P53l08jp5sdh9hudeein

下地

CATEGORY | 下地

化粧下地とは?BB・CCクリームとの違い・それぞれの役割まとめ

2019.04.18

自然に仕上げたい時、しっかり仕上げたい時、お化粧の仕上がりに影響するのが「化粧下地」です。ところが、化粧下地とは?BBクリーム、CCクリームとの違いは?様々な種類の使い方が分からない、と思ってる方は多いでしょう。化粧下地とは?BB・CCクリームとの違い・それぞれの役割まとめをテーマにお届けします。

  1. 化粧下地とは ~化粧下地とは?BB・CCクリームとの違い~
  2. BBクリームとは  ~化粧下地とは?BB・CCクリームとの違い~
  3. CCクリームとは  ~化粧下地とは?BB・CCクリームとの違い~
  4. BBクリームとCCクリームの違いとは
  5. メイクに合わせた三つの種類の選び方  ~化粧下地とは?BB・CCクリームとの違い~
  6. 〇BBクリームの役割
  7. 〇CCクリームの役割
  8. 〇肌別の選び方
  9. まとめ
Svdrv3fv0x6zqyojvobg
引用: http://52.198.4.31/news/life/angie/266039.html
メイクの土台の部分を担う存在が「化粧下地」です。ベースメイクの基本となります。一般的には化粧下地とファンデーションを組み合わせて使用することを前提としています。洗顔後のお肌に化粧水→乳液→化粧下地→ファンデーションの順序で塗布してゆきます。ファンデーションのノリが良くなる効果と、お肌のしみやシワ、くすみ、炎症性の傷などを隠す役割があります。日焼け止め効果の有無によっても、紫外線予防の効果の有無に影響してきます。 また、お肌に負担をかける成分が含まれているものも多いファンデーションから、お肌を守る作用が「化粧下地」にはあります。オイルフリーの製品や、オーガニック、保湿効果のあるものクリームタイプの化粧下地、リキッドタイプの化粧下地などなど、様々な種類がありますので、自身の肌質にあわせて選ぶと良いでしょう。
Yczkipnmtmagtwbkn9f5
引用: https://my-best.com/421
BBクリームは、もともと10年以上前に韓国や東アジアで使用されていました。名前のBBの部分は、もともと "傷のバーム"(不完全を指す傷)のために役立っていました。BBクリームの「BB」は「Blemish Balm(傷を癒すもの)」の略称で、もともとは皮膚の炎症や傷などを外部刺激から守る医療用の軟膏剤としてドイツの国で製造されたのが始まりです。現在、多くの方に知られているBBクリームというのは、美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、日焼け止め、様々な機能が一緒に配合された製品を指します。オールインワンで美容液からファンデーションまでの過程の全てのカバーが可能ですので、時短メイクの役割があることが最大の魅力です。
Ez7r2kmye3aw1lmx6yyv
引用: https://www.ci-labo.com/item/makeup/multifoundation/article/00000027/
製品の成分が柔らかめの性質のある製品から硬めの性質のある製品、高いUV効果のある製品や、高い保湿効果のある製品等、幾つかの種類がありますので、自身のお肌に合った製品(BBクリーム)を選択することをお勧めします。特に、アジアの国のBBクリームは、酸化チタンと二酸化チタンのレベルが高く、日焼け止め効果と基礎的なお肌への効果を網羅してくれる傾向があります。対照的に、ほとんどの西洋の国のBBクリームは、薄い色づきの外観を有する、オイルが少なめの軽量の感触で、保湿成分に近い傾向があります。 BBクリームの主なセールスポイントは、国にかかわらず、日焼け止め効果やお肌に有益なアンチエイジング成分を加えていることにあります。
Tbv8yp6ydqqnxbazdjka
引用: http://www.koreandoll.net/the-difference-between-bb-cc-dd-creams/
BBクリームと同じベースメイクアイテムの「CCクリーム」。「コントロールカラークリーム」や「カラーコンディションクリーム」等、発売元ごとに名称や特徴に差はありますが、化粧下地、コントロールカラー、日焼け止め効果が一緒に配合されたものがCCクリームです。 CCクリームはBBクリームよりも軽いですが、実際にはより多くの適応範囲があります。 CCは「色補正」を意味し、このクリームは、肌の色合いが不均一な赤みやくすみの領域を対象に設計されています。CCクリームにはBBクリームのメリットもありますが、いくつかの特徴があります。まず、皮膚に暗い色の部分が現れないようにしながら、皮膚の弾力性を向上させます。ビタミンCとEが配合されたCクリームの場合、細かい筋や肌のしわを防ぐために、SPFに強力なアンチエイジング成分が配合されて、アンチエイジング効果が作用します。
Cdtwoulqjsztpck4awbv
引用: https://www.bebeautiful.in/all-things-skin/everyday/bb-cream-vs-cc-cream-whats-the-difference
また、ニキビや一定の炎症による赤み、不均一な肌の色調に苦しんでいる場合、または細かいシワとシミを隠すためには、CCのクリームは最適です。BBクリームとの最も大きな違いは「カバー力」で、CCクリームはファンデーション機能を備えていないため、カバー力は低く、ナチュラルな自然な仕上がりになる点に特徴があります。CCクリームを化粧下地の代わりとして使用するケース、ベースメイクがCCクリームのみで完結できるケース、その日のイメージに沿った仕上がりを作ることが可能です。
G6gtm3deqeupggywa313
引用: http://femfete.com/Websitemain/bb-vs-cc-whats-the-difference/
BBとCCクリームが肌のために効果的ですが、どちらか 1つを選択するのは少し混乱するかもしれません。多くの女性が、BBクリーム対CCクリームの議論の本当の違いが何であるか、確信については分からないでしょう。 分かりやすく表現するならば、BBクリームのイニシャル "BB"は "美容液"を意味します。これらの製品は、アンチエイジング性を備えた非光沢性化粧下地、軽量質ファンデーション、保湿成分剤、日焼け止め剤のマルチタスクです。 「CC」クリームは、「色補正」を意味し、皮膚を明るくする化粧下地、軽量質ファンデーション、保湿成分剤、日焼け止め、老化防止成分、時にはコラーゲンブースターを含みます。 BBクリームは、お肌の予防とメンテナンスに重点を置いて、乾燥した肌には少し重いです。一方、CCクリームはやや軽い塗り心地になりがちで、それは、にきびが発生しやすい肌に適していることを意味します。つまり、既存のお肌の問題箇所を隠すことに重点を置いています。
Q8egv8vymil15m8ywxdr
引用: http://icefrostdiary.com/review-clinique-moisture-surge-cc-cream-hydrating-colour-corrector-broad-spectrum-spf-30
ベースメイクアイテムとして広く認知あれてきた、「BBクリーム」と「CCクリーム」ですが特徴や性質が異なりますので、実際のイメージした仕上がりに合わせて使い分ける工夫が必要です。 例として、お肌の問題点(ニキビ、炎症の赤み、傷、シワ、くすみ、しみ等)おカバーする効果を重視する場合やメイクをしている時間が長時間になる場合にはBBクリームが適しています。しかし、自然でナチュラルな印象を与えたい場合やお肌への負担を軽くしたい場合、お肌の色調を明るくしたい場合を重視するのならCCクリームを使用してみましょう。もちろん、結婚式やパーティーなどの正式な場面でのメイクの際には、化粧下地とファンデーションを組み合わせて、普段よりも丁寧にメイクをするという方法を選んで、メイクシーンに合わせて使い方に変化を持たせると良いでしょう。 化粧下地やBBクリーム、CCクリームを選ぶ際には、自分がなりたいお肌に合わせて選んでいくのがおすすめなので、それぞれの違いについては上記を参考におさえておきましょう。
Xrzzxmx6vepfk4qijjpd
引用: https://www.bebeautiful.in/all-things-skin/occasion/difference-between-bb-and-cc-cream
BBクリームは元々赤みや傷を隠すためのものとして開発されたもので、カバー力に優れているのが特徴です。 そのためBBクリームは下地だけでなくファンデーションの役割をしてくれるため、メイクの時短アイテムとも言えるでしょう。 コンシーラーを使わなくてもカバー力は良いので、手軽にベースメイクを済ませたい人にもおすすめです。 ですが、重ためのテクスチャーなので商品よってはベタついたり厚塗りに見えたりしてしまうことも。 スポンジで塗ったり透明感のあるフェイスパウダーで仕上げたりすると、厚塗り感やベタつきは解消されるので他の商品を上手に活用することで力を発揮できるでしょう。
Hgrjnvvfzszlsdbvb1gy
引用: https://www.cosme.net/biche/articles/vBPA7Jwd
BBクリームは基本的に肌の傷を治癒するために開発されてきたので、お肌のカバーする効果が高いです。 BBクリームは化粧下地+ファンデーションの機能も担えるので、一つで二つの機能を賄える時短アイテムです。忙しい朝には、BBクリームが効果を発揮してくれます。 コンシーラーを使用せず、簡単に手軽に自宅でベースメイクを完了させたい方にも最適です。 しかし、軽量感のCCクリームに比べて、重量感のあるテクスチャーなのでお肌に塗布後、お肌に密着し過ぎたり、厚塗りメイクに見られてしまうこともあります。 スポンジでBBクリームを塗布後、透明感の色味のフェイスパウダーを軽く塗布して仕上げると、厚塗りの感触やベタつきが解消されます。他の化粧品と組み合わせて、上手に工夫して自分のお肌に合った活用方法を見つけると良いでしょう。
CCクリームは肌の色を補正する効果を発揮する目的として開発された「化粧下地」です。 BBクリームと比較すると、自然なナチュラルな仕上がりなので、下地としての機能が高くファンデーションと一緒に組み合わせて使用すると効果的です。より、お肌への負担を軽くしたい場合は、ファンデーションではなくフェイスパウダーを使用しても良いでしょう。けれども、お肌の問題点へのカバーの能力はBBクリームよりも劣り、重ね塗りの傾向があります。 お肌の色調を明るくする目的として使用して、更にカバー力を必要とする部分はコンシーラーを使いましょう。 お肌のカバー力、赤みやシミ・そばかすを隠すことを希望する人はBBクリームで。 そして、ナチュラルな自然な仕上がりを希望する場合、肌色の補正、軽量感のある付け心地をお求めの方はCCクリームを使用しましょう。 季節やお肌の調子によって使い分けても良いので、それぞれ1つずつ持っていても損はしませんよ。
Iiauyr07f0qy4wqscs6i
引用: http://andbi.jp/bbcc-tigai/
肌質のタイプ別ごとの推奨クリームのほんの一部ですが、ピックアップしてみましたので、参考になさって下さい。 油性肌の場合:油性の問題をさらに改善する効果があり、拡大した毛穴や傷を隠すため、油性肌タイプの方向けのBBクリームがおすすめ。 敏感肌の人の場合:基本的に、化粧下地として、現在のお肌の問題をカバーし、軽量感のあるCCクリームが〇。 老化しているお肌のために:色補正効果があり、水分補給、アンチエイジング成分が配合されたBBクリームが〇。 普通肌の人の場合:CCクリームが〇。色の補正を必要とする傾向があり、肌に凹凸がある人にとっては魅力的な選択肢です。この商品は、皮膚自体の自然な色合いを高め、同時に毛穴の広がりや凹凸を最小限に抑えます。 クマ、くすみなどの暗い色の肌の場合:、色合いが豊富で、セミマットな仕上がりをもたらす、ダークな肌色にはCCクリームが〇。
Qoz6u3k3tidqzaaiwc9v
引用: https://www.hinckleytimes.net/news/local-news/ask-midwife-question-answer-session-7003648
大きく違う役割や性質の三つのクリーム。 お肌の状態や季節の変化ごとに変えたり、用途を考え色々なクリームを試してみると良いでしょう。 美しいお肌と健康的なお肌、上手な使い分けをしてみて下さい。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪