が変形して広がってしまう場合もあります。この場合も、皮脂や汚れが詰まりやすくなり、角栓ができてしまうのです。
Lvmsdxfiulstp2wzby8o
一部の人の中では、いちご鼻は治らないと言われています。ではなぜ治らないと言われているのでしょうか。そのことについて調査をしてみました。治らないと言われている原因は、逆効果のスキンケアをしている方が多いようです。確かに、いちご鼻を治すために洗浄力が強い化粧品や洗顔料を使っている方も多いのではないでしょうか。一見、いちご鼻に効果的のように見えますが、実は逆効果だったのです。
また時間がたったいちご鼻も治しにくいといわれています。時間がたったいちご鼻を改善するためには、毛穴から角栓をゆっくり取り除くことが必要になってくるようです。角栓を取り除かないまま時間がたってしまうと、毛穴が開いたままになってしまい、ターンオーバーが正常に戻ったとしても開いた毛穴は引き締めにくいのです。そのため、時間が経ったいちご鼻は時間をかけながら治していく必要があります。
一番いい方法としては、ターンオーバーが正常に戻りながら、角栓を落としていくのが理想になります。ターンオーバーが正常に戻っていないのに、角栓を落としたところで、毛穴にまた汚れが溜まってしまいます。特に女性の場合は、メイクが欠かせないですよね。ファンデーションなどが毛穴に溜まっていき、肌の汚れとなり、また角栓ができてしまうのです。そのため、急いで角栓を落としたところで、ターンオーバーが正常に戻っていないと、また振り出しに戻ってしまうのです。なので、角栓は徐々に落としていきましょうね。
Npmuub3syyupa9gtvpbs
自分の肌質は「オイリー肌」と思っている方もいるのではないでしょうか。実は「オイリー肌」のという人の中でも「インナードライ肌」の可能性がある方は多くいたんです。一見見た目ではわかりませんが、「オイリー肌」と「インナードライ肌」は全く別物だったんです。では「インナードライ肌」とはどんなものなのか、解説していきたいと思います。
インナードライ肌は、肌内部の水分が不足している状態のことをいいます。水分が不足している肌は、外部からの刺激に弱くなっており、肌のバリア機能が失われているいる可能性が高い場合があります。そのため、これを補うために、皮脂線からは肌が潤っていないと感じ、皮脂を過剰に分泌しようとします。これがインナードライ肌の特徴で、皮脂で肌がギトギトになる原因なのです。インナードライ肌は、「乾燥性脂性肌」とも言われています。
このインナードライ肌を改善するためには、浸透力の高い化粧水を使用することで、しっかりと肌内部まで水分を届けることが必要になってきます。肌の水分保持機能を高めて、しっかりと潤いを保つことが、皮脂量を正常に整えるのに重要になってきます。皮脂量を正常に整えることで毛穴を閉じやすくすることができるのです。
Dbkdpwyv3dxcv34bkxjq
ターンオーバーを改善するには、保湿、睡眠、非刺激、の3つが重要になってくるようです。保湿をすることで角質層の細胞間脂質にハリを戻します。そして良質な睡眠をとることで成長ホルモンの分泌を促しターンオーバーの正常化を促します。また、過剰に肌を触らないことで、肌は必要以上の刺激を感じることがなくなり、角質層も正常の厚さを維持していくことができるのです。
Oufidclxfqu7dkap0zz9
ではここで、いちご鼻の黒ずみを改善するために、正しい洗顔方法をご紹介していきます。洗顔をする前に、蒸したタオルなどで毛穴を開いていると、より毛穴の汚れが落としやすくなりますのでおすすめします。

清潔な手を

洗顔料をよく泡立てるために、まずは手についた雑菌や汚れを洗い落としましょう。ここで手を清潔にしていないと、手についている汚れや雑菌が顔についてしまいますので、しっかりと手を洗いましょう。

たっぷりの泡を

New9rk8qlaif19dilrvt
次に、洗顔料を細かい泡を作るように良く泡だてましょう。泡だてネットを使うとすぐに泡立てることができます。ここでしっかりと泡立てていないと、肌に刺激を与えてしまいます。肌に刺激を与えないためにも、しっかりとたっぷりの泡をつくりましょう。

優しく洗う

たっぷりの泡を顔にのせて、まずはT ゾーンや顎などの皮脂が多い部分から洗いましょう。この時に、肌に指が触れないくらいの泡がひつようです。優しく泡を転がすように洗うのがポイントです。

ぬるま湯でしっかりと落とす

ぬるま湯で泡をしっかりと落としましょう。洗顔料がここで残っていると、肌の汚れの原因になってしまいますので、しっかりと落としましょう。最後に冷たい水ですすぐのもポイントです。冷たい水ですすぐことによって、開いていた毛穴を引き締めることができます。そのため、最後は冷たい水ですすぎましょう。

優しく拭き取る

Oey1e4kex4a0xb9dnls8
最後はタオルで優しく拭き取りましょう。ポンポンと叩くように拭き取ると、より肌に優しく拭き取ることができます。ここでやってはいけない拭き方は、ゴシゴシと刺激を与えるような拭き方は絶対にやめましょう。
Muajj1rkt4zgzx1mo3cw
上記でも触れましたが、肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を促してしまい、いちご鼻が治らない原因となってしまいます。いちご鼻を改善するためにも正しい保湿ケア方法をしっかりと理解する必要があります。インナードライ肌の方ほど、保湿ケアは必要不可欠です。では、いちご鼻に効果的な保湿化粧品とは一体どのようなものを言うのでしょうか。
保湿に使う主な基礎化粧品は知っている方も多いと思いますが、化粧水、乳液、美容液、クリームの4つです。全て使って保湿ケアをしていかなければならない、と思っている方も多いと思いますが、実はこの4つを全て使う必要は無いのです。スキンケアはより多くの化粧品を使う方が良いと思う方がほとんどだと思います。しかし、逆に化粧品の使いすぎは、お肌を甘やかせてしまい、本来持っている自然な保湿力や再生能力を衰えてしまう可能性があるからです。
インナードライ肌の方は水分を補うことが必要になりますので、化粧水を使って保湿ケアをしてあげることがいちご鼻を改善するためにもいいとされています。無香料や無着色のものを使うことがポイントです。香料や着色料は添加物であり、肌にとっては刺激があるため、おすすめはできません。また、アルコールが入っているものも少なくとも肌に刺激がありますので、アルコールフリーのものがおすすめといえます。
Zi6aowataizav9rjqdkx
いちご鼻の悩みでもある、鼻の黒ずみを解消するには、日頃から正しい洗顔と保湿ケアで黒ずみ解消していく必要があります。角栓が酸化することで黒くなり、黒ずみとなっていますので、上記でも触れたようにターンオーバーとともに角栓を改善していく必要があります。鼻の黒ずみはメイクでも隠しにくいですよね。そのため、一刻でも早く黒ずみを解消したいところです。ですが、角栓を取り除いたところで、毛穴を引き締めなければ、黒ずみはいくつでもできてしまいますので、徐々に改善していきたいところですね。
ぜひこの機会いちご鼻で悩んでいる方には、綺麗な小鼻を目指して、いちご鼻解消していただきたいですね。