Dyo3dzwa4grso4pkuiua

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

口紅の正しい塗り方って知ってる?キレイが続くリップメイクのコツ

2020.07.24

正しい口紅の使い方を知っていますか?きちんと塗らなければ、口紅が落ちてしまうかもしれませんよ。素敵な口紅を買ったとしても、正しい塗り方を知らなければもったいないですよね。このページでは、キレイが続くリップメイクのコツや口紅の選び方をご紹介します。

  1. 正しい口紅の塗り方・コツ:保湿
  2. 正しい口紅の塗り方・コツ:基礎
  3. 正しい口紅の塗り方・コツ:自然
  4. 正しい口紅の塗り方・コツ:裏技
  5. 似合う色や選び方について
  6. 似合う色:肌色との整合性
  7. 似合う色:黄色をベースに
  8. 似合う色:青をベースに
  9. 正しい口紅の選び方
  10. 注意ポイント
  11. 口紅・グロスについて
  12. 口紅の正しい塗り方って知ってる?キレイが続くリップメイクのコツのまとめ
Hwfhhftuqxevd50afcua
口紅を塗れば、肌の色が美しく見せるだけではなく、女性らしさもぐっとアップします。忘れがちな唇の紫外線対策にもなりますので、さまざまなメリットが考えられるでしょう。正しい口紅の塗り方ももちろん大切です!
H1mi0psqivblfwom8gq9
正しい口紅の塗り方・コツとしては、まずは保湿です。唇に保湿をしてない状態だと、キレイに仕上げることが難しいと言われています。保湿していない状態とは、ガザガザだったり、乾いている唇のことです。シワなどがくっきりとするだけでなく、落ちやすいデメリットもあります。こうしたことを防ぐために、保湿は必ず対応してください!

リップクリームで保湿

リップクリームで保湿する際、縦方向に塗ると効果的と言われています。横方向では密着しづらいので、縦塗りしましょう。唇が乾燥している人は、リップクリームを多めに塗ると良いでしょう。数分程度パックする方法もおすすめです。
Tvse6cgcuuq2hjoy30nk

ティッシュを使用

保湿後、ティッシュを使用して不必要な油分を取り除いてください。もちろん、保湿が無意味にならないように、強めにこするのはやめましょう。
正しく口紅を塗るためには、口紅以外にもさまざまなアイテムが必要です。リップブラシ ・ライナーなどは事前にご用意ください。
Sqn1q2kwnal9xkod5vri
まずはコンシーラーを使用します。ご自分の肌の色に近しい色がおすすめです。コンシーラーで口角をととのえてください。その後は、リップライナーを使いましょう。これが下地の役割となり、唇を落ちない状態にしてくれます。そしてリップブラシの出番です。「口角→真ん中」の方向で唇を塗りましょう。上唇だけではなく、下唇も「口角→真ん中」で塗っていきます。こうすることにより、細かい部分まで口紅を塗ることが可能ですよ。リップラインからはみ出さないようにするためには、リップブラシを活用してください。
Fwz9kicwvznjmx46fiz2
唇を自然な感じで仕上げるためには、リップブラシを使用するのではなく、直接塗るのもひとつの手です。適度にムラができますので、自然な仕上がりになるでしょう。塗り終わったら、ティッシュを唇にあてまた口紅を塗ってください。口紅を指でたたきこむ塗り方もおすすめです。
Biryjofpugzu32niynjf
唇をよりセクシーにみせる方法をご紹介します。それは光沢感を演出する”ハイライト”を使用する方法で、唇に少しだけつければ出来上がりですよ!ぷっくりとした唇になりますので、プライベートなどにいかがでしょうか。”ハイライト”にはさまざまな種類がありますが、”ねり状”がベターですね。
Qo4bouzljyl8ztkccmwk
正しい唇の塗り方も重要ですが、自分に似合う唇の色選びも重要です。洋服にも自分に似合う・似合わないがあるように、唇の色にもそれがあります。
Hsl98kno6jwb2j2zp7bu
R03ojp4vbtt0y5tcwcb7
お肌には、2パターンの色があると言われています。まずは黄色をベースにした色です。「もともと肌が黄色っぽい」「日焼けした時に赤みを帯びた黄色っぽい肌になる」「クリーム色が合うと感じている」という方であれば、黄色ベースが良いでしょう。もう1パターンは、青をベースにした色です。「色白と言われることが多い」「日焼けすると赤くなる」「白色があうと感じている」という方は、青色ベースが良いです。
Ndef3coi4e3u2i9fonvq
Or4exlxhnhiczp1flvxz
「コーラルピンク」「オレンジ」「ピーチピンク」などがおすすめの色です。他にも「コーラルベージュ」「オレンジレッド」などがあります。カラーに詳しくない人はぜひ調べてみてください。
Hzh5ux43tfrn6poe4xly
Utmtaput1fne1oupjqif
「ベリーレッド」「ローズピンク」は色白の人に似合う色となります。「ピンクベージュ」「ボルドーレッド」などもお肌が美しく見えますよ。
Rr2w49hu8yz9zh6fsxtd
さまざまな口紅の種類があります。その中でもおすすめなのがツヤの出る「リップグロス」です!透明感も演出できますので、女性らしさをぐっと引き上げてくれるでしょう!
Axeayjl4olblphktt7kw
「リキッドルージュ」もおすすめです。液状タイプの口紅となり、ツヤや発色感がありますので、リップグロス以上の口紅を求めている人にはうってつけの唇ですね。

落ちにくくするために

An9mtkpjhlftzw624jce
一度塗っただけでは口紅が落ちてしまいます。そのため、落ちにくくするためには二度塗るようにしましょう。一度塗った後、ティッシュで余分な油をオフします。こうすることにより、唇に口紅がピタッとするため、落ちづらくなります。そして再度口紅を塗るようにしましょう。ティッシュ&塗り直しをすればするほど落ちにくくなりますので、ディナーなどの予定がある際は、やっておいても損はありませんよね。透明のルースパウダーを使用しても落ちづらくなります。

大量のグロス

大量にグロスを塗ってしまうと「メイク初心者だな」と思われてしまうかもしれません。少しだけ使用すると効果的ですが、たっぷり使用してしまうとやけに油っぽい唇になってしまいます。メイクで重要なのは、バランスですので、十分ご注意ください。
Kawii2ygrsxcylcoz1ek

下唇に注目

あつめの唇の方は、下唇に注目してください。バランスのわるいリップは良い印象からかけ離れてしまう可能性があります。何よりも大切なのはバランスですので、ブラシを使ってナチュラルに仕上げるようにしましょう。

落ちづらい口紅を探す前に

もしかしたら、落ちづらい口紅を探している人が多いかもしれません。何かを食べたりすると落ちてしまうものですし、今朝はついていたのに・・・と悩むこともあるかもしれませんが、塗り方で対処するのが一般的です。もちろんやってはいけないのは、たっぷり口紅を塗ることです。以外と大量に塗ると、すぐに落ちてしまうんですよね。たっぷり塗るにではなく、下地を作って薄く塗るようにしましょう。
D0is2wbu15qbfpqh883y
口紅・グロス、それぞれにメリット・デメリットがあります。どちらをすれば良いのか悩んだ時、ぜひ参考にしてみてください。

口紅のメリット・デメリット

T2vwjepraidtmpy0qthd
口紅の利点は発色が良く、写真映えする可能性が高いと言えます。また、他の化粧品を使わなくても化粧した感じになるのはメリットと言えるでしょう。さまざまなカラーがあるのもポイントです。欠点としては、落ちにくいことが挙げられます。もちろんこれはメリットにもなりますが、落とすのに時間がかかると言えるでしょう。また、口紅だけ唇に塗ってしまうとカサついてしまうかもしれません。

グロスのメリット・デメリット

ツヤ感を演出するためには、グロスを使用します。利点としては、なにかを食べている時に落ちても問題ないことが挙げられるでしょう。べったり塗らなければ、自然な仕上がりになります。欠点をあげるとすれば、すぐに落ちてしまうことでしょう。また、塗りすぎるとテカテカになってしまうリスクがありますよね。
Ncnggjphea7a5qkkyy9c
正しい口紅の塗り方・コツ、 似合う色や選び方、注意などポイントについてご紹介してきました。口紅を正しく塗らなければ美しく見えませんし、すぐに落ちてしまいます。ビジネスシーンでもプライベートでも正しい口紅の塗り方は大切だと言えるでしょう。口紅の種類やタイプによるメリット・デメリットをしっかりと認識しておくことも重要ですよね。正しい口紅の塗り方・コツに関する知識を深めて、より一層美しい女性を目指してください!

あわせて読みたい!おすすめの関連記事はこちら♪