Mjrfjb0nhfhhcpwfu10r

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

リップグロスの塗り方って知ってる?さりげないうるツヤ唇を作るコツ

2018.02.25

トレンドコスメの「リップグロス」を上手に使っていますか?リップグロスの塗り方で、メイクの印象も大きく変わってきます。この記事では、基本の塗り方から少し難しい塗り方まで、色々なリップグロスの塗り方ご紹介します。塗り方をマスターして、トレンド唇を手に入れましょう!

  1. うるツヤ唇を手に入れよう
  2. リップグロスの塗り方【準備編】
  3. リップグロスの塗り方①チップタイプ
  4. リップグロスの塗り方②チューブタイプ
  5. 長持ちするリップグロスの塗り方
  6. 程よいツヤを出すリップグロスの塗り方
  7. 立体感を出すリップグロスの塗り方
  8. もっと簡単に立体感を出すリップグロスの塗り方
  9. リップグロスの塗り方【ケア編】
  10. まとめ
引用: http://cache-cdn.cosme.net/media/cur-contents/file/parts/I0008544/d76fe4e29aaf923126c967f08eaec5b2.jpg
春のトレンドコスメといえばリップグロスです。リップグロスはさっと塗るだけで、ぷるっとした魅力的な唇に仕上げてくれる素敵なアイテムです。しかし、適当な塗り方だと、天ぷらを食べた後のような「テカテカの唇」になってしまいます。これでは魅力的な唇とはいえません。この記事では、基本のリップグロスの塗り方から少し難しい塗り方まで、色々なリップグロスの塗り方をご紹介します。リップグロスの正しい塗り方をマスターして、トレンド唇を手に入れましょう。
Jj7hwubcjqc9d4vtr7tk
リップメイクをする前に、リップクリームやリップバーム、唇専用の下地などで唇を保護しましょう。この準備を行うと、より美しいリップメイクに仕上がります
引用: http://img.favor.life/rich/rich_files/rich_files/4383/blog/0829-6.png
グロスの先の部分がチップになっているタイプのリップグロスがあります。まずは、こちらの基本的な塗り方から紹介します。

①適量のグロスをとる

引用: https://eimuf.com/wp-content/uploads/2017/12/lalm-6.jpg
チップタイプはグロスを容器の端に沿わせるようにして、グロスをとります。とりすぎたときは容器のフチを利用して、余分なグロスを落としましょう。最初にグロスをとりすぎてしまうと、テカテカの唇を作る原因になります。さりげないうるツヤ唇を作るためにも、適度な量が大切です。

②唇の中央につける

引用: http://ar-mag.jp/wp-content/uploads/2017/12/SAT6942.jpg
とったグロスを上下の唇の「中央」にのせます。唇の端から塗るのではなく、中央から塗っていくことがポイントです。ぽんぽんと中央のみにグロスをのせることで、グロスのつけすぎを防ぐことができます。最初にどこにグロスを塗るかで、後のグロスの仕上がり変わります。一番気をつけてほしいポイントです。

③左右に伸ばす

引用: http://howcollect.cdn-donuts.jp/files/20120615030927-1232-815_thumbnail.jpg
中央にのせたグロスを左右に伸ばして、完成です。この時、唇にグロスの膜を張るイメージで、薄く伸ばしていくことがポイントです。チップを使用すると、簡単に伸ばすことができます。また、リップブラシを使って伸ばす方法もあります。リップブラシを使用すると、チップで伸ばすよりも美しい仕上がりになります。唇の端になるにつれてリップが薄く伸びていくので、口角が上がった立体感のある唇になります。
引用: http://www.cosme.com/img/usr/static/detail/1000030766/1000030766_main.jpg
容器の先に穴が開いていて、そこからグロスが出てくるタイプのリップグロスがあります。次は、こちらの基本的な塗り方を紹介します。

①適量を手の甲に出す

引用: https://eimuf.com/wp-content/uploads/2016/10/daug012.jpg
手の甲などにグロスを適量出します。慣れないうちは、まず少量を出しておいて、足りなくなったらまた出すようにすると、多く出しすぎるのを防ぐことができます。ここでグロスを出しすぎると、テカテカの唇を作る原因になります。さりげないうるツヤ唇を作るためにも、適度な量が大切です。

②リップブラシで塗る

Huappvczwokgn71jrkk0
引用: http://img02.shop-pro.jp/PA01124/964/product/27414284.jpg?20110330213343
手の甲に出したグロスをリップブラシで塗っていきます。塗り方はチップタイプと同じで、まず中央にのせてから左右に伸ばしていきます。自然なツヤをつくるイメージで薄く伸ばしていくと、立体感のある魅力的な唇に仕上がります。
Xw1mjiqqpdits368b12k
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/dresserroom-vivi_4562322992358_1
また、チューブタイプのリップグロスは直接塗ることもできます。しかし、そのまま塗ってしまうとグロスをつけすぎる原因になります。唇のラインが容器で見えにくいため、はみ出してしまうこともあり、あまりおすすめできません。衛生上も良いとはいえないので、直接塗るのは避け、手の甲などに出してからリップブラシで塗るように心がけましょう。
Ezynhztqembkt8oz32rj
引用: https://www.cosme.net/clipkit_uploads/item_images/images/000/557/621/medium/f9a663f0-b10a-4596-b5ec-698fbacee2d1.jpg?1501650836
リップメイクは時間が経つと落ちてしまうことが多いです。しかし、時間をかけて丁寧なリップメイクを行うことで、落ちにくいリップメイクをつくることができます。塗り方をマスターして、落ちにくく長持ちする美しい唇を手に入れましょう。

①唇専用の下地を塗る

引用: http://cache-cdn.cosme.net/media/cur-contents/file/parts/I0010104/dfd7d31eab4edb3916e87479b212afd0.jpg
保湿効果のある唇専用の下地や、リップクリーム、リップバームなどを唇全体に塗ります。こうすることで、口紅やリップのノリが良くなり、リップメイクが落ちにくくなります。

②リップライナーで唇のフチを囲む

Peix00k0uxchzumsajrm
引用: https://www.cosme.net/clipkit_uploads/item_images/images/000/539/886/medium/6d3fa643-2f6c-472e-b3a2-bfa9b8285bf3.jpg?1496213642
リップライナーを使用して、唇のフチを囲みます。自分のなりたい唇をイメージしながら、丁寧に描きましょう。

③口紅を塗る

引用: https://chigai-allguide.com/wp-content/uploads/2555131273.jpg
フチをとったリップラインの中に、リップブラシで口紅を塗ります。直接塗ると、囲ったフチがよれてしまうことがあるので、リップブラシで丁寧に塗るように心がけましょう。唇の縦ジワを埋めるように塗ると、持ちが良くなります。

④ティッシュオフする

Ekahfcqmydjut7uyzc63
軽くティッシュオフして、余分な油を取ります。強く拭いてしまうと、口紅も一緒に取れてしまいます。やさしく、余分な油のみを取るように意識しながら、ティッシュオフを行いましょう。

⑤リップグロスを塗る

引用: http://www.buymebeauty.com/product_images/uploaded_images/fotolia-59288433-s.jpg
最後に、口紅と同系色のリップグロスで唇にツヤを出します。これで長持ちするリップメイクの完成です。リップグロスを使用すると、ぷっくりとした女性らしい唇に仕上がります。塗り方はご紹介した通り、唇の中央にグロスをのせて左右に伸ばしていきます。リップブラシを使うと、よりきれいに仕上がるので、なるべくリップブラシを使うように心がけましょう。
引用: https://image.i-voce.jp/files/original/article/content/0qTPnthX_1491802486.jpg
リップグロスは、唇にツヤを出すのに便利なアイテムです。しかし、口紅の上から塗ってしまうと、どうしてもツヤが目立ってしまいます。次は、「リップグロスで程よくツヤを出したい」という方におすすめの塗り方をご紹介します。

①唇専用の下地を塗る

Ok8cehgnjeanxvn0iyqc
保湿効果のある唇専用の下地や、リップクリーム、リップバームなどを唇全体に塗ります。こうすることで、口紅やリップのノリが良くなり、リップメイクが落ちにくくなります。

②リップライナーで唇のフチを囲む

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/09/f6206a5aa5ad3671741e90041d1ff2c0.jpg
リップライナーを使用して、唇のフチを囲みます。自分のなりたい唇をイメージしながら、丁寧に描きましょう。

③リップグロスを塗ってから口紅を塗る

引用: https://cdn0.mynvwm.com/wp-content/uploads/2017/05/rf76665886_o.jpg
先にリップグロスを塗って、口紅を重ねます。こうすることで、グロスのツヤが目立たなくなり、程よいツヤのある唇をつくることができます。また、口紅の色がやわらかくなるため、自然な色でナチュラルな口元に仕上がります。程よいツヤ感のある、ナチュラルなリップメイクが好みの方におすすめです。
引用: https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/6e/cf/52/6ecf5242824ebd4b6a7bafea86830557.jpg
こちらは少し難しいリップメイクで、口紅をグラデーションのように塗り、唇に立体感を持たせます。ナチュラルな仕上がりで透け感もあるリップメイクです。ぜひ、試してみてください。

①唇専用の下地を塗る

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/04/27596e22c9257e1434e0eb0823947585-300x200.jpg
唇専用の下地やリップクリーム、リップバームを塗って唇をしっかり保湿しましょう。保湿を行った後に、コンシーラーで唇の色を消すと、その後のメイクの仕上がりが、より美しくなります。

②唇の内側のみ口紅を塗る

引用: https://www.jgs-media.com/wp/wp-content/uploads/2016/12/39b3fa5afa307ec4c429ab0dc75e7d44.jpg
唇の内側にのみ口紅を塗って、ぼかします。ぼかす際は、指や綿棒を使うと上手にぼかすことができます。ぽんぽんと叩くようにしてぼかしましょう。

③リップグロスを塗る

引用: https://d3kszy5ca3yqvh.cloudfront.net/wp-content/uploads/2017/4/23/23/1ac614af0e7a40f567f0be7fa8c61e80_shutterstock_3628566.jpg
最後にリップグロスでツヤを出して、完成です。唇の中央に少し多めにのせると、ぷっくりとした立体的な唇に仕上がります。
引用: http://cache-cdn.cosme.net/media/cur-contents/file/image/201707/4becddfc57e04a475e5dff0b7c70608f.jpg
1本のリップに色が何色も入った、グラデーション用のリップというものが販売されています。こちらを使うと、ひと塗りで簡単に立体的な唇を手に入れることができます。こちらもぜひ試してみてください。
N7n898yinyddlxspoj0x
引用: http://image.beauty-essence.jp/item/image/normal/3007014.jpg?time=1468659680
リップメイクを楽しんだ後には、唇をケアしてあげましょう。メイクオフする際に、唇のマッサージをしたり、リップパックをするのがおすすめです。これで、次のリップメイクもより美しいメイクに仕上がります。
引用: https://cdn.kaumo.jp/element/9cccfd6e-b418-4254-97a8-d8d49a6b63f4.jpg
いかがだったでしょうか。基本の塗り方をマスターして、美しい唇を手に入れましょう。基本の塗り方以外にも、色々な塗り方があるので、ぜひ挑戦してみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BfkG1aDFp_G/?tagged=%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%B9