Dn4gxvxt5paiywjqe6eg

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【油性肌でもテカらない】オイルフリーファンデーション10選とメイク術

2018.01.17

油性肌だとファンデーションがヨレたりテカったり、何度もメイクを直すと厚塗りな印象になってしまって、ほんっと困りますよね。ですがオイルフリーのファンデーションだと、お悩みを解消できるかも知れません!メイク術からオイルフリーファンデーション10選までご紹介します!

  1. オイルフリーファンデーションって?
  2. 油性肌になりにくい選び方とは?
  3. リキッドよりもパウダータイプ!?
  4. トーンは明るめの色を
  5. テカり知らずのさら肌メイク術!
  6. 下地も重要なんです
  7. 化粧崩れしにくいファンデーションの塗り方とは
  8. メイク直し時には
  9. おすすめオイルフリーファンデーション
  10. まとめ
Uhthgyodphrgcgkjpl6d
文字通りオイル不使用のファンデーションです。そもそも普通のファンデーションにはオイルが含まれている物が多いのです。油性肌の方にとっては、自分からオイルを塗ってしまう事になるので辛いですよね。オイルフリーファンデーションはサラサラ感が抜群にあり、尚且つお肌の気になる部分もしっかりカバーしてくれる力を持っています。そんなオイルフリーファンデーションを使ったテカりにくいメイク術と、おすすめ10選についてご紹介して行きたいと思います!さっそく行って見ましょう!
Spcr3nbdw6cwcklkhx58
油性肌になりにくいファンデーションの選び方とはどういった物があるのでしょうか?CMのイメージや見た目で選びがちなファンデーションですが、選び方に気をつけるだけで自分に合う物を探しやすくなりますよね!さっそく見て行きましょう!
Knj7ru0uv5933bkbtdhg
リキッドはお肌に密着しやすいですが、油性肌にとってはヨレやすくなってしまう原因となってしまいやすいです。ですので、なるべくリキッドではなく皮脂を吸収してくれるパウダータイプの方がテカりにくく使いやすいでしょう。しかもパウダータイプの場合は皮脂がよりパウダーを密着させてくれるようになるので好都合ですね。
Osm5mzjmkn0gdekvfmny
ファンデーションは皮脂と混ざってから時間が経つと、黒っぽくくすんで来てしまうのです。特に油性肌の方の場合はくすみがかってしまうと、より印象が悪くなってしまいます。ですので少し明るめのトーンの物を選ぶと、長時間たっても程よい色味を維持できます!選ぶときには首の色のトーンとの比較が浮かない仕上がりになります。
Ihbogumt4ccaxbo1fqz3
ではここからはサラ肌になるためのメイク術についてご紹介して行きたいと思います。ふと気づいた時に自分のお顔がテカっていると、そちらが気になってしまって仕事や遊びに集中できなかったりしますよね。そんな瞬間を減らすためにも、ぜひちょっとしたメイク術でメイク直しの回数を減らしちゃいましょう!
Fdzylk1grdvfh1eryq4g
油性肌の方はファンデーションにも気をつけなきゃいけませんが、お肌との間である下地にもぜひこだわって下さい!下地は皮脂吸収タイプ、ウォータープルーフタイプを選びましょう。そして下地を塗る前にスキンケアでの余分な油分をしっかりティッシュオフして下さい。この下地とティッシュオフだけでも、かなり違いが出て来ますので、実践して見て下さいね!
Ol62qx9s5hbppegye6fq
パウダータイプの場合は下地を均一に塗った後スポンジを使用し、お顔の内側から外側に向かって塗って行きます。皮脂が気になるTゾーンにはあまり多く塗り過ぎないようにして行きましょう。そして仕上げのパウダーは大きめのブラシでなるべくぼかして行くようにすると、仕上がりも自然でメイク直しもしやすくなって行きます。
Efvndbuwtbk9t4oi6l65
メイクを直す時にたくさん皮脂を取ろうとあぶらとり紙を使うと、必要な皮脂まで取り除いてしまう事もあります。ですので、メイク直しの時にはティッシュで皮脂を吸い取るようにすると程よく皮脂を落としてくれます。皮脂を取りすぎるとメイクも粉っぽく浮いてしまう原因にもなりますので、気をつけて下さいね!

以外に洗顔が・・・

Xblq0val9bm7tq3euhc6
意外に洗顔が不完全で、油性肌になりやすくなっている方もいます。しっかり皮脂が落とせていない場合ですね。正しい洗顔法について以前の記事でご紹介しているので、ぜひ見直してみて下さいね!↓
Qkl8flld2uzhggt6fbyf

おすすめオイルフリーファンデーション1「 オンリーミネラル プレミアムファンデーション」

オンリーミネラル プレミアムファンデーション オークル 7g
価格 ¥ 4,860
光を反射してうるおい肌を演出してくれます。素肌感を残した薄づきなのに、しっかりとカバーしてくれるタイプです。ですのでメイク直し用としても最適ですね。パウダータイプですが伸びが良く、皮脂も吸ってくれるので安心です。

おすすめオイルフリーファンデーション2「セザンヌ ウルトラカバーUVファンデーションII 」

セザンヌ ウルトラカバーUVファンデーションII 本体3 11.0g
価格 ¥ 648
さらっとお肌に吸い付きますが、毛穴もカバーしてくれてオールシーズン使えます。プチプラなのにこのクオリティはすごいですね。仕上がりもさらっとした感じが続くので油性肌の方でも使いやすいです。

おすすめオイルフリーファンデーション3「レブロン カラーステイメイクアップ」

レブロン カラーステイメイクアップD150
価格 ¥ 2,160
オイルフリーなのになぜかしっとりするとの声が多数のレブロンです。使う量も少量でしっかり伸びるので、メイク直しもしやすいです。ヒアルロン酸も配合しているのでお肌にも優しくなっています。

おすすめオイルフリーファンデーション4「ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト エクストレム コントロール」

ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト エクストレム コントロール(パウダーファンデーション)_SPF 20 PA+++_9g (#011:クリーム)
価格 ¥ 9,999
ミネラルパウダーがしっかり皮脂を吸収してくれるので、長時間のファンデ持ちを実現しています。お値段は張りますが、ファンデは伸びも良く毛穴レスでマットな質感に仕上がります。さすがディオールですね。

おすすめオイルフリーファンデーション5「VINTORTE ミネラルファンデーション」

VINTORTE ミネラルファンデーション ヴァントルテ ミネラルファンデ シルク / ハイライトベージュ 明るめのお肌 v_msf-1
価格 ¥ 3,564
クレンジング不要で、石鹸で洗い落とせる上にお肌に優しい、タルク・パラベン・防腐剤・紫外線吸収剤・界面活性剤・アルコール・オイル・シリコン・無香料全て不使用になっているタイプです。皮脂を吸収しないお粉がテカリを作りません。

おすすめオイルフリーファンデーション6「モイストラボ BBミネラルプレストパウダー」

モイストラボ BBミネラルプレストパウダー 01 (ナチュラルベージュ)
価格 ¥ 973
これ一個でベースメイクが完成する楽チンパウダーです。ナノ化ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドを配合しているのでお肌にも優しく、薄づき感を出してくれます。シミ、毛穴もしっかりカバーしてくれます。

おすすめオイルフリーファンデーション7「エテュセ ファンデーション ゼロポア オイルブロックパクト」

エテュセ ファンデーション ゼロポア オイルブロックパクト 20YB(黄味よりの自然な肌) 11g
価格 ¥ 3,240
オイルブロックパクトというネーミングからも力強く皮脂をブロックしてくれるのが伝わるエテュセのパウダーです。毛穴の凹凸までもカバーしてくれてお肌の色むらも無かった事にしてくれちゃいます。

おすすめオイルフリーファンデーション8「 MacchiaLabel 薬用クリアエステヴェール」

MacchiaLabel 薬用クリアエステヴェール 13ml (ナチュラル)
価格 ¥ 2,138
美容液成分を60パーセント以上配合しているので、お肌を労わりながら使えるファンデーションです。パウダーではありませんが、乾燥性の皮脂の場合は美容成分が皮脂分泌を抑えてくれるタイプです。薬用と言うところも魅力的ですね!

おすすめオイルフリーファンデーション9「ナーズ ベルベットマットスキンティント」

ナーズ(NARS) ベルベットマットスキンティントSPF30/PA+++ #6514[並行輸入品]
価格 ¥ 4,400
ウルトラスムースなテクスチャーなので、ムラなく塗れて夜まで崩れないと口コミサイトでも評判のタイプです。様々なファンデーションを渡り歩いてコレに行き着いたと言う油性肌の方が多いのも特徴です。

おすすめオイルフリーファンデーション10「クリニーク ステイマットパウダー」

クリニーク ステイマットパウダー オイルフリー No.02 ステイ ナチュラル 7.6g/0.27oz並行輸入品
価格 ¥ 3,671
しっかりとお肌に密着して夜までベタつかないサラッと感はさすがクリニークですね。メイク直しをしなくてもティッシュオフでも行けちゃうとの声も!お肌への伸びも良く、使いやすい一品です。
Xp7rr0lk8rrszswsa7cf
いかがでしたか?オイルフリーファンデーションの選び方から、おすすめファンデーション10選などをご紹介させて頂きました。メイクの仕上がりに直結するファンデーションは、一度決めると他に移るのが面倒に感じやすいアイテムの一つですよね。油性肌などの悩みを抱えていると尚更です。この機にたまには気分を変えてファンデーションを変えてみるのも良いかも知れません。ぜひ参考にしてみて下さい!