F2nugjutjds06wdy2ppp

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

アロマと精油の違いってあるの?オイル生活を始める前に知っておきたいこと

2018.10.13

話題のアロマ、どのような用途で使っていますか?香りを楽むだけじゃないアロマは、実は奥が深いのです!普段、一言で「アロマ」と言われるアイテムについてあまり知られていないこと、意外な事実などを紹介します。アロマオイルを始める前にアロマについて詳しくなりましょう!

  1. アロマオイルとは?
  2. アロマオイルの種類
  3. アロマと精油の違い(成分)
  4. アロマと精油の違い(用途)
  5. アロマと精油の違い(値段)
  6. アロマ初心者が知っておきたいこと!
  7. 必ず薄めよう!
  8. え?アロマオイルに毒性?光毒性に注意!
  9. 子供にはアロマオイルは注意する!
  10. 定期的にアロマオイルを交換しよう!
  11. アロマオイル生活の前に知っておくこと・まとめ
「アロマオイル」。最近非常に人気が高まっているグッズで、主に植物や花など自然をメインとした香りを楽しむことができ、それによって心身のリラックス効果、不眠解消効果、さらには頭痛緩和、生理痛の緩和など種類によって非常に多くの効果が実感できます。
さらに、アロマオイルは香りを楽しむだけではなく、お風呂に入れるアロマオイルで肌への効果を期待したり、アロマシャンプーによって髪の健康を維持したりと多くの役割があります。種類も用途もたくさんあるアロマオイルですが、皆さんは「アロマオイル」にも分類があるって知っていましたか?今回は実は知らない人が多いアロマオイルについて紹介していきますよ!
Sfjhoec5ac2dm4nwhhyb
Lqivlfudqxum4lu5bt5n
さて、通常ひと言で「アロマオイル」と言われるものには実は成分によって種類があるのです。アロマオイルの中にはエッセンシャルオイルというものが含まれており、厳密に言うとエッセアンシャルオイルはアロマオイルとは線が惹かれるものなのです。

エッセンシャルオイル

Gkp0qyyahjnentizhf7d
エッセンシャルオイルは、一言で言うと100%完全に天然成分で出来ているオイルを指します。つまり成分を確認した時に、全く化学物質や人口合成物質などが含まれていないものです。
実はアロマオイルユーザーの中にはアロマオイルとエッセンシャルオイルは同じものだと認識してしまっている人が少なくありません。オイル瓶を確認し、エッセンシャルオイル、または100% Naturalなどと書かれているものは天然成分のみで作られたものだと思って大丈夫でしょう。

アロマオイル

エッセンシャルオイルが分かれば、アロマオイルはもう簡単ですね。アロマオイルは、成分に化学的に合成された物質や、香り成分などが配合されているものを指します。次回から「アロマオイル」を購入する際には成分表記、配合成分の表記などを確認してみましょうね!実はエッセンシャルオイルとアロマオイルの違いは成分だけではありません。
Akbdxijrjifibwqktmha
エッセンシャルオイルとアロマオイルは、成分の配合の違いによってオススメの用途にも違いが出てきます。エッセンシャルオイルだから、またはアロマオイルだからこの用途しかダメだ、というのはありませんが、より効果を実感してもらえるようにぜひおすすめの用途に合ったオイルを使うようにしてみましょう。

エッセンシャルオイルの用途

Zz0asvryhjuago28mulg
エッセンシャルオイルは、アロマとして香りを楽しむことはもちろん、アロマバスに使ってみたりアロママッサージとして使用することもできます。エッセンシャルオイルは、全て天然の植物や花などから抽出された成分なので、香りや成分の違いによっても期待できる効果が変わってきます。そのため、ユーザーさんの中にはその日の気分、その日の体調によってアロマを使い分けることもあるようですね。
Gixbgb8rrjnebs4p8ykb
非常に用途の多いエッセンシャルオイルですが、重要なことは、肌に直接つけたりしない!ということです。原液のまま肌に塗布したりすることで、肌荒れの原因になったり、トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。お持ちのオイルがエッセンシャルオイルの場合は、しっかり使い方や注意点を理解した上で楽しむようにしましょう!

アロマオイルの用途

Xnqgkdkf5bgtjuvhvzrk
アロマオイルは、基本的には香りによってリラックス効果を得たり、安眠効果に期待したりする用途がメインです。もちろん、アロマバスとして使用したりもできますが、香り以外の効果も求めるケースにおいては、アロマオイルよりエッセンシャルオイルを使用したほうが良いでしょう。
Avjhjetftajxnxtgt6wr
エッセンシャルオイルとアロマオイルにはお値段にも違いがあります。アロマオイルと一言に言われているけど、安いものでは100円単位のものから、上は万単位のものも。果たして値段の違いはどのように決まっているのでしょう?

エッセンシャルオイル

既に説明した通り、エッセンシャルオイルは天然の植物などから抽出されたものなので、アロマオイルと比較するとお値段が張るものが多いです。しかしエッセンシャルオイルの中でも比較的購入しやすいものもあれば、なかなか手の出せないお値段のものまで様々です。これらの値段の違いは、エッセンシャルオイルが何の植物、または花から抽出されているかがポイントになります。
例えば、もともと数の少ない植物から抽出されたエッセンシャルオイルは当然お値段も高くなります。さらに、たくさん数はあるけれど、抽出したときに成分が少ししか取れないというものもお値段が上がってしまうのですね。

アロマオイル

一方アロマオイルでは、人工的に合成された成分を配合していたりと天然成分に頼らなくてもいいため、比較的お値段は低めに設定されていることが多いです。最近、100均などでもアロマオイルとして親しみやすくなっていますが、このようなオイルは100%天然成分ではないアロマオイルであることがほとんどです。
Egwqf3wmxj6cyxrb8wm4
大体のアロマオイルの種類については分かっていただけたでしょうか?では、ここからはこれからアロマオイルを使ってみたい、アロマオイルについてもっと知りたいという人にぜひ知ってほしいことを紹介します!
Whkff0cjs01exttlxqdb
既にエッセンシャルオイルの項でお話しましたが、アロマオイル、特にエッセンシャルオイルは必ず薄めて使うようにしましょうね。何と一緒に薄めるかですが、オススメはホホバオイルやアーモンドオイル、ジェルなども良いでしょう。また、肌が敏感な人はアレルギーを起こす可能性もありますので、使用する前にはパッチテストを行うことをオススメします。
Ftohwmu9qfdpjuk2i0ni
アロマオイルには種類によって光毒性があるのを知っていますか?光毒性とは、肌にアロマオイルを使用したところが日光の光に当たることでシミになってしまったり炎症を起こしてしまう現象です。全てのアロマオイルというわけではありませんが、ベルガモットは注意したほうがいいようです。自分のアロマオイルもしっかり調べ、光毒性のある場合は、夜間に使用するなどタイミングにも配慮する必要があります。
Rzl5z5v0w8zillgh9jn1
リラックス効果があるから子供にもいいんじゃないの?と思われがちですが、特に3歳未満の子供は器官も未発達で肌も弱いことが多いです。直接肌に触れなくとも、アロマオイルのアロマ成分が強く反応してしまう可能性もあります。小さな子供のいる家庭では、使う場面を分けたりすると良さそうですね。
Cuo4c1kolvtm4sa2lb0x
アロマオイルは人によってお気に入りの香りや種類が決まってくると思いますが、できるだけ1週間から2週間単位で交換するようにしましょう。お気に入りのものはいつも使いたいと思う人もいると思いますが、長期的に使い続けることによって、慣れが出てしまったりアレルギーの原因になるケースもあるようです。
今回は、アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いから、アロマオイルを始める前にぜひ知っておきたいことを紹介しました。アロマ効果以外でも使用したい場合には、エッセンシャルオイルを選択し、また、アロマオイルを日常的に使う場合は、定期的に交換する、子供のる空間では注意する、肌に直接は使用しないなどの注意点もしっかり抑えて毎日の生活をアロマで楽しく過ごしましょう!