Tbbah9gizle12l1ihcmf

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

ベースメイクの基本を再確認!絶対に崩れない&キレイに仕上げるコツ

2018.03.12

ベースメイクを真面目に考えてみませんか?何をしてもメイクが崩れてしまうのには原因があります。今回はベースメイクのコツを見直しながら、メイクしたての肌が続くようなテクニックをまとめてみました。ベースメイクのコツを知るだけでメイクはより美しく仕上がるものです。

  1. ベースメイクの基本ってなに?
  2. ベースメイクの正しい手順をマスターしたい
  3. ベースメイクアイテムの役割
  4. ベースメイクを崩れにくくするテクニックを動画で解説
  5. ベースメイクに重要なことって?
  6. ベースメイクをきれいに仕上げる方法とは?
  7. 絶対に崩れないベースメイクのコツは?
  8. ベースメイク基本の順序
  9. ベースメイクを綺麗に仕上げるコツ・ファンデーション編
  10. コンシーラを効果的に使うのも綺麗に仕上げるポイント
  11. まとめ
あまりベースメイクのことは深く考えずに、時間を短縮しながら簡単なメイクをしていませんか?忙しい中にはそれも十分にアリなのですが、ベースメイクのコツを知っておくだけで、かなり綺麗なメイクが完成するのです。美容家でもベースメイクには力を入れるほどです。ベースメイクですべてのメイクが決まってしまうほど、需要なポイントなのです。そしてメイクのノリを左右するのも、十分なスキンケアと丁寧なベースメイクなのです。そこを見落とさないようにしてください。
化粧水、乳液などでしっかりとお肌を保湿します。ただしヨレやくずれの原因となるため、過剰な油分を与えないように注意しましょう。

当たり前のことですがスキンケアを行った上の、ベースメイクであることを知っておいてください。正しい手順でメイクをすることもかなり重要なことなのです。ベースメイク前のスキンケアも自分の肌質似合うものを使うことが絶対に必要です。メイク前の化粧水と美容液そして保湿ケアが、崩れにくいベースメイクを作るコツです。メイクをしたときの状態をキープできるようにまずはベースメイクを完璧に行うことが基本です。

ベースメイクをきちんと押さえるためにはまず、それぞれのメイクアイテムの用途を理解することから始めてください。肌に乗せようとしているメイクアイテムがどんな役割を持っているのかを知ったうえでメイクをするように心がけましょう。そうすると、自然とベースメイクも整うようになります。わからない場合は動画などを参考に最初は真似をしてみれば良いのです。適量なども自分の肌で試すことで理解できるようになります。一番手っ取り早くベースメイクをマスターできるはずです。

ヨレないベースメイクのコツ

化粧崩れはどうしても汗や皮脂そして乾燥によっつて引き出されるものなのです。そこで毎日のスキンケアを正しく見直す必要があるのです。朝のスキンケアのひと手間を惜しまないことが、ベースメイクを正しくキープできるコツなのです。洗顔の状態からベースメイクは始まっていると考えてみてください。ごしごしと洗っていませんか?これは大切な皮脂をすべて洗い流していることになるのです。

毛穴のケアもベースメイクを崩さないコツ

毛穴のケアはベースメイクを保つためにとても重要なことです。洗顔の前に蒸しタオルで顔を覆って毛穴を開くことは基本的なスキンケアの一環です。それから洗顔をすると余分な皮脂や詰まった汚れを落とすことが出来るのです。その上、後から化粧水で毛穴を引き締めることにも役立ちます。
季節によっては日焼け止めもベースメイクには欠かせないアイテムです。紫外線から肌を守って綺麗な肌を保護してくれるのです。化粧下地は凹凸のある肌もなめらかに整えておきましょう。そしてファンデーションは肌の色やムラをカバーする役割もあります。肌を美しく見せることが一番の役割です。フェイスパウダーはふぁでーションの仕上げ用に使ってください。ベースメイクには油分が服荒れている場合も多いので、抑えつつ化粧崩れを防ぐのです。
ベースメイクをキレイに仕上げることができると、自身の魅力がぐっと際立つので、ベースメイクアイテムの選び方や塗り方の基本をマスターしましょう。

後から仕上げにつける口紅やチーク以上に、ベースメイクでほぼメイクは決まってしまうほど、需要なものなのです。そこを見落とさずにきっちりとベースメイクに気を配る人こそが、美メイクの達人と言われる人なのです。

皮脂が過剰に出ないように

皮脂が多く出てします場合には肌の水分不足に気を付けておきましょう。朝のスキンケア時に化粧水で水分補給を意識的に行うことが重要です。ときには化粧水をしっかりとコットンに含ませてローションパックもベースメイクを崩さないためのコツの一つです。
願わくば1日中、メイクが崩れないことが理想的です。そのためにはその日だけスキンケアを重要視するのではなく、日頃のスキンケアを徹底することが大切だということを覚えておいてください。
ベースメイクについては、自分のやり方で進めている人が多いようです。この際、大人のナチュラルメイクをテーマに考えてみませんか?今の時代は薄化粧でカバー力が強いという、わがままな願いも叶うアイテムが多く販売されているのです。なんとなく化粧がヨレてしまうという人や、ベースメイクに自信がない人は、まず基本の塗り方をリセットしてみてください。何よりも肌の状態を整えるところから始めてください。まずはきれいに洗顔をした後に化粧水と乳液でしっかりと保湿をすることが重要ポイントです。
理想の肌を作るためにはベースメイクがカギを握っています。綺麗に仕上げるためにできることはまずは自分の肌質似合ったメイクアイテムを手元に揃えることです。最近はプチプラメイクアイテムの中にも優秀なものが多いので、予算内で十分にベースメイクアイテムを揃えることも可能なのです。
ベースメイクが完璧に整うとその日のメイクはほぼ満点になります。ということで、絶対にベースメイクを怠らないようにして綺麗に仕上げたいものです。崩れにくいベースメイクの極意はとにかう正しい使い方、正しい順序でベースメイクを行うことに尽きます。ベースメイクをきれいに仕上げるためには今一度順番をおさらいして、ベースメイクに取り組んでみてください。
ベースメイクを丁寧にきれいに仕上げておくと1日中崩れにくいファンデーションが整います。その前に崩れないベースメイクづくりが必須です。まずは基礎化粧品で肌のコンディションを整えることから始めてください。自分の肌質を知ることもメイクには大切なことです。化粧水をしっかりと肌に封じ込めて乳液もしくはクリームで蓋をするイメージです。この部分のお手入れは確かに、面倒なのですがここがベースメイクをきれいに仕上げるポイントでもあるのです。油分は絶対に肌に残らないようにすることも大切なことです。
化粧崩れは厚塗りファンデーションが原因になる場合も多いことを知っておいてください。できるだけ少なめに付ける習慣をつけてください。そうすることで化粧崩れを防げます。額と頬から塗り始めて目の周りと小鼻、そして口周りという順序で最初は顔の広い部分から塗り始めて最後に細かな部分をファンデーションで埋めることが基本です。
これまではベースメイクに「コンシーラ」を加えていなかった方でも、自分の肌でカバーをしたい部分がある時にはコンシーラは強い味方になります。素肌感をだしながら自分の欠点を上手にカバーをしてくれるのがコンシーラなのです。
1日中、崩れないベースメイクのコツは適切な保湿ケアとファンデーションの塗り方です。ファンデーションがすぐに落ちる人や皮脂でテカるとう悩みのル人はベースメイクを怠っている可能性が高いことを知っておいてください。崩れにくいベースメイクは、朝のスキンケアの時点で保湿に力を入れることがポイントです。そこから見直して、ベースメイクを綺麗に仕上げるコツを再確認をしてみてください。