Zhexldosa7aame9bd7nx

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

全身脱毛がしたい!医療VSサロンそれぞれのメリットとデメリット

2019.04.08

全身脱毛するにあたって、医療用の施術か、専用サロンを利用するか迷っている方は多いはず。今回は医療とサロンそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。全身脱毛は費用も高額なので簡単には決められないですが、どちらが自分に合っているか整理してみましょう。

  1. 全身脱毛には医療脱毛と脱毛サロン、どちらがオススメ?
  2. 全身脱毛する前に知っておきたい医療脱毛とサロン脱毛の照射形態の違い
  3. 全身脱毛に使われる、医療レーザー脱毛とは
  4. サロンでの全身脱毛は、光脱毛
  5. 医療レーザー脱毛より、光脱毛の方が照射力が低い
  6. 光脱毛は通う回数が多い
  7. 医療レーザー脱毛の方が痛い
  8. 痛い場合、クリニックでは麻酔を使用する場合も
  9. 医療脱毛はサロン脱毛より料金が高い
  10. 医療と美容との違いがある
  11. 医療脱毛は狭い部位、デリケートな部位も脱毛できる
  12. 医療VSサロン全身脱毛まとめ
Vtbo1gyt06zrzkmjdwxl

全身脱毛における医療脱毛、サロン脱毛、どちらにもメリット・デメリットがあります

全身脱毛に医療系を選ぶかサロン系を選ぶかを決めるのは非常に難しいですよね。高額の処置なのでなかなか決められない方は多いと思います。この2つの違いを大体で分けると、医療脱毛は「効果が高く費用も高い」、サロン脱毛は「効果は劣るが費用は安い」になります。
Vh3wcvnztopgfdmmhyke
医療脱毛はその名の通り、治療にあたる「医療行為」なので、強力なレーザーを使った処置が可能にあっています。しかしサロン脱毛では、レーザー治療ほどの強力な照射ができないので、それよりは弱い照射の処置になります。ですので、効果に差が出るのは当然の事。代わりに、医療脱毛は金額が高めですし、サロン脱毛はお店のプランによっては、医療脱毛よりはるかに安価で済むサービスを提供している場合があります。
Ascxcy5uwotwuztxri4j
どちらをとるかは、お金を取るか効果を取るかという所になりますが、もう少し詳しく、両者の違いを説明していきます。
K3nh4alwtay2haiabpth
Asjqzzq3ymq6pcn1xsjb
医療脱毛もサロン脱毛も、「レーザー脱毛」と思われている方は多いと思います。しかし、「レーザー脱毛」を行えるのは医療脱毛のみで、サロン脱毛では行なえません。サロン脱毛では「光脱毛」という形態で処置を行っています。
Xjucezjylmbxy2uhpvzg
Ztijm1bln6r80nn8zghm
医療用のレーザー脱毛とは、医療用のレーザー脱毛器を用いて行う脱毛の事です。立派な医療行為にあたりますので、処置を行うのも当然医師免許を持っている医者のみです。医師免許を持っていない者の処置は医師法によって禁止されていますので、医療レーザー脱毛が行えるのは医師のいるクリニックのみなのです。

全身脱毛は保険適用外

Jtcvzzf0dd87uxsazrsq
医療行為ではありますが、全身脱毛は病気・怪我の治療ではありませんので、健康保険は使えません。全て自費での診療です。
Cksinnsk9twirkafhetn
医師の居ないサロンでは、レーザー脱毛は行えませんので、一般的には「光脱毛」という、専用の脱毛器を使用した美容ライト脱毛になります。
次からは、医療レーザー脱毛と光脱毛の違いをまとめてみました。
Xy5wufvkt1m8urmo5hwr
医療用レーザー脱毛では、毛を再生させる「毛乳頭」を強力なレーザー照射で破壊していくという処置をしています。そのため、完全に破壊する「永久脱毛」が可能となっています。
しかし、医師のいないサロンでは、毛乳頭を完全に破壊する処置は禁止されています。なので、完全に壊す事はしない、光脱毛での処置を行っています。
Rpotrefmwuxhbebdoihh
医療用レーザーは、一定の波長で、一方向に真っ直ぐ進む光なのでピンポイントな照射になります。
光脱毛は「フラッシュライト」という光になり、断続的な波長で、自然光のようにばらばらの方向に進む光なので、レーザーのように一点に強力なエネルギーは集まりません。逆に言うと、医療用レーザーは毛が生えなくなるほどの効果を持つ、強い光という事です。
サロンでの光脱毛でも、産毛が少し生えるだけ、という状態にはできます。しかし、完全に毛の再生力が失われるほどの効果はありません。例えば光脱毛後、自分で毛の処理を繰り返し行うと、肌を守るために毛が再生してくる場合などがあるそうです。そのため、毛が目立たなくなったらなるべく刺激を与えず、現状維持をしていくということになります。
Vf6zmoiwepo4kcdjfhsb
Kihkrxkjpjqa3ysicwbs
先ほど述べました通り、サロンでの光脱毛は照射力が低いため、ほとんど毛が目立たなくなるまでには平均して12~18回通う必要があると言われています。
対して医療用レーザー脱毛ですと、5~6回で完了する事もあります。クリニックや通う頻度によって差はありますが、大体2ヶ月に一度通うとして、サロンでは2~3年、クリニックでは1~1年半が目安だと思って下さい。
W6n1etixxj6znt89iub1
医療用レーザーは強力なぶん、痛みも光脱毛と比べて多いと言われています。バチバチと弾かれる、油がはねたような痛みが医療脱毛の痛みと言われています。しかし光脱毛は一般的にほとんど痛みを感じないと言われており、処置した箇所が熱いかな?という程度だったり、静電気程度の痛みで済みます。
しかし、痛みは個人差が大きいところですので痛い!と思ったら無理に我慢せずに、施術者の方に伝えて出力を下げるなどの対策をしてもらいましょう。
Vscas8ktf0v9xadib3xh
医療脱毛の場合は、どうしても痛い場合、麻酔を使って貰えるのもメリットですね。笑気ガスを吸入するタイプの麻酔や、麻酔クリームを用いた皮膚麻酔といった方法になります。大体追加料金がかかります(3千円程度)。基本的には笑気ガスを使い、足りない場合はクリームを併用する事が多いです。麻酔クリームは効果が表れるまで時間がかかるので、事前申し込みが必要です。
サロン脱毛の一番のメリットは料金が安いこと、プランやコースが充実していてお得に施術を受けられることです。医療レーザー脱毛は効果が高い代わりに、料金もそれなりに高くなります。
サロン脱毛では、ワキ脱毛が一回500円!などのキャンペーンを行っている所も多く、また全身脱毛を行うとコース料金で割安に受けられます。医療脱毛には「全身脱毛コース」などが無く、全部行うとかなり料金がかさんでしまう場合もあります。
Pheqqo8jmaqvk2fc52fw
値段や効果だけではなく、サービス面でもあくまで医療は医療、サロンは美容サービスという差異があります。医療脱毛はクーリングオフ制度に当てはまらないことが多いですが、サロン脱毛ですとこの制度の対象になります。また接客も、クリニックでの脱毛ですと普通の病院のように、あっさりと始まって終わりがち。しかし脱毛サロンは美容サービスのお店ですので、接客が丁寧だったり、コースやおすすめ商品のセールスが積極的だったりします。また、術後のケアもクリニックでは炎症止めを貰う程度ですが、脱毛サロンでは専用のケア用品があったり、保湿をきちんとしてくれたりします。
脱毛のトラブルに関しては、医師の診察がすぐに受けられるクリニックの方が安心感があります。しかし、脱毛サロンでも治療保証がついているので、提携医療機関での診察を受けることが可能です。
F4kpvaw7ginda4ztg3nz
レーダー脱毛は照射範囲が狭いので、鼻や眉などのパーツが細かい部位や、粘膜のキワなども脱毛が受けられます。完璧に脱毛したい!という方には嬉しいですね。
Rddldvu90xzblgt1ukjs
まとめると、サロン脱毛のメリットは安価、痛みが少ない、術後ケアや接客が良い。医療脱毛のメリットは脱毛効果が高く永久脱毛可能、さっさと完了できる、医師の診察を受けられる。といった所です。
かつては圧倒的な料金の安さからサロン脱毛の人気が高かったのですが、最近はクリニックでもサロン並の料金の所や、ケアが手厚い所もでてきており、年々人気が高くなってきています。
Fa67auym7eu5q59vbtev
折角全身脱毛するのなら、完璧にしてもらいたい、効果が高い施術が良いと考える方が多く、今では医療脱毛の方が人気が高いです。とはいえどちらにもメリット・デメリットはありますので、お近くの施術所や予算と相談しながら、納得のいく脱毛ライフを送りましょう。
Lekfuts5ozfw68q69dsw

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪