Pahpwh0pjug15cdwezfi

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

洗顔石鹸オススメ一覧|【プチプラ編】薬局で買える優秀アイテム

2018.03.02

皮膚科や専門家が薦めることから洗顔石鹸が見直されています。ニーズにこたえるべくさまざまな石鹸が販売されています。情報がありますぎてどれが本当のオススメか分からない!誰か教えて!そんなあなに今日はプチプラなのに優秀な、オススメの洗顔石鹸を一挙公開。

  1. 洗顔石鹸ってナゼ良いの?
  2. 洗顔石鹸の製造方法の違い
  3. 肌質別オススメ洗顔石鹸 選び方
  4. 肌質別オススメ洗顔石鹸 乾燥肌
  5. 肌質別オススメ洗顔石鹸 脂性肌
  6. 肌質別オススメ洗顔石鹸 混合肌
  7. 肌質別オススメ洗顔石鹸 敏感肌
  8. 肌質別オススメ洗顔石鹸 大人ニキビ
  9. 薬局で買えるオススメ洗顔石鹸 トップ10
  10. 番外編 ロングセラー
  11. 最後に
Br0dwaxpaoupkaleazwj
まずはじめに洗顔石鹸について少しお話させて下さい。いつも私達は洗顔料を購入する際、洗顔石鹸か洗顔フォームか悩みますよね。どちらも沢山の商品が棚に並んでいて、どっちが良いのかはっきり分かりません。でも、肌トラブルで皮膚科へ行くと、必ず医師から石鹸の使用を指示されます。なんでお医者さんは石鹸を勧めるのでしょう?そこに洗顔石鹸がオススメの理由が隠れています。

①天然成分が使われている

Y4tcmvseeszshqgsnwrp
石鹸は天然の成分を中心に作られており、余計な化学物質が使われていません。つまり、人口的に作られた洗浄成分ではなく、自然界に存在する天然成分で洗える、ということです。
石鹸は動物、または植物性の油脂を使用し、アルカリで煮て製造されている界面活性剤で、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムでできているのですが、これらは肌に触れても水と一緒に流す事ができ、肌に吸収される事がないため、人体には無害です。

②合成界面活性剤が使われていない

Uzc3mn3wpadt20vdn0xi
洗顔フォームやシャンプー、洗剤などには、成分と水のなじみをよくするために、合成界面活性剤が使われています。人口的に作られたもののため、肌に負担をかける可能性が高くなります。これがよく洗顔石鹸のメリット、洗顔フォームのデメリットとして挙げられています。皮膚科の先生が石鹸を勧める理由もここにあります。皮膚の専門家も肌トラブルを起こしている肌に合成界面活性剤は良くない、もしくは合成界面活性剤による肌トラブルを疑います。

③泡切れが良い

Hdehr23cbjo47tbb8lyw
合成界面活性剤が使われていないため、泡切れがよく、洗浄成分が肌に残りにくいのも特徴です。いつまでも肌の上に洗浄成分をのせていると肌に必要な皮脂まで落としてしまうことになりがちです。②の合成界面活性剤が使われていないために、洗顔石鹸のメリットが泡切れが良い、デメリットが泡立ちが悪いとセットで取り上げられることが多いです。

④弱アルカリ性

Pkgzhucwglyhvi64r5ga
アルカリ性によって老廃した角質が柔軟化するため、老廃物が流れやすくなります。また、「石鹸で洗顔すると肌がつっぱる」とよく言われますが、この「つっぱり」感は、石鹸が弱アルカリ性であることが原因です。 通常、お肌は弱酸性ですが、石鹸で洗うと洗顔後のお肌は一時的にアルカリ性に傾きます。この時につっぱり感を感じますが、しばらくするとお肌は自ら弱酸性へ戻そうと働きはじめます。この作用によって肌が自ら潤う力が活性化されます。※石鹸=アルカリ性です。弱酸性石鹸というものがありますが、それは合成界面活性剤を固形にしたもので、「石鹸」ではありません。
Zlp1ucwe4r2oekwozrfy
一言に石鹸といっても作り方は1種類ではありません。〇〇△□法って言われても分かりずらいですよね。ですので、簡単に少しだけ製法を説明しておきますね。

けん化(鹸化) ①ホットプロセス法

Nd0roz6rcmqfqdr92abm
ベースになる植物油と水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を反応させて石鹸素地を作ります。その際、90℃の温度の短時間でけん化していきます。

けん化(鹸化) ②コールドプロセス法

Tphvprmjiim9oz8bnssw
よく聞く製法です。・油脂にアルカリを加えて撹拌し50℃前後の温度で、時間をかけてけん化させるため、油脂がダメージを受け難く、しかも純粋な石鹸を作ることができます。また、油脂が加熱されないことによって栄養価がそのまま残ることと、グリセリン(保湿成分)をそのまま石鹸の中に含むので、保湿剤などを加えなくても、しっとりとした使用感の石鹸になるので人気です。メリットは熱に弱い成分を添加できることですが、加熱している石鹸に比べて酸化・劣化しやすいというデメリットもあります。

中和化

Gliorxxbykc9precqaki
大量生産に向いている製法なので、現在大半がこの製法です。油脂に含まれる「脂肪酸」だけをあらかじめ取り出しておき、脂肪酸とアルカリを反応させるという製法です。
Vtm3odzf5zavmt4oksnu
肌質によって入っていた方がよい成分、避けた方が良いものが分かれています。肌質・お悩み別にどんな洗顔石鹸を選んだ方がよいか説明していきます。洗顔石鹸選びの参考にして下さい。薬局の良いところは、沢山ならんだ商品からひとつずつ手に取って成分を確認できるところです。肌質別に意識したい成分を紹介していきますので、商品選びの参考にして下さいね。
Qjarxey6w25onrl5yzm3
乾燥肌は肌バリア機能が低下し、お肌の水分が不足している状態。実は、洗顔のし過ぎが乾燥肌を招いていることも多々あります。洗いすぎなどで必要な角質まではがれてしまい乾燥がさらに悪化することも。ですので乾燥肌の方は保湿成分となっているグリセリンが含まれている物を選ぶようにしましょう。薬局のプチプラでは難しいかもしれませんが、製造方法がコールドプロセスで手作りされている洗顔石鹸ならなお良しです。
U6qye58ejanw5mqchlbo
洗浄力の強い洗顔石鹸を使って、肌に必要な水分や皮脂膜まで洗い流してしまえば、どんどん皮脂が過剰に分泌されるようになります。オイリー肌でもしっかりと保湿をし、皮脂を過剰に分泌させないようにすることが大切です。ですので、油分の少ない石鹸、天然由来の保湿エキスなどが配合さてれいる石鹸を選ぶとよいでしょう。
Mcrg96dmfontocl5wutq
混合肌を改善するには保湿が大切です。ですので、コラーゲンやヒアルロン酸・天然の保湿成分が含まれているものを選びましょう。
Dzp3ozlegooolud6vqtn
敏感肌は肌の表面の皮脂膜が弱くなり、外部からの刺激に弱くなっていたり、水分保持ができなくなっている状態。そのため外部からのちょっとした刺激にも敏感に反応が出てしまいます。化学合成物質に反応してしまう敏感肌の方も多いので、洗顔石鹸は低刺激であることが大事です。純石鹸では洗顔後の乾燥が心配ですので、保湿成分の配合されたものの方がお肌にやさしいです。

純石鹸ってどうなの?

”純”という文字からも分かるように、何も混ざっていない石鹸です。そこから連想して、肌に優しいと考えがちですが、純石鹸は石鹸成分が98%以上のもの。つまり、ほぼ洗浄成分のみ、ということになります。保湿成分が適度に配合されていない石鹸はお肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまう恐れがあるので、”純”=肌に優しい、というわけではありません。
Hqvgccnm0vtfl6tiva37
●乾燥肌✖大人ニキビ:角質層が硬くなり、毛穴が閉じている状態ですので、角質ケアに必要なグリコール酸という成分が配合されているもの、かつ、保湿・低刺激性で選ぶようにしましょう。 ●脂性肌✖大人ニキビ:皮脂が毛穴を詰まらせてしまっているためにアクネ菌が増殖してしまう恐れがあります。毛穴につまった皮脂をケアすること、洗い過ぎないこと、皮脂を抑える成分であるダイズエキスやグリチルリチン酸という成分が配合されている石鹸を選びましょう。●敏感肌✖大人ニキビ:無添加=肌にやさしいと考えがちですが、洗浄力があるため、皮脂を取り過ぎてしまう恐れがあります。ですので、保湿成分と石鹸成分というシンプルな洗顔石鹸を選ぶのがよいでしょう。
Iiszhv9ypl4oezcd1jva
優秀な洗顔石鹸がプチプラで薬局で買えるとくれば、これほどありがたいことはありません。今回は薬局の売れ筋トップ10を人気順にご紹介します。

第1位  ペリカン石鹸 泥炭石 150g

泥炭石の人気の秘密は、「さっぱり、なのにしっとり」な使用感。微粉末の炭が、お肌の余分な皮脂汚れの洗浄を助け毛穴までスッキリ。保湿成分ベントナイトが肌の水分を保ち保護してくれます。

第2位 BCL クレンジングリサーチ ソープ 100g

クレンジングリサーチ ソープ
価格 ¥ 536
AHA(フルーツ酸)を配合した美容石鹸です。紫外線や老化によって厚くなった角質、くすみ顔に見せるメラニンを含んだ古い角質や余分な皮脂、メイクかすなどの汚れを取り除き、くすみのないなめらか素肌に整えます。お肌引き締め成分シラカバ樹皮エキス・ブドウ葉エキス 配合です。

第3位 ペリカン石鹸 ドットウォッシー洗顔石鹸 75g

ガスールクレイ&アルガンオイル配合で、顔の真ん中、気になる”いちご鼻”きれいにしてくれます。

第4位 牛乳石鹸共進社 自然ごこち 洗顔石けん 茶 80g

牛乳石鹸共進社 自然ごこち 洗顔石けん 茶 80g
価格 ¥ 880
京都宇治茶から抽出したカテキンたっぷりのお茶エキスと5つの天然保護成分配合で、もっちり濃密な泡立ちです。透明感のあるしっとりつるつる肌に導きます。うれしい泡立てネット付きです。

第5位 BCL クレンジングリサーチ ソープ b 100g

クレンジングリサーチ ソープb 100g
価格 ¥ 500
敏感肌・乾燥肌の方にも使えるマイルドタイプです。フルーツ酸でやさしく角質ケア。うるおい成分植物性セラミド(コメヌカスフィンゴ糖脂質)が配合されています。

第6位  ディーエイチシー マイルドソープ(SS) 35g

無香料・無着色・天然成分配合です。スペイン産有機栽培オリーブ果実の貴重なオリーブバージンオイルと、ハチミツが配合されており、肌に必要なうるおいを守り、しっとりすべすべに洗い上げてくれます。

第7位 リアル 純米洗顔石鹸 100g

リアル純米洗顔石ケン100g
価格 ¥ 364
お米から取れる米ぬかは、はるか昔から昔から洗身や洗髪に利用されてきました。米ぬかの保湿力でしっとりやさしく洗いあげてくれる透明洗顔石鹸です。

第8位  ペリカン石鹸 クマウォッシュ洗顔石鹸 75g

古い角質やメイクの洗い残しによる【くすみ汚れ】が原因で出来る【茶クマ】に、洗顔でアプローチします。洗浄成分の泥と角質やわらげ成分のAHA、潤い成分のセラミド、コラーゲンで洗顔のあともお肌しっとり。ねばりのあるもちもち泡、やさしいシャボンの香りです。

第9位 牛乳石鹸共進社 カウブランド 無添加洗顔せっけん 70g

牛乳石鹸が長年培ってきたこだわりの釜だき石けんです。お肌への刺激の少ない植物性アミノ酸系洗浄成分が配合されています。なめらか泡で、お肌のうるおいを守りながら皮脂や汚れをマイルドに落とします。

第10位 進製作所 マナソーププラス 7G

進製作所 マナソーププラス 7G
価格 ¥ 897
マナソープの改良版。レモングラスにさらに柑橘系の天然香料をプラスし、さわやかな香りに。泡立ちも良くなりました。
Nujtungwt3ujxvzhbpki
残念ながら薬局売れ筋ランキングからは漏れてしまいましたが、ずっと親の代から使われ続けていた商品があります。せっかくですので紹介しましょう。これらももちろん薬局で購入できます。

ユゼ 黒砂糖洗粉 75g

ユゼ 黒砂糖洗粉 75g
価格 ¥ 473
ユゼ黒砂糖洗粉が発売されたのは、なんと昭和25年(1950年)。日本古来の洗顔料である洗粉の特徴を生かし、お肌に有用なミネラル・ ビタミン類が豊富に含まれている黒砂糖・黒糖オリゴが、アレやすく、カサつきがちなお肌にしっとりうるおいを与えます。

シャボン玉 ベビーソープ 固形タイプ 100g

シャボン玉 ベビーソープ 固形タイプ 100g
価格 ¥ 592
お肌に優しいと言えば、シャボン玉、というくらい有名なブランドです。高い保湿力は配合されたアボカドオイルによるもの。石鹸と保湿成分というシンプルな作りは敏感肌でも安心して使えます。

カウブランド

カウブランド 赤箱125 1コ
価格 ¥ 120
カウブランド 無添加せっけん 100g
価格
皮膚科の先生からの指名率が高い牛乳石鹸。無添加は洗剤100%のため、乾燥肌や敏感肌の人には洗浄力が強すぎる恐れがあります。赤箱ならミルク成分とスクワラン配合ですので、うるおいを守ってくれます。
Cu1n1mwbekzsl9gmwqur
今回は優秀なプチプラ洗顔石鹸をまとめてご紹介しました。洗顔はスキンケアの第一歩。石鹸選びだけでなく、洗顔の仕方もとっても大事なんですよ。洗顔料と洗顔のしかたを見直すだけで劇的に肌質が改善する、といわれています。これを機会に正しい洗顔の仕方も知ってプチプラで素肌美人になっちゃいましょう。