Adicuz511iwlthf5dkcm

美容

CATEGORY | 美容

ベースは化粧下地だけでOK!ノーファンデメイクのメリットとは

2019.04.18

ファンデーションを使わない化粧下地だけのメイク。その、ノーファンデメイクには多くのメリットがあります。 正しい方法による化粧下地だけのメイクを実践してみましょう。 肌に負担の少なくナチュラルで自然な状態のお肌が魅力のノーファンデメイクをご紹介します。

  1. ノーファンデーションメイクとは
  2. ノーファンデーションメイクのメリットとは
  3. ノーファンデーションメイクの方法とポイント
  4. まとめ
Rto5xbqvufaxoir5rcfu
引用: http://www.independent.co.uk/extras/indybest/fashion-beauty/best-face-powders-9697380.html
肌へファンデーションを厚塗りする時代はもうおしまいです。簡単に手軽にファンデーションコスメのコストも抑えられ、ナチュラルな自然なメイクが多くの方のニーズを得ています。そもそも「ノーファンデ―ションメイク」とは何でしょうか。自分のお顔の肌に全く何も塗布しない訳ではなく、化粧下地や日焼け止めクリーム、フェイスパウダーなどのスキンケアアイテムや化粧下地だけでメイクすることを、「ノーファンデ―ションメイク」といいます。

①お肌への少ない負荷 ~ベースは化粧下地だけで~

ファンデーションでのメイクは実際、お肌へ大きな負担がかかっています。肌への負担のケースとして考えられるのが、メイクをお肌へ塗布した後、メイクを洗い落とす際です。ファンデーションを使用しないことの大きなメリットは、そのお肌への負荷・負担が少ない点にあります。肌の乾燥や肌のトラブルは、現在使用しているファンデーションの成分による影響の可能性があります。ノーファンデ―ションメイクに切り替え、肌への負担を極力減らしてみることで、自分の素肌にも優しく自然に受け入れることができます。若々しい肌を維持したい方にはおすすめの「ノーファンデーションメイク」です。
Qlceyxxmpth3xbywrwye
引用: http://angelaminelli.com/blog/natural-face-powder-foundation/
ファンデーションには油分が多く配合されており、毛穴が詰まったり、ニキビの原因になる場合があります。カバー力に優れているファンデーションを塗布後、ファンデーションが毛穴の奥まで入り込み、クレンジング剤もオイルタイプの強力な効果のものを使用するでしょう。皮膚上に必要な量の皮脂まで洗い流し、乾燥肌やニキビの原因に繋がります。さらに、オイル以外にも添加物が含まれており、長時間ファンデーションが肌に密着していることにより、肌アレルギーになる、シミや色素沈着の原因になる可能性があります。 ファンデーションは紫外線から肌を守ってくれる役割もあるので、日々のメイクで使用している方は多いでしょう。けれども、お肌に大きな負担があるのも事実です。
Wnhtueyq7bfapyjf42wk
引用: https://a-ranking.com/15806
肌への負担が無くなり、肌の問題も起きにくくなります。 ノーファンデ―ションは、乾燥肌タイプ・ニキビ肌質の方にも効果的があります。まず、強力なクレンジングオイルの使用はありません。必要以上に皮膚上から皮脂がそぎ落とされることもなく、お肌は必要な量の皮脂を保保持できます。そのことにより、過剰な皮脂分泌が抑制され、乾燥やニキビ予防になります。 ノーファンデ―ションにすることは、お肌に化学物質を塗布する機会が無くなることです。ファンデーションの粒子により毛穴が塞がれてしまう事は無く、肌は自然な肌呼吸を始めます。お肌を清潔にし、美肌効果もあります。

②崩れにくいノーファンデーションメイク ~ベースは化粧下地だけで~

ファンデーションをしている方は多く実感されたり、経験なされていると思われる、長時間に及ぶメイクをした状態の肌の変化。オイリー肌になったり、お肌が白く浮いたり、乾燥してかゆみが発生したりなどなど、その様なお肌のお悩みも、ノーファンデーションメイクの場合は起きにくくなります。そのため、メイクの乱れや崩れも少なくなり、頻繁に行っていたメイク直しも、回数が少なくて済みます。簡単にメイク直しを終えることができます。ファンデーションで厚塗りをしているお肌の問題やトラブルも少なくなります。特に、そのメイク崩れの違いをより顕著に実感できる時期は、熱い夏の時期でしょう。 ファンデーションはお肌のニキビやシミ・シワをカバーしてくれる効果もありますが、化粧下地+フェイスパウダーのメイク方法でもある程度はカバーが可能です。

③短い時間でメイクができる ~ベースは化粧下地だけで~

Endmccrmrfmurqhrufnq
引用: https://www.rd.com/health/beauty/11-easy-ways-to-winter-proof-your-makeup/
通常のファンデーションを使用したメイク方法の場合、洗顔後→化粧水→乳液(美容液)→化粧下地→UVケア→ファンデーションの順序でメイクをされていると思います。しかし、ファンデーションの工程の箇所を減らすことで、メイク時間を短縮することができます。出勤や通学などの忙しい朝のメイク時間には最適な方法です。また、自然にナチュラルな素肌感のあるお肌に仕上げることができるのも、ノーファンデーションメイクの特徴です。ご自身の家庭で簡単に短時間メイクを実践できます。 ノーファンデ―ションに変えることで、時間の問題を気にすることなく日中の時間を過ごすことでき、心にも余裕が生まれ、メイクをしないと!という負荷が減ります。 丁寧に行おうとするとメイクの時間に1番時間程かかります。そのメイクの時間を効果的に使用したり、他の作業に時間を回したり、外出時や出勤時にセカセカしないで済みます。その点は、ノーファンデ―ションメイクのメリットです。

④肌の状態の変化を感じやすくなる ~ベースは化粧下地だけで~

ファンデーションで素肌を厚くカバーしていないため、肌色や血色が悪い、ニキビの炎症、乾燥した肌の質感の変化、シミ・シワが目立ってきた、などの現象が起きた場合には、敏感に気が付くことができます。 化粧下地は素肌を隠していることになりますので、当然皮膚上の肌感触は鈍くなります。 また、ファンデーションを使用していないため、より地肌の色に近い化粧下地やフェイスパウダーの使用が大切になります。そのため、本来の自分の肌に近い色や質感に近づきます。それは結果的に、自分の素肌を受け入れられ、自分の素肌を好きになることに繋がります。 ノーファンデ―ションメイクにより、自身の肌に自信を持った自分に変化し、人と接する際にもより自然に対応している「あなた」がいるかもしれません。また、心理的により自然な対応で、相手との心の距離も縮まるかもしれません。
Iyh3reloo8pst7xrl20a
引用: https://int.eucerin.com/skin-concerns/sensitive-skin/dry-sensitive-facial-skin

お肌に負担の少ないお化粧品を使用  ~ベースは化粧下地だけで~

伝統的な化粧品には、しばしば「タルク」が含まれています。滑石と呼ばれる鉱物を砕いて粉末状にしたものを指します。タルクは鉱物に属し、化粧品にはミネラルとして配合されています。粉末状にしても柔らかく、素材間の接着剤の役割をします。肌感触が良くなり、肌色を白くする効果がある「タルク」は、ファンデーションやフェイスパウダー、ベビーパウダーなどにも成分が配合されています。そのため、付け過ぎてしまう傾向にあります。ノーファンデーションメイクの場合に使用する場合、タルクの成分が少ないフェイスパウダーを選びましょう。 また、化粧品には「合成ポリマー」の成分が含まれている化粧品があります。合成ポリマーは、多くの水分保持作用があり、化粧品に含まれることにより、潤いのあるお肌にする効果があります。一時的ですが、顔にできたシワを目立たなくする効果もあります。 メイク崩れを防ぐために、化粧品に配合されていますが、メイク崩れしない化粧品を落とすためには、逆に強力作用のクレンジング剤が必要となります。その結果、洗顔の際に、お肌に大きな負担をかけてしまうことになります。
Ptt6q2tssnfndvchtv8f
引用: https://www.theodysseyonline.com/comparing-drugstore-and-high-end-makeup-products
メイク崩れはしたくないけれども、お肌には低刺激で優しい化粧品の方が良いと思っている方、ノーファンデ―ションメイクを実践してみたいと思っている方、その様な方には、フェイスパウダーや化粧下地、クレンジング、化粧品も合成ポリマーフリー、タルクフリーの製品を選ぶのがとても大切になってきます。 主に、化粧品に含まれる合成ポリマーの3つの種類には、 〇水溶性ポリマー 主に化粧品に使用されており、カルボマー、水溶性コラーゲン、加水分解ケラチン等の成分物質。 〇シリコーンポリマー クレンジングで特に落ちにくいファンデーションや口紅、リップ、グロスに頻繁に使われており、ジメチコン・トリメチコン等の成分表示がなされています。 〇ジェル 水溶性ポリマーから水溶液へと変化した物質で、強い粘り気質により低い濃度で製造が可能。そのため、成分表示に表記されていても、分からない場合があります。
Ga7e8tu2gccbp6h6z8il
引用: http://eshopping.haba.com.my/index.php?route=product/category&path=60

紫外線対策 ~ベースは化粧下地だけで~

ノーファンデ―ションメイク方法の場合、お肌に対して最も注意をしていただきたいのが、紫外線のお肌へのダメージ・損傷の影響となります。熱い夏の時期や紫外線が多くなる5~6月の初夏の時期はもちろんですが、日差しが弱い季節でも紫外線対策は必要です。世界的な現象として、温暖化により夏の時期の平均気温が高くなり、5月も真夏と同レベルの紫外線量だとする研究報告もあります。外的要因である紫外線の刺激を直接受けるこことは、いくらのファンデーションメイクをしたとしても、お肌へのメリットよりもデメリットの方が勝ってしまします。また、乾燥、排ガス・PM2.5等の有害化学物質、花粉やホコリからも空気中を通してお肌へ刺激を与えます。刺激に弱いお肌をいかに守るか?
Ivuz24nenf3o3ixm7le6
引用: http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/011900047/062300033/?P=2
その方法として、ノーファンデ―ションのメイク方法を実践した場合でも、日焼け止めクリームや、日焼け防止効果の成分が配合された乳液や、化粧下地によって紫外線からお肌を守りましょう。紫外線は皮膚の中へ浸透し、肌のシワ、シミやそばかすの原因となります。ですので、日焼け予防ケアは忘れずに行ってください。 化粧下地は肌への負担がファンデーションよりも少ないため、ノーファンデ―ションメイクの「肌への負担が減る」というメリットはそのまま存在します。皮膚に赤みの色調や暗い色の肌(くすみ)の場合、色付きの化粧下地で肌の色を補正することがお勧めです。

スキンケアの保湿は大切に ~ベースは化粧下地だけで~

Mkysjduwynasihxdihqg
引用: http://eshopping.haba.com.my/index.php?route=product/category&path=20
紫外線は皮膚の中に浸透し、メラニンを増やし、活性酸素を発生させ、潤いや弾力性を保つ成分のセラミドやコラーゲンに損害を与えます。それによってシワ、たるみ、シミ、乾燥、の様々な肌の問題が発生しやすくなります。ファンデーションをメイク方法として使用しない場合、シワやシミ、毛穴の目立ちなどの肌トラブルすべて完全にカバーすることは不可能です。活性酸素により肌の老化も促進されるため、アンチエイジングケアが必要となってきます。ノーファンデ―ションのメリットやその効果を十分に発揮させるためには、毎日のスキンケア、特に保湿が大切になります。

シミ・くすみ対策はしっかりと

Rsemukq4mloikfkaqtb9
引用: http://stylecaster.com/beauty/concealer-how-to/
「化粧下地+フェイスパウダー」の方法で、よりお肌に低刺激で優しい成分のコスメを購入し、使用してください。ノーファンデ―ションメイクの場合、しみ・くすみのカバーの仕方は、顔の肌の全体的に厚く塗ることは避けた方が良いので、コンシーラーをカバーしたい部分のみに限定的に使用しましょう。 シミやくすみは、疲れや老け込んだ印象を与えてしまうので、お肌の明るさを維持するために、丁寧にカバーしましょう。 コンシーラーでカバーした箇所との一体感がある方が、より自然に見えるので、自分の肌の色に合うコンシーラーを選びましょう。塗布の範囲を部分的・限定的にカバーするので、お肌へ低刺激で負荷も少ないです。
Kefqt3k4ar39aqoqeylv
引用: https://www.lorealparisusa.com/beauty-magazine/makeup/face-makeup/how-to-determine-undertones.aspx
ベースは化粧下地だけでOK!ノーファンデメイクのメリットとはのテーマでお送りしました。 お肌に優しく自然な印象になりますので、ぜひ、ノーファンデーションメイク方法を試してみて下さいね。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪