Bn5bgknour9iz6djrqs5

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

毛穴・シミ・シワ・ニキビにお悩みの方へ|肌悩み別対処法一挙ご紹介

2018.02.27

毛穴やシミ、シワやニキビなど…様々な肌悩みにお悩みの方へ。人によって悩みは様々ですが、原因と対処法は意外と知らないものです。ここでは、毛穴、シミ、シワ、ニキビの原因と3つの対処法をそれぞれご紹介します。それでは、肌悩み別対処法を一挙にみてみましょう。

  1. お悩みタイプ①~毛穴~
  2. 毛穴トラブルの原因
  3. 毛穴トラブル対処法①:クレンジング
  4. 毛穴トラブル対処法②:洗顔&スキンケア
  5. 毛穴トラブル対処法③:生活習慣の改善
  6. お悩みタイプ②~シミ~
  7. シミの原因
  8. シミ対処法①:スキンケア
  9. シミ対処法②:UVケア
  10. シミ対処法③:食生活改善
  11. お悩みタイプ③~シワ~
  12. シワの原因
  13. シワ対処法①:スキンケア
  14. シワ対処法②:マッサージ
  15. シワ対処法③:UVケア
  16. お悩みタイプ④~ニキビ~
  17. ニキビの原因
  18. ニキビ対処法①:スキンケア
  19. ニキビ対処法②:食生活改善
  20. ニキビ対処法③:生活習慣改善
  21. おわりに
Lvn6ambiavb1jv7ypniv
毛穴のお悩みには5つのタイプがあります。①黒ずみ毛穴、②角栓づまり毛穴、③開き毛穴、④たるみ毛穴、⑤角栓毛穴があります。
Ut5m0vljvf5m3qx5wbmd
毛穴トラブルの原因には、様々あります。皮脂の過剰分泌やニキビ跡からくる毛穴の開き、加齢(たるみ)による毛穴の開きなどがあります。さらに、食生活や睡眠不足、ストレスなども毛穴トラブルの原因になります。それでは、毛穴トラブルの対処法をみていきましょう。
O0hho3kkx1ghzmetnl6p
毛穴トラブルの大きな原因となっているのが、クレンジングということをご存知ですか?洗浄力が強すぎるクレンジング剤を使用していると、肌の必要な角質まで落としてしまい、毛穴トラブルへと繋がってしまうことがあるんです。クレンジング剤は、クリームタイプやミルクタイプを使用して、ゴシゴシと肌を擦らずに優しくなじませます。
Lm02kswsr4do3outf7c6
クレンジング後の洗顔は、保湿成分の高い洗顔料をよく泡立て、優しく肌を包み込むようにして洗います。ゴシゴシと擦らないことがポイントです。ぬるま湯で洗い流し、清潔なタオルで水分を吸い取るようにしましょう。スキンケアは、保湿ケアをポイントにしましょう。ビタミンC誘導体やセラミドなどの成分が配合されているものがオススメですよ!
Or0nribkddplgszwwagq
スキンケアを並行して、生活習慣を見直しましょう。まずは食生活。糖質が多いものを摂りすぎると、皮脂分泌が過剰になる恐れがあります。睡眠不足は、ターンオーバーがスムーズに行われず、肌の修復が充分にされません。肌の代謝もわるくなり、老廃物が排出されにくくなってしまいます。ストレスもホルモンバランスが乱れることで毛穴の詰まりやニキビが出来やすい状態になります。バランスの取れた食生活と、良質な睡眠、ストレスを溜めない生活を送ることを心がけましょう。
Bp2iodxxnolnpxtsdqzy
シミは一気に見た目年齢を引き上げる厄介なもの。その原因と対処法をご紹介します。
B9mdlqoybrliekbmullx
シミは加齢によって出来ると思っていませんか?シミは、肌の色素細胞であるメラノサイトによって作られます。メラノサイトは本来、紫外線などのダメージを受けないように肌を守る役割があります。その為、紫外線などの過剰なダメージを受けると、メラノサイトが活性化、メラニン色素が発生します。通常であれば、ターンオーバーと共にメラニン色素は排出されますが、ターンオーバーが乱れるとシミとなってしまうのです。紫外線以外にも、肌を強く擦ることによる摩擦や、ストレスによるホルモンバランスの乱れなどがシミの原因となります。
Rl2iqkb3wrfcmw5ozs1k
薄い段階のシミであれば、美白化粧水などのアイテムを使用すると効果が期待できます。美白化粧水は、メラニンの生成を抑制する働きをします。ビタミンC誘導体やビタミンCエチルなどの成分が配合されているものがオススメです。そして、シミには保湿が大切なポイント。肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れ、肌に角質が溜まったり、紫外線が肌の奥まで入りやすくなることに繋がります。さらにスペシャルケアとして、ピーリングでターンオーバーを促進させるとよいでしょう。肌にくすみやゴワつきを感じる方は、古い角質が溜まっている状態です。ピーリングで肌代謝をアップさせましょう。
Pfw6skv4rr3iystdpn8p
シミの対処法として、当然ですがUVケアは最も大切です。日焼け止めはシチュエーションによってSPFとPAの数値を選ぶと肌への負担を最小限に留めることが出来ます。近所への買い物や散歩などの日常生活では、「SPF20 PA++」程度のものを…。屋外での短時間のスポーツやレジャーでは「SPF30、PA+++」程度のもの、炎天下での長時間のスポーツやレジャーでは、「SPF50、PA++++」程度のものを選びましょう。
Annm9hemtwzu0h0txffe
スキンケアやUVケアなどの外側からのケアに加えて、身体の内側からのケアも大切です。シミに効果を発揮するのが、ビタミン類。ビタミンAは、肌のターンオーバーを促進します。ビタミンCは、メラニンの生成を抑制し、ビタミンEには抗酸化作用があります。緑黄色野菜やフルーツなどを積極的に摂取するようにしましょう。
Dfhoccdm1ot5h5gz8ycz
シワといえば、肌の老化現象としては代表的なものですよね。ですが、年齢を重ねてもハリのある若々しい肌を保っている人もいます。シワの原因と対処法についてご紹介します。
Nrjhgzjjhsjwiw2apm5l
シワは“小じわ”と“深いシワ”に二分することができます。小じわは、肌の乾燥が主な原因です。角質層の水分不足によって、皮膚表面が収縮し、シワとなって現れます。深いシワは、加齢や紫外線などの影響で、コラーゲンやエラスチンが減少してしまったりすることで、肌の弾力性が失われ、皮膚が弛緩することによって出来るシワです。小じわよりも修復が難しくなります。
Adhbkpktsq4owvx3zmaq
シワを防ぐために有効なスキンケアは、肌にたっぷりと水分を補給してあげることです。細胞賦活効果がある成分を配合しているものは、肌細胞の働きをサポートし、肌の新陳代謝にいい影響を与える効果が期待できます。化粧水や美容液で肌を整えた後は、水分が蒸発しないよう、乳液やクリームでカバーしましょう。
Zxvsw6smvc16jeapssgx
マッサージは血流が促進され、新陳代謝が活発になります。すると、肌細胞に必要な栄養分が供給されやすくなります。マッサージはシワ防止という点で、効果を発揮します。表皮の厚みは、0.1~0.3mmほど。とても薄いので、力加減には充分注意して下さいね!
Dsqo6kibhnbs470qw2g5
1年を通してUVケアを心がけましょう。紫外線は、肌のハリや弾力性を奪います。その結果シワの原因となってしまうことがあります。日焼け止めや帽子、日傘などで紫外線を防ぎましょう。
Yfabsjfwggj5jzqyw2jz
おでこや口の周り、背中やお尻にまで出来るニキビ…。そんなニキビの原因と、対処法をご紹介します。
Pfoc7fx18crw34un8ia3
ニキビの原因は、毛穴に角質や皮脂が詰まってしまうことにあります。さらに、思春期に出来るニキビと、大人になってから出来るニキビはそれぞれ原因が異なります。思春期ニキビは、成長時のホルモン分泌によって、皮脂腺の機能が亢進されることで、皮脂が過剰に分泌されます。その結果、毛穴が詰まり、ニキビが出来るのです。対して、大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れや、間違ったスキンケアが原因です。
Lseg8qectyvoq9ranxpz
メイク汚れを綺麗に落とし、洗顔料をしっかり泡立てて優しく洗いましょう。すすぎを充分に行い、洗顔後に保湿ケアをします。ニキビができている時のスキンケアアイテムは刺激の少ないものがオススメです。
Gljy2m4iyzgb7yugikpo
バランスのよい食事がニキビ改善に効果を発揮してくれます。糖質や動物性脂肪の過剰摂取は控えましょう。卵などに含まれるビタミンB2、鶏肉やマグロに含まれるビタミンB6は、皮脂の分泌を抑制してくれます。バランスのよい食事を心がけ、ビタミン類や食物繊維が豊富なメニューがオススメです。
Kfytc8nl7rowvnnl1ewc
ニキビ改善には、ターンオーバーを正常に働かせることが重要です。睡眠不足や運動不足、ストレスは大敵です。1日6時間、22~2時の肌のゴールデンタイムに眠るようにしましょう。適度な運動で血流がよくなることで、肌に栄養素が行き渡ります。また汗をかくことで、毛穴に詰まった余分な皮脂を流す効果がある他、ストレス解消にも繋がります。ストレスはホルモンバランスを乱します。ストレスを溜めない生活を心がけましょう。
A2d1zkgfkg2ejyvcxwfj
いかがでしたか?毛穴・シミ・シワ・ニキビの肌悩みの原因と対処法を一挙ご紹介しました。あなたの肌悩み解消の参考になれば幸いです。