Qry7bytqr17nmdeskmu9

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【オイル美容の注意点】肌の乾燥につながってしまうNGケアとは

2018.01.15

オイル美容って流行っていますよね。乾燥対策には欠かせなくなって来ていて様々な物にオイルが入っていますが、正しいオイル美容をしないと逆効果になってしまう可能性もあるんです。そんな乾燥対策のオイル美容についてのメリットデメリットを詳しく解説して行きます!

  1. オイル美容、その注意点とは
  2. お肌の乾燥とは
  3. 乾燥の原因「空気の乾燥」
  4. 乾燥の原因「紫外線」
  5. 乾燥の原因「加齢」
  6. 美容オイルのNGケアとは?
  7. 正しいオイル美容
  8. 正しいオイル美容は使う順番が重要!?
  9. 他にも乾燥を助長してしまう原因がある!?
  10. まとめ
Payqqvzrq5h9iv15lbm7
乾燥の季節には欠かせない保湿、その保湿対策としてとても注目されているのがオイル美容です。このオイルがお肌の皮脂の代わりのような役目をしてくれてお肌の水分の蓋をしてくれます。ですがこのオイルの特性は、正しいケアを行わないとデメリットになってしまうのです。このページではオイル美容のメリットデメリット、正しいケア方法、NGケア方法などをご紹介して行きたいと思います。ではさっそく行ってみましょう!
Hrdggc42cdjmkxng0nq0
まずお肌の乾燥とはどういう状態なのかを知って行きましょう。単に乾燥しているだけではなく様々なトラブルを引き起こし兼ねない乾燥。なぜ乾燥は起こって行ってしまうのでしょうか?乾燥の大きな原因について探って行きます。
Ltn21247r4het12ipx82
乾燥の大きな原因としては皆さまご存知の通り、空気の乾燥があります。季節による空気の乾燥もありますが、エアコンなどによる乾燥は一年中ありますね。特にオフィスでお仕事をされる方にとっては乾燥とは常につきまとう事かと思います。乾燥の原因を取り除くのが一番良いですが、そうも行きませんね。保湿対策が肝心となります。
Rf3kskmgmoervq290szu
紫外線も乾燥に繋がってしまう原因となります。紫外線を少しだけだとしても何度も浴びると、お肌が守ろうとして角質を増やしてしまいお肌が硬くなってしまいます。そしてお肌に水分が行き渡りづらくなってしまいバリア機能が弱まり、お肌の内部は乾燥してしまうのです。また紫外線はお肌のハリや弾力も奪ってしまうので、シワなどの原因にもなりやすくなってしまいます。紫外線対策は十分に行いましょう。
Eproyxml0oh56pn0h04s
年を重ねていくと誰でも乾燥しやすくなって行きます。加齢と共にお肌のセラミドやコラーゲンは減少してしまい、ハリもなくなってしまいます。ですので同じケアを続けて行くと、お肌の状態と合わなくなってしまうので、常に注意が必要となります。
Aevdymveqa1guxfd9wm9
美容オイルにもメリットデメリットがあり、更にはNGケアもありますので気をつけて下さいね。そんなNGケアについてまとめてみました。うっかりやってしまわないように気をつけて下さい!もし既にやっていたらすぐにやめましょう!

オイルによっては油焼けが?

オイルの種類によっては昼間に使用してしまうと酸化して油焼けを起こしてしまう物もあります。下記のオイルを使用する時には夜専用にする方が良いでしょう。グレープシードオイル・ローズヒップオイル・月下草オイル・アマニオイルなど

オイル自体の劣化

美容オイルは意外に劣化しやすい物もあります。精製度が高くて遮光性の高い瓶などに入っている物はまだ安心ですが、それでも日光の当たる場所や、湿度の高い場所、室内でも20度を超えるとあまり保存状態としては良くないですので、冷暗所での保存が良いでしょう。お風呂上がりにすぐ使おうとして湿度の高い場所に置いておくのは劣化を早めてしまうかも知れません。

オイルのつけ過ぎ!?

オイルをつけ過ぎしてしまうと、お肌がオイルに頼り切ってしまい皮脂をコントロールしなくなってしまう事もあるそうです。そんな状態になってしまってはオイルを使ったデメリットになってしまいます。ひどい乾燥が無くなったらオイルの量を調節した方が良いかも知れませんね。何事もほどほどが良さそうです。
Khmsqxq3l2sb3czv01bi
ここまでで乾燥の原因については分かりましたね。乾燥には保湿が重要です。ここからは正しいオイル美容についてご紹介して行きたいと思います!
Qjpqr7hpydztv5zb1huu
オイル美容のメリットと言えばやはり「しっかりと保湿ができる」「お肌に蓋をして水分を逃さない」と言う点にありますが、それは裏を返せば一度蓋をしたら外からも蓋がしてあって水分が入れないと言う事でもあるのです!保湿効果の高いオイルだからこそ起こる事です。そしてオイル自体は水分を補給する事はできないのです。

メリットとしてお肌が柔らかくなる・・・けど

オイルを使用すると角質まで浸透して行き、メリットとしてお肌が柔らかくなります。ですが上にもある通りオイルは水分を補給することはできません。つまり水分補給はオイルをつける前に行わなくてはならないのです。ですがお肌はオイルによって柔らかくなるので、たとえ水分が不足している状態でもお肌が柔らかくなるので、水分が足りていると思ってしまうのです。この思い違いを起こしてしまう事はもはやデメリットとして挙げられるでしょう。

オイルを味方につけるには!

オイルの最大のメリットである保湿効果を正しく利用するにはスキンケアの順番が重要です!しっかり水分補給をした後、できればスキンケアの一番最後にオイルを使うのがデメリットを克服できる鍵です。(一部の美容オイルでは、水分補給よりも先に使用できるブースターとしても使える物もありますので、その場合はこの限りではありません。)メリットデメリットを踏まえて使用して下さいね!
Hn2margwigfljk0du7oz
先ほど乾燥の原因として挙げたのは大きなもので、実は日常の中でも乾燥を助長してしまう原因があるのです。なるべくそんな原因は無くして健康なお肌をゲットしちゃいましょう!ではさっそく見て行きましょう!

正しい洗顔ができていない

Ipm1jd2qnipz917jas2g
洗顔は毎日行う事なので、つい自己流になりがちな事の一つです。正しい洗顔ができていない方は意外に多いのです。ぜひこの機に自分の洗顔について見直してみませんか?用意する物は泡立て器か泡立てネットがあれば十分ですし100円ショップにもありますよ!

1, 手を洗い適温の湯を準備する

Qmwo4b8xtgcpbvivwrrp
まず最初に手を洗い、熱いとも冷たいとも感じない温度の湯を準備します。手を洗うのはとっても面倒に感じるかも知れませんが、お顔に手の汚れをつけない為に必要です。そしてかるくお顔をお湯でゆすいでいきます。お顔ゴシゴシは絶対にしないように気をつけて下さいね!

2,洗顔料を泡立てて、お顔へ乗せて行きます

Bqzjvlt61y5sf8ezfzol
洗顔料を泡立て器か泡立てネットでツノが立つくらいにしっかり泡立てます。十分に泡立ったらお顔へ乗せて行きます。この時に皮脂の多いTゾーンから先に乗せて行き、Uゾーン、全体へと乗せて行きましょう。そして指が直接お顔へ当たらないように注意して下さい。泡をお顔へ乗せてから約2分ほどで洗い終えます。

3,洗い流してタオルで拭う

E2alegkynmwq2ubvmao8
洗い終えたら、しっかりと洗い流して行きます。この時に泡が見えなくなっても洗顔料が残っている場合があるので全てが流せるまで洗い流しましょう!流し終えたら清潔なタオルでお顔をポンポンと当てるように、こすらず拭いて行きます。これで正しい洗顔は完了です!

食生活

Jlvu6b6o8ibxxuo0wogl
食べている物でお肌を作っているので、この原因はどうしても外せないですね。しっかりと栄養の偏りのないような食生活で十年後も健やかなお肌を作って行きたいですよね。でも仕事や家事で忙しかったりするとコンビニや外食で食事を済ませてしまいがちですが、脂質や糖質が多いメニューばかりになりがちです。野菜多めの物にしてみるなど少し意識してみるだけでも違って来るとは思います。私も頑張ります!

睡眠不足

Lazchbtyjvuodo40iflh
睡眠不足は人それぞれに事情があって時間を多く取る事は難しいかも知れません。遊びで忙しい方はほどほどに控えて下さいね!忙しくて時間が取れない場合はぜひ質を上げる工夫をしてみると良いかも知れません。一説によると睡眠時間7時間以下は睡眠不足とみなされるそうですので、そう考えると睡眠不足な方はより増えそうですね。ぜひお肌の為にもご自身の健康のためにも睡眠を見直してみませんか?
Se477pk49gebpnntobys
いかがでしたか?乾燥の原因からオイル美容の注意点、メリットデメリットや、正しい洗顔方法などご紹介して来ました。どうしたって加齢とともに乾燥して来てしまうのに、さらに外的要因でも乾燥してしまうお肌。そんなお肌をどのようにして保湿して行くのか迷ってしまいますよね。まだオイル美容を始めた事がなければ、一度使ってみるのも良いかも知れませんね。ぜひ参考にしてみて下さいね!