Tirzo5080wg1zo67125n

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

肌に優しい化粧品はどう選ぶ?避けたい成分&敏感肌向けブランド特集

2018.02.28

肌に優しい化粧品を選ぶことで、肌トラブルを回避することができます。とくに敏感肌の方は、肌に刺激のある成分が入っていない基礎化粧品を選ぶよう心がけてください。肌に優しい化粧品を販売しているブランドも、今回はピックアップしてご紹介していきます♪

  1. 肌に優しい化粧品を選びたい!どこに気をつければいい?
  2. 敏感肌の人にはオーガニック化粧品がおすすめ!
  3. ケミカルコスメでもメリットはある?
  4. 肌に優しいケミカルコスメはないのか
  5. 刺激の強い成分①パラペン
  6. 刺激の強い成分②PG(プロピレングリコール)
  7. 刺激の強い成分③エノキシエタノール
  8. 刺激の強い成分④エデト酸塩(EDTA-Na)
  9. 刺激の強い成分⑤美白成分
  10. 敏感肌の方は「保湿力が高い」化粧品を使おう
  11. おすすめ化粧品ブランド①エトヴォスのモイスチャーライン
  12. おすすめ化粧品ブランド②ディセンシアのアヤナスシリーズ
  13. おすすめ化粧品ブランド③ヒフミド
  14. 肌に優しい化粧品で健やかな肌に・・・
Ptjibbstfsbnd2fge7in
化粧品を使って肌が荒れた経験がある方はいませんか?肌に優しい化粧品を選ぶことで、そういったトラブルを避けることができるので化粧品選びじゃ慎重にしていきましょう。とくに敏感肌だという方は、今回ご紹介する優しい化粧品の選び方のポイントを参考にしてみてください。
Q0oefz0tcfh7ukkjcvev
化粧品にはいろいろな成分が配合されていますが、できるだけケミカルな成分が入っていないものを選ぶようにするといいでしょう。メイク成分は長時間肌に密着するものですから、少しでも刺激がないものを使ってください。具体的なメイク成分についてお話していきます!
T08pv4bk7iv55j5taxcw
肌に優しい化粧品の代表として、オーガニック化粧品というものがあります。オーガニック化粧品というのは、天然由来の植物成分を使って作られたアイテムのことを指します。石油由来の成分を一切使っていませんので、肌をいたわりながらメイクすることができます。
Mrenafze2qwefphxmpvd
敏感肌で、化粧品でかぶれた経験があるような方は迷わずオーガニック化粧品を使うようにしましょう。ただオーガニックと謳っていても、実はケミカルな成分を配合しているという悪質なアイテムも巷には溢れています。しっかり成分表示を確認する、そしてコスメサイトの口コミを見てから買うなどして、悪質なコスメを掴まされないようにしてくださいね。
Gq0d4a275pui55wsevan
ケミカルコスメには、石油由来で肌に刺激を与えてしまう成分がたくさん配合されています。普通肌の方でも、ケミカルコスメで肌が荒れてしまう可能性があるようです。ただ肌荒れする可能性がある一方で、ケミカルコスメは肌の悩みをカバーする能力に優れています。
Mdqq3fwfsuya4mtessoq
オーガニックコスメは肌に優しい化粧品ですが、どうしてもカバー力や華やかさに欠ける部分があります。そういったものを求める場合は、ケミカルコスメを用いると満足のいくメイクの仕上がりになるはず。つまりケミカルコスメはデメリットだけでなく、こうしたメリットもあるということです。
V6b0zttsipvxg6itsn4m
ケミカルコスメ=肌に優しくないというイメージを持った方も多いかもしれませんが、実は一概にそうとも言えない部分があります。ケミカルコスメの中にも、肌に優しい化粧品は存在します。すべてのケミカルコスメが肌荒れを引き起こすわけではありません。
Iri9jyzaikzwk3dgjsi3
化学成分を使っている化粧品でも、刺激の強い成分を配合していないものを選んで使うようにすれば肌荒れは起きにくいです。要は「刺激的な成分を回避してコスメ選びをする」ことが大切です。どんな成分が強い刺激を持つのか、見ていきましょう。
Dymjxek0qrjfm3lfkt8o
パラペンは防腐剤です。化粧品にはこのパラペンが含まれているものが多いのですが、肌への刺激が強いので使用すると肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。敏感肌の方は、できるだけ基礎化粧品にパラペンが含まれていないものを選びましょう!
V61ogprsnv4txse6iiyo
ただパラペンは化粧品の消費期限を長くするために使用されているので、配合されていない化粧品は品質の劣化が早くなります。パラペンフリーの化粧品はできるだけ早く使い切らなければならない、ということはしっかり覚えておいてくださいね。
Aulchvjollfswsua77dl
PGはあまり聴き慣れない成分かもしれません。保湿剤として使われている成分なのですが、PGは浸透力が非常に高いという特徴があります。なのであまりにたくさんPGが配合されていると、肌が成分を吸収しすぎて逆に毒性が高まってしまうということがあるのです。
Tsk05z1vn65qk5t9p76y
エノキシエタノールは殺菌効果を高める成分です。肌をあらゆる菌から守ってくれる存在ですが、その殺菌効果で肌へもダメージを与えてしまうケースがあります。ェノキシエタノールに対してアレルギー反応が出てしまう方もいるようなので、基礎化粧品を購入するときには注意しなければいけない成分のうちの一つです。
By8d0atixwn28vfbxbfp
基礎化粧品の品質保持のために使用されることが多い成分が、このエデト酸塩(EDTA-Na)です。成分そのものが刺激的というよりは、吸収されやすい性質を持っているのでそれが肌にとってマイナス効果を生み出す可能性が高いんだといいます。
Hkelg7zm8srck1koucev
美白成分は女性ついつい食いついてしまう美容成分ですが、実は肌への負担が大きいと言われているんです。ビタミンC誘導体やハイドロキノンなど、肌を刺激する美白成分には気をつけるようにしてください。どうしても美白ケアしたいという方は、極力刺激の少ない美白成分を使っている基礎化粧品を選ぶようにしましょう。
Sit98a61xw2ojiozoue4
敏感肌というのは、肌のバリア機能が低下している状態を指します。普通肌の人は外敵から肌を守れるように、バリアされている状態ですが・・・敏感肌の人はそのバリアがとても薄く、刺激を受けやすくなっています。バリア機能を高めるには、保湿力の高い成分が配合されている化粧品を使うしかありません。
Tjl0uzhcyxcutmomt9vw
保湿力がバツグンに高い成分は、ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲンなどです。これらの成分を主としている保湿化粧品を使えば、肌が本来持っているバリア機能を高めることができるでしょう。
引用: https://etvos.com/shop/item/etvos/picture/goods/594_thumbnail.jpg
エトヴォスのモイスチャーラインは超敏感肌の方におすすめできる化粧品ブランドです。保湿成分としてはセラミドを配合していて、肌が本来持つべき力を取り戻すサポートをしてくれるといいます。セラミドは人の肌に馴染みやすい「ヒト型セラミド」を配合しているので、吸収率も非常にいいと評判です♪吸収率がいい化粧品は少量でも十分なスキンケア効果があるので、コストパフォーマンスもGOOD!
引用: https://www.decencia.co.jp/common/img/common/thumb_ayanasu02.jpg
ディセンシアのアヤナスシリーズは肌のストレスをフリーにしてくれる基礎化粧品シリーズです。天然由来の植物成分が、血行を促進しながら美しい肌へと導いてくれます。エイジンケア効果も期待できるので、アラサーアラフォー女性にもぜひ使っていただきたい化粧品ブランドです。
保湿成分にもいろんなタイプのものを使っていて、とくに一般的なセラミドの4倍の吸収力を持っているというセラミドナノスフィアを配合しているのが特徴的。敏感な肌をしっとりキープしてくれます。
引用: https://www2.kobayashi.co.jp/upload/save_image/08211233_599a54996b27f.gif
ヒフミドもヒト型セラミドを使用している化粧品ブランドです。吸収力が高いヒト型セラミドは、角質層までしっかり浸透していって深層の細胞からしっかりうるおわせてくれます。インナードライ肌の方にもおすすめできるブランドです。
シミ・しわを解消する効果にも期待できるので、目の周り・口元などを集中的にケアしたい方はぜつ使ってみてください。年齢肌改善にもつながります。
Nbyvhixkvec9khrqevno
有名ブランドの化粧品だったり、人気のコスメだったり、ついつい欲しくなってしまいますが本当にに大切なのは「自分の肌に優しいアイテムか」というところです。化粧品・コスメ選びの際は、今回ご紹介したさまざまな成分を参考にできるだけ肌に負担のないものを買うようにしてみてください。