Ynae3xqfe8zyrnzocg0r

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

洗顔ブラシがおすすめの理由って?プチプラ&人気アイテム特集

2018.02.25

皆さんはどうやって洗顔をしていますか? 洗顔料を泡立てて手で洗っていると、残った汚れが黒ずみ等の肌トラブルの元になることも。 そんな時は、今おすすめの洗顔ブラシを試してみませんか? この記事では洗顔ブラシの基本からおすすめアイテムまで、しっかりご紹介します!!

  1. 洗顔ブラシってどんなもの?
  2. 洗顔ブラシを使うメリットは?
  3. 手動? 電動? おすすめはどっち?
  4. 手動ブラシのメリット
  5. 電動ブラシのメリット
  6. 肌への刺激も考えて選ぼう
  7. 洗顔後のお手入れ方法も考えよう
  8. その他のポイント
  9. おすすめプチプラ洗顔ブラシ・手動ブラシ編
  10. おすすめプチプラ洗顔ブラシ・電動ブラシ編
  11. おすすめの中にお気に入りは見つかった?
洗顔ブラシは、毛穴ブラシと呼ばれることもあるアイテム。 顔に使うと肌を痛めてしまうのではないかという不安の声もありますが、正しく使えば汚れをしっかり落とすのみならず、肌を整え、美肌効果を促進してくれます。 これらには手動で使うものと電動で動くものがあり、それぞれおすすめのポイントが異なります。
今はプチプラで手に取りやすい商品も多いので、洗顔ブラシデビューには最適。皆さんも積極的に挑戦してみませんか?
手動タイプにせよ自動タイプにせよ、洗顔ブラシを使うメリットはいくつかあります。
Unkgavtgpo7gp9acuitx

肌のトーンが明るくなる

洗顔ブラシをつかうことで、手では落としきれない汚れをしっかりかき出すことが出来ます。 このため毛穴が綺麗になり、肌がワントーン明るくなりますよ。
Gbcfzvo2559eix73ubjt

洗顔後の化粧水の浸透率が上がる

毛穴の汚れが落ちるので、洗顔後につける化粧水や美容液などの浸透率が格段にアップします。これを続けていくことで、美肌効果がアップしていきますよ。
Ehkl2jqwbus4hwcjo2ip
ブラシを使う利点が分かったところで、早速、実際の洗顔ブラシを見ていきましょう。 手動のブラシと電動のブラシにはそれぞれの良さがありますので、ポイントをチェックして、皆さんにピッタリ来る方を選んでくださいね。
Tcnzruluthh4c7ell9hh
まずは何と言っても、価格が安いのが最大のメリットです。プチプラの商品も多く、1000円前後で良いブラシに出会えることも多いのが嬉しいポイント。手軽に洗顔ブラシを試してみたい時は手動ブラシがおすすめです。
Apoqkvaughuke4x6nczp
また、軽くて持ち運びにも便利なので、出先でもしっかり肌ケアをすることが出来ますよ。 加えてお手入れも簡単なので、自宅の収納スペースにあわせて選ぶことも出来ますね。
B93t6xx4bb6req3cldya
電動ブラシは手動のものに比べると価格が高くなってしまいますが、その分、均一な振動で肌を刺激して、ムラなく洗うことが出来るのが最大のメリットです。その洗顔効果は、手動ブラシの10倍だなんて言われることも。 また、ブラシを交換して全身のケアに使えるタイプもありますので、そんな付加価値を選ぶときのポイントにしてもいいかも。
Jmz69ndzclvffxj6iuiv

音波洗顔ブラシ

電動ブラシも更に、音波洗顔ブラシと回転式洗顔ブラシに分類されています。音波洗顔ブラシは1秒間に数百回の回転で汚れを浮かせて落とすので、洗浄力も高いですが価格も高めです。

回転式洗顔ブラシ

回転式洗顔ブラシはブラシの付いたヘッドが回転することで、表面の汚れを落とします。音波式に比べて洗浄力が落ちるものの、価格としてはリーズナブルなものが多くなっています。
Pa5bjfpcmqaoybbgavz3
洗顔ブラシを選ぶ時は、自分の肌との相性も考えて選びましょう。敏感肌や乾燥肌など、元々の肌質によっては、ブラシで刺激をすることで肌の状態が悪くなってしまう可能性があります。まずは週に数回など、肌への刺激を考えて徐々に慣らしていくのがおすすめです。
Fjl4j89dbnkcmkeli9rd
店頭で実物を見たり、触ったりすることが出来るなら、毛の硬さや密集具合なども確認しておきたいですね。ハンドル部分が握りやすいと、無駄な力を入れることなく使うことが出来ますよ。インターネットで購入する際は、口コミを参考にしてみましょう。
C5tqwxxwcrkyrje3ch25
特に電動の場合は、強さが調整出来るかどうかも選択する上のポイントにしてみてくださいね。
手動ブラシも電動ブラシも、使用後はしっかりお手入れをすることで、長く使うことが出来ます。
Vaywroroizgb9q1mmsxo
手動ブラシの場合は、綺麗に洗って乾燥させるのが一般的です。ただし、乾燥が甘いと雑菌の温床になってしまったり、カビが生えたりすることがあるので気をつけましょう。
Mnzgxgvwb3kqcfhdtxal
電動ブラシの場合は、取扱説明書に従ってお手入れをしましょう。パーツの取り外しが簡単で丸洗いが出来るタイプだと、お手入れもやりやすいですよ。
T7zk3vl49b7yj4pks4sb
毎日使うものですので、自分でお手入れを続けられる商品を選びましょうね。
Ncxib9om4hq34epgzovd
電動ブラシの場合は、洗顔以外にも、「メイク落とし」や「自動泡たて」などの付属機能がついている場合があります。
Xagblyulee92fqflorp0
また、充電の方法や替えブラシの値段も確認しておきましょう。毎日使っていると、半年程度で交換する必要があります。浴室でお風呂と一緒に使いたい場合は、ウォータープルーフかどうかも確認しておきましょう。買って終わりではなく、継続して使っていくためのランニングコストも考えてみてくださいね。
Wpskdszqgzk8w3qghks9
では、どんな商品が人気なのかを具体的に見てみましょう。 特に手動ブラシはプチプラでも質が高いものが多いので、厳選してご紹介します。
Qdm0bteyhrcj2bzx2kiv

リヨンプランニング NYF-800洗顔ブラシ

価格は700円程度のプチプラですが、約16万本の極細毛が密集したブラシがソフトな肌当たりを実現しているため、優しくしっかり肌を洗ってくれます。 とにかくふわふわで気持ち良い肌触りが特徴なので、刺激が少ないブラシを試してみたい方にオススメです。

ホイップポアブラシ

おすすめのプチプラアイテム二つ目。毛の硬さが少し硬めですので、泡立てた洗顔料をつけて肌をクルクルとマッサージをすると気持ち良いアイテム。気になる毛穴の汚れもしっかり落としてくれますよ。参考価格は500円前後ですが、販売しているサイトによって幅がありますので、購入する際に確認してくださいね。
「とても柔らかくて細い毛だから、肌への刺激が気にならない」・「使用後は、ピーリングしたときのような肌に」・「このブラシを使うと、化粧水や乳液がよく浸透する」などの口コミも。「こんなに柔らかい毛で、本当に汚れが落ちるの?」と思った人も多いようですよ。

熊野化粧筆 ハート型洗顔ブラシ

世界的に有名な熊野筆の洗顔ブラシです。ハートの可愛い見た目とブラシとしての実力が共存しているアイテム。くぼみの部分に空気が入ることで、洗顔料を泡立てる時に空気を取り込み、キメの細かい濃密泡を作ることが出来ます。価格が3000円程度と他よりも少し高めですが、多くの人に支持されていますよ。

ALTY 洗顔ブラシ Hinoki

アットコスメ等でも高い評価を得ているのがコチラ。髪の毛より細い超極細毛が、なんと、29万本も密集しています。使ってみると肌当たりの滑らかに驚く人が多数。価格は3500円前後ですが、毛が抜けにくく、雑菌の繁殖もし辛い商品ですので、長く使うことが出来ます。
今はダイソーなどの百均でも販売されていたり、小鼻専用など集中ケアするためのブラシも多く販売されています。用途や使用感を考えて、自分に合うアイテムと出会いたいですね。
次に、電動ブラシのおすすめアイテムをご紹介します。
Kduhigon1lon4sc5tinz

Areti 毛穴ケア クレンジングキット

長年愛されている、初めての人でも購入しやすい電動ブラシです。何と言ってもアタッチメントが充実しているため、コレ1つで、洗顔・フェイスマッサージ・ボディケアをカバーすることが出来ます。足のケアが出来る軽石までついているので、肌の露出が増えるこれからの時期に頼もしい味方になってくれますね。ウォータープルーフ+コンパクトな電池式タイプなので、持ち運びにも便利ですよ。

クリニーク ソニック システム ピュリファイング クレンジング ブラシ

アットコスメ等の口コミサイトで高い評価を得ている電動ブラシ。ウォータープルーフなので浴室でも使えます。 少し傾斜がある硬めのブラシを使えば、Tゾーンなど凹凸がある場所もしっかりと洗い上げることが出来ます。一方でソフトタッチのブラシを使えば、頬などを優しく洗い上げることも可能。10000円程度の価格で様々な肌質に対応した優等生です。

フィリップス ビザピュアアドバンス

価格は11000円程度ですが、この1台で、洗顔・肌の引き締め・目元のケアまで対応出来ます。毎秒110回の音波振動と毎分250回転のダブルアクションで、肌に残ったメイク汚れまでしっかり落としてくれますよ。肌に対する圧力が手洗顔の2分の1という肌への優しさも魅力的。また、別売りのブラシが充実しているので、敏感肌や毛穴ケアなど、用途に応じてカスタマイズ出来るのも嬉しいですね。
この記事で紹介出来たのは、ほんの一部。新商品も含めて多くのアイテムが店頭に並んでいます。手動ブラシと電動ブラシ、それぞれにメリットや種類がありますので、価格や見た目だけでなく、付加価値も含めて考慮してみましょう。気になるものがあればラインナップ落ちする前に買ってみるのもいいかも。
Jatgbgntm43skstdovao
自分の肌に使うものですので、可能であれば実際に手にとって、手に取れなければ口コミやレビューを参考にして、使い勝手を想像しながら選んでみてくださいね。 ワンランク明るくなった肌と一緒に、明るい気分で新年度へ向かいましょう!!