Odnkazizjtnig3n7o1wo

プレゼント

CATEGORY | プレゼント

匂い袋「サシェ」が可愛くていい香り♡誰でも作れる簡単レシピご紹介

2019.04.02

最近流行りの匂い袋、サシェをより自分好みの香りで楽しめたら嬉しくないでしょうか?実は作り方はとっても簡単なんです。普段お使いの香水やお気に入りの香りを、自分好みの可愛い匂い袋にして持ち歩けたら嬉しいですね。今回はとっても簡単なサシェの作り方をご紹介します。

  1. サシェって何?
  2. 香りが良いだけじゃない!匂い袋の嬉しい効果
  3. サシェの使い方
  4. 作り方のポイントは匂い袋の中身
  5. 匂い袋の作り方〜巾着型〜
  6. 匂い袋の作り方〜紙袋で〜
  7. 簡単匂い袋の作り方〜テトラ型〜
  8. オシャレで可愛い匂い袋のアイディア
  9. 香りの効果や効能
  10. お気に入りの香りに包まれた幸せな毎日を送りましょう。
Pkzqjwjguzwsh6o2wvja
サシェとはフランス語で香料や乾燥させたハーブ等を詰めた小袋の事で、サシェの文化は日本でも匂い袋や香り袋と呼ばれ昔から親しまれてきました。車の芳香剤等や観光地でのお土産として見かけたことのある人も多いと思いますが、ここ最近の香りブームによって改めて匂い袋が注目されるようになってきました。日本の匂い袋というと巾着型の物を思い浮かべる方も多いと思いますが、袋型や三角のテトラ型と呼ばれるものを始め、オシャレで可愛いデザインの匂い袋もたくさんあります。
サシェの良いところは香りが良いだけではありません。防虫効果のある香り、消臭効果のある香り、リラックス効果のある香りとハーブの特徴を上手に使う事でとても良い働きをしてくれるのです。

クローゼットに吊るして衣類をお気に入りの香りに

クローゼット内に防虫効果のある香りのサシェを吊るしておけば衣類の虫食いを予防できます。独特のにおいが印象的な防虫剤がサシェで代用できたら嬉しいですよね。また、香水を直接衣類や肌に付けるのはダメージが心配…なんて方でも香水のように香り付けを楽しめます。香り付けをする柔軟剤もブームですが柔軟剤よりも自然なほのかに香る香りが好みの方はオススメです。

枕元に置いてリラックスした睡眠を

Folmnavhtopowllkh1nr
ベルガモットやラベンダー等ハーブの香りはリラックス効果のある香りとして有名ですね。疲労回復やイライラをしずめて気持ちを落ち着かせてくれる等その効果はお墨付きです。もちろん自分自身がリラックスできると思うお好きな香りでも大丈夫です。厚みのない匂い袋にして枕元にしのばせておけばリラックスして快適な睡眠時間を送れそうですね。

おしゃれな匂い袋でインテリアにも

見た目がオシャレで可愛らしいサシェは飾っておいても素敵なインテリアになります。ペパーミントやラベンダーの香りには消臭効果もあります。玄関先等に飾って消臭剤代わりに最適です。入った瞬間サシェがふんわり香る玄関は素敵ですね。
お気に入りのサシェにするにはやはりお気に入りの香りはとても重要です。基本的にはお好きな香りであれば何でも大丈夫ですが、特に簡単で手軽に用意することのできるオススメの中身を以下にご紹介します。

石鹸を使った作り方

まずは石鹸です。貰い物でもよくある石鹸ですが固形石鹸は使わなくて余っている、使っていたけれど小さくなって来て使いにくくなってきた、なんて石鹸はありませんか?余った石鹸がある方はサシェの中身に詰めてしまいましょう。石鹸の香り同士はぶつかりにくいので小さくなった石鹸がいくつもある方は混ぜて入れても大丈夫です。石鹸なので主張が強すぎないふんわりとほのかに香る匂い袋になります。

香水を使った作り方

お気に入りの香りの香水をコットンに数的プッシュして入れると愛用の香水とお揃いの香りでサシェが楽しめます。また、気に入っていたけれど少し古くなって直接付けるのはちょっと…なんて香水はお持ちではありませんか?サシェの中身にしてしまえばまだまだ十分楽しめます。コットンが1番手軽に用意できます。5プッシュ程で十分です。強い香りが好みの方はお好みで結構ですがコットンを使うと水分量が多く染みてくる可能性があります。ウッドチップ等を使うと良いでしょう。

アロマオイルを使った作り方

アロマオイルも香水と同様にコットンウッドチップに染み込ませて使います。アロマオイルは香水よりも多めに染み込ませましょう。アロマオイルは色のついたものも多く液が染み込みやすいのでコットンをティーバッグに包んで入れると良いでしょう。また、アロマオイルは本来混ぜて調合しながら香りを楽しむものでもあります。複数の香りを混ぜてオリジナルのサシェを作ってみてはいかがでしょうか。

ドライフルーツを使った作り方

本来のサシェはハーブやドライフラワーの他にも乾燥させた柑橘系フルーツの皮等を使用することもあります。自然成分の香りを使う事が多くありました。輪切りにしたレモンやキウイ等を使い中身の見えるサシェにするとポップで可愛いですね。
乾燥させたフルーツでは香りが物足りなくなってしまいます。香りを付けた同系色のドライフラワーや香りビーズ等を一緒に入れると良いでしょう。
お好きなサイズで長方形の布を用意します。裏返しにして表側を折り合わせるようにして半分に折り、底と側面になる部分2箇所を縫い合わせます。面倒な方や縫い物が苦手な方はグルーガンや裁縫用ボンドでくっつけても大丈夫です。どちらも100円ショップで購入する事ができます。
縫い合わせたら裏返してお好きな香りの元を入れ、口をリボンで結んだら出来上がりです。リボンの素材によってほどけやすい場合はホチキスで止めたり一度輪ゴムで縛る等した上から見えないようにリボンを結ぶと良いでしょう。
可愛い紙袋やお気に入りのショップの袋、余ったポチ袋も匂い袋にぴったりです。中身を入れたらのり等で封を閉じて穴を開けお好みのリボンを通すだけの簡単匂い袋です。最近ではオシャレで可愛い柄の折り紙もたくさん売っているので折り紙を使ってオリジナルの紙袋を作るのも素敵ですね。
長方形の布とリネンテープを用意します。布は縦:横のサイズが1:2で用意すると作りやすいです。リネンテープはリボンテープ、布テープ何でもOKです。吊るして使う場所や用途に合わせて長さは調整してください。
記事を中表にして両端を縫い合わせます。縫い代として5ミリ位内側を縫い、縫い代を割ってアイロンをかけます。
縫い代を中心にし、三角サシェの底になる部分を縫ってください。
内側に折り返しお好みの香りを入れて5ミリ程縫い代を折込みながら三角の形になるように対にして縫い合わせたら最後にリボンをつけて完成です。 分かりやすく紹介されてる方もいらっしゃるので参考にしてみてください。
小さなクッション型に香りを詰めてチャームを付けたらとっても可愛いストラップに。香りも一緒にユラユラと揺れて素敵なアイデアです。
手作りのマスコットを匂い袋にしたサシェです。難易度は高そうですが贈り物にも良さそうですね。
中身の見えるオーガンジー素材の匂い袋には中身の見た目にもこだわりたいですね。ハーブやドライフラワーの芳香剤は100円ショップや雑貨屋でも購入出来るので中身だけ入れ替えて作るのが1番簡単ですが色や花の種類にまでこだわって中身を揃えてみてはいかがでしょうか?香水やアロマオイルを使ってお気に入りの香りに香り付けしたドライフラワーを入れて作ったサシェは特別な一点になりますね。
こちらはアロマオイルに関する記事やそれぞれの香りの特徴、効果効能をまとめた記事です。サシェの香り付けにも是非参考にしてみてください。きっとぴったりのアロマオイルが見つかりますよ。
Kyza0ztx1r2gxmwotkt8
簡単なサシェの作り方をご紹介しました。ちょっとした贈り物やプチギフトにも最適ですね。良い香りのする女性は素敵なイメージを持ちますよね。お気に入りの1点を作って好きな香りに包まれた生活を始めましょう。
B4ktnyoiygee5sos7pkn

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪