Wamc9jd295hk8yra3zlj

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

オーガニッククレンジングは本当に肌に優しいの?肌質別選び方のポイント

2020.07.13

どんなクレンジングが自分には合っているのかわからない。メイクもキチンを落とさなきゃいけないけど刺激が強いのは避けたい。そんな時はオーガニックのクレンジングを使ってみませんか?肌質に合わせた選び方のポイントもご紹介します。

  1. クレンジングって?
  2. クレンジングと洗顔って違うの?
  3. クレンジングが肌荒れの原因!?
  4. 日焼け止めは洗顔では落としきれないことも
  5. クレンジングの使い方のポイント
  6. オーガニックのクレンジングってホントに落ちるの?
  7. オーガニッククレンジングの種類と特徴
  8. オーガニッククレンジングの肌質に合わせた選び方
  9. クレンジングは必要に応じて使い分けましょう
  10. オーガニッククレンジングで肌トラブルを防ぎましょう。
Vgudowfprqew0ptykx63
クレンジングは一日のメイク汚れを落とす大切な役割を持っています。メイクの中には石鹸で落とせるタイプのものもありますが、やはりクレンジングを使ってしっかりメイクを落としましょう。メイク汚れがお肌に残ったままだとその汚れが肌荒れの原因となってしまいます。洗顔の後の化粧水の浸透も妨害してしまうのでここできちんと汚れを落とすことが肌荒れ対策の基本です。
In59tfkqbncx4jaxc9nz
クレンジングと洗顔の大きな違いはクレンジングがメイクなどの不溶性の汚れを落とすのに対し、洗顔は水溶性の汚れを落とすために行います。クレンジングでしっかり不溶性のメイク汚れなどを落としたのちに、洗顔で汗やほこりなどの水溶性の汚れをきれいに洗い流すのです。中にはクレンジングと洗顔両方の成分が含まれているものもありますが洗浄成分が強めに配合されているものも多数あるので使用するには注意が必要です。
H1ix9rxqz9qmzeclm5hf
汚れを落としてお肌をきれいにするためのクレンジング。そのクレンジングで肌荒れが起きてしまう原因は何なのでしょう。

■メイクが落としきれていない

Yoonp7ogf6rt46pgvlrh
クレンジングをしていても実はお肌の汚れが全部落ちていない場合があります。化学物質が含まれている一般的なファンデーションなどのメイクアップコスメは長時間きれいなメイクを保つために様々な化学的な成分が含まれています。こういったメイクを落とすには洗浄力の弱いタイプのクレンジングでは、お肌にメイク汚れを残したままになっている場合もあります。それそれのメイクに合わせてクレンジングの洗浄力を変える必要があります。

■洗浄力強すぎるクレンジングの使用

J7pq7jjdgw3wu5gpkfma
クレンジングの洗浄力って皆さんご存知ですか?一般的にはオイル→クリーム→ミルクの順に洗浄力が下がっていきます。一般的に使われているのがオイルタイプのクレンジングですが、オイルタイプは不溶性で同じ不溶性のメイクとなじみやすくよくメイク汚れを落とすことができるのですが、お肌にとって大事な皮脂までも過剰に汚れと一緒に落としてしまう事もあるのです。また、乾燥肌や敏感肌のの方は洗浄力の強いオイルタイプだとお肌に強い刺激となってしまい、肌荒れを悪化させてしまいます。
Nltlwpzpdub41r7mw5sl
オフの日や、お肌の調子が良くないときは日焼け止めだけで過ごす日もありますよね。そんな日は、クレンジングはお肌の刺激になるから控えようと思うのではないでしょうか?日焼け止めの中にも汗や水に強いタイプもあったり、何度か重ねて付けることによって洗顔だけではなかなか落とせないこともあります。日焼け止めだけで過ごした日も、きちんと日焼け止めを落とす意味で正しいクレンジングを行いましょう。
Kdi83usxilzf3joq2gry
クレンジングって意外と間違ったケアをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?クレンジングの注意点を見ていきましょう。

■メイクに応じてクレンジングも変える

Rl0ifx43rv27g8jvolj1
様々なメイク法があるようにクレンジングも様々な種類があります。メイクにやその日のコンディションに合わせたクレンジングを選ぶようにしましょう。

■ポイントメイクは別で落とす

Wjlefvk9wbzzvnsihzzp
目元や口元を彩るカラーメイクは普段のクレンジングと同じに落とそうとしていませんか?目元口元はとってもデリケートな部分です。その為、専用のリムーバーなどでカラーメイクの部分をまず先に優しく丁寧にクレンジングするようにしましょう。

■強くこすらない

Cravqad7cj6y8vzympao
バッチリメイクの日には思わずクレンジングの際、洗い残しの内容にゴシゴシこすってしまいがちです。しかし、力をいれてゴシゴシこすってしまうとその刺激肌へのダメージとなってしまいます。

■ぬるま湯を使ってクレンジングを落とす

Krzx9bktpegwuvrahunb
汚れをなじませたクレンジングを洗い流す時は、ぬるま湯を使うようにしましょう。冷たい水だとせっかくクレンジングで浮かせたメイク汚れなどの油分が固まってしまいお肌に残ってしまったり、熱いお湯だとお肌に必要な大事な皮脂までも洗い流してしまうのです。
Ohcau1hnp83i7wu3agl3
オーガニックて優しそうなイメージだけど、ほんとにメイクが落ちるのか不安と思っていませんか。オーガニックだからといってメイクが落ちないわけではありません。オーガニッククレンジングにもメイクや肌質に合わせて様々なタイプ洗浄力のクレンジングがあるのです。しかもオーガニックだからこそ洗浄+ケアができる魅力的なクレンジングもたくさんあるのがオーガニッククレンジングの優れたところです。
Vxbahgni5u36gwacmf5z
ではクレンジングの種類や特徴を詳しく見ていきましょう。

■オイルタイプ

バッチリメイクやしっかりメイクに日には洗浄力の高いオイルクレンジングがおすすめです。オーガニックのクレンジングならお肌にいい天然の美容成分たっぷりなオイルが使われているので一般的なオイルクレンジングよりもお肌に刺激を与えることが少なく、洗浄力もマイルドな処方になっているもがほとんどです。

■クリームタイプ

オイルの次に洗浄力のあるのはクリームタイプのクレンジングです。こっくりとしたクリームクレンジングはオイルよりも優しくミルクよりもしっかりメイクを落としてくれます。クリームなのでお肌もしっとりするので、ナチュラルだけどそこまでバッチリでもない普段メイクの方にはおすすめです。

■ジェルタイプ

適度な水分量でサッパリと洗い上げたい方におすすめなのがジェルタイプのクレンジングです。水分をたっぷり含んだジェルタイプは伸びもよく、潤いもものしながらクレンジングできるのでクリームが苦手な方はジェルタイプがおすすめです。

■ミルクタイプ

洗浄力がいちばんやさしく、オーガニッククレンジングの中で一番多いのがこちらのミルクタイプではないでしょうか?潤い成分がたっぷり入ったミルクタイプならスルスルと肌に滑らせることができ日焼け止めだけの日やナチュラルメイクの方におすすめです。
Qgmcussb89gvg9mxoy1q
クレンジングにも好みのテクスチャーはあると思いますが、次は肌質に合わせて選び方をみていきましょう。

■敏感、乾燥が気になる→ミルク・クリームタイプ

乾燥肌や敏感肌などお肌が繊細な方にまずおすすめするのがミルクタイプのクレンジングです。他のタイプのクレンジングに比べるとマイルドな洗浄力で優しくメイクを落としてくれます。クレンジングの刺激がお肌のトラブルの原因となっているかもしれないと感じる方はミルクタイプをおすすめします。たっぷりのミルクをお肌にのせ優しく滑らせるようにマッサージしながらクレンジングしてみましょう。ミルクタイプでメイク落ちが不安な方はクリームタイプを試してみましょう。

■バッチリメイクもケアしながら落としたい→オイル・ジェルタイプ

お肌にいいものを使いたいけどメイクも大好きなあなたにおすすめなのがオイルタイプのクレンジングです。オーガニック認定の天然オイルがたっぷり配合されたオイルクレンジングならしっかりメイクも落としながら天然成分でお肌のケアもしてくれるのです。ですが、やはりミルクなどのタイプと比べると洗浄力が高めなのでメイクに合わせて使用しましょう。オイルの次に洗浄力のあるジェルタイプも併用してみてもいいですね。
オーガニックも一般的なクレンジングも同じです。その時のお肌の調子や、メイクに合わせてクレンジングも変えるのがクレンジングでの肌荒れを防ぐポイントです。オーガニックブランドからもポイントメイク専用のリムーバーの出ていますので普段からメイクが大好きな方はそちらもチェックしてみましょう。
Narvfovy033b150udp0e
また、オーガニッククレンジングに限らずですが初めて使うものをお肌に直接乗せるのはなるべく控えましょう。中には含まれている成分が合わず、さらなる肌荒れや、アレルギー反応が出てしまう間合いがあります。
Mdaep0vnd9jcacczby0v
クレンジングの大切さ、メイクとの向き合い方はどうでしたか?オーガニッククレンジングで自分のお肌とメイクに合わせたクレンジングケアをきちんと行いましょう。クレンジングがきちんとしていればお肌トラブルも減り、毎日のお手入れやメイクも楽しみになりますね。