Tvjw0ha6ediqfiwxegkj

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧崩れを防止するテクニック総まとめ!スキンケアからメイク法まで

2019.04.20

乾燥肌による化粧崩れは冬の時期だけの現象でなく、夏の時期にもエアコンによって乾燥肌になり化粧崩れを引き起こすこともあります。オールシーズンどこへ行ってもエアコンの影響をお肌は受けています。お化粧崩れを防止する方法として、スキンケアとメイク方をご紹介致します。

  1. 化粧崩れの原因
  2. 〇乾燥肌 ~化粧崩れの原因~
  3. 〇皮膚からの発汗作用  ~化粧崩れの原因~
  4. 化粧崩れを予防するスキンケア方法
  5. 脱毛・角質処理
  6. 化粧崩れを防止するメイク法
  7. ファンデーションの使用方法
  8. フェイスパウダーの使用方法
  9. スプレータイプミストの使用
  10. まとめ
J4b9hq5zkitxooqvbimk
引用: https://www.lorealparisusa.com/beauty-magazine/skin-care/skin-care-concerns/the-best-skin-care-routine-for-enlarged-pores.aspx
乾燥肌の化粧崩れの場合考えられる原因として、皮膚の表面上は皮脂が過剰に分泌され、皮膚の内部の組織の水分量は枯渇している乾燥状態という、皮脂性乾燥肌タイプの症状にあります。皮膚上に分泌された皮脂により、化粧崩れが発生している状態です。お肌が乾燥しているのにも関わらず、分泌された皮脂により化粧が崩れるメカニズムは、肌が乾燥→皮膚の組織の水分量不足と肌が判定→水分の蒸発を防ぐため過剰な皮脂が生成・分泌される→化粧の崩れ、というものです。寒い乾燥した冬の季節や、熱い夏の時期のエアコンによる乾燥は乾燥肌の方でなくても注意が必要です。過剰な皮脂の分泌を引き起こさないためには、乾燥からお肌を守ることです。
化粧崩れの主な原因の一つは、体温調節の機能が作用すると皮膚の組織から分泌する汗にあります。 特に、夏の季節は汗による化粧崩れはみなさん経験済みと思います。 顔の皮脂腺から分泌される汗の成分は水分なので、量が少ない場合は軽く汗を拭きとる方法で大丈夫です。 しかし、多量の汗の場合はふき取るだけでは、化粧の崩れを防止する事は難しいでしょう。 運動不足気味の方、体脂肪の方、多汗症の方は普通の方と比較すると、顔の皮膚の表面に多量の汗をかきやすい傾向にあります。化粧の崩れる主な三つの原因は汗、皮脂、乾燥にあります。 人間の身体の仕組みの中で365日、全て汗をかかずに過ごすことはまず無理でしょう。 季節を通して化粧崩れを最小限にする方法と防止策を知ることが大切です。
Xaljcirpyhebwqbroovn
引用: https://www.inlifehealthcare.com/2017/08/06/how-to-prevent-premature-aging/
日々の化粧崩れの防止には、夜のスキンケアだけでなく朝のスキンケアも大切です。丁寧なスキンケアにより化粧も崩れを防ぎ、長時間仕上がりの良いお化粧の状態がキープできます。

洗顔方法

Llhlkuapfars241a37dv
引用: http://howtousevinevera.com/perking-up-the-skin-on-your-bum/
朝の洗顔のポイントはお湯の温度です。熱いお湯で洗顔すると、皮脂が流れ落ちてしまい、かえってお肌の乾燥を引き起こします。逆に、水の温度ですと毛穴が開かず、毛穴の汚れを取り、毛穴の黒ずみを解消するのが難しくなります。人肌程度のぬるま湯で洗顔するのがお肌にとって適正な温度です。 洗顔料をしっかり泡立てず手の平で顔の皮膚を擦るのは避けましょう。肌を傷め、皮脂を取りすぎ、乾燥肌を引き起こします。洗顔の基本は、ぬるま湯と洗顔料をしっかり泡立てた泡で洗うことです。

毛穴ケア

Qbqnadmf7bsqwgzq1zxy
引用: http://www.sundancesalonspa.com/2016/09/dual-exfoliation-peel/
毛穴の締りは過剰な皮脂の分泌を防止してくれるので、引き締めた方が良い場合もあります。しかし、過剰に分泌された皮脂や古い皮膚細胞が毛穴に詰まると、毛穴の黒ずみや角栓となります。この角栓が詰まる状態が続くと、毛穴が開いた状態になります。スキンケア対策をしなければ、毛穴はますます黒ずみます。 ニキビの発生、過剰な皮脂の分泌を予防するために、毛穴のケアは大切です。 忙しい朝時間帯、就寝前の夜の時間帯を使用して、蒸しタオルを優しくお肌にあてて、毛穴のケアをしましょう。メイクを洗顔で落とした後、もしくは洗顔前に蒸しタオルを顔にやさしくあてて毛穴を開きます。その後に洗顔をすると、過剰な皮脂、角栓や黒ずみを除去し、毛穴を引き締められます。

乾燥防止の保湿ケア

Tphxj2lxlyl3c8rgjag1
引用: http://frivolousgirl.com/paulas-choice-products-review/
睡眠前の夜と朝、保湿効果のある化粧水を皮膚へ浸透させることにより、肌の乾燥を予防し、過剰な皮脂の分泌をおさえます。夏の季節はさっぱりタイプの化粧水、冬の乾燥した季節はしっとりタイプの化粧水と賢く使い分けたスキンケア方法もお勧めします。時間に余裕がある時は、朝ローションパックをしてからメイクをします。 化粧水で保湿効果のある成分を皮膚へ浸透させたら、乳液やクリームなどで皮膚上に皮脂膜を作ることで、皮膚組織の内部の水分蒸発を防止してくれます。皮膚の水分は蒸発し、さらに乾燥を引き起こします。皮脂が多く分泌されるTゾーンは少量で、乾燥する傾向のUゾーンは普通に乳液を塗布します。
Ktgfnyhenzpx94ragccz
引用: https://www.tripsavvy.com/why-is-exfoliation-important-3090271
ピーリングなどのお肌の角質除去もおすすめの方法です。肌の凹凸を無くして、お肌を滑らかな質感によみがえらせてくれます。また、産毛はファンデーションのムラに繋がり、化粧が崩れやすくなる原因になります。顔の産毛を剃るとメイクのノリは良くなります。女性専用のシェービングのメニューを提供してくれる美容院もあります。定期的に利用してみるのも良さそうですよ。

化粧下地の方法

Wzs19dyq2mlqcxuxcof1
引用: http://beautydesk.com/review-vichy-idealia-night-peeling/
基礎化粧品によるスキンケアから化粧下地までそれぞれの製品が肌へ浸透したことを確認する必要があります。浸透後、お肌へファンデーションを塗布することで、化粧の持ちが長くなります。 ①乳液を塗布して肌へ馴染むのを待ちます。 ②優しく手で肌を包むようにプレスします。浸透させるため2~3分おきましょう。 ③下地塗布後、浸透させるためさらに2~3分待ちます。 ④手先で軽く押して過度なべたつきが無くなれば、ファンデーションです。 プロセスの中の、乳液→化粧下地の後には軽くティッシュで余分な溶液をふき取り、余分な皮脂を吸い取ります。このひと手間で、ファンデーションのノリは良くなり、サラサラとした質感の肌に仕上がります。
Ltyyxbicjmytxublfdfh
引用: http://healthyandstylish.com/the-best-tips-for-long-lasting-makeup/
夏の季節はパウダーファンデーション、乾燥する冬の季節は軽いマットな質感のリキッドファンデーション(またはクリームファンデーション)と工夫して季節や肌の状態に合わせて、使い分けをしましょう。 化粧崩れ予防のため、ファンデーションは基本的に薄塗りをおすすめします。 特に顔の筋肉が大きく動く箇所の口や目の周辺はお化粧が崩れやすいので、スポンジに残ったファンデーションを優しく塗布し、軽いつけ心地にすることが大切です。 シミやくすみの部分はコンシーラーを使用してカバーします。ファンデーションも化粧下地と同様に、叩き込むように塗布すると色ムラが防げます。このひと手間が化粧の崩れ予防に貢献します。
Kg82gj1ceohzdkh01w2e
引用: http://myspice.tv/spice-top-5-baby-powder-beauty-hacks/
リキッドファンデーションを使用するケースでは、最後の仕上げにフェイスパウダーを使用してください。 フェイスパウダーは余分な皮膚の皮脂を吸い取る機能があります。肌の仕上がりがサラサラして、化粧の崩れを防ぐ効果があります。朝のメイクで使用するフェイスパウダーは固形のプレストパウダーよりも、粉末状のルーセントパウダーの方を使用します。柔らかくルーセントパウダーを肌に塗布できるので、仕上がりが自然になります。パフに十分な量の粉をとります→パフ全体を揉みこみ、粉をパフへ馴染ませます。→顔にパフを丁寧にのせ、粉を顔全体にムラなく広げます。→最後はフェイスブラシを使用して余分な粉を落とします。→このプロセスで試してみて下さい。
Bqkqlv4apbuhm4lrgm76
引用: https://glowsly.com/best-face-mists/
汗や皮脂を抑制する作用のあるスプレーを最後に一吹き塗布させます。メイクの持ちに差がでます。 お化粧したてのサラサラとした質感を維持できるだけでなく、保湿成分が配合されているスプレーがありますので、1日中潤いや水分を保持したまま、仕上がったお化粧の状態を維持してくれる効果もあります。
Ktebcjzapwnzpd4fv1uv
引用: http://www.sheknows.com/beauty-and-style/articles/949775/how-to-prevent-dreaded-mascara-bleeding
化粧崩れを防止するテクニック総まとめ!スキンケアからメイク法までのテーマで情報をお伝え致しました。 丁寧な作業と細かい手間が必要とする方法ですが、化粧崩れを防止する効果はありますのでぜひ、試して美肌をキープしてみて下さい。

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪