Aj5xln6bdnummx6azb6y

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

毛穴をなくす食生活とは?意識して取りたい食材&避けるべき食材一覧

2018.03.01

毛穴は常に肌のお悩み第一位。毛穴をなくすための方法は様々ありますが、食生活から見直してみませんか?食べ物によっても毛穴をなくす・毛穴に悪影響のあるものがあります。ここでは毛穴をなくすための食べ物をまとめてみましたので、ぜひ毎日の食事の参考にしてみて下さい。

  1. 毛穴をなくすために食生活が関係あるのは本当?
  2. 毛穴をなくすために役立つ食べ物
  3. 毛穴をなくすには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC
  4. ビタミンB1の働き
  5. 毛穴をなくす為の栄養素:ビタミンB1が多く含まれる食べ物
  6. ビタミンB2の働き
  7. 毛穴をなくす為の栄養素:ビタミンB2が多く含まれる食べ物
  8. ビタミンCの働き
  9. 毛穴をなくす為の栄養素:ビタミンCが多く含まれる食べ物
  10. 毛穴をなくす為の食材+サプリメントを活用して
  11. 毛穴に悪影響のあるおそれのある食べ物
  12. 毛穴をなくす食べ物まとめ
Hfu4tsgarvdfmmxv9i5p
毛穴に、食生活は大いに影響しています。肌の調子にはさまざまな原因がからんでいますが、食べ物も体に必須の栄養素を含んでいるので当然肌への影響も大きいです。今回は、毛穴をなくす為に役立つ食材や、逆に毛穴への悪影響が考えられる食べ物をまとめてみましたので、ぜひ参考にして毎日の食事に取り入れてみてください。
Ot64z8rfcxvk5ftvi8wp
Fw7bllvhwoxjrkhezkmi
具体的に役立つ食品と、それに含まれる栄養素について開設していきます。
Byskqlbkza9rcvki5dmt
肌にとって必要な、非基本的な栄養素は「タンパク質、ビタミンA、ビタミンC」の3つです。しかし、これだけ摂取していれば完璧な肌になれる!というはありません。たくさんの栄養素をバランスよく継続的に摂取することで、健康的な肌に近づいていきます。
特に毛穴のために摂取していきたいが、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCの3つ。
Xoimtnnmjrrm6nvlustd
ビタミンB1は別名チアミンと呼ばれる、水溶性栄養素のひとつで、ビタミンの中では最初に発見されました。ブドウ糖をエネルギーに変換する時に使われる重要な栄養素です。他にも、皮膚や粘膜を維持する、糖質を栄養源とする脳神経系の働きを正常にするなどの働きにも使われています。
Uozspttd1cvqbod6iy3g
豚肉、レバー、豆類、お米のヌカ部分、などに多く含まれています。特に豚肉はビタミンB1が豊富で、毎日の食事でも取り入れやすいので積極的に使っていきましょう。
Dspmdz6kxjdetufevgl2
日本人は主食にお米を食べる人が多いお米大国ですが、食べられている大部分は精白米です。ビタミンB1が含まれるのはヌカの部分なので、精白米にはそれほど多くのビタミンB1は含まれていません。とはいえ、毎日食べるお米なので、摂取はしやすいですよね。なるべく ビタミンB1をお米から取るコツとして、洗米しすぎない、精白されていない玄米・玄米に近いお米を選ぶ、麦ごはんにしてみる、といったものがあります。
ビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー変換がとどこおり、食欲不振、体の倦怠感、疲れやすさなどに繋がっていきます。また、多忙であったり運動量が多い人もビタミンB1不足に陥りやすく、特に積極的に取っていくよう心がける必要があります。 ちなみに、ビタミンB1には過剰摂取による悪影響はほとんど無いとされています。
Iw7lewjmz2zaxxvtzphk
他にビタミンB1が多く含まれる食べ物:たらこ、すじこ、牛ハツ、粒入りマスタード、あおもり、こんぶ、ベーコン、生ハム、うなぎ、ウニ、きな粉
ビタミンB2は水溶性のビタミンの一種です。よく、ビタミン剤をとりすぎると尿が黄色くなるという話がありますよね。この黄色い色の素が、ビタミンB2なのです。栄養ドリンクや強化米の色が黄色いのも、ビタミンB2が豊富に入っているからなんです。
Ljons8covpbdmm96zohi
ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康を維持する、糖質・脂質・タンパク質をエネルギーに変換するなどの代謝を支える、といった働きをします。特に活動量が多い人ほど、ビタミンB2の摂取は重要になってきます。
Wtjla3q6n6uxbtxev9sc
レバー、卵、納豆、乳製品、葉菜類(ほうれん草、小松菜などの葉物)、うなぎなどに多く含まれています。食生活に取り入れやすい食材が揃っているので、積極的に選んでいきましょう。
Oitp0chtgvdbaqlfkk7z
ただし、水溶性なので水に溶け出してしまいやすいのがビタミンB2の特徴です。洗いすぎないよう注意しましょう。また、煮て調理する場合には、なるべく煮汁をそのまま料理に利用するなど、栄養素を摂取するための工夫をすることで、効率的に取り入れられます。熱には強いので、煮物は特におすすめです。光に弱い性質もあるため、保存するさいは光が入らない容器に入れるようにするとより効果が期待出来ます。
先程ご紹介した通り、過剰摂取した場合は尿として排出されるため、過剰摂取による悪影響の心配はありません。
他にビタミンB2が多く含まれる食べ物:すじこ、魚肉ソーセージ、うずらの卵、焼き干し鯖、ずわいがに、まいたけ、カマンベールチーズ、あおのり、とうがらし、うに
Mzjw31washwfp92krbju
ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で、特に美容にとっては欠かせない栄養素としてみなさんご存知ですよね。ビタミンCは細胞間のクッションとなるコラーゲンというタンパク質の一種を生成するのに必要不可欠な栄養素。その他にも、病気などへのストレスへの抵抗力を高める、鉄分の吸収を良くする、などの重要な機能があります。美容に関しては、シミのもととなる黒色メラニンの合成を抑える働きがあるなど、素晴らしい効果があるのが嬉しいですね。
Ihgna6fs7ntlq79ffrw7
特に、ストレスが多いと感じている人はたくさんビタミンCをとることを心がけましょう。精神的ストレスももちろんですが、温度差や身体的疲労が多いなどの物理的なストレスも要注意です。ストレスが多いとビタミンCも多く消費されますので、疲れているなあと自覚した時には、特に多く食事やサプリメントで取り入れてみて下さい。
Irpsfn29raxy4zxax6t9
柑橘類、イチゴ、野菜類、イモ類に特に多く含まれます。ビタミンCは水に溶けやすく、ビタミンB1、B2と違い熱にも弱い栄養素です。なるべく新鮮なうちに生で食べるのが、効率的な摂取方法になります。洗いすぎ、ゆですぎはNGです。
ビタミンCを過剰摂取しても尿として排出されるため、過剰摂取による悪影響は無いという見解が一般的です。一方、ビタミンCのサプリメントなどは巷であふれ、これによる過剰摂取でゲリや腹痛など、胃腸へのダメージが報告されているため、サプリメントのとりすぎには注意しましょう。
M8u1hiyjead6q0ufwzzg
他にビタミンCが多く含まれる食べ物:赤ピーマン、黄ピーマン、ゆずの皮、アセロラジュース、パセリ、芽キャベツ、ナスのからし漬、ケール、柿、明太子、キウイフルーツ、レッドキャベツ、モロヘイヤ、ししとうがらし、ブロッコリー、カリフラワー、パパイヤ、ロースハム、かいわれ大根、とろろこんぶ
Hvpwzvpt81vqaxjnwxwz
Hdzs1brly0zvdutmzoau
毎日毎日、食事だけで栄養素を取り続けるのは大変です。どうしても、摂取が難しい時にはサプリメントを上手く活用してください。サプリメントによっては、過剰摂取になってしまうおそれのあるものもあるので、栄養表示を確認しながら選び、自分の食生活に合わせて適切な分量だけ摂取することを守って下さい。また、栄養素は通常の食事から摂取するのがもっともよい方法ですので、サプリメント頼りになってしまうのも避けましょう。
O3okgcbohbidhgezlsyd
逆に、毛穴に悪い食べ物はどんなものがあるでしょうか。
主には「糖質、脂質のとりすぎ」が、毛穴に悪いとされる食事です。他には、肉類・乳製品のとりすぎは、皮脂腺が活発になり、毛穴に影響があると言われています。気になる場合、動物性たんぱく質はできれば魚から摂取するのが良いですね。
Fgibhsm1lj8o6qspugkl
糖質については昨今話題になっていますが、ダイエット以外にも、毛穴への悪影響にも関係しています。というのも、糖質を分解するさい、ビタミンB1が消費されてしまうという特徴があるからなんです。糖質をとりすぎるとビタミンB1不足になりやすく、肌へ使う分が無くなってしまいます。
F14oglr1tkugke6wpdcy
脂質のとり過ぎにも注意です。やはり皮脂分泌が過剰になると、毛穴への影響も出てきてしまいます。また、活性酸素が生まれ、肌のターンオーバーを滞らせてしまう心配もあります。
糖質・脂質を気にする上で特に避けた方が良い食材は、ポテトチップス等のスナック菓子類、菓子パン、時間が経って酸化した油が多い食事などです。
Mmbnkyhobkluhi6evw3c
以上、毛穴をなくすための食べ物と避けたほうがよい食べ物のまとめでした。自分の食生活を見直すことで、スキンケア以上の効果が出ることがあります。毛穴レスを目指す方の参考になれれば幸いです。
Y8usemz4jszzjlhbt8lo