Lsyrcpbzvvhzlx9wfjmt

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

口周りの乾燥の対処法!粉吹き肌を予防するクリームやメイクって?

2018.07.30

口周りが乾燥すると粉吹きしたようになり、カサカサして肌に清潔感がないように見えてしまいます。口周りはよく目につく場所でもありますし、気になりますよね。皮膚が乾燥でヒリヒリしたり赤くなったりするのも嫌...そんな悩みをなくす為のクリームやメイクしている方用のスキンケアなどを紹介します。

  1. 口周りが乾燥する理由
  2. 口周りの皮膚が薄いことが乾燥に
  3. スキンケア不足や紫外線対策不足で口周りの乾燥に
  4. 口周りが乾燥すると起こる症状
  5. 口周りが乾燥で粉吹き肌になる理由
  6. 口周りの乾燥を予防するスキンケア方法
  7. 保湿効果のあるスキンケアアイテムを
  8. 口周りの乾燥を防ぐためにふたを
  9. 口周りが乾燥しないように頻繁に
  10. まとめ
Abmubrmwbalwgw4xivk3
口周りが乾燥する理由は元々の皮膚薄さや、人により敏感肌や乾燥肌など肌の質の問題。スキンケアや紫外線対策がしっかりできていないこと。口周りをよく触ってしまう、ゴシゴシふいてしまう、舐める癖があるなどと、人によって原因が違います。触ってしまうことや、ゴシゴシ吹いていまう、舐めてしまうなどは癖になってますので、意識してしないようにするしかありません。そんな癖が思い当たらない方は、スキンケア方法を見直してみることです。乾燥しやすい冬や季節の変わり目になると、粉が吹いてしまったり皮膚が弱まりヒリヒリと痛くなったりしますが、そうなる前に季節関係なく年中しっかりケアをして予防しましょう。
Ttdow1hbneg3errge8u8
Dv0klfwi8d7rruulhvci
顔の皮膚は他の身体の部分の皮膚に比べ薄くなっています。その中でも目元と口元はもっと薄く、デリケートな部分なのです。それに他の場所に比べ、肌の潤いを保つために皮脂を出す皮脂腺も少なく、元々乾燥がしやすい部分です。皮膚が薄いことや皮脂分泌が少ない部分ですので、ちょっとしたことでも負担になってしまうことがあります。負担になりやすい部分ですが、口周りは食事の際に口を拭いたり、自然に口を触っていたり、メイクの際に口紅を塗ったりリップクリームを塗ったりと何かと触ってしまうことがあるんですよね。メイク落としのときにクレンジングでゴシゴシしてしまうなど..元々乾燥しやすい場所を、余計に乾燥する理由を自ら作ってしまっていることが多いのです。
Cx7ezmnp8ofjccp53dww
上記で、負担を受けやすい部分のわりに自ら乾燥を招いていて粉吹きの原因になっていることがあると言いました。負担がかかりやすい部分なのに、口周りって意外とクリームなどでスキンケアがしっかりできていなかったり、紫外線対策の日焼け止めが塗れていなかったりということが多くあります。頬や額の面積が広い部分や気になりやすい目元などは、頑張ってスキンケアしている方が多いと思いますが口元は乾燥して症状が出るまで気づかないことがあります。ですので毎日のスキンケアの時に意識して口元もしっかりケアしましょう。紫外線対策の日焼け止めも同じです。口元だけ塗り忘れていることや、よく触る場所なので他の部分よりも落ちやすいです。紫外線対策をしっかりするためには、頻繁に塗り直す必要があるとされていますが、それ以上に口周りは、日焼け止めを塗り直す回数を増やす必要があるということです。紫外線の強い夏だけでなく、年中日焼け止めを塗ることをオススメします。
S8eohp6xltuyiqbatvtd
Olerqdkvqubxxd5sjhbf
口周りが乾燥すると、赤くなったり、カサカサになり肌がボロボロになります。食べ物が付くだけでしみたり、スキンケアの際に化粧水がしみるなど、触れるだけで痛いや腫れてるようなジンジンとする感覚になることもあります。乾燥により肌のバリア機能が機能していないことが原因です。バリア機能がないということは、ニキビもできやすくなります。
Kguzdvnqg07legxvgkbk
Gdy6umgbfaurfiiwrwms
粉吹き肌になってしまう理由も乾燥が原因です。乾燥により皮膚がめくれてしまい、綺麗に剥がれ落ちていない状態です。ヒリヒリしなくても、触ってみるとカサカサしていてよくみると粉吹き肌になっているなんてこともあります。メイクなどでファンデーションを塗っても余計に目立ってしまったりと、粉吹き肌になってしまうと隠す方法といえばマスクをつけることくらいしか無くなってしまいますよね。そうならないように、スキンケア方法を見直してみましょう。
Ihce7ubp6kjlt5b6yd5b
Rcdxz78futvts67mxqkg
乾燥しやすい口周りですので、洗顔やスキンケアの時にゴシゴシこすらないことです。ゴシゴシこするような洗顔の仕方や、化粧水の塗り方は肌にダメージを与えます。そして洗顔料や顔を洗うときにお湯の温度にも気をつけましょう。熱すぎるお湯で洗うことも、乾燥の原因になります。お湯で洗う場合は、肌と同じくらいの温度のぬるま湯をオススメします。まずは洗顔方法から改善していきましょう。顔を拭く時のタオルの摩擦もダメージを与え乾燥の原因になるので、ふわふわなタオルで優しく押さえつけ、水分を拭き取るようにしてください。
Uhphpaxrfdj3kmtpsifr
H2ak3j9aksc8qai75cgq
スキンケアアイテムは保湿効果のあるものを選ぶようにしましょう。セラミドという成分には保湿効果があるので、セラミドが配合されている化粧水がオススメです。セラミドは人の肌にも存在しており、乾燥しないようにする役割や肌のバリア機能の役割をしています。セラミド配合の化粧水を選ぶ際は、ヒト型セラミドという成分が配合されているものを選ぶようにするとなお良いでしょう。ヒト型セラミドは人間がもつセラミドに近く、刺激も少なく保湿力が高いので、敏感肌の方やにもいいです。ナノセラミドという成分もオススメで、ナノセラミドは肌の奥まで浸透しやすいので効果を早く実感することができますので、少し気になってきて早く治したいという方はナノセラミド配合化粧水もいいでしょう。化粧水をつける際はゴシゴシや手と肌の摩擦に気をつけできるだけ摩擦がおきないように、手のひらで優しく抑えるように化粧水をつけるようにしましょう。乳液やクリームをつけるときも同様に、浸透させるように手に伸ばしてからなじませるように顔にのせてください。
Eglljvvtn025jpjj4hc0
Vjawzoo27jzgtz4koyzr
スキンケアは基本的に化粧水→乳液→クリームなどの順番にケアをしている方が多いと思います。保湿効果のある成分配合の化粧水を使ったあとは肌の水分の蒸発を防ぐために、乳液やクリームでしっかり蓋をしましょう。顔全体をいつものスキンケアが終わった後に、さらに上からオイル系のものなどで、乾燥しやすい部分だけに塗り、蓋をすることもオススメです。夏など肌がべたつきやすい季節などは、顔のパーツ別に塗るものをかえるなどをしてみてください。化粧水は一緒だけど乾燥しやすい口周りや目元以外は乳液まで、口周りや目元はだけクリームやオイルを塗るなどと、工夫するといいでしょう。
Xtovgjbz79coxcmf6oud
Voft48ydn9tlzr0pfyfk
朝と夜の2回、スキンケアをする方が多いと思いますが、乾燥が気になってきたり、乾燥が酷い場合は1日に頻繁に口周りだけ保湿クリームを塗るようにしてみてください。触ることの多い部分ですし、元々乾燥しやすい部分ですので乾燥する常に保湿してあげることをオススメします。日中にメイクをしている場合は、スプレータイプのメイクの上からでも使用できるメイク用化粧水なども販売されているので、バックに入れて持ち歩くのもいいでしょう。スプレータイプの化粧水だけでは効果がない場合は、デスクに加湿器を置き湿度を上げるなど、ファンデーションや化粧品を保湿効果のあるものを選ぶようにすることも、オススメです。
Dek8f0nxjxazicoiaydc
Pd6fhiudjiahfbgd0mrj
Nfvqdmnua2ato2jcpyom
口周りの乾燥対策や粉吹き肌についてお話ししてきました。日常的にしていたことが原因になっている場合もあり、原因に気づいた方もいましたでしょうか。紫外線対策や普段のケアなどを気をつけていても効果がない場合や、乾燥による症状が酷くなってしまった場合、元々の肌質がすごく敏感な方、すごく乾燥肌の方は定期的に皮膚科に通うことをオススメします。メイクの上からスキンケアできるものもありますし、そこまで酷くなく乾燥する季節になると気になる程度なら、まずはいつものスキンケアの仕方や癖などを見直してみるといいでしょう。乾燥は肌によくありませんので、しっかり保湿をししっとり肌になりましょう。
T6rlffm9txpoq4z2dinf