O3uifetsmjjbyzru5jcw

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

美肌をつくる食べ物が知りたい!キレイになれる簡単レシピもご紹介

2018.03.13

いつまでも綺麗でいたい。女性の永遠のテーマです。メイク法、スキンケア、適度な運動、食事管理。色々な美肌方法はありますが、今回は食べ物で作る美肌になる方法を紹介します。健康的に食べ物からキレイになりませんか?キレイになれる簡単レシピも紹介します!

  1. 美肌の条件とは?
  2. 体の中から綺麗に!美肌を作る方法
  3. 美肌になる為に必要な食べ物の栄養素は?
  4. 美肌になるためにオススメな食べ物
  5. 美肌になるために控えた方が良い食べ物
  6. 肌トラブルに効果のある食材
  7. 美肌になるための簡単レシピ
  8. 肌の生まれ変わりの周期
  9. 美肌になるために
  10. まとめ
Agrh0igofgg8qfcgk2cd
美肌と聞いてどのような事を思い浮かびますか?ツヤツヤはきめ細やかな肌を皆さん想像するのではないでしょうか。シミ、しわ、ニキビ、乾燥、たるみ、毛穴の黒ずみなどによる肌荒れ、肌トラブルのない、健康な肌が美肌の条件です。肌は水分量と油分の絶妙なバランスで健康肌が作られます。水分、油分が少ないと乾燥肌になりますし、多いとオイリー肌なってしまいます。他にも、肌の層の一番奥にある基底層で出来た角化細胞が表皮に上がっていき、角質となって剥がれ落ちる工程をターンオーバーと言いますが、このターンオーバーが正常に行われていることも美肌の条件の一つです。
Jpqstny45pv1rdvwwf7i
美肌になるために大事な事は何でしょうか?もちろん日頃のスキンケアも、運動も大事です。しかし、体内環境が正常でなければスキンケアの効果も半減してしまうのです。

肌は内臓の鏡

V2s2oozs2xgfx9cfgcay
漢方理論では肌は内臓の状態を写した鏡だと言われており、肌を見ると心身の悪いところを知ることが出来るのです。肌荒れが気になったり、最近顔がくすんできたかも。なんて思ったときには食生活の見直しをしてみてください。

肝臓と美肌は深く繋がっている

Nwekwmkz8vwdgjl5lzjc
肝臓には、代謝機能(老廃物を排出し、栄養素を摂取する働き)、解毒機能(添加物やアルコールなどを分解する働き)、胆汁の生成と分泌(老廃物を排出する為の胆汁の生成と分泌)の働きがあります。肝臓の負担が大きくなると、肌がくすんできたり、肌荒れの原因になります。さらに悪化していくと新陳代謝が悪くなることにより、シミやくすみが出来やすくなります。

腸内環境を整える

Zqj0u6ratchongsslrpw
腸内環境で女性の悩みと言えば、便秘ですね。便秘になると腸内に悪玉菌が増えて、悪玉菌が作る毒素が血中に放出されます。それがお肌に蓄積されてニキビや吹き出物の原因になります。他にも乾燥肌、オイリー肌なども、腸内環境の影響が大きいです。
Xf4it6nidxoh6t5w8brg
ではどのような栄養素が美肌に良いのでしょうか。美肌に良いと言われている栄養素を紹介します。

タンパク質

Mkul1ydbtgk247zhn9bq
まずは美肌には欠かすこの出来ない栄養素、タンパク質。肌も筋肉も内臓もこのタンパク質から出来ています。他にも爪、髪の毛などもケラチンと言われるタンパク質で出来ているのです。美容に必要な栄養素と聞いてコラーゲンを思い浮かぶ人も多いと思いますが、コラーゲンもタンパク質の一種なんです。タンパク質不足になると、しわやたるみの原因になります。悪化していくと抜け毛や爪が弱くなったりと肌以外にも影響が出てきます。

ビタミン

Nit9tjntn7k9gdmqvllg
まずは女性ホルモンのバランスを整えてくれるビタミンE 。月経前症候群や生理不順なども:改善してくれる効果があります。更年期障害の暖和効果も期待されています。次は皮膚や粘膜を正常に保つ働きをしてくれるビタミンA。肌が乾燥気味の人は積極的に摂取を心がけると良いでしょう。最後にコラーゲンの生成や免疫力アップもしてくれるビタミンC。メラニン色素の沈着を防いでくれる働きもあるため、シミやソバカスから守ってくれるのです。

ヒアルロン酸

Gpfowjkmp35b2q36bkrg
ヒアルロン酸の働きは主に、細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やクッションの様な役割をしてくれることです。ヒアルロン酸が含まれることにより水分が十分に保たれ皮膚も潤ってくれます。肌だけではなく、関節動きを良くしてくれる働きや、眼球を守ってくれる働きもしてくれているのです。

食物繊維

Uwf23nhuinn58yhnozmp
食物繊維は腸内環境を良くしてくれる働きがあります。腸の中には乳酸菌やビフィズス菌、バクテリアなど約1000種類の腸内細胞が100兆個存在していると言われています。人間では作り出すことの出来ないエネルギーやビタミンを供給しているのです。そして食物繊維はその腸内細胞の餌になるのです。女性では一日あたりに18グラム以上の食物繊維の摂取が必要です。便秘による肌荒れが気になるときには積極的に摂取したいですね。
美肌に最適な食材はたくさんありますし、色々な食材をバランス良く取ることが一番ですが、その中でも栄養素の多く入っているオススメな食材を紹介します。

キウイ

Ejxei7nhp97cxtvwej9i
キウイはなんと言ってもビタミンCが豊富に入っています。ビタミンCにはシミやそばかすを防いで美白に導いてくれますし、免疫力もアップしてくれます。そして、キウイ一つで一日に必要なビタミンCを摂取出来てしまうから驚きです!そして若返りのビタミンを言われているビタミンEが肌にハリやツヤを出してくれ、生活習慣予防にも効果的なんです。他にもまだまだ、食物繊維も豊富でバナナ3本分。浮腫を解消してくれるカリウムにポリフェノールも入っています。疲労回復に効果のあるクエン酸。女性には是非取ってもらいたい葉酸まで!マルチに効果のあるスーパーフードなんです。

ブッロコリー

Xhc9l4mkos7r0q6jovuy
ブロッコリーには緑黄色野菜の中でも便秘解消や浮腫に効果の高い栄養素が多く含まれています。浮腫解消に効果的なカリウム。便秘に効く食物繊維。便を軟らかくしてくれる働きのあるマグネシウム。他にもビタミンC・Eが豊富なのでアンチエイジング効果や美白効果も期待できますし、葉酸や鉄分も入っているので妊婦さんにもお勧めしたい食材です。

大豆

Gqivptjbovk12pvenkpl
大豆と言えば女性の味方、イソフラボンです!このイソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きがあり、美容効果に期待できる食材の一つなのです。大豆は食物繊維も豊富な為、腸内環境を整えてくれます。他にも中性脂肪やコレステロール値を下げてくれる効果もあります。大豆イソフラボンの8時間ほどで減少してしまうため一日二回摂取を心がけると良いでしょう。

鶏肉

Zgduz61z5ngpzgt6dgk7
良質なタンパク質を摂取出来る鶏肉!低脂肪、低カロリー、高タンパクとダイエットのサポートには欠かせない、ありがたい食材です。必須アミノ酸のメチオニンが多く含まれており、肝機能改善に効果があります。そして、皮や骨の周りにはコラーゲンがたっぷり入っているので美肌の為にはぜひ摂取しておきたいですね。

カフェイン

Bqjkxylxgmdifbupfydt
コーヒーや紅茶、チョコレートなどに含まれているカフェイン。適度に取る分には問題ないですが、取り過ぎてる場合には少し控えた方が良さそうです。まずはカフェインによる利尿作用の問題です。この利尿作用のせいで必要なビタミンやミネラルまで排出してしまって、肌荒れを起こす原因になっている可能性があります。他にもカフェインには覚醒効果がありますが、カフェインの影響により睡眠の質が悪くなり、ターンオーバーに乱れが生じてしまいしわの原因になっているかもしれません。一日の摂取量は守る用に心がけてください。

脂肪分の多いジャンクフード

Keqhi4f7iz8n3e6hjt3q
脂肪分の多いお菓子やジャンクフード食事は、ニキビや吹き出物問題に直結していきます。また、質の悪い油を摂取すると酸化して、肌を老化させるのです。太る原因にもなりますし、味の濃いものを食べ過ぎることにより、塩分の取り過ぎで肌の乾燥にも繋がります。ポテトチップスやチョコレートの食べ過ぎで、次の日にニキビが出来てしまった事はありませんか?普段の食生活を見直してみましょう。

冷たい飲み物・食べ物

Ybtr4prx3a71avpo0jkq
お手軽だからと生野菜ばかり食べたり、冷たい飲み物ばかり摂取していませんか?内臓を冷やす事で全身の血行が悪くなり老廃物を排出しづらくなってしまうのです。他にも頭痛や浮腫に繋がることもありますので、美肌のことを考えるのであれば、サラダだけでなく、暖かいスープと一緒に摂取したり、飲み物も常温の物や、白湯などが良いでしょう。
L0l0hvudolhxsfxixurw

ニキビ・吹き出物

大人になってからのニキビは思春期の時に出来るニキビとは違い、脂質や糖質の取り過ぎによる皮脂の過分泌が原因だったり、タンパク質やビタミンが不足することにより起こる事が多いです。お菓子の食べ過ぎや、外食ばかりにならないように気をつけましょう。ニキビに効く食べ物はタンパク質を多く含む肉や魚、納豆やチーズ、卵がオススメです。そしてビタミンAが豊富な人参、カボチャ、ほうれん草は毛穴つまりを防いでる効果が期待できます。肌荒れが気になるときには、一層、バランスの良い食事を摂取するように心がけましょう。

しわ・たるみ

コラーゲンやヒアルロン酸の減少が原因によるしわやたるみには、イソフラボンがとれる納豆、手羽先、コラーゲンがたっぷりの牛すじもオススメです。卵の薄皮にはコラーゲンを増やす効果が期待されていると言われています。卵を食べる際には積極的に食べるようにするのが良いでしょう。

シミ・そばかす

メラニンの色素沈着が原因によるしみ・そばかすにはビタミンCがオススメです。ビタミンCはキウイや柑橘系フルーツに多く含まれています。またリンゴは体内にあるビタミンCを増やしてくれる効果がありますし、ポリフェノールも含まれています。ポリフェノールには紫外線が原因によって発生する活性酵素を抑制する働きがあり、シミなどの肌トラブルに効果があります。
Bqcb9bwel0m1n3pkrhye
では、美容になるための簡単レシピをご紹介します!レシピの詳細は引用元をご参考にしてください。
ピリ辛ネバネバ丼!本当に忙しいときの、のっけるだけ丼!魚も野菜も卵も!この丼1つで美味しく頂けちゃいます♪簡単なのにすっごく美味しいですよ☆

湯通ししたオクラとなめこに、納豆、マグロ、卵黄、豆板醤をご飯にかけて醤油をかけたら完成!とっても簡単なので便秘解消効果、エイジングケア、吹き出物、乾燥肌対策などなど、効果が期待できます。

キウイりんごアボカドの☆美肌スムージー!はちみつ、果物の甘さの中にレモンのフレッシュな酸味が効いてお口爽やか、お腹すっきり、美肌になるスムージーはいかがですか?

キウイ、リンゴ、アボガド、レモン汁、牛乳、蜂蜜をなめらかになるまでミキサーにかけるだけ!アボガドには体に良いビタミンがが豊富です。蜂蜜にはエイジング効果が高く美肌効果があります。便秘解消にも効果的です。

ブロッコリーと海老、たまごの簡単エイジングケア炒め!寒くなる時期に旬を迎えるブロッコリー。βカロテンやビタミンⅭ、Eなど抗酸化作用のビタミンが豊富に含まれています。卵と海老を加えて更に抗酸化力UP!体内からエイジングケアする簡単炒め物の完成です。

肌荒れにも効果的なレシピです!高タンパクで低脂質な海老とブロッコリーの卵炒めで美味しくキレイになれちゃいます。海老はビタミンEも豊富です。

U79awfkkwprjzmdixfup
健康な肌の細胞は28日周期で生まれ変わっています。この周期が乱れないようにするために大切なのが朝食です。朝食を食べることにより一気に体温が上がり、その日一日、代謝の良い状態を保つお手伝いをしてくれます。朝食を抜くと代謝が悪くなり肌荒れを起こしたり、浮腫の原因になることも。起床一時間以内に朝食を取ることがベストです!
Qxq9h9htl7drfklsioiv
美肌になるためには、スキンケアや運動だけでは限界があります。もちろん食事だけ気をつけて一切動かない。家にこもりっぱなし。不衛生。などでは意味がありません。食事も運動もほどほどにしてストレスをためないで笑顔のある生活を送ることが大前提にあるのではないでしょうか。
Ggfxrqsmbapp6gietiuf
いかがでしたか。食事をバランス良く摂取するのは何も美肌の為だけではありません。毎日の事ですし、健康にも直結していくことなので、積極的に体に良い物を摂取していけたらいいですね。肌荒れが気になるときには、ぜひ参考にしてみてください。みなさんも食事から、透き通った素敵な美肌を手に入れましょう!