Uiuwmmsvfc0pmgxsuaes

美容液

CATEGORY | 美容液

敏感肌にはクレンジングジェルをおすすめ!その魅力を徹底解析

2018.03.05

クレンジングジェルは美容液なども配合しやすいので、敏感肌におすすめできます。天然美容洗浄成分の入ったクレンジングジェルなど、安心して敏感肌の人におすすめできるクレンジングジェルは?これなら、安心しておすすめできるクレンジングジェル!

  1. クレンジングジェルとは?
  2. クレンジングジェル成分水性と油性の見分け方とは?
  3. クレンジングジェルの魅力
  4. クレンジングジェルの敏感肌によい成分とは?
  5. クレンジングジェルの敏感肌におすすめしない成分
  6. クレンジングジェル敏感肌に保湿成分はおすすめ?
  7. 敏感肌におすすめのクレンジングジェルとは?
  8. クレンジングジェル敏感肌に良いおすすめ成分配合のランキング 1位
  9. クレンジングジェル敏感肌に良いおすすめ成分配合のランキング 2位
  10. クレンジングジェル敏感肌に良いおすすめ成分配合のランキング 3位
  11. まとめ
クレンジングジェルは中に配合するもので、お肌への負担は少なくなったり、また、オイル並になったりするので、一概にクレンジングジェルはお肌に優しいとは言えません。ジェルタイプには4種類あります。

水性クレンジングジェル

油分ゼロの界面活性剤が多めに入っているクレンジングジェルです。

オイルイン水性クレンジングジェル

オイルと水を配合し油分は少な目で界面活性剤が多めに配合されています。

油性クレンジングジェル

界面活性剤が少なめの油分が多いジェルです。

オイルジェル

界面活性剤と油分共に多めに配合しているジェルです。
このように全てのジェルが肌に優しく、洗浄力が高いとは言えないのがクレンジングジェルなのです。また、美容オイルなどで洗浄力を高め、洗顔しながら肌に栄養を与えることのできるクレンジングジェルもあります。界面活性剤はできるだけ少ない方が肌に優しいジェルといえます。
クレンジングジェルの種類水性と油性の見分け方は、成分表示にオイルフリーと書いていると水性ジェルタイプで、オイルフリーの表示がない場合は、成分表示の最初に水か界面活性剤と書いていれば、水の場合は水性ジェルタイプで、界面活性剤と書いていればオイルイン水性ジェルタイプになります。また、成分表示の最初が油分と書いていれば油性ジェルタイプになります。

濡れた手でも使える

クレンジングクリームなどのように、濡れた手で使えないものではないので、お風呂に入ったときでも使えるのが便利です。お風呂で濡れた手でメイク落としをするのは、時間的にもロスでき、乾いた手でも濡れた手でも使える魅力は大きいです。

扱いやすいジェル状のテクチャー

引用: http://www.skincare-univ.com/images/articles/14334/14334-1.jpg
やや硬めのテクチャーで、ジェル状になっているので、手からこぼれ落ちることもなく、肌にスムーズに伸ばして、また、ジェルを肌に乗せるだけでメイクが落ちるものもあり、オイルクレンジングと比べてもべたつきがなく、落とすときもスルっと落ちることもありとても扱いやすいです。

保湿成分が配合されたものが多く乾燥しにくい

敏感肌におすすめする理由は、クレンジングジェルには、美容液成分が多く配合され、また、合成油ではなく植物油を使って肌に優しい、乾燥を防ぎながらメイクを落とし、肌を潤す成分が多いのがあるので、洗い上りのツッパリがなく、むしろ潤い肌にしてくれる商品も多いです。

クレンジングジェルはアイテムが豊富に作られている

ダブル洗顔不要や、温感タイプの物や、細かいカプセル状のスクランブルとして使えるものや、特徴が異なった豊富なアイテムがあるので、自分の好みに合わせアイテム探しの楽しみがあります。
敏感肌でクレンジングジェルを選ぶときに注意する成分はどのようなものがあるのでしょうか?敏感肌は刺激に弱いので、あまり肌に刺激のないものを選ぶことが大切です。

界面活性剤

界面活性剤でも種類がいろいろあって、主に化粧品に使われている界面活性剤は、非イオン界面活性剤で、肌への刺激が少ないことや、イオン化せず静電気を浴びることもありません。ここで、敏感肌や乾燥肌の人が誤解するのは、非イオン界面活性剤は洗浄力が低いので良いと思い、洗いすぎたりクレンジング時間が長くなったり、して刺激が加わるのでお肌に悪いのです。
引用: https://www.sankyo-chem.com/wpsankyo/wp-content/uploads/2017/02/miseru2.png
どのような界面活性剤が敏感肌の人に良いかというとアミノ酸系界面活性剤です。油に馴染む部分が親油基と水に馴染む部分が親水基に挟まれたアミノ酸系界面活性剤(脂肪酸塩)は弱酸性で水に溶けて陰イオンになります。これは刺激が少なく洗浄力はほどほどで、脱脂力が低く泡立ちがよいです。
そのため、潤いを保って環境に優しいのですが価格が高く、ときに濃度が高いとべたついて、洗浄力不足の場合もあります。アミノ酸系界面活性剤はラウレス硫酸塩やラウリル硫酸塩などです。
引用: https://otonanikibi-sayonara.com/wp-content/uploads/2017/10/synthetic-surfactants-9.png
ステアロイルグルタミン酸Na ミリストイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸TEA、N-ラウロイル-L- グルタミン酸Na、水添タロウグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸TEAなどがあります。

オイル

クレンジング料に使われるオイルは、ミネラルオイルが良く使われていますが、このオイルは鉱物油で、イオン化せず、静電気が発生しないで、低刺激で安価ですが、脱脂力が高く天然保湿因子やお肌の皮脂・セラミドなどを洗い流すリスクがあるので敏感肌の人にはおすすめできません。
それでは敏感肌の人におすすめできるオイル成分は、どのようなものがあるのでしょうか?脱脂力がミネラルオイルやエステル系オイルより低い、それでいて洗浄力が比較的高いアルガンオイルがお肌を柔らかくする働きがあります。ビタミンEが含まれているので、お肌を酸化させないので敏感肌の人にはおすすめです。アルガンオイルだけでなく、美容オイルと呼ばれるオリーブオイルや馬油、コメヌカ油、ホホバオイルなどのオイルがおすすめです。
アルガンオイルのデメリットは、価格が高くなること、べたつきを感じるデメリットや、洗浄力がミネラルオイルなどに比べて高くないデメリットはありますが、お肌を柔らかくし酸化を防ぐターンオーバーを正常に戻す働きがあるので敏感肌の人にはおすすめです。肌のキメを整え、保湿します。
敏感肌におすすめしない成分はいわゆる添加物に使われる成分です。
引用: http://biquick.net/wp-content/uploads/2017/05/shutterstock_120724129-700x525.jpg

PG・DPG

PGというのはプロピレングリコールという、刺激性の高い成分で、現在は入っているのが少なくなっています。DPGはジプロピレングリコールといってPGよりは刺激は少ないですが、使用感などでべたつきやサラッとした感触なので使われることが多いですが、敏感肌の方は避けた方が無難です。

アルコール

アルコールはスーとした瞬間気持ちが良いため、よく化粧品には入れられていることが多いですが、刺激や揮発性があるので、乾燥しやすくなり敏感肌の人には避けたい成分です。

合成香料・合成着色料

合成の香料や着色料などは、刺激のあるものやないものがありますので悪いとは言い切れませんが、特にクレンジングに必要でない成分なので、敏感肌の人は控えた方が良いでしょう。
引用: https://www.comty.biz/stm/item/0000037726/0000037726_98192020180218_152949_L.jpg

防腐剤

防腐剤として使われている、パラベンはアレルギーを誘発する可能性があり、エタノールやベンジンエタノールは肌質により肌が乾燥しやすくなったりアレルギーになったりします。敏感肌の人は避けたい成分です。
ジェルタイプは保湿成分を配合しやすい特徴があり、最近保湿成分の入ったクレンジングジェルが増えてきています。保湿はクレンジングや洗顔後、美容液や化粧水に含まれ保湿するのがメインです。
洗い流したり拭き取ったりするクレンジング料の場合の保湿成分の働きは、洗い上りのしっとり感やテクチャーのしっとり感の調整のためなので、洗い流したり拭き取ったりするのであまり意味がありません。水溶性のセラミドである、グルコシルセラミド、クレンジング料や洗顔料には十分だという意見もあります。
敏感肌におすすめのクレンジングジェルは、アミノ酸系界面活性剤を使った、PGやDPG、合成着色料やアルコールなど無添加のクレンジングジェルがおすすめで、自分のメイクの濃さや自分の好みで選べ、ジェルタイプは摩擦による刺激も少なく、滑らかなのでお肌への負担を減らしてくれます。

フルリ クリアゲルクレンズ

引用: http://onna-migaki.net/wp-content/uploads/2017/09/20170907_13.jpg
美容皮膚科医とエステティシャンによる共同開発された「日本肌再生医学会」が認定する、臨床試験においても毛穴有用性が実証された商品です。徹底した低刺激にこだわりオイル・パラベン・アルコール・フェノキシタノール・鉱物油・合成香料・着色料・防腐剤・石油系界面活性剤・酸化防止剤・紫外線吸収剤・旧表示指定成分の12項目を取り入れた無添加処方の商品です。植物エキスの毛穴・保湿力・透明感に優れたものを配合し自然環境に配慮しています。
価格は3,500円+税で、定期購入だと2,900円+税です。
フルリ クリアゲルクレンズ
価格

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

美容皮膚科医監修のもと開発されたゲルで、こんにゃく由来のスクラブで保湿重視のエイジングケアを目的に開発されました。99.3%が美容液成分で作られていて、こんにゃく由来のスクラブが毛穴の汚れや古い角質を優しく吸着し取り除きます。弱酸性で肌のバリア機能を壊す7種類の成分を排除しています。敏感肌の人を対象にしたスティンギングテストをテスト済みです。価格は150g 2,848円+税です。
モイストゲルクレンジング150g
価格

ドクターソワ アマランス マイルドクレンジングジェル

Ovkbjqyeskvqrsnd0e3z
引用: https://i1.wp.com/fu-wari.jp/wp-content/uploads/2017/01/%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%AF%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9.jpg?resize=640%2C400&ssl=1
広尾プライム皮膚科と共同開発しているドクターズコスメのこのジェルは、弱酸性の植物由来の界面活性剤ラウリルグルコシドを配合しています。手や顔が濡れていても、お風呂場でも使え、洗顔後の化粧水や美容液成分の吸収をサポートしてくれ、脂質の酸化を防いで、シミ、クスミなどの肌老化を防いでくれます。価格は4000円+税で定期購入だと3,200円+税です。
アマランスマイルドクレンジングジェル
価格
「敏感肌にはクレンジングジェルをおすすめ!その魅力を徹底解析」を見てきました。ジェルは保湿剤を配合しやすいので、敏感肌の人にはおすすめのクレンジングです。しかし、成分を良く確かめないと、ジェルを固めているもので、肌に刺激のあるものもありますので、成分表示を良く見て使うことが大切です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://onna-migaki.net/wp-content/uploads/2017/09/20170907_13.jpg