Ybiliwbpqhoctbzdgsob

アンチエイジング

CATEGORY | アンチエイジング

アンチエイジングの正しい意味とは?老化を防ぐ本当に必要なケアのポイント

2018.10.13

本当に、アンチエイジングという意味を正しく理解しているでしょうか。 疑問に思い調べてみると、正しいと思われているアンチエイジングに関する事実も実は間違っていたという経験は無いでしょうか。 アンチエイジングのケアの為に、多くの方は顔ができるだけ若く見えるようにするための、クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームといったスキンケアルーチンに従い適切な措置を講じていると思います。 そのルーチンの中で最も重要なステップの1つは保湿です。 皮膚がより保湿されていれば、シワが発生しにくいことはよく知られている事実です。 しかし、肌をしなやかに保つ努力のために、自身の皮膚に保湿成分を過度に適用すると、より良い効果を与えるのではなく、老化防止の為に行ったケアが逆に害を与えているかもしれません。 繊細な顔の肌に潤いを与えたときに人々が過ちるミスがあるという事実。 スキンケアの一般的な間違いやスキンケアの一連のルーチンを修正するために何をすべきかアンチエイジングの正しい意味に焦点を当てていきます。

  1. アンチエイジングの正しい意味
  2. アンチエイジングの正しい意味1:乾燥肌にのみ保湿成分を塗布するのは間違い
  3. アンチエイジングの正しい意味2:アンチエイジング基礎化粧品の一般的な成分を理解する
  4. アンチエイジングの正しい意味3:潤いのない皮脂性肌
  5. アンチエイジングの正しい意味4:多量の保湿成分配合の化粧品を適量で使用する
  6. アンチエイジングの正しい意味5:適切なデイリースキンケアの順序に従う
  7. まとめ:正しいアンチエイジングでいつまでも若々しい肌をキープ!
Kveslif2ocgbhuybo4sf
引用: https://www.lifelineskincare.com/stem-cell-creams-growth-factors
アンチエイジングやエイジングケアって日常生活の中で何気なく使ってますよね。だけど、その正しい意味や正しいケアの方法、本当にしっかりと分かっていますか?

冬だけ保湿成分入りの化粧水を使っていませんか?

主に環境による外的要因により(通常は冬季)肌が乾燥したときには、しばしば保湿成分が配合された化粧品を適用するという人は多いと思います。そのケアは本当に正しいでしょうか。

まずは、スキンケアルーチン第一段階の洗顔でのポイント

洗顔後は、顔表面の皮膚が完全に乾くまでに毎日保湿成分の配合された化粧水を塗布してケアしてください。クレンジング後は、柔らかいタオルで顔をやわらかくし、湿った肌に顔専用の化粧水により老化ケアをします。湿った状態で肌に化粧水を付けるのは、水分を補給するためにより肌に水分を浸透させるために必要なスキンケア方法です。

次のポイントはクリーム選び!塗りすぎると毛穴が詰まる!?

通常は肌が乾燥しているときには重いクリームを選び、保湿を強化しますが、余分な保湿剤は逆に肌に負担を与えてしまいます。過度に塗布されたクリームはすべてが皮膚の細胞に吸収されず、残ったクリームは深部の細胞組織に吸収されません。代わりに、残ったクリームは皮膚の上に残り、あなたの毛穴を詰まらせ、本質的にあなたの肌を窒息させてしまいます。その結果、本来の期待していた保湿効果が逆に、皮膚を過度に乾燥させてしまうという事実があります。自身の皮膚の状態と肌タイプを調べ、その肌の状態にあった水分量と保湿効果のある化粧品を使用することが、正しいアンチエイジングの方法であり、老化防止へと繋がります。
Rvkvjrnwfnwue28ncwxx
引用: https://www.lifelineskincare.com/stem-cell-creams-growth-factors
老化防止のエイジングケア商品には①保湿成分の閉塞物質、②皮膚軟化剤、③湿潤剤の3つの主要成分があります。

①閉塞剤(皮膚保護剤)は皮膚に浸透した水分を逃がさないようフタをしてくれます

オクルーシヴ、オクルージョンとも言います。あなたの肌の上の層として働き、湿気を逃がさないようにします。

②皮膚軟化剤は皮膚を柔らかくする働き(エモリエント効果)があります

Lceg8goqnspz1b8cjsqb
皮膚軟化剤は皮膚表面で皮脂膜を構成してうるおいを守り、肌の修復を助ける働きをします。皮膚では生体内から角層への水分の拡散が起きており、角層細胞間脂質と皮脂膜の働きにより水分の蒸散がおさえられ、場合によっては外部から水分が補われることで皮膚に対してエモリエント効果が生じます。皮膚のエモリエント効果では角層の水分の役割が重要ですが、その状態を保つためにエモリエント剤の存在が必要不可欠となっています。

③湿潤剤(パンテノール、グリセリンなど)は実際に皮膚の深層から上層、外層まで水分を引き出します

ほとんどの処方には3種類の成分が混在しています。角層からの水分が失われることを防ぐためには①の閉塞剤(皮膚保護剤)で塗布膜にオクルージョン効果を与えることが重要であるとされていますが、逆に肌の油分が多い人はオクルージョンが重く、皮膚に負担をかけてしまうことがあります。保湿成分の化粧品を選ぶ際には、成分リストをチェックしてから、今のあなたの肌の状態に必要な保湿成分リストを見て、あなたの肌のタイプに過剰に保湿をしていないかどうか、正しいアンチエイジングケアかどうか、老化予防に効果があるのかを判断してください。
Csdifhtlpliv5yhazzlv
引用: https://www.lifelineskincare.com/stem-cell-creams-growth-factors

オイリー肌だから保湿不要、は間違い

保湿性のある皮脂性の皮膚は水分の蒸発を防ぎ、保湿が適正になされている状態と見えるかもしれません。これは、脂性肌の皮膚に関する最も一般的な誤解の1つです。実際には、あなたの肌から過剰に分泌された皮脂が水分と皮脂のバランスを乱してしまいます。肌が自然に皮脂を生成しているからと言って、保湿成分が配合された化粧品によるスキンケアを行わないと、肌の水分と皮脂のバランスが乱されてしまうからです。そうなると、肌は皮脂の過剰分泌を始めてしまいます。

一方で、脂性肌の場合、美容成分が肌トラブルの原因になることも!

Erythfzgx95av26kg5xu
多くの化粧品には油分が含まれているのですが、10代、20代のにきびや30代以降の吹き出物が発生しやすい皮膚の場合、化粧品の油分がニキビを悪化させてしまう場合もあるのです。 症例として、美容成分がたっぷり配合された美容クリームを肌に過剰に塗布した場合、皮膚の上で酸化するとニキビの原因となるアクネ菌の養分になります。また、ファンデーションなども含まれている油分がアクネ菌の養分になってしまうことがあります。このように、化粧品によっては使用することで正しいと思っていたアンチエイジングケアが、逆の効果を生じてしまうことがあります。

そこで、脂性肌にはノンコメドジェニック!

Viuja4043z92zb1auwkw
脂性肌(あるいは敏感肌)の場合は、毛穴を詰まらせることがないことを意味する「ノンコメドジェニック」と言われる製品を購入してみてください。

脂性肌にはホホバ油も有効!

または、ホホバ油を使いましょう。ホホバ油は自然なコメドジェニックな液体で、すべての肌のタイプに潤いを与え、にきびの原因となる皮膚を美しくします。毛穴を効果的に消し去り、メイクや汚れを取り除くのに最適です(髪にも効果があります)。ホホバ油は名前には油と付いてますが、実際には油ではなく液体ワックスです。これは、皮膚の皮脂に最も近い自然発生物質なので、皮脂と水分のバランスを保つのに非常に効果的な方法なんです。
Zhljibfciw3vszwahdjl
引用: 剥離
保湿成分の頻繁な過剰な塗布は、保湿ケアをしないことと同じ悪影響を及ぼし、老化を早めてしまう可能性があります。あまりにも多くの保湿成分配合のアンチエイジングケア化粧品を使用すると、あなたの肌が常に湿気のある状態に慣れ、そためにケア製品に依存するようになり、疲れた外観の肌を作り出してしまいます。前項で言及した様に、肌に過剰な保湿成分配合の製品を適用すると、最終的に毛穴の詰まり、皮膚の死んだ細胞の定期的な剥離、潤いのない皮膚に繋がってしまいます。余分な保湿成分は肌に吸収されず、代わりに、実際にあなたの肌を窒息させます。 顔の保湿成分は、おそらくあなたが思っているほど多くの成分を必要としません。毎日3回以上の保湿成分の配合された化粧品の塗布は過剰かもしれません。
Otp4jtbhzc4ncqyvsk42
引用: https://www.foreo.com/mysa/order-youre-layering-skincare-wrong/
毎日のスキンケアの順序は、肌質によらず、 "クレンジング、洗顔、トリートメント、保湿"というパターンに従いましょう。肌に強い刺激がない洗顔料で、朝と夜の両方で顔を清潔に保つ必要があります。柔らかいタオルで顔をやわらかく軽くたたき、肌に過剰な潤いを与えないように気をつけながら、アルコールフリーの化粧水を服用しましょう。オイルを分解するグリコール酸を含む化粧水を考え、特に顔のおでこや眉間、鼻から顎にかけてのTゾーンで使用することをおすすめします。何か傷がある場合、病院で処方される薬も使いましょう。最後のステップは保湿剤を塗布することです。あなたの肌のタイプにかかわらず、有害な紫外線から皮膚を保護することは、老化を予防する最も効果的な方法です。日中の時間帯は毎朝SPFの配合された日焼け止めクリームを使用してください。ただし、夜間にSPFを使用しないでください。不要なので、毛穴を詰まらせる可能性があります。
いかがでしたでしょうか?成分の話など、やや小難しい話も出てきましたが、アンチエイジングについて、いかにまだまだ知らないといけないことがあるか分かりましたね!スキンケアは日々実践しながら知識を身に着けていき、自分の肌質・年齢・季節に合わせて最適な方法を選べるようになりたいですね♪