Vhxywq8rqdn6wdpxp5on

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

リップメイク決定版|【年代別】魅力的な唇をつくるメイク術

2018.02.27

この記事の前半では、基本のリップメイク方法と、自分に合った口紅の色の選び方をご紹介します。後半では、30代の方におすすめのリップメイクと、40代の方におすすめのリップメイクをご紹介します。自分のリップメイクと比べながら、参考にしてみてください。

  1. 年代別のリップメイク
  2. 基本のリップメイク①リップクリームで保湿
  3. 基本のリップメイク②コンシーラーでベース作り
  4. 基本のリップメイク③リップライナーで輪郭を描く
  5. 基本のリップメイク④口紅を塗る
  6. 基本のリップメイク⑤グロスを塗る
  7. 自分に合った口紅の色を選ぶ
  8. 30代のリップメイク
  9. 40代のリップメイク
  10. まとめ
Qoa0xzhfixblphfoqoqd
リップメイクは、それぞれの年代だからこそ似合う色や、質感があります。合っていないリップメイクだと、老けて見えたり、若作りをしているように見えてしまうこともあるのです。そうならないためにも、自分に合ったリップメイク術を身につけましょう。まずは、基本のリップメイクの手順をご紹介します。
Rnne7ktoauxqb9sjyn7d
リップメイクを始める前に、リップクリームを塗って唇を保護しましょう。リップクリームを塗ると、メイク後の唇がより美しく仕上がります。リップクリームの上からラップを被せて、唇をパックしてあげるのもいいですね。少し時間はかかりますが、保湿効果は抜群です。小さく切ったラップを唇の上に被せて、5分程放置させます。呼吸がしやすいように、鼻にラップがかからないようにすると息苦しくなりません。リップクリームがない場合は、ワセリンなどの保湿クリームでも代用できます。
Xtuiewxtzc4f2cuysqbw
唇にコンシーラーを塗ってベースを作ります。コンシーラーを塗ることで、唇と肌の境目が目立たなくなり、より立体感のある唇に仕上がります。コンシーラーがない場合はファンデーションで代用できます。コンシーラーを塗るときは、リップブラシやファンデーションのパフを使用するか、指で塗るのがおすすめです。唇にぽんぽんと叩くように塗りましょう。
引用: https://minari-media.jp/uploads/content/image/263784/73505805.jpg
リップライナーを使用して、唇の輪郭を描きます。自分の唇の色に似たリップライナーで、唇のラインより少しはみ出しながら輪郭を描きます。ひと回り大きく描くことで、ふっくらとした唇に仕上がります。ぷっくりとした可愛らしい唇に仕上げたい方は、唇の輪郭を描く必要はありません。
K4hnysqfyvc9hrbh1pvl
口紅は直接塗る方法と、リップブラシで塗る方法の2つがあります。ボリュームのあるセクシーな唇に仕上げたい方は、直接口紅を塗る方法がおすすめです。鮮やかな色の口紅だと、よりボリューム感が出ます。リップライナーで描いた輪郭の中をしっかりと塗りましょう。ぷっくりとした可愛らしい唇に仕上げたい方は、リップブラシで塗る方法がおすすめです。リップブラシを使用して、唇の内側から口紅を塗ります。最後に口紅を馴染ませるように、上下の唇を何度か重ね合わせましょう。
Riprnqcfdzwmnjcjmuhl
グロスは直接塗るか、チップを使用します。上唇の山になっている部分にグロスをのせて、輪郭に沿って塗っていきます。内側に入れ込むように塗ると、女性らしい唇に仕上がります。
Lbpm6z9l6xsjmjrzmgeh
どんなに素敵なリップメイクで合っても、口紅の色が自分の肌に合っていなければ、美しいリップメイクとはいえません。口紅の色選びのポイントとして、自分の肌の系統を知ることが大切です。肌の色には、黄色みがある「イエローベース」と、うすいピンクや青みがある「ブルーベース」の二通りがあります。自分に合った色で、より美しい唇を手に入れましょう。

イエローベースの特徴

Qipi7x8djf41razii8ck
イエローベースの方は、「肌に黄色みがあり、健康を感じさせるような肌の色で、肌の色に近い唇の色」が主な特徴です。他にも、シルバーよりゴールドのアクセサリーが似合ったり、日焼けをすると黒くなったりする方もイエローベースの可能性があります。

イエローベースの色選びのポイント

イエローベースの方と相性の良い口紅の色は、コーラルピンクやサーモンピンク、シェルピンクやオレンジレッドなどのピーチ系やオレンジ系です。口紅の色に迷ったときは、参考にしてみてください。

ブルーベースの特徴

Nujkqcg2eecyqh3udzxq
ブルーベースの方は、「肌にうすいピンクや青みがあり、顔色が良い方でなく、赤みのある唇の色」が主な特徴です。他にも、ゴールドよりシルバーのアクセサリーが似合ったり、日焼けをすると赤くなったりする方もブルーベースの可能性があります。

ブルーベースの色選びのポイント

ブルーベースの方と相性の良い口紅の色は、ピンクやピンクベージュ、ローズピンクやプラムピンクなどのピンク系やローズ系です。口紅の色に迷ったときは、参考にしてみてください。
Xnqkgt2jiyq43rp0eqfs
30代になると、20代の頃と比べて肌の色が変わってきます。「何だか顔がくすんで見える」と感じたら、口紅の色を見直す時期なのかもしれません。

おすすめの口紅のタイプ

Ofmztyfisdk7qzvnulqy
30代の大人の肌と相性の良い口紅は、「セミマットタイプ」の口紅と「シア―タイプ」の口紅です。セミマットタイプの口紅は、発色が良いため、メイク全体が明るい印象に仕上がります。口紅のツヤのなさも、大人の上品さをより引き立たせてくれます。べたっとしたマットさにならないように、適度なセミマットがおすすめです。
引用: https://cdn0.mynvwm.com/wp-content/uploads/2017/05/gf1420432667w.jpg
シア―タイプの口紅は、透き通るような質感で女性らしい唇に仕上げてくれます。柔らかい発色で、ナチュラルな口元は、やさしい女性らしさを引き立たせてくれます。メイクのイメージやシチュエーションに合わせて、セミマットタイプとシア―タイプを使い分けるのがおすすめです。

色選びのポイント

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31vnrt%2BKpIL._SY355_.jpg
30代になると、華やかな色だけでなく、落ち着いた色味も似合うようになります。落ち着いたピンクや、ローズなどの、大人の女性を想像させるような色がおすすめです。また、口紅を塗らず、明るい色のリップグロスのみでリップメイクを仕上げるというのもおすすめです。ただし、リップグロスで唇のツヤを強調しすぎると、唇が目立ち過ぎてしまいます。肌のくすみが強調されてしまうこともあるので、パール感が強いタイプや、ツヤが強く出るタイプの口紅やグロスはあまりおすすめしません。色選びには十分気をつけたいですね。
Hrngg8jybswavraszinf
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT6I7tGEgUuNmKAbicahKOP1qyp5eRtH8W_OOB7o7ucIXO6cTs_
40代のリップメイクで大切なことは、TPOに合った口紅の色を選ぶことです。仕事だけでなく、様々なイベントに参加する機会も多いのではないでしょうか。自分に合った色の口紅も良いですが、TPOに合わせることも必要になってきます。相手に良いイメージを与えるためにも、口紅の色選びは大切です。

結婚式や女子会の場合

Nyhizmjzn4mjxnkqbyqe
結婚式や女子会、同窓会などの華やかなイベントの時は、口紅も華やかさのある色を選びましょう。ボルドー系やローズ系、レッド系の色がおすすめです。ボルドー系やローズ系は、深みのある暗い色でなく、少し明るめの色を選ぶとなお良いです。
引用: https://s.eximg.jp/expub/feed/AnanNews/2017/AnanNews_131634/AnanNews_131634_ettyImages-517904526_2.jpg
口紅の質感がマットな仕上がりだと、より美しく華やかさのあるリップメイクに仕上がります。また、濃い色の口紅を使用するときは、指などでぼかすと、唇だけ目立ってしまうのを防ぐことができます。

子どもの入学式や卒業式の場合

Rwvbhaaroodmw9hf7ttm
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20131111%2F99%2F928119%2F0%2F353x271xd68cdf64507dcc389ee13b79.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
子どもの入学式や卒業式などのフォーマルな洋服を着る時は、派手な色の口紅をつけると目立ってしまうため、おすすめできません。派手な色ではなく、ナチュラルな色の口紅がおすすめです。ベージュ系やピンク系といった、肌に近い色を選びましょう。また、口紅の質感は潤いのあるものを選ぶと、女性らしさのあるみずみずしい唇に仕上がります。
Zfi3vhkcawmsaffhvsp3
いかがだったでしょうか。リップメイクは時間をかけて丁寧にメイクするほど、仕上がりが美しくなります。自分に合った色の口紅を使うことも大切です。丁寧なリップメイクと、自分に合った色の口紅で、美しい口元を手に入れましょう。また、年代によってリップメイクで大切にすることが変わってきます。自分の年代に合わせたリップメイクを行うように心がけましょう。色選びのポイントにも気を配り、自分の魅力を引き出してくれるような素敵な口紅で、リップメイクを楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://static.wixstatic.com/media/a71ea43c66324a22b00b858a7dab6ad3.jpg