Gl1yg3svn8duh0xho1cp

インナーケア

CATEGORY | インナーケア

はちみつを牛乳に溶かすだけ!頑固な便秘の解消とその他うれしい効果とは

2020.07.24

「お腹が張ってつらい…」「ガスが溜まってる…」など、頑固な便秘は不快な気分にさせるものです。早く解消したいけれどなるべく薬には頼りたくないという人は、はちみつ牛乳を試してみてはいかがでしょうか?はちみつ牛乳を飲んで、頑固な便秘ともおさらばしちゃいましょう!

  1. はちみつと牛乳だけで本当に便秘が解消するの?
  2. はちみつは便秘を解消してくれる強い味方
  3. 牛乳とタッグを組めばさらに効果的!
  4. 便秘解消だけじゃない!はちみつ牛乳のうれしい効果
  5. 便秘解消にオススメ!はちみつ牛乳のレシピ
  6. はちみつ牛乳を飲む際のポイント
  7. ポイントその1.基本は空腹時に飲む
  8. ポイントその2.牛乳は温めて飲む
  9. ポイントその3.はちみつの摂りすぎには注意
  10. まとめ
M5sejhhenxuewmhqrldi
はちみつと牛乳。それぞれが体に良いとされる栄養素を含んでいることは広く知られていますが、はちみつと牛乳を合わせるだけで便秘が解消すると言われても、いまいちピンとこない人もいるかと思います。そこではちみつと牛乳が何故便秘解消に良いのかをご説明します。
はちみつにはさまざまな栄養素が豊富に含まれていますが、中でも便秘の解消に効果的なのが「グルコン酸」「オリゴ糖」「トリプトファン」という3つの成分です。「グルコン酸」は腸内の善玉菌を増加して腸内環境を整え、「オリゴ糖」は増加した善玉菌のエサとなって活発な働きを促します。
Hzckxyrcacvlvvoydhwv
そして「トリプトファン」は体内に入ると「セロトニン」に変化し、「セロトニン」が増えることで副交感神経の働きが良くなると腸の動きも活発になります。さらにはちみつには保水作用があるため、腸壁から水分が吸い取られるのを防ぎ、便を排出しやすい状態にしてくれます。
Frg6wzsoacgi8jkp9ao8
つまり、はちみつを摂れば腸の動きが活発になると同時に、乱れた腸内環境を整え、便通をスムーズにしてくれるという訳です。ちなみにはちみつの整腸作用は便秘だけでなく、下痢にも効果があります。
昔から便秘に良いとされる牛乳に含まれている効果的な成分は、「ラクトース(乳糖)」「オリゴ糖」「トリプトファン」の3つです。「ラクトース(乳糖)」は体内に入ると腸内の善玉菌を増やす働きがあり、すでに説明した「オリゴ糖」「トリプトファン」とともに乱れた腸内環境を整え、便秘の解消をサポートしてくれます。
Dghmnpajuosv2dwirqnv
また、「ラクトース(乳糖)」は周囲から水分を取り込み便をやわらかくするなど、腸で分解・吸収されなくても便秘を改善してくれる働きのある成分です。ほかにも鎮静作用のある「カルシウム」「ペプチド」などが含まれているので、イライラを抑えたり睡眠ホルモンを促したりする効果が期待できます。
Cxduf3eeos5trs2mvtpz
このようにはちみつと牛乳にはそれぞれお腹に良い成分が含まれているため、両方を一緒に摂ることで相乗効果を発揮し、頑固な便秘まで解消へと導いてくれます。
Srnfkiuryrfqpa5kohpz
はちみつ牛乳には腸の動きを活発にしたり、腸内環境を整えたりする働きがあり、便秘の解消に効果的だということは分かっていただけたかと思います。ですが、はちみつ牛乳にはほかにもうれしい効果があるので、いくつかご説明します。

お肌を守る効果がある

Nheeeultp5bekwzwaz6c
はちみつ牛乳には抗菌・殺菌作用があり、飲み続けることでお肌の奥からキレイにしてくれるため、シミや肌荒れなどを防ぐ効果があります。

骨が健康になる

Ujsgwx6esfjpojc6fa06
牛乳には豊富なカルシウムが含まれているのは知られていますが、はちみつにはそのカルシウムを効率よく吸収してくれる栄養素が含まれています。一緒に飲むことで骨粗しょう症などの骨に関するリスクを低減することができます。

感染症を抑えてくれる

D6widswo2wj3ewxn9ink
繰り返しになりますがはちみつ牛乳には抗菌・殺菌作用があり、ある調査から食中毒(ブドウ球菌)に大きな効果があることが判明しています。それだけでなく風邪や咳、気管支系の症状を予防することもできます。

良い睡眠が得られるようになる

Ogopfey1psqqf6nsskzh
ストレスを緩和してくれる「セロトニン」に変化する「トリプトファン」が豊富に含まれているはちみつ牛乳は、不眠症の予防にも効果があると言われています。質の良い睡眠がとれるようになればお肌の状態も良くなるので、一石二鳥だと言えるでしょう。
Aebf0znn9qzxfwlvbo2t
はちみつ牛乳の効果が分かったところで、早速レシピを参考に作ってみましょう!分量は「牛乳:コップ1杯(250ml)」「はちみつ:ティースプーン1杯」。お鍋または電子レンジで温めた牛乳にはちみつを入れて、溶けるまで良くかき混ぜます。電子レンジで温める場合は吹きこぼれる可能性があるため、少しずつ様子を見ながら加熱したほうが安全です。
T3w6xtkhdrgy52bcal5n
使用するはちみつはどの種類でも便秘解消に効果はありますが、「レンゲ」「アカシア」「クローバー」「百花」「オレンジ」など、続けやすいクセのないものを選ぶと良いでしょう。また、価格は高めになってしまいますが国産の「純粋はちみつ」を選んだほうがはちみつ成分が多く栄養価も高いため、より健康に良いと言えます。
Cy4kmcactoqmhpsidx2y
「毎日同じ味だと飽きてくる…」という人は、食物繊維が豊富な「きなこ」や便通を手助けしてくれる「オリーブオイル」、体を温めてくれる「しょうが」などをプラスしたレシピもオススメ。いずれもはちみつ牛乳との相性抜群ですので、ぜひ試してみてくださいね。
Ae1ipbb7gpdy7kdz9mo8
体にもお肌にも効果的なはちみつ牛乳ですが、便秘を解消するためにはどのように飲むのがベストなのか気になるところではないでしょうか?ここでははちみつ牛乳を飲む際に押さえておきたい3つのポイントをご説明します。
腸の働きを活発にして便通を良くするには、胃腸が空の状態になっている時に飲むのがオススメ。胃腸は寝ている間に内容物を消化吸収しているので、朝起きてから飲むのが一番効果的だと言えます。「朝は忙しくてついつい忘れちゃう…」という人は、昼食でも夕食でも良いので食前に飲むように心がけると良いでしょう。
Miayoob2e1gvy9t4whro
もちろん、睡眠効果を期待して夜寝る前に飲むという場合はその限りではありません。ですが、寝る前に飲むのであれば夕食時に摂る炭水化物の量を少なめにしておかないと、「糖質×糖質」により肥満につながる恐れがあるため注意が必要です。
牛乳を飲むと良くお腹を壊してしまう人がいますが、実は牛乳の冷たさに驚いた胃や腸が活発に動きすぎることで消化時間が短縮され、液体のまま運ばれてしまうことが原因だそうです。そうなると便秘の解消に効果のある成分も吸収されずに排出されてしまうため、折角の効果が台無しになってしまいます。
Eouzxn2akkah7ofbwkl1
牛乳は温かい状態で飲むと固まった便をやわらげるだけでなく、宿便を取り除き、腸管をキレイにしてくれる効果が期待できます。ですので、温かい牛乳でお腹を壊すのを防いでしっかりと効果のある成分を吸収し、腸内の善玉菌を増やしてあげましょう。
「ポイントその1」でも説明しましたが、はちみつには糖質が含まれているため、体に良いとはいうものの摂りすぎれば当然ながら肥満の原因になります。はちみつ牛乳のレシピ通りにティースプーン1杯分なら41kcalくらいですが、甘さが足りないからと大さじ1杯入れてしまうと60kcalまで上がります。
A2xqa9yyity9cxecfr34
便秘の解消に効果的なはちみつの量は1日あたりスプーン数杯程度と言われているので、大さじ1杯入れたとしても特に問題はありませんが、その分ご飯の量を少なめにするなどして1日の総カロリー量をしっかりと調整することをおすすめします。
Yz83nxbcgaenvebr4e0k
はちみつ牛乳の効き目には個人差がありますが、早い人だと飲んだ後すぐに腸が活発になり、2時間程で便通に至るそうです。そうでない場合も飲み始めてから3日くらいすると整腸効果が得られるため、その前後には便秘の解消が期待できるでしょう。便秘が解消されるとニキビなどもできにくくなるので、ぜひ毎日の生活にはちみつ牛乳を取り入れてお腹もお肌をキレイにしちゃいましょう!