I8y6j1gjrytiodfpiiyz

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

テカリ防止には下地選びが重要!化粧崩れ知らずの塗り方&選び方

2018.02.28

朝には綺麗にメイクをしたのに昼にはテカリが気になる!そんな人におすすめしたいテカリを抑える下地の選び方、正しい塗り方を紹介します!正しい下地を選んで、正しく使うことで、早速明日から、1日中テカリ知らずのさらさら肌を持続させましょう!

  1. どうしてテカリが出るの?テカリの原因とは
  2. テカリの原因①不規則な生活/ストレス
  3. テカリの原因②脂性肌体質
  4. テカリの原因③重度の乾燥肌
  5. テカリを抑える!下地の正しい選び方!
  6. 下地の選び方①オイルフリーの下地
  7. 下地の選び方②皮脂吸着成分配合の下地
  8. 下地の選び方③保湿効果も非常に大事!
  9. テカリ知らず!正しい下地の塗り方
  10. 人気のおすすめ下地商品
  11. ポーラ B.A デイセラムL ブライトアップ
  12. 花王 プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地
  13. 化粧崩れ知らずの化粧下地の塗り方&選び方・まとめ
Nrgmfrsryjyzsbhgreic
日中にテカリが気になってしまう原因は1つではなく、いくつか挙げられます。非常に厄介な肌のテカリ。早速原因を確認していきましょう。
Evrx7hwbyfexfms7zdrf
肌がテカるという人、毎日の生活が乱れてしまったり、ストレスを溜め込んでいませんか?規則正しい生活ができていなかったり、ストレスを長期的に溜め込んだ生活では、通常は体の正常を保つために働く自律神経を乱してしまいます。また、自律神経の乱れによって、体内のホルモンバランスも正常に保てなくなる場合があります。
M2kl9mreb6bul1hshcpz
自律神経やホルモンバランスが崩れると、体には様々な不調が現れますが、その1つが過剰な皮脂分泌なのです。体の平衡が上手くコントロールできないために、皮脂成分が不必要な場面でも皮脂の分泌を促し肌がテカってしまったり、ベタついてしまうのです。
Dblpgbm5tzmsh7rvyuve
肌のテカリが気になる人の中には、脂性肌という体質的に皮脂の分泌が多い人もいます。これらの体質では、思春期から中年期となるまで季節や時期を選ばず継続的にテカリが気になるのが特徴的です。また、体質は遺伝で受け継がれることも多いため、両親や家族の中に同じような症状を持つ人がいないかを確かめるのも良いでしょう。
Vsnbhc7srlhj3cpspt7j
え?乾燥肌でテカるの?と不思議に思う人もいるかもしれませんが、重度の乾燥肌の人は特に顔のTゾーンにテカリが現れることがあります。これは、肌表面に水分が不足しすぎているために、皮脂線が水分補給をしようと働く結果で、特に皮脂線の集まっているTゾーンにおける皮脂分泌が過剰になりテカリを引き起こしてしまうのです。
Pgxdjxd1e94die4jgh0g
肌の他の部分はカサカサしているのに、特定の部分だけテカリが出る、という症状の人は、この乾燥肌が原因になっているのかもしれません。
Wzi0tnwnqdfnaufpuoue
肌のテカリの原因を学んだところで、早速症状を抑えてくれる正しい下地の選び方をチェックしましょう。下地アイテムは非常に数が多く、なかなか選べない人も多いと思いますが、今から紹介するポイントに特に注意をして商品選びを心がけましょうね。
D4i9or54hl4wkhurr2rr
顔全体にテカリが出る、乾燥肌ではないけれどいつも化粧がヨレやすい、という人は、オイルフリーの下地を選ぶのがおすすめです。既に説明した通り、顔のテカリは皮脂の分泌が原因になっているため、下地にオイル成分が豊富に含まれている商品だと、余計に顔をテカリやすくしてしまいます。
皮脂によるテカリを抑えたい時は、下地の皮脂吸着成分が配合されているかというのは非常に大事なポイントです。この皮脂吸着成分とは、メイク中に皮脂線から分泌された余分な皮脂を吸収してくれる成分で、メイクのファンデーションなどと混ざってしまう前にしっかり皮脂を抑える働きがあります。
しかしこの皮脂吸着成分は、成分表示に書いてあることは少なく、見分けるのは簡単じゃありません。そこで、代表的な皮脂吸着作用のある成分を確認しましょう。それは、ビタミンB6やビタミンB2、ベントナイト、パンテノール、カオリン、ダイズエキスなどです。これらの成分が配合されている下地は、皮脂吸着成分に期待ができます。
Awxakgdwzkrlrjdwcutc
テカリの気になる人は、保湿をしたら余計にテカりそうとイメージしてしまいがちですが、実は保湿効果はテカリを抑える上でも非常に大切!肌の保湿不足は当然、肌を乾燥させてしまうので、原因でも紹介したとおり皮脂線を無駄に反応させてしまい、結果的に余分な皮脂の分泌に繋がってしまいます。
そのため、スキンケアの段階からしっかり肌の保湿には気を遣い、さらに保湿成分の入っている下地によって肌に潤いをプラスすることで、余計な皮脂の分泌を抑えることができるのです。
Zlcwphnf3cnnn0pwg0bn
テカリを防止するためのポイントに気をつけながら下地を選んだら、次は正しい下地の塗り方を確認しましょう。適当に下地を塗ってしまうと、せっかくの下地の効果もあまり有効に働いてくれません。

下地の塗り方

Rqtj6rnvdbqgbnqg9eqb
まず、メイクを始める前に一番大事なのは素肌のコンディションです。元々の肌が乾燥している状態では、いくら下地やファンデーションのいいものを選んでもトラブルを引き起こします。なのでまずはたっぷり保湿を加えたスキンケアを行いましょう。素肌のコンディションが整ったら早速メイクに移りますが、下地を塗る前には必ず日焼け止めを先に塗ります。
下地にも日焼け止め効果が含まれている商品もありますが、本来日焼け止めの効果をしっかり実感するためには、5000円玉大の日焼け止めの量が必要とされています。しかし、下地だけでそんな量を塗るとかなりベタつきますよね。なので、ここは日焼け止めをしっかり十分量塗ったあとに下地を使うことにしましょう。日焼け止めが乾いたら早速下地を重ねていきます。
1回に使う下地の量は、約パール1粒分。手に適量を出したら、顔の中心、鼻などから外側に向けて薄く伸ばしていきます。Tゾーンのテカリが気になる人は、Tゾーンを中心に頬などは薄く付けるようにすると良いでしょう。
Cuzqxwe3mpbmo5zaq9gr
下地は、ファンデーションの肌の密着度を高めたり、ある程度の色ムラを補正する効果がありますが、ファンデーションのようにカバー力はないものがほとんどなので、何回も重ね塗りする必要はありません。
Em2amnl7on9ya52mjiaz
では正しい塗り方も分かったところで、人気の高いおすすめの下地を紹介してみましょう。お気に入りの下地が見つかっていない人はぜひ参考にしてくださいね。
ポーラのB.AデイセラムLブライトアップは、潤いを肌に保つ保湿力がありながらも皮脂を抑えしっかりテカリを防止してくれます。また、名前の通り、肌を輝かせトーンアップすることで、後に重ねるファンデーションも非常に見せることができますよ。くすみや肌の色ムラが気になる人も、ナチュラルな健康肌に仕上げてくれるのでおすすめです!
テクスチャー的には緩めでしっかり伸びます。年齢的にもくすみも気になってきていたのでこのピンク?パープルの絶妙な色が肌に馴染んでくれます。

テカリを抑える下地で外せないのはコレ!プリマヴィスタの皮脂崩れ防止化粧下地です。独自の皮脂吸着技術によって、分泌された皮脂を硬めファンデーションを混ざりあわないようにしてくれるため、肌のテカリも、ファンデーションのヨレも起こしません。6年連続で選ばれている非常に人気の高い下地アイテムで、今までテカリで悩んでいた人にすぐにでも試して欲しい商品ですよ!
まず、肌のなじみが良く、テカリが解消されました。 そして、夕方までお化粧直しが必要無いぐらいにメイクが崩れません! 嬉しくて、周りの人にもオススメしているし、リピート買いもしています。 少ない量で良く伸びるので、コスパも良いと思います。

O6x9tqvyq64pbzuru9ke
今回は、テカリを悩みに持つ人に参考にして欲しい化粧下地の正しい塗り方や選び方、得意人気の高いおすすめの化粧下地商品を紹介しました。せっかく綺麗に作ったメイクが、皮脂によって崩れてしまうのは悲しいですよね。そんな今までの面倒な悩みを解消して毎日長時間のキレイ肌を持続するために、ぜひ今回のポイントを参考に化粧をしてみましょう!