Y7n1hz3fm6m5znwglbs5

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

洗顔後に毛穴から出てくる白いものの正体は?原因と対処法まとめ

2018.03.02

洗顔をしたあと鏡を見ると毛穴から白いものが…!という経験をしたことがある方はいませんか?つい爪でゴシゴシと擦って取り除いたりしていませんか?その行為ちょっと待って下さい!毛穴の白いものの正体と、原因、さらには対処法をまとめました。

  1. 毛穴から出てくる白いものの正体とは?
  2. 毛穴の白い角栓の役割とは?
  3. 原因①皮脂の過剰分泌
  4. 原因②ターンオーバーの遅れ
  5. 原因③加齢による毛穴の開き
  6. 原因④メイク汚れによる毛穴の詰まり
  7. 白い角栓は取っちゃダメ?
  8. 白い角栓の対処法まとめ
  9. セルフケアに限界を感じたら…
  10. まとめ
Avthkw65onmooihs0p8b
洗顔後に毛穴から出てくる白いものの正体…それはズバリ角栓です。普段は気にならないのに、洗顔後に特に白い角栓が気になるのは、角栓が水を吸って膨張しているから。洗顔後しばらくすると、また縮むので目立たなくなっていきます。洗顔の際に、皮膚の表面にある角栓はある程度取り除くことが可能です。しかし、毛穴の奥にある角栓は取り除けないのです。
Vmjpi7bqrzemulolj49y
そもそも角栓の役割とはなんでしょうか?角栓は、毛穴に詰まった皮脂や角質です。ニキビの原因ともなってしまう角栓は、実は外部の細菌などから毛穴を守ってくれるという役割もあるのです。そのことから、角栓はなければいいというものではなく、毛穴を塞いでしまうほどに大きくなってしまった角栓が問題…ということになります。それでは、角栓が大きくなってしまう原因を探っていきましょう。
Mzovpe7qbvkaefobcksy
オイリー肌の方は、皮脂の分泌量が多いので、角栓が出来やすいといえます。適度な皮脂であれば、問題ありませんが、過剰であれば毛穴に詰まることが多くなります。そして、皮脂の過剰分泌は、乾燥していても起こりえます。肌が乾燥すると、肌はうるおいを保とうと、皮脂を分泌します。
Hx2fn972kylvogo9iyvl
ターンオーバーというワードを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?ターンオーバーとは、古い角質が剥がれ落ちて、肌が生まれ変わるサイクルのこと。正常であれば、4週間ほどでターンオーバーは行われます。しかし、ターンオーバーの乱れが生じると、古い角質がなかなか排出されずに、毛穴が詰まってしまいます。
Aijqvc79lpvwsgqy2dpt
加齢によって肌のハリや弾力が低下することで、毛穴が開き、詰まりやすくなることがあります。さらに、加齢によってターンオーバーは遅くなります。本来落ちていく角質が肌に留まり、肌が硬くなっていきます。すると古い角質は毛穴の入口を塞ぎ、詰まりやすくします。
V2qcoicrighihhkjopfv
毎日クレンジングと洗顔をしていても、メイク汚れが残っている場合があります。汚れは皮脂と混ざりあうことで、角栓の材料となってしまいます。さらに、間違ったスキンケアが角栓の原因となっている場合があります。例えば、毛穴パックや爪で角栓を押し出すような肌を傷つけてしまうケア。雑菌が入り、炎症を起こしてしまったり、毛穴の状態を悪化させてしまいます。必要以上に行うピーリングも肌のターンオーバーを乱すことがあります。洗浄力の強いオイルクレンジングを使用している方も、乾燥には注意が必要です。
Ljqavebjexdcyyxc8unm
角栓を無理やり取り除いてしまうことは、肌が敏感に反応し、新しい角質や皮脂を過剰に生成することに繋がります。すると、以前よりも大きな角栓が出来てしまいます。より大きくなった角栓を取り除く、また角質や皮脂が過剰に生成されてしまう…。この悪循環で、角栓はどんどん大きくなってしまいます。
Dx67niy3hprbqtfr8h4x
実は、角栓は自然に取れているのです。肌のターンオーバーで、少しずつ角栓は排出されていきます。角栓を解消する方法は、肌が受けるダメージを最小限に留めること。そしてターンオーバーが正常に働くようになれば、確実に毛穴の角栓は改善してきます。
Nbqdj35dagxtzxhdq91a
それでは、大きくなってしまった角栓の対処法をご紹介します。スキンケアと生活習慣…ポイントを抑えることで、効果的なケアが期待できます。

クレンジング

Oldnfsl7avybvllloa7s
クレンジングの強力な洗浄力が、角栓の原因となることをご存知ですか?強力なクレンジングは、肌表面の角質も落としてしまいます。肌に負担のかかりにくいものを選ぶことをオススメします。リキッドタイプやジェルタイプは毛穴へのダメージが比較的大きいです。クリームタイプやミルクタイプがオススメです。そして、クレンジングの際には、ゴシゴシと肌を擦らないでくださいね!メイクを落とそうとゴシゴシ擦ってしまうと、摩擦により肌がダメージを受けてしまう可能性があります。クレンジング剤をメイクをした肌に優しくなじませて、ぬるま湯でよくすすぐようにしましょう。

洗顔

Gmqyvarzohvmpg4p5m5p
メイクを綺麗に落としたら、洗顔料をよく泡立てましょう。モコモコのキメ細かい泡で洗うことで、毛穴の中の汚れが落としやすくなります。洗う時はクレンジングと同じく、ゴシゴシと擦らないこと。泡を肌に転がすようにくるくると優しく洗うようにしましょう。洗顔が終わったら、充分に洗い流します。すすぎ残しがないように気をつけてくださいね!その際は、水の温度にもポイントがあります。熱すぎるお湯は肌が乾燥しやすくなりますので、ぬるま湯を使うようにしましょう。最後に、タオルで拭く時も擦らないように、優しく水分を吸い取るようにしましょう。

スキンケア

Loiw1x6jzqxuh3t4ebgj
洗顔後は、肌が乾燥しないように出来るだけ早くスキンケアをしましょう。化粧水は、敏感肌やオイリー肌などの肌タイプによって選ぶといいでしょう。適量を手やコットンで顔全体につけていきます。次に、乳液やクリームは、化粧水をした肌に蓋をするような役割があるアイテムです。こちらも自分の肌タイプに合ったアイテムを選びましょう。オイリー肌の方も、ベタつくからと言って疎かにせず、しっかりと保湿するようにしましょう。

スペシャルケア:ピーリング

Hckvqodqfgxi8ngttdmy
毎日のスキンケアに加えて、スペシャルケアとして取り入れたいのが「ピーリング」です。ピーリング用の洗顔料を使用し、洗顔するだけというお手軽なものなので、取り入れやすいのではないでしょうか?頑固な汚れや角栓を取り除いてくれるピーリングですが、アイテムに記載してある頻度を守って使用しましょう。頻度はあくまでも目安で、肌の状態を見ることも大切です。肌の状態がよくなかったり、吹き出物やニキビができている時は、ピーリングは控えた方がよいでしょう。

スペシャルケア:酵素洗顔

Tuvfidltqzpt2mjqmfz4
「酵素洗顔」もスペシャルケアとしてオススメです。酵素が配合されている洗顔料は、脂肪やたんぱく質を分解し、毛穴汚れを落としてくれるものです。酵素洗顔は、洗浄力の強さから、必要な皮脂まで落としてしまうということもありますので、使用頻度に注意しましょう。月に1~2回程度が目安です。

スペシャルケア:綿棒とオイル

G9kwtpnuwyfigt3lexj4
綿棒とオイルを使用したスペシャルケアをご紹介します。ここで使用するオイルは、エクストラバージンオイルがオススメです。まず、メイクを落とし、充分に肌を保湿しておきます。そして、オイルを染み込ませた綿棒の先を、小鼻や頬の気になる角栓がある部分に当てます。そして優しくマッサージするように綿棒を動かします。この時、強く擦ったり押し付けると、肌への刺激となってしまい、色素沈着を起こしたり、シミの原因となりますので注意しましょう。

生活習慣の改善

Aimgluxtcokmmnqomidd
スキンケアに加えて、生活習慣を見直してみましょう。ストレスは大きな角栓の原因なんです。ストレスは、ホルモンバランスを崩したり、皮膚の新陳代謝を阻害します。
Secxb5ar0vxofq7fjkvi
さらに睡眠不足は皮膚のターンオーバーを乱してしまいます。22時から26時までの肌のゴールデンタイムは、最もターンオーバーが進む時間帯。しっかりと睡眠をとるように心掛けましょう。
Ng9uw1sqwzb55jsdbdwz
適度な運動は新陳代謝を高めてくれます。そしてストレス解消にも繋がります。さらに食生活にも注意しましょう。脂っぽい食事ばかりしていると、皮脂を多く作り出してしまう原因となりますので、避けたほうがいいでしょう。バランスの良い食事を心がけてくださいね。
Blk2licxf1zg78naouu4
ここまでセルフケアをご紹介しましたが、限界を感じた場合は、美容皮膚科などの専門家のチカラを借りることもできます。美容皮膚科では、ケミカルピーリングやレーザー治療などの角栓除去の治療を行います。
Eg9h4rhb64elic2laby9
いかがでしたか?洗顔をしたあとに出てくる毛穴の白いものの正体と原因、対処法をご紹介しました。正しいケアをすることで、セルフケアでも充分改善できます。角栓対策は、すぐに結果の出るものではありません。ですが、正しいケアで角栓は小さくなっていきますので、気長にケアをしていきましょう。