Upj8cgrh8hgcsagfyznt

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

冬のファンデーション選びのポイントは?乾燥で化粧ノリが悪い方へ

2020.07.24

冬の季節は湿度が低く乾燥の時期で乾燥肌になりやすくなりますよね。 乾燥肌の状態ですと、ファンデーションのお化粧が浮いたり、ノリが悪いといった問題が出てきます。 夏の時期のファンデーション選びとは異なる、冬のファンデーション選びのポイントをご紹介致します。

  1. 冬のファンデーション選びのポイント
  2. おすすめアイテム ~冬のファンデーション選びのポイント~
  3. シャネル ル ブラン コンパクト ラディアンス
  4. ディオール ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト エクストレム コントロール
  5. クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン
  6. RMK ジェルクリーミィファンデーション
  7. エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ SPF10/PA++
  8. まとめ
寒い季節にはメイクアップのために選んだ化粧品や肌の状態にもっと注意する必要があることを忘れないでください。寒い季節には夏の季節に使用したファンデーションを使うことは避けましょう。冬の季節になると、肌はより脆弱になり、低温は肌の生成サイクルに悪影響を及ぼすため、他の季節より多くのケアが必要になります。ですので、冬のファンデーション選びには幾つかのポイントがあることを知り、乾燥した寒い天候からあなたの肌を守る新しいファンデーションを探してみて下さい。
Ias5nsywhjpihuqnoiy0
引用: http://www.stylecraze.com/articles/9-simple-winter-care-tips-for-oily-skin/

ファンデーションの種類 ~冬のファンデーション選びのポイント~

ファンデーションお肌の色を綺麗に明るくしてくれるメイクアイテムの一つです。 ファンデーションには、リキッド・パウダー・クリーム など​4つのタイプに分けることができ、「カバー力」と「肌への負担」がそれぞれ異なります。
Xmmoayo6d2stg3yuuzjf
引用: https://veramagazine.jp/article/dryskin-foundation
カバー力が弱いファンデーションは、お肌に優しく負荷が少ないとされており、逆にカバー力が高いファンデーションはお肌への負担が大きくなり、使用後は丁寧なスキンケアが必要となります。 4つのタイプの細かい特徴は、 〇ルース:肌への負担が最も少なく低いカバー力でナチュラルな自然な仕上がりになります。 〇パウダー:比較的肌への負担は少なく、くすみや赤みをカバーし皮脂が浮くのを抑制してくれます。 〇リキッド:テクスチャにより仕上がりに違いがあります。水分が多い→ツヤ肌、油分が多い→マット肌       、伸びがあり肌との密着度あり。 〇クリーム:高いカバー力、高い保湿力、色が均一に塗布できる、つやつやした肌に仕上がる。

肌の乾燥の状態に合ったものを選ぶ  ~冬のファンデーション選びのポイント~

軽い乾燥肌なのか、重度の乾燥肌なのか自身のお肌の状態を確認することが必要です。ポイントとして、 軽度の乾燥肌の状態は、・ 洗顔後の肌のつっぱり・肌の凹凸、くすんだ色・肌に潤いがない の症状が挙げられます。一方、重度の乾燥肌の状態は・皮膚のめくれが白い・皮膚の表面のかゆみ・白い粉がふく肌の症状は重度の乾燥肌といえます。軽度な乾燥肌の場合、保湿力のある液状タイプのファンデーション(リキッド・クリーム)が合っています。重度の乾燥肌の場合は、肌への負担が軽い粉末タイプのファンデーション(ルース・パウダー)が合います。液状タイプは粉末タイプよりも、界面活性剤や防腐剤などの添加物を多く配合しておりますので、アレルギーをお持ちの方や、敏感肌の症状が見られる方は使用の際には注意が必要です。 そのため、低刺激のファンデーションを使用したい場合は、軽度の乾燥肌でも粉末タイプのファンデーションを使用すると良いでしょう。
Afzhoubtiyjei7uchrcg
引用: https://curet.jp/article/24275

保湿成分配合のファンデーション  ~冬のファンデーション選びのポイント~

Frlklinohiyzlr9nsjeg
引用: https://en.amerikanki.com/helpful-ways-choose-perfect-foundation-winter/
モイスチャータイプの保湿成分配合のファンデーションを使用するのもポイントの一つです。 お肌に潤いを与え、化粧崩れしやすい目や口の周辺の乾燥を予防できます。 ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、植物抽出エキス、オイルの成分が配合されたファンデーションを選びましょう。高い保湿成分配合のファンデーションでお肌の潤いを維持し、長時間のお化粧が肌へ塗布されていても乾燥をしないお肌を作ると良いですね。
Pjt6lwzlzmmxwjxiy5de
引用: https://www.ebay.com/itm/Chanel-Le-Blanc-Whitening-Compact-Foundation-Long-Lasting-Radiance-10-with-case-/382049397164
SPF25・PA+++ 全6色 パウダリーでありながら“しっとり”とした潤いを伴った仕上がりを実現したファンデーションです。微細な丸型セラミックとプレート型セラミックを組み合わせたスマート サーマル コンプレックスにより、気温や湿度の変化から肌を守り、肌はサラサラな状態をキープしてくれて、付け心地も良いです。気候の変化による肌の状態に合わせて、肌の明るさの色調を整えて維持する効果があります。 乾燥する冬のファンデーション選びのポイントの一つの、パウダータイプではめずらしい、保湿や潤いの成分が配合されたファンデーションです。 12g・7,500円 (リフィル 6,200円)
Zoesajobdrtgtf09bm6y
引用: http://competition9391.redirect-service-server91.loan/?utm_medium=NQ3aDvyuBCtafRQJPeFC66tm%2bMNW8T%2baflxP0d0AJGo%3d&t=main4
SPF20・PA+++ 2017年7月14日にリニューアル発売されたパウダー状のファンデーションです。 全7色。 ファンデーションを塗布後、素肌に近い自然な仕上がりをもたらしてくれます。ナチュラルな仕上がりを最大限に活かす要素となる、肌とパウダーファンデーションとの高い密着度。新テクノロジーの超微粒子「スマートブロッティングパウダー」は毛穴の目立ちをカバーし、長時間の使用にも化粧崩れを起こしにくい成分が配合されています。毛穴や色むらを自然にカバーしながら、軽量感のつけ心地によりファンデーションの維持力・持続力を実現します。日本原産の「ノイバラ」のローズフルーツの成分が配合されており、お肌にも優しく成分が密着します。冬の乾燥肌にも負けない仕上がりを実感してみて下さい。 レフィル・6,000円 / 1セット(ケース込)・7,000円
Jo9yxlp5u1yx1h9hmqjw
引用: https://www.kireie.com/shop/hyogo/28201/7274/cledepeau-beaute/166700/
SPF20・PA++ 全7色 今までのファンデーションの開発視点や概念や次元を超えることにチャレンジし、「未体験の肌創り(仕上がり)」、「贅沢な気持ち(極上のテクスチャー)」、「肌への実感(スキンケア)」の3つの機能を配合したラグジュアリーファンデーション。贅沢な感触のクリームはしっとりと肌に浸透し、仕上がりが一日中持続します。進化した光学技術により皮膚に薄い膜をはり、明るい肌の色調に整えてくれます。肌に塗布している時間が長い場合でも化粧崩れせず、塗布した瞬間からクレンジングする時まで、サラサラとした感触が続きます。スキンケア成分も配合されており潤いがキープできます。使い続けたくなる感触を実感してみて下さい。 30g・30,000円
Gam6xutcha7ixxsh5h3n
引用: http://www.rmkrmk.com/onlineshop/commodity/115/204021/
SPF24・PA++ 全7色 ジェル状の透明感と、クリームのカバー力の2つの作用が一つになって生まれたクリームタイプのファンデーションです。その2つの機能の作用により、ヒアルロン酸などスキンケア効果のある保湿成分配合の効果が発揮され、お肌のうるおいが持続します。肌に一体感を実感できるほどの浸透力で溶け込み、仕上がりは明るすぎない落ち着いた大人の肌となります。30g・5,000円
Itgkolyhtcetuh2abbfx
引用: http://favor.life/curation/8151
SPF10・PA++ 30ml・6,000円 リキッドタイプのファンデーションです。肌にサラサラとした感触でなめらかなつけ心地をもたらし、つけたところの肌に高い密着度でフィットしてゆきます。セミマットな美しい仕上がりにより色移りの心配はありません。長時間肌を維持するファンデーションで、汗・皮脂・水に強く、オイルフリーの肌に軽い負荷で優しく、しかし、しっかりと効果を発揮してくれます。
メーカーからの使用方法

使用方法 美しく仕上げるポイントは「3S」。 コツをつかめば、くずれにくく美しい仕上がりが簡単に。 「少量」 指の腹に少量を取り出します。 顔半分には指の腹1/2の量、Tゾーンには指の腹1/4の量が目安です。 気になる部分がある場合は、薄く重ねづけをしてください。 「素早く」 片頬ずつ、指の腹を使って顔の中心から外側へ向けて、素早くのばします。 その後、額→鼻すじ→鼻の下→あごの順番につけて、素早くのばします。 「スポンジ使い」 指の腹を使って7割程度のばした後に、スポンジを使って内側から外側へ向けて均一に、ポンポンと軽くたたくように、肌にぴったりとなじませます。

Oqj1t0f0y0bvt4m2yf9i
引用: https://carekees.com/water-based-foundation-for-dry-skin/
冬のファンデーション選びのポイントは?乾燥で化粧ノリが悪い方へのテーマでお届けしましたが、 いかがでしたか? 乾燥肌の方も、そうでない方も冬の季節は乾燥気味の肌になりやすいので、ファンデーション選びの参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪