Aipi8tdzckv115whhxxq

大人ニキビ

CATEGORY | 大人ニキビ

デコルテのぶつぶつニキビを無くしたい!美デコルテを作るケア方法

2018.03.12

頑固なデコルテのぶつぶつニキビに悩まされてはいませんか? 首、肩周りのしつこいのニキビは一体何が原因で出来るのでしょうか? 今回はデコルテのぶつぶつニキビの原因と対処法、そして美しいデコルテを作る方法を紹介したいと思います。

  1. デコルテのぶつぶつニキビの原因
  2. デコルテのぶつぶつニキビを治す方法①【ホルモンバランスを整える】
  3. デコルテのぶつぶつニキビを治す方法②【保湿】
  4. デコルテのぶつぶつニキビを治す方法③【抗炎症薬】
  5. デコルテのぶつぶつニキビを治す方法④【食事】
  6. デコルテのぶつぶつニキビの治し方⑤【素材に気をつける】
  7. デコルテのぶつぶつニキビの治し方⑥【日常生活での注意点】
  8. デコルテぶつぶつニキビの上手な隠し方
  9. デコルテのぶつぶつニキビの予防法
  10. まとめ
なかなか治らない頑固なデコルテのぶつぶつニキビ。着たい服が着られなくて困ってしまいますよね。そんな厄介なデコルテニキビ。一体何が原因で出来てしまうのでしょうか?早速部位別に詳しく見ていきましょう。

首周りのぶつぶつニキビ

首周りのニキビは、汗とからだの冷えが原因として考えられます。首回りは汗をかきやすい場所ですが、汗をかいたあと放置してしまうと皮脂汚れが首に溜まり毛穴を詰まらせニキビになってしまうのです。
また、冷え性の方も首にニキビができやすいと言えます。体に冷えがあると血液の循環が悪くなり代謝が落ちるのでにきびが出来やすくなります。
Vz1b42sifplxgefgtvxv

胸周辺のぶつぶつニキビ

胸の近くに出来るにきびは、乾燥が原因のこともあります。特に冬場の乾燥する時期に悪化しやすいのが特徴です。また、ブラジャーの締め付けや、衣類による摩擦や蒸れが原因になることもあります。

肩周りのぶつぶつニキビ

肩周りににきびが出来る場合は、衣類による蒸れや摩擦と血行不良によって代謝が落ちることが主な原因と考えられます。
デコルテのぶつぶつニキビを治すにはホルモンバランスを整えることが効果的です。具体的にどうすればホルモンバランスが整うのか確認していきましょう。

適度な運動

Ddv9p64ghtmhileebiaj
ホルモンバランスを整えるには適度な運動が基本です。適度な運動は、血行を良くするだけでなくストレスを緩和させてくれるので、それにより代謝が上がり結果的にホルモンバランスが整います。
おすすめの運動は、リラックス効果があり血行を促進するウォーキングや、水泳。深い呼吸で自律神経を整え代謝を上げるヨガやストレッチなどです。いずれも難しかったりハードなものではないので、楽しめる範囲で継続していくと効果抜群です。
Ibo3ch7natgnqny4qyx3

質の良い睡眠

Qul4ewzszjk84mgxufoz
また、質の良い睡眠もホルモンバランスを整えるには重要です。毎朝しっかりと起きて朝日を浴びることで体内時計がリセットされるので、体のリズムが正常に戻ります。自律神経を整えてくれることでホルモンバランスも正常な状態に整います。
質の良い睡眠を得るには、枕や寝具を自分に合ったものに見直し、寝る30分前までに明かりを間接照明に切り替えること、同時にスマホもその後は出来る限り見ないようにすることが大切です。
また、アロマオイルも質の良い睡眠に入るのを手助けしてくれます。リラックス効果の高いラベンダーをはじめ、そのときの気分や状態に合った香りをチョイスすると良いでしょう。

食事

ホルモンバランスを整えるにはバランスの良い食事も大切です。 バランスのとれた食事に加え、女性のホルモンバランスの働きを助けてくれる大豆製品や魚類などを積極的に摂るのが好ましいです。
Jehom4rhptdgudkdqudf
Nsctdrdy3ftcyzicipx3
乾燥によるニキビの場合には保湿が最重要です。しっかりとケアをして上げることで、乾燥を防ぎニキビ軽減に効果を発揮します。
ケアの方法はお顔と同じ。化粧水で潤いを与えてから、乳液やクリームで蓋をします。シンプルな化粧水でも効果がありますが、乾燥がひどくなかなか治らない場合は高保湿成分であるセラミドを配合しているものがおすすめです。
頑固なデコルテのぶつぶつニキビを早く直したい場合や、化膿していて炎症を落ち着かせたい場合は、軟膏など抗炎症作用のある軟膏や製油を塗るのも手です。

オロナイン軟膏/大塚製薬

言わずと知れたオロナイン軟膏。非ステロイドでデコルテニキビの日常ケアにうってつけ。抗炎症作用と殺菌作用がありニキビに効果大です。

テラ・コートリル/ジョンソン・エンド・ジョンソン

ニキビの炎症が特に強いときにはこちらがおすすめ。ステロイド配合で炎症を抑える効果が高く、速効性があります。

間宮アロエ軟膏/小林製薬

アロエ成分がニキビの炎症を沈めてくれ殺菌してくれます。高い保湿力もあるので、乾燥を伴うニキビにはさらに効果があります。

ラベンダーの精油

抗炎症効果のあるラベンダーの精油はニキビにとても効きます。化粧水に1滴垂らして使うのが一般的ですが、肌に直接濡れるタイプのものもあり、やや高価ですが速効性があります。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。不足すると肌の乾燥や皮膚の角質化の原因となります。
ビタミンAを多く含む食材は、豚や鳥のレバー、卵、乳製品、うなぎなどに多く含まれています。
注意点として、摂りすぎると返って健康を害する恐れがあるので、サプリなどで過剰に摂取しないように気をつけましょう。また、妊婦の方は胎児に悪影響及ぼす可能性がありますので、摂りすぎには特に注意が必要です。
Ylxc9rl2nvgmwwcpd92h

ビタミンB群

ビタミンB群の中でニキビに特に効果的なのは、ビタミンB2とビタミンB6です。ビタミンB2、B6は共には皮膚や粘膜の健康、再生をを助けてくれます。
ビタミンB2は、鮭や鱒などの魚類、豚や鳥のレバー、乳製品に多く含まれています。ビタミンB6は、まぐろや鰹、鳥や豚のレバー、バナナやにんにくなどに多く含まれています。
F4hs2xdfyzpnncdomusa
引用: https://www.olive-hitomawashi.com/column/2018/02/post-1337.html

ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を助けてくれます。また、皮脂を正常に保ち、肌のターンオーバーを正常にする働きがあるので、肌トラブルに最適です。
ビタミンCを多く含む食材は、ケールやパセリなどです。手軽にとることが出来るケールの青汁はとてもおすすめです。
Edn659wjuhz0ptrmkkdp

ビタミンE

ビタミンEもまた、抗酸化用をがあるので、からだの酸化を防ぎニキビを予防、改善します。
ビタミンEは、うなぎやたらこなどの魚介類やアーモンドなどのナッツ類、アボカドなどに多く含まれています。
Sjkka1bfbaugzovuvc9a

亜鉛

亜鉛が不足すると細胞が生まれ変わりが滞り、肌トラブルの原因となります。
亜鉛は、牛や豚のレバー、牡蠣、海草類、納豆などに含まれます。
Jwdtvzliwpcpa6qdjj0f
引用: https://www.ps-coquillages.fr/

食物繊維・乳酸菌

その他注目したいのが食物繊維と乳酸菌。便秘がちだと体に老廃物が溜まり自律神経の働きを低下させます。そうするとホルモンバランスが乱れ、肌のターンオーバーも停滞してニキビの原因になります。便秘解消に食物繊維と腸内環境を整える乳酸菌をしっかりと摂りましょう。
Bxsudwgweh5mmtvnv78k
Gu5g5idbyqdfevjvrgxb
いずれの食品も摂りすぎると逆に健康を害する恐れがあります。一日の摂取目安量を守って上手に取り入れましょう。

衣類

皮膚への刺激の強い繊維は避け、出来るだけ綿や絹100パーセントの通気性の良いものを選びましょう。冬場はニットの下に綿のインナーを着るなどなるべく刺激を与えないことが大切です。
P6nsk77qvoh6vcj3mktx

寝具

寝具も、衣類と同じく綿100パーセントのシーツやカバーが好ましいです。蒸れやすい素材は避け、こまめに洗濯をするなどして清潔に保ちましょう。
Wckyktj2mdkr49kx46u2

外出時

日焼けもニキビの原因となります。外出時はUV対策を忘れないようにしましょう。
Lo17wigmictziizadeyu

入浴時

ニキビのある箇所は粟立てた洗浄料で優しく洗いましょう。洗いすぎや、すすぎ残しも肌荒れに繋がるので注意が必要です。
Tsoog1jyjgy6i2otk2pr
デコルテニキビを隠すにはコンシーラーがベストです。軽くのせポンポンと叩くだけで目立ち辛くなります。仕上げにUVパウダーで抑えると紫外線対策もでき一石二鳥です。コンシーラーを使用した場合は必ずその日のうちにクレンジング&保湿ケアをしましょう。
Jutsqbcrlyqkvkbmc6aw
デコルテニキビの予防法はなんといっても清潔に保つこと。汗をかきやすく蒸れやすい場所なので、季節を問わずこまめに拭き取るように心がけましょう。
Ekkqhqt1wprnxaavhpta
いかがでしたでしょうか?正しい生活習慣と、保湿、紫外線対策をすることでデコルテのぶつぶつニキビを無くし美しいデコルテを手に入れましょう!
Tnpowrevjvpbjhbr6iny